別れさせ屋で夫婦問題

・簡単に離婚させる方法はあるの?

離婚問題でお悩みの方はたくさんいます。

例えば、いつまでたっても不倫関係で、相手が離婚をしてくれない、不倫相手が離婚したくても相手が認めてくれない等、理由は色々あります。

あらゆる方法を試しても、自分でできることは極少数だと気付くはずです。

何故なら、こういった問題は、不倫相手次第ではなく相手の配偶者次第だからです。

一方が離婚したいと主張しても、相手に結婚生活を継続し難い理由がない限りは夫婦関係を解消することが出来なくなっています。

夫婦生活を継続し難い理由とは、浮気・借金・DV・長期の別居等です。

日本の法律は、一方的な離婚請求を認めていません。

なぜなら、夫と妻どちらかの希望だけで、簡単に離婚ができてしまうような法律であれば、安心して結婚や出産ができない社会となってしまうからです。

つまり、簡単に離婚できないのが現実です。

そこで別れさせ屋で行うのが離婚活動です。

離婚することへのメリットを感じさせたり、結婚生活を続けることの価値を見出せなくさせる感覚を自然に引き起こし、離婚のきっかけづくりを行う工作をします。

自身での解決が難しいと感じられたら、別れさせ屋に相談してみることをオススメします。

・別居状態の現実・・・夫婦関係を修復したい!

少しのすれ違いが大きな問題となり、別居という道を選ばざるを得なくなってしまうこともあるでしょう。

別居を解消し、元の夫婦生活を求める人も少なくありません。

そのような悩みは別れさせ屋に相談してみると良いでしょう。

離婚したくないという強い意思と自身ではどうしようもできなくなってしまった現状を打破できるのが第三者の介入です。

夫婦の問題は複雑に捻れてしまっているケースが多いので、通常の話し合いでは解決できないことが殆どです。

例えば、ご主人が奥さんと夫婦関係を修復したいと依頼したとします。

その場合、奥さんの描いている離婚後の人生に不安がないかという点に着目し、同時にご主人の良い部分を思い出してもらうという方法があります。

そうすることで、もう一度だけ・・・と考え直してくれるようになるパターンもあります。

このような夫婦の問題は一方が改善すれば良いというわけではありません。

夫婦共にお互いを思いやり敬う気持ちを忘れずにいることが解決への糸口だと考えます。

別れさせ屋の子供相談

・未成年の子供でも別れさせ屋に相談できる?

残念ながらほとんどの業者が未成年者からの依頼はお断りしているようです。

子供の本分は学業であり、何よりも優先されるべき事項は学業でなければならないという理由が挙げられます。

学業と恋愛の両立は非常に難しい事です。学業に大いに励んで頂きたいと考える業者も多くあります。

が、一部の業者では下記の状況であれば受けてくれることもあります。

1つ目は、相談者が婚姻している場合です。

未成年でも、結婚していれば成人者と同じ扱いになるので、結婚している人は依頼できる可能性が高まります。

2つ目は、法定代理人が同意している場合です。

法定代理人は、一言で言うと、ご両親のことです。

ご両親から同意を得ており、かつ契約の際に同席できるのであれば依頼できる可能性があります。

未成年の子供であっても相談ができる業者もあるので、探してみると良いでしょう。

・子供が対象者の相談は出来る?

対象の子供が家族である場合は例外ですが、基本的に未成年の子供を対象とした依頼は受けられない業者が殆どです。

家族である子供と成人している対象者を別れさせたい等、ご両親からの依頼は可能ですが、逆に、相談者側が成人していても対象者が子供の場合は非常に難しい案件となります。

例を挙げると、成人している対象者が未成年の子供と別れたい、という本人からの依頼の場合は、他者である未成年の子供に工作を行うことが困難な為、お断りするといった流れです。

中には、工作方法を変えてうまく依頼を進めてくれる業者もあるようですので、電話・メールにて相談するのもいいかもしれません。

ご両親が、成人している子供と未成年の子供を別れさせたいという場合には、対象を成人している子供に対し工作する為、受けてくれる可能性が高くなります。

未成年者の場合、まだ恋愛経験が少ない分、別れた時に受けるショックは非常に大きいこともあり、デリケートな問題も抱えている為、細心の注意を払って動きます。

また、未成年の子供との出会いを希望するといった内容は犯罪行為に繋がる可能性がある為、犯罪を未然に防ぐために依頼を断る業者が殆どです。

別れさせ屋で親子の問題

・どんな理由でも子供の交際相手を別れさせられる?

親にとっては子供はいつまでも子供。ずっと気にかかる存在なのです。

そこで親御さんからの相談で多いのは、お子さんと交際相手を別れさせたいという内容です。

この相談は非常に多い中、一部お断りされるケースもあります。

それは、本人の意思を無視した親のエゴからくる依頼の場合です。

子供の交際相手が気にくわない、自分の子供と交際相手はつり合いが取れていないなどの内容がこれに当たります。

ではどんな内容であれば、別れさせ屋は相談を受けてくれるのでしょうか。

これ以上付き合いを続けていくと間違った方向に行ってしまう、今の交際が勉強や仕事に支障をきたしてしまうなど、お子さんにとって良くない方向に進むという内容であれば相談の上依頼を受けてくれることが多いです。

つまり、お子さんの将来を考えた依頼であれば受けてくれる可能性が高まるということです。

そこに注意し、相談をされると良いでしょう。

・親の交際相手と別れさせたい!

逆に、お子さんから親御さんの交際相手を別れさせてほしいという事例も近年多くあるようです。

しかし、残念ながら、基本的に恋愛は本人同士の自由恋愛です。

勿論、お子さんの恋愛も同じですが、親御さんの場合は少し異なります。

その為、親御さんの恋愛に対して依頼をするには下記のような条件が揃っていないと難しいでしょう。

それは、普通の交際ではないことを察知した依頼のことです。

例えば、交際相手に金銭を貢いでいる・仕事に行かなくなり交際相手とずっと一緒にいる・保険金を交際相手の名義で契約している、などが挙げられます。

お子さんの親御さんに対する感情ではなく、どう考えても良い交際ではないと第三者からも思える交際であれば、公序良俗に反する依頼内容でなければ相談を受けることが可能な業者もあります。

場合によっては、本人の意思と反することかもしれませんが、親のことを考えた子供の気持ちを尊重して依頼を受けるパターンもあるようです。

非常にデリケートな問題のため、できるできないの境目が難しい問題です。

どうしても親御さんの交際相手を別れさせたいと願うお子さんは、電話やメールで無料相談をしてみるのが良いでしょう。

親身になって対応してもらえるはずです。

別れさせ屋の成功率は高いのか?

別れさせ屋に依頼するとなると、並大抵の費用ではすみません。最低100万円以上は必要であり、相場は150万円前後、難しい案件だと300万円以上はかかることもあるようです。そこまでの費用を払うのですから、依頼は絶対に成功させてほしいところ。ただ、本当に成功するかどうかはわかりません。

それに対して、高い費用を払うかどうかを判断する目安に、成功率があります。別れさせ屋の成功率はどれぐらいの高いのでしょうか。

・成功率の実態は?

別れさせ屋の成功率の実態はどれぐらいなのか。それは誰もが知りたい答えだと思います。しかし、残念ながら、どこの企業も成功率は公表しておりません。今は誇大広告などが厳しく取り締まられる時代なので、根拠のない景気の良い数字で宣伝するわけにもいきません。ただ、本当に成功率が高いのであれば、公表する業者が出てきてもおかしくありません。そのことから考えると、やはり成功率はあまり高くない、と思っていた方がよいでしょう。

ただ、必ずしも失敗するかと問われれば、決してそういったわけではありません。実際に別れさせ屋によって意中の相手を別れさせて復縁できた、という話は聞きますし、インターネット上でも見かけます。なかなか自分が別れさせ屋に依頼したということを誰かに言うのは勇気がいることです。だから、実際に依頼した人の体験が表に出てこないことも、成功率が不透明な原因なのかもしれません。成功率は未知数ですが、成功する可能性はある。その上で、依頼するかどうか判断するしかありません。

・完全成功報酬型の業者を探す

もし費用に心配がある人は、完全成功報酬型を採用している業者を探しましょう。これは、言葉通り、別れさせることに成功した場合のみ、費用が発生するというものです。これであれば、リスクは最小限に抑えることができ、自分の依頼が成功し時だけ費用を払うことができます。

ただし、成功というのは何を持って成功とするのかを事前に確認しておきましょう。相互認識に食い違いがありトラブルになったという話もあります。完全成功報酬型の業者と契約する場合、どのタイミングで、どれぐらいの費用を支払うのか、念入りに確認しましょう。

別れさせ屋の手にかかれば仲睦まじい夫婦でも危険

仲が良さそうに見えて夫婦が離婚し、、「あんなに仲良さそうだったのに何で?」と周囲が理解できないことは珍しくありません。夫婦間のことは他人には分かりませんので、離婚した原因がなんだったのか、何が決めてだったのかはなかなか突き止めることはできないでしょう。

もしあなたの周りに、離婚してしまった仲睦まじい夫婦がいたら、もしかするとそれは別れさせ屋が絡んでいるのかもしれません。

・夫婦のどちらかを狙う誰かからの依頼

別れさせ屋は、基本的に誰からの依頼であっても契約が成立した場合、別れさせるための工作を行います。それが例え自分勝手な理由であっても、ターゲットの幸せを踏みにじることになってもです。もし別れさせ屋の手によって、とある夫婦が離婚してしまったとしたら、それは夫婦のどちらかを狙っている人からの依頼でしょう。

例えば、夫、あるいは妻に片思いをしており、早く別れてほしいという人が依頼することもあります。また、過去に付き合っていた人、浮気相手など、実際に関係を持っていた人からの依頼もありえます。

恐ろしいのは、仮に夫婦が離婚してしまったとしても、それが第三者が意図的に仕向けたこととわからないことです。当人同士は、なんとなくすれ違ったり、なにか決定的な出来事があり、自分たちの意思で離婚したように感じます。でも実際は、別れさせ屋の巧みな工作によって、離婚へと導かれてしまったということです。

・ほんの僅かな隙が命取りに

わたし達に限って、例え別れさせ屋であっても、離婚させられることはないと高をくくると危険です。別れさせ屋は、徹底的にターゲットを調べ上げ、自然な形で仲を引き裂くように工作することができます。工作員と呼ばれる専門の人を仕向けたり、食事をしたお店ごとグルだったりと、想像もできないほど工夫された工作が行われます。

並大抵の人は、自分達の身に、テレビ番組のどっきりのようなことが行われているとは露ほども思わないので、気づくことができません。

離婚したくないと思っている人は、わずかな隙を見せてはいけません。特に浮気や不倫をするように仕向けられるケースが多いので、細心の注意を払って行動しましょう。

別れさせ屋を使って子供を別れさせる

子供の交際相手に不安を抱き、何とか別れてほしいと親御さんが思っている。そんな話は珍しくありません。ただ、いくら親といえど子供の恋愛に口を出すのはためらいがあり、強く言うことができません。

そこで頼るのが別れさせ屋です。別れさせ屋を利用することで、親が関与したと気付かれずに、子供を別れさせることができます。

・子供がまだ幼い場合

子供が20歳前後とまだ幼い場合、恋愛が学業の妨げとなったりすることを恐れ、強引に別れさせようと考える親御さんもいらっしゃいます。若いうちは、恋愛に夢中になって他のことが手に付かなくなることは珍しくありません。これから大学受験が控えている、あるいは就職活動があるなど、自分の将来のために頑張らないといけない時期に、恋愛が邪魔になってはいけません。特に交際相手があまり良い影響を与えない人物ですと尚更です。

親御さんとしても、子供の将来を案じてのことであり、決して子供に不幸になってほしいから行うわけではありません。子供は親の所有物ではないため、強引に恋愛関係を壊すようなことはあまり良く思われません。ただ、子供がどんな将来を歩むのか、悪い道に進まないようにするかも、親の責任でもあるため、必ずしも良くないことではありません。本来は話し合いで解決できればよいのですが、子供が応じない場合、別れさせ屋という手法を使わざるを得なくなります。

・絶対にばれてはいけない

子供を別れさせるために別れさせ屋に依頼する場合、大切なことは絶対にばれてはいけないことです。もし後々交際相手と別れたのが、実は親の仕業だと分かったら、子供は間違いなく激高します。最悪な場合、親子の縁を切られる可能性もあります。もし別れさせ屋に依頼するのであれば、その話は墓場まで持っていく覚悟が必要です。どれだけ時間が経っても話すことはせず、絶対に自分以外の人には言わないように注意しましょう。

また、別れさせ屋に依頼した際の契約書や、やりとりのメールなどは、自分以外の人の目の届かないところに置きましょう。そして依頼が完了したら、速やかに処分する必要があります。

子供が親の不倫を辞めさせたいと別れさせ屋を使う

子供はいつになっても両親に仲良くしてもらいたいと思うものです。ただ、子供が親離れをしてから、不倫に走ってしまう人も少なくありません。子供の養育が終わったという解放感から、ついつい恋愛に走ってしまうのです。もし自分の親が不倫をしていたら。そんな時も、別れさせ屋に相談してみましょう。

・まずは調査から

親がもしかしたら不倫をしているかもしれない。もしそんな疑念が沸いてきたら、まずは調査を依頼してみましょう。自ら尾行したり探ったりすることもできますが、肉親のことですから冷静な判断が難しくなります。信じたくないという気持から、真実から目を背けてしまうこともありますし、逆にちょっとしたことでも疑ってしまうこともあります。もし変な疑ぐりを入れていることがばれてしまったら、相手に警戒されたり、関係がギクシャクしてしまうこともあります。

別れさせ屋は、工作をする前に、徹底的に調査をします。だから、本当にターゲットが不倫をしているのか分かります。もし調査の段階で不倫ではないと判明したら、調査にかかった費用だけでよいですし、不倫であることが確定的であれば、別れさせ工作を依頼するという流れになります。

・親の不倫はやめさせやすい

親の不倫に関しては、若い夫婦やカップルに比べて、やめさせやすい傾向にあります。やはり、大きな子供がいる年齢になると、それなりに分別のある判断ができます。だから、自分が悪いことをしていると自覚することで、冷静になり不倫相手と別れるという決断ができます。また、家族と過ごした時間が長いため、ふとした時に家族の大切さを実感し、不倫をやめようと決意できます。

常に悪いことをしているという罪悪感を持っていることが多いため、不倫相手と別れさせやすいものです。別れさせ屋にとっても、難易度はさほど高くない案件として扱ってもらえる可能性が高く、費用も抑えられます。そういったことも踏まえると、親が不倫をしていることが分かった場合、別れさせ屋に依頼するのは、有効な手段と言えるでしょう。

もし自分の親が不倫をしているのではないかと疑っているのであれば、まずは別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋の成功率はどれくらい?

・どこに頼むかで大きな差がある

別れさせ屋に依頼する場合、成功率が気になりますよね。

高い費用を支払って他人に依頼するのですから、是が非でも成功させたいと思うのが当たり前です。

一般的には成功率は50%なんて具体的な数字を出しているところもありますが、じつは別れさせ屋の成功率は事務所によっても大きく差があります。

別れさせ工作をどのように練るか、工作員の質よって成功率は変わってくるからです。

素人に毛が生えたような事務所に頼むともっと成功率は低いですし、有名な別れさせ屋の中にはもっと高い成功率をうたっている事務所もあります。

また、別れさせ工作が成功するかどうかは、あなたの依頼の内容も大きく関わってきます。

すでに破綻しかかっているカップルを離婚させるのは簡単ですが、子供がいて円満に回っているような夫婦を別れさせるのは一苦労です。

ターゲットの性格や職業も関わってきます。

他人に興味が薄い内向的なターゲットだと難易度はあがりますし、人と関わりにくい専門職の人よりも、接客業のように知らない人と関わりやすい職業のほうが別れさせやすいです。

・ケチりすぎると成功率は下がる?

成功率といえば、工作費用はケチらないほうがいいかどうか気になりますよね。

安すぎるところは、たしかに成功率が低いです。

なぜなら、普通の別れさせ屋なら複数で行うような工作も、費用が安い分十分な人数を用意してもらえなかったり、1日にかける時間も短かったりするからです。

難易度が低い案件ならばそんな工作でも成功するかもしれませんが、それだって保証できるものではありません。

成功せずにいつまでも工作期間が長引けば、その分追加費用も上乗せされるので、お得感も薄れていきます。

きっちり結果を出したいのであれば、あまり費用をケチりすぎることはしないほうがいいでしょう。

とはいえ、上位クラスの高額プランを頼めば必ずしも成功するというわけでもありませんので、成功率を高めたければまずは信用のおける別れさせ屋探しに重点を置くのがおすすめです。

どうしても夫婦で離婚ができそうになかったら別れさせ屋に依頼しよう

・円満に別れたかったら別れさせ屋

妻や夫にすでに愛情がないので離婚したいと願い出たけれど、聞き入れてくれないという悩みは意外と多いものです。

夫婦といえど、そろって離婚を希望することのほうが珍しいため、どうしてももう一方が合意してくれません。

相手に目立った落ち度がない場合、いくらあなたが離婚を希望したとしても、簡単には希望通りにことが進みません。

調停や裁判をしても、離婚できるような材料が少ないため、難航が予想されます。

そこでそんなあなたの強い味方となってくれるのが別れさせ屋です。

別れさせ屋を利用すれば、頑なに離婚を拒むパートナーが離婚をしたがるような心理に導くことが可能です。

ではどのような方法で別れさせ屋は夫婦を離婚させようとするのでしょうか。

・離婚したほうがメリットもあると理解させる

別れさせ屋が夫婦に行う離婚工作はさまざまですが、基本的には妻や旦那を別の異性に誘惑させて、あなたへの関心を薄れさせ、離婚へと導きます。

恋愛相手のほかにも、工作員がターゲットに近づいてなるのは、友人、知人、仕事の同僚などがあります。

専業主婦で経済的な不安から離婚を拒んでいる相手がターゲットなら、仕事をするように促すなんてこともしますし、独身になったほうがいかに人生を楽しめるかをあの手この手でさりげなく伝えて心理を誘導します。

ちょっと残酷な気もするかもしれませんが、ダラダラ婚姻関係を継続していても二人とも不幸になるような関係であれば、多少強引でも別れて新たな人生を歩んだほうが、結果として幸せになれるチャンスに恵まれます。

別れさせ屋の工作員はそのお手伝いをしているのです。

婚姻関係はただ継続していればいいというものではありません。

無理に継続していたほうが、自分も周囲も不幸になるケースは多々あります。

あなたは関係が破綻している相手と生涯我慢して一緒に過ごし、同じお墓に入りたいですか?

すでにパートナーへ愛情や関心を維持できないのであれば、新たな道に進むために別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋なら子供を別れさせられる?

・親からの依頼も珍しくはない

別れさせ屋というと、浮気されたりしてしまった当事者達が駆け込むようなイメージがありますが、少々イレギュラーではありますが、親が子供を別れさせたくて依頼するというケースもあります。

親から見てどうしても受け入れがたい交際相手なので別れるように工作して欲しいというものです。

そう聞くと過保護だと騒ぐ人もいますが、大事なお子さんの人生がかかっている場合、親としては目に見えて苦労しそうな相手とは交際させたくないというのは珍しくない親心ではないでしょうか。

まして結婚までしてしまうと、なかなか別れさせることは困難となり、トラブルを起こされたてしまえば、子供だけでなく親世代や親類まで影響を受けることもあるのです。

子供の恋愛は、けっして親と無関係なものではないのです。

まして子供までできてしまえば離婚しても消えない縁ができあがってしまいます。

ですから、どうしても子供のために別れさせたいとお思いなら、別れさせ屋に依頼しましょう。

恋愛に燃え上がっている子供に、親から別れるように言っても、問題はまず解決しません。

むしろ、反対すればするほど、かえって恋を燃え上がらせる材料となってしまうこともあります。

うるさく言えば、親子間の関係もこじれてしまうでしょう。

子供にうざったがられることなく、遺恨なく別れさせたいなら、別れさせ屋がベストなのです。

・両親の意見はそろえておいたほうがいい?

別れさせ屋へ子供のことを依頼する場合、両親の意見はそろえておいたほうがいいのでしょうか。

人を見る目は、夫婦といえども同じではありません。

夫や妻だけ「あの相手はおかしい」と感じるケースも珍しくありません。

とはいえ、できれば依頼するときには夫婦間の意見はそろえておいたほうがいいでしょう。

なぜなら別れさせ屋へ依頼すると、着手金と成功報酬を合わせると費用が100万円を超えることも少なくありません。

個人資産を保有していてそこから出せれば問題ありませんが、夫婦名義の資産からそんな高額が引き出されていれば、パートナーに非常にばれてしまいやすいのです。

依頼後に別れさせ工作を頼んだことがパートナーにばれて、そこから勝手なことをしたと怒られたり、子供にばらされたなんてことになったら大変です。

親子関係も、夫婦関係にも亀裂が生じてしまいます。

ですから、可能であれば夫婦間の意見はそろえておきましょう。