別れさせ屋なら子供を別れさせられる?

・親からの依頼も珍しくはない

別れさせ屋というと、浮気されたりしてしまった当事者達が駆け込むようなイメージがありますが、少々イレギュラーではありますが、親が子供を別れさせたくて依頼するというケースもあります。

親から見てどうしても受け入れがたい交際相手なので別れるように工作して欲しいというものです。

そう聞くと過保護だと騒ぐ人もいますが、大事なお子さんの人生がかかっている場合、親としては目に見えて苦労しそうな相手とは交際させたくないというのは珍しくない親心ではないでしょうか。

まして結婚までしてしまうと、なかなか別れさせることは困難となり、トラブルを起こされたてしまえば、子供だけでなく親世代や親類まで影響を受けることもあるのです。

子供の恋愛は、けっして親と無関係なものではないのです。

まして子供までできてしまえば離婚しても消えない縁ができあがってしまいます。

ですから、どうしても子供のために別れさせたいとお思いなら、別れさせ屋に依頼しましょう。

恋愛に燃え上がっている子供に、親から別れるように言っても、問題はまず解決しません。

むしろ、反対すればするほど、かえって恋を燃え上がらせる材料となってしまうこともあります。

うるさく言えば、親子間の関係もこじれてしまうでしょう。

子供にうざったがられることなく、遺恨なく別れさせたいなら、別れさせ屋がベストなのです。

・両親の意見はそろえておいたほうがいい?

別れさせ屋へ子供のことを依頼する場合、両親の意見はそろえておいたほうがいいのでしょうか。

人を見る目は、夫婦といえども同じではありません。

夫や妻だけ「あの相手はおかしい」と感じるケースも珍しくありません。

とはいえ、できれば依頼するときには夫婦間の意見はそろえておいたほうがいいでしょう。

なぜなら別れさせ屋へ依頼すると、着手金と成功報酬を合わせると費用が100万円を超えることも少なくありません。

個人資産を保有していてそこから出せれば問題ありませんが、夫婦名義の資産からそんな高額が引き出されていれば、パートナーに非常にばれてしまいやすいのです。

依頼後に別れさせ工作を頼んだことがパートナーにばれて、そこから勝手なことをしたと怒られたり、子供にばらされたなんてことになったら大変です。

親子関係も、夫婦関係にも亀裂が生じてしまいます。

ですから、可能であれば夫婦間の意見はそろえておきましょう。

親を別れさせたかったら別れさせ屋

・熟年恋愛が加熱で依頼者も急増

最近は、熟年でも婚活やパートナー探しをすることが珍しくなくなってきました。

そのせいか、親をいま付き合っている相手と別れさせたいという子供さんからの依頼が別れさせ屋でも増えてきています。

後妻業なんて言葉のあるとおり、寂しい熟年を狙って近づく悪質な相手も存在するのです。

しかし、子供に注意されても、親としてのプライドもあり、素直に話を聞いてくれないことがほとんどです。

どうせ老い先短い人生だから好きに生きたいといっても、子供としては、怪しげな人と付き合って欲しくないと思うのが当然です。

そこで、うまく親を別れさせられないのであれば、別れさせ屋に助けてもらいましょう。

親の恋愛問題を相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、先ほど話したように、こうした事例はどんどん増えています。

高齢化が進み、恋愛の形も変化してきているため、今後もこの傾向はますます加速しそうです。

どうか自分の悩みが珍しいものだとは思わないで、ぜひ別れさせ屋に相談してみてください。

経験豊富なスタッフが、丁寧に対応してくれますよ。

・両親を離婚させたいというケースも

両親がそろっていても、子供がなんらかの理由から離婚できるよう別れさせ屋に依頼してくるケースもあります。

すでに仮面夫婦の状態が長く続いているのにどちらかが離婚を拒否している、DV気質な父から母を解放してあげたいなど、このケースの原因もさまざまです。

もちろん、このような両親を離婚させたいという子供からの依頼も別れさせ屋では受け付けています。

子供がいるから離婚しないという風潮は昔のほうが強く、いまだにそれに縛られている夫婦も珍しくありません。

子供の目から見ても、別れたほうが幸せになれるというのであれば、遠慮なく別れさせ屋に依頼してください。

どんなことがあっても結婚した以上一緒にいるというのは、すでに廃れかけている昔の考えです。

人生の新しい第一歩を、子供であるあなたが後押ししてあげるもの親孝行かもしれませんね。

別れさせ屋の成功率はどれくらい?

・どこに頼むかで大きな差がある

別れさせ屋に依頼する場合、成功率が気になりますよね。

高い費用を支払って他人に依頼するのですから、是が非でも成功させたいと思うのが当たり前です。

一般的には成功率は50%なんて具体的な数字を出しているところもありますが、じつは別れさせ屋の成功率は事務所によっても大きく差があります。

別れさせ工作をどのように練るか、工作員の質よって成功率は変わってくるからです。

素人に毛が生えたような事務所に頼むともっと成功率は低いですし、有名な別れさせ屋の中にはもっと高い成功率をうたっている事務所もあります。

また、別れさせ工作が成功するかどうかは、あなたの依頼の内容も大きく関わってきます。

すでに破綻しかかっているカップルを離婚させるのは簡単ですが、子供がいて円満に回っているような夫婦を別れさせるのは一苦労です。

ターゲットの性格や職業も関わってきます。

他人に興味が薄い内向的なターゲットだと難易度はあがりますし、人と関わりにくい専門職の人よりも、接客業のように知らない人と関わりやすい職業のほうが別れさせやすいです。

・ケチりすぎると成功率は下がる?

成功率といえば、工作費用はケチらないほうがいいかどうか気になりますよね。

安すぎるところは、たしかに成功率が低いです。

なぜなら、普通の別れさせ屋なら複数で行うような工作も、費用が安い分十分な人数を用意してもらえなかったり、1日にかける時間も短かったりするからです。

難易度が低い案件ならばそんな工作でも成功するかもしれませんが、それだって保証できるものではありません。

成功せずにいつまでも工作期間が長引けば、その分追加費用も上乗せされるので、お得感も薄れていきます。

きっちり結果を出したいのであれば、あまり費用をケチりすぎることはしないほうがいいでしょう。

とはいえ、上位クラスの高額プランを頼めば必ずしも成功するというわけでもありませんので、成功率を高めたければまずは信用のおける別れさせ屋探しに重点を置くのがおすすめです。

どうしても夫婦で離婚ができそうになかったら別れさせ屋に依頼しよう

・円満に別れたかったら別れさせ屋

妻や夫にすでに愛情がないので離婚したいと願い出たけれど、聞き入れてくれないという悩みは意外と多いものです。

夫婦といえど、そろって離婚を希望することのほうが珍しいため、どうしてももう一方が合意してくれません。

相手に目立った落ち度がない場合、いくらあなたが離婚を希望したとしても、簡単には希望通りにことが進みません。

調停や裁判をしても、離婚できるような材料が少ないため、難航が予想されます。

そこでそんなあなたの強い味方となってくれるのが別れさせ屋です。

別れさせ屋を利用すれば、頑なに離婚を拒むパートナーが離婚をしたがるような心理に導くことが可能です。

ではどのような方法で別れさせ屋は夫婦を離婚させようとするのでしょうか。

・離婚したほうがメリットもあると理解させる

別れさせ屋が夫婦に行う離婚工作はさまざまですが、基本的には妻や旦那を別の異性に誘惑させて、あなたへの関心を薄れさせ、離婚へと導きます。

恋愛相手のほかにも、工作員がターゲットに近づいてなるのは、友人、知人、仕事の同僚などがあります。

専業主婦で経済的な不安から離婚を拒んでいる相手がターゲットなら、仕事をするように促すなんてこともしますし、独身になったほうがいかに人生を楽しめるかをあの手この手でさりげなく伝えて心理を誘導します。

ちょっと残酷な気もするかもしれませんが、ダラダラ婚姻関係を継続していても二人とも不幸になるような関係であれば、多少強引でも別れて新たな人生を歩んだほうが、結果として幸せになれるチャンスに恵まれます。

別れさせ屋の工作員はそのお手伝いをしているのです。

婚姻関係はただ継続していればいいというものではありません。

無理に継続していたほうが、自分も周囲も不幸になるケースは多々あります。

あなたは関係が破綻している相手と生涯我慢して一緒に過ごし、同じお墓に入りたいですか?

すでにパートナーへ愛情や関心を維持できないのであれば、新たな道に進むために別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋なら子供を別れさせられる?

・親からの依頼も珍しくはない

別れさせ屋というと、浮気されたりしてしまった当事者達が駆け込むようなイメージがありますが、少々イレギュラーではありますが、親が子供を別れさせたくて依頼するというケースもあります。

親から見てどうしても受け入れがたい交際相手なので別れるように工作して欲しいというものです。

そう聞くと過保護だと騒ぐ人もいますが、大事なお子さんの人生がかかっている場合、親としては目に見えて苦労しそうな相手とは交際させたくないというのは珍しくない親心ではないでしょうか。

まして結婚までしてしまうと、なかなか別れさせることは困難となり、トラブルを起こされたてしまえば、子供だけでなく親世代や親類まで影響を受けることもあるのです。

子供の恋愛は、けっして親と無関係なものではないのです。

まして子供までできてしまえば離婚しても消えない縁ができあがってしまいます。

ですから、どうしても子供のために別れさせたいとお思いなら、別れさせ屋に依頼しましょう。

恋愛に燃え上がっている子供に、親から別れるように言っても、問題はまず解決しません。

むしろ、反対すればするほど、かえって恋を燃え上がらせる材料となってしまうこともあります。

うるさく言えば、親子間の関係もこじれてしまうでしょう。

子供にうざったがられることなく、遺恨なく別れさせたいなら、別れさせ屋がベストなのです。

・両親の意見はそろえておいたほうがいい?

別れさせ屋へ子供のことを依頼する場合、両親の意見はそろえておいたほうがいいのでしょうか。

人を見る目は、夫婦といえども同じではありません。

夫や妻だけ「あの相手はおかしい」と感じるケースも珍しくありません。

とはいえ、できれば依頼するときには夫婦間の意見はそろえておいたほうがいいでしょう。

なぜなら別れさせ屋へ依頼すると、着手金と成功報酬を合わせると費用が100万円を超えることも少なくありません。

個人資産を保有していてそこから出せれば問題ありませんが、夫婦名義の資産からそんな高額が引き出されていれば、パートナーに非常にばれてしまいやすいのです。

依頼後に別れさせ工作を頼んだことがパートナーにばれて、そこから勝手なことをしたと怒られたり、子供にばらされたなんてことになったら大変です。

親子関係も、夫婦関係にも亀裂が生じてしまいます。

ですから、可能であれば夫婦間の意見はそろえておきましょう。

親を別れさせたかったら別れさせ屋

・熟年恋愛が加熱で依頼者も急増

最近は、熟年でも婚活やパートナー探しをすることが珍しくなくなってきました。

そのせいか、親をいま付き合っている相手と別れさせたいという子供さんからの依頼が別れさせ屋でも増えてきています。

後妻業なんて言葉のあるとおり、寂しい熟年を狙って近づく悪質な相手も存在するのです。

しかし、子供に注意されても、親としてのプライドもあり、素直に話を聞いてくれないことがほとんどです。

どうせ老い先短い人生だから好きに生きたいといっても、子供としては、怪しげな人と付き合って欲しくないと思うのが当然です。

そこで、うまく親を別れさせられないのであれば、別れさせ屋に助けてもらいましょう。

親の恋愛問題を相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、先ほど話したように、こうした事例はどんどん増えています。

高齢化が進み、恋愛の形も変化してきているため、今後もこの傾向はますます加速しそうです。

どうか自分の悩みが珍しいものだとは思わないで、ぜひ別れさせ屋に相談してみてください。

経験豊富なスタッフが、丁寧に対応してくれますよ。

・両親を離婚させたいというケースも

両親がそろっていても、子供がなんらかの理由から離婚できるよう別れさせ屋に依頼してくるケースもあります。

すでに仮面夫婦の状態が長く続いているのにどちらかが離婚を拒否している、DV気質な父から母を解放してあげたいなど、このケースの原因もさまざまです。

もちろん、このような両親を離婚させたいという子供からの依頼も別れさせ屋では受け付けています。

子供がいるから離婚しないという風潮は昔のほうが強く、いまだにそれに縛られている夫婦も珍しくありません。

子供の目から見ても、別れたほうが幸せになれるというのであれば、遠慮なく別れさせ屋に依頼してください。

どんなことがあっても結婚した以上一緒にいるというのは、すでに廃れかけている昔の考えです。

人生の新しい第一歩を、子供であるあなたが後押ししてあげるもの親孝行かもしれませんね。

別れさせ屋の成功率はどれくらいなの?

●別れさせ屋によってまったく違う

別れさせ屋へ依頼したい人が必ず気にするのが成功率です。
リスクを抱えながらわざわざ雇って工作してもらうのに成功しなかったなんてことになりたくないので、成功率が知りたいというのは当然のことです。
別れさせ屋の成功率は、ここで何%と出しても意味がありません。
なぜなら、別れさせ屋は事務所ごとに大きく成功率が異なります。
ノウハウをたくさん抱えて臨機応変に事態に対処できるところなら70%以上と好成績を出していますし、素人が思いつき出始めたようなところなら50%にもなりません。
ですから、別れさせ屋の成功率はこうですよとここでお教えしても、参考にはならないのです。
とはいえ、きちんとした別れさせ屋には、多くの人が希望を叶えて感謝しているのも事実です。
別れさせ工作はすぐに結果が出るものではありません。
けれど、長期間になればその分費用もかさむので、依頼主のほうから継続を断念してしまうケースもあります。
全体の成功率は出しても意味がありませんが、一事務所の成功率は重要です。
ホームページで調べてみるか、メール相談や電話相談で尋ねてみてください。
言い渋る別れさせ屋は、人に言えるほどの成績がないケースが目立ちます。

●成功率100%は詐欺

ひとつ気をつけていただきたいのが「成功率100%」というパターンです。
どんなに熟練した工作員でも、絶対はありません。
そんな数値はありえないのです。
高すぎる成功率にはぜひ気をつけてくださいね。
また、実績数が少ないと成功率が高くてもあまり頼りになりません。
多くの依頼を長年解決してきても、高めの成功率を維持できているからこそ、その数値には意味があるのです。
データはいくらでも誤魔化せるので、成功率の高さだけで別れさせ屋を選ぶのは止めましょう。
成功率を尋ねたときのスタッフの様子などを参考にしたほうが、その事務所の雰囲気や人柄がわかりますよ。
実績を鼻にかける場合や、嫌そうに言いよどむ場合は、質が良くない事務所です。
自信を持って安心させるように教えてくれる別れさせ屋を探してください。

夫婦関係を穏便に解消させたいなら別れさせ屋

●離婚はスムーズにいかないことがほとんど

結婚よりも離婚のほうが何倍も体力を使うなんて言葉もありますが、離婚は本当に大変です。
どちらか一方がきちんと納得していないと、必ず揉め事になります。
浮気やDVなど、はっきり相手が有責だとわかる状況であれば、証拠を持って裁判を起こし、法によって離婚までこぎつけることは可能ですが、はっきりと離婚理由になるものがあることばかりではありませんよね。
人望が厚い好人物が結婚相手でも、離婚したいと思う人は思います。
また、すでに仲が悪い夫婦でも、同時期にそろって離婚を希望するという幸せなケースばかりではりません。
家庭内別居状態でも、離婚だけは絶対にしないと決めている人もいます。
スムーズに離婚できそうにないなとお悩みなら、そんなときは別れさせ屋を頼りましょう。
どんな理由で夫婦関係を解消したいのであれ、別れさせ屋ならパートナーの気持ちを上手に操り、離婚へ同意してくれるように誘導してくれます。

●別れさせ屋を使って慰謝料請求はできる?

どうせ別れるのであれば、少しでも多くお金をむしりとりたいなんて考えは珍しいものではありません。
新生活にはお金が欠かせないので、安心材料を増やすためにも、慰謝料をもらえたらいいなという気持ちはわかります。
しかし、別れさせ屋を使って慰謝料請求をするのはおすすめできません。
そもそも別れさせ屋はターゲットを誘惑して別れを決断させますが、肉体関係は結ばないのが基本です。
肉体関係もないのに慰謝料を請求してそれが通ることはまずありません。
きちんと勝てるような証拠がなければ、相手だって納得しないので裁判になりますし、当然証拠がなければ勝てません。
悪質な別れさせ屋には身体を使って別れさせるようなところも存在しますが、そういったところは料金システムも正常ではなくハイリスクです。
また、金銭目的で別れさせ工作を行うことは、あなたが法に問われる可能性が高いです。
逮捕されれば離婚はできますが、あなたのその後の人生は明るくありません。
欲はかかずに離婚だけで満足しておきましょう。

子供が親のために別れさせ屋を雇いことってあるの?

●親の浮気を止めさせたい

最近は、別れさせ屋も多くの人に認知されるようになったせいか、子供が親のために別れさせ屋に依頼に来るというケースも出てきました。
たとえば、両親のどちらかが浮気をしていて、大事になる前に秘密裏に別れさせようというケースがあります。
「父親が浮気をしているけれど、母親に教えて傷つけたくない」、「母親が浮気をしているけれど父親が知ったら離婚になるのでそれは防ぎたい」など、理由にもいろいろなものがあります。
離婚して若い恋人と子供でも作られてしまったら、相続も大きく変化するため、親の浮気は子供にとっても大問題です。
近年ではシニア世代の婚活や恋活も活発化してきています。
そのせいか、離婚済みや死別の親でも、あきらかに財産目当ての相手と付き合い始めてしまったなんてことで、別れさせ屋に駆け込んでくることもあるのです。
老いらくの恋も悪いものではありませんが、子供にとっては別れさせ屋を利用したくなるケースが今後も増えていくと予想されます。

●親を離婚させて安らぎを与えたい

子供が親のために別れさせ屋を雇う、もう一つのケースは、両親自体を離婚させたいというものです。
どちらかがDV体質だったり、借金癖やギャンブル依存症などだった場合、これ以上婚姻関係を継続させてもう片方の親を不幸にしないために、別れさせ屋を頼るのです。
長年夫婦をしていると、明らかに問題があるパートナーでも、離婚しようとしないことは珍しくありません。
人はどんな悪環境でも慣れる生き物です。
年を取ると、新しいことに挑戦することが億劫になる人も多いです。
子供の目から見てもこの結婚は続けないほうが良いと判断したら、別れさせ屋に依頼してください。
親はいくつになっても子供を自分の下に見がちです。
いくら説得しても、うまく離婚まで導けるとは限りません。
また、DV傾向がある人物だと、別れさせようとした途端に暴力が酷くなったり、別れても粘着してくることがあります。
穏便に離婚させたいなら別れさせ屋がベストなのです

親が別れさせ屋を雇っても問題はないの?

親が別れさせ屋を雇っても問題はないの?
●親が利用しても問題なし

親が子供を別れさせるために別れさせ屋を使うというのは、そこまで異例なケースではありません。
本人は夢中になって相手の問題点が見えなくなるというのはよくあること。
そのせいか親が真っ先に子供の交際相手や結婚相手の問題点を見抜き、別れさせ屋に依頼してくるのです。
相手に夢中になっている子供に「その相手はおかしいから別れなさい」なんて言ってしまうと、かえって状況を悪化させてしまいかねません。
子供はあなたが大切な人をこきおろす敵だと認識して、距離を置いてくるかもしれません。
完全に連絡が取れなくなってしまうなんてことになる前に、別れさせ屋に相談しましょう。
親が子供に別れさせ屋を使ったからといって、非合法な工作をしなければ法には触れません。
とはいえ、子供に知られてしまったら喧嘩になること間違いなしなので、こっそり依頼してくださいね。
子供と同居の場合は、書類などから依頼したことがバレやすいです。
あなたの子供が幸せになるためにも、細心の注意をはらってください。

●両親の意見はそろえておいたほうがいい

親といっても父親も母親もいます。
どちらか一方だけの独断で別れさせ屋に依頼しても問題はありませんが、支払いは高額です。
夫婦ですから、共有財産から高額な出費があれば、いつかはバレてしまいます。
勝手に別れさせ屋を雇って子供を別れさせたことが知られてしまったことで、夫婦関係に亀裂が入ったり、子供に知られてしまうこともあるので、できれば夫婦では先に話を通しておいたほうがいいでしょう。
また、別れさせ屋工作にはいくらくらいなら支払うことができるのか、子供をどのような未来へ導きたいのかなどは、事前に夫婦で話し合って、意見をそろえておいてください。
父親と母親で意見が食い違ってしまうと、別れさせ屋のスタッフはどちらの意見に従うべきか混乱してしまいます。
ただし、個人の貯金などがあり、大金を動かしてもパートナーにバレないという環境であれば、夫婦で依頼する必要はありません。