夫婦の危機を乗り越えさせてくれる、別れさせ屋

夫婦の危機を迎えたとき、自分たちでは解決できないものです。親や兄弟、共通の友人などの第三者を交えて話し合ったとしても、問題が解決することはほとんどないでしょう。
一度こじれてしまった夫婦関係は、お互いを冷静に見直すことができなければ復縁するのは難しいといえます。そのまま別居生活に突入する夫婦も多いですが、離婚まではしたくないと思うなら、何としても別居は回避すべきです。
数日間離れてみるのはお互いを見直すきっかけになりますが、別居が長期間になるとお互い一人の生活に慣れてしまい、自由を満喫するようになります。
こうなると復縁できる可能性はさらに下がりますので、もし別居を始めたとしても、なるべく長期間にならないよう努力が必要です。
かといって頻繁に連絡するのは逆効果です。別居してすぐだと相手に対するイヤなイメージしかもっていないので、しばらく時間を置いたほうが良いでしょう。お互い冷静になり、それまでの結婚生活のことを思いだしたり、全てが嫌いなわけではなかったということに気付きます。
もともとはお互いに魅力を感じたから結婚した二人なので、問題さえクリアできれば元に戻れる可能性は高いでしょう。

別れさせ屋が初心を思い出させてくれる

相手のイヤな部分が明確な場合は、それを直す必要があります。ただし別居まで進んでしまった夫婦だと、これだけでは足りません。
結婚当初は好きだと思えていた部分でも、嫌いになってしまうとそれすら悪く思えてしまうものです。もともと好きだった部分を思い出してもらうだけでなく、さらに良い部分を見せないと相手の気持ちを取り戻せません。
別れさせ屋に依頼すると相手に対する依頼者のフォローや、二人で楽しめるイベントなどを設定してくれます。また、ターゲットに接触していつから依頼者への気持ちが冷めてしまったのか聞き出し、ターゲットにどうして別居するに至ったのか原因を探らせます。
二人の未来への希望を持たせられるよう、別れさせ屋はいろんなイベントを用意したり、ターゲットの本心を聞きだしてくれます。

別れさせ屋に子供の目を覚ませてもらおう

経験の少ない子供ほど恋愛相手を間違えてしまう

年頃の子供をもつ親にとって、頭が痛いのが恋愛ごとではないでしょうか。親に恋愛の悩みを相談する子供も増えていますが、一般的には親には恋愛相談は絶対にしないという子供が多いものです。
恋愛経験を積むことは良いことですが、もちろんマイナスにしかならない恋愛もあります。本人がそれで成長してくれるならと放っておくと、とんでもない相手に引っかかり、相手から悪影響を受けます。
子供の恋愛は生活環境によって大きく左右されますが、経験値が少ないと自分にとって悪い相手が逆に魅力的に見えてしまうこともあります。
周りに真面目な人が多いほど正反対の異性は輝いて見え、自分のしらない世界へ連れていってくれる理想の恋人だと勘違いしてしまうのでしょう。
こうした相手と付き合ってしまった場合、自分で気付くまで放っておくしかありませんが、あまり放置しすぎていると、最終的に結婚話まで進んでしまうことがあります。
ちゃんとした相手ならある程度付き合った上で結婚を意識しますが、生活環境の悪い中で育った子供は結婚をそれほど重く考えておらず、すぐに結婚を口に出す傾向があります。

子供を傷つけないように別れさせるには

女性にとって簡単に結婚を口に出さない男性より、付き合ってすぐに結婚を口に出す男性のほうが真剣に自分のことを考えてくれていると思えます。年齢が若ければなおさらでしょう。
子供の恋愛に口を出すのは褒められた行為ではありませんが、子供の傷を広げないためにも親が守ってあげなくてはなりません。しかし、頭ごなしに反対をするのは逆効果です。
子供が冷静に判断できるよう仕向けるなら、別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
子供を傷つけたくないと思う親も多いため、別れさせ屋は二人が同時に心変わりできるよう、工作員を両方に接触させます。もちろん、どちらか一方だけに工作を仕掛けることもできますので、どのように別れさせるかはしっかりプランを話し合って決めるようにしましょう。

子どものために親が別れさせ屋を利用する理由

浮気相手との関係を断ち切る別れさせ屋ですが、恋人同士の仲を避けるために別れさせ屋を利用する人もいます。
一般的には恋愛の当事者の誰かが別れさせ屋に依頼しますが、最近では息子や娘の恋人がふさわしくないと考え、別れさせ屋に依頼する親も増えました。
いくら大人になったとはいえ、まだまだ全てのことで経験値が浅いため、親はつい口出しをしてしまいます。大人になっているなら親の意見でも素直に聞けるものですが、子どもは自分が正しいことを主張しようとし、反発します。
自分の主張を貫くにしても、自分の口でそれをきちんと説明できなくてはなりません。好きな人のことなら、なおさら自分で説明しなくてはならないのに、子どもだからこそ説明することもできません。
周りの友人や先輩、上司などが正してあげれば良いですが、それほど親しい人がいなければ親の出番になります。
しかし頭ごなしに反対するのはNGです。恋愛モード中の子どもは反対すればするほど逆に燃え上がり、困難を乗り越えることが二人のミッションと思い込んでしまいます。
通常なら欠点に見えてしまう部分も、周りに反対されていると思うとそれすら愛おしく見えてしまいます。
子どもを別れさせたいと思うなら気持ちを冷静にさせることと、世の中には他にもたくさんの異性がいるということに気付かせなくてはなりません。

別れさせ屋に依頼するのが手っ取り早い

しかし子どもは後先を考えず本能のまま行動してしまうので、最悪な場合、妊娠して結婚へと進んでしまうこともあります。こうなると反対することも賛成することもできなくなるので、早めに手を打つ必要があります。
子どもの気持ちを早く覚めさせるには、別れさせ屋に依頼するのがもっとも良い方法です。大人でプロの別れさせ屋は、恋愛におけるテクニックを網羅していますので、子どもが今の恋人に失望するのはそれほど時間はかかりません。
親の話には聞く耳を持たなくても、第三者である別れさせ屋の話は素直に聞くものです。確実に子どもたちが別れさせるだけでなく、子どもが傷つかないよう配慮して工作を仕掛けます。

別れさせ屋の成功率はどう決まる?

状況によってはゼロに近いことも……

別れさせ屋に依頼しようと思ったとしましょう。その際に気になるのが料金や成功率ではないでしょうか。もし料金をリーズナブルに抑えられたとしても、成功しなければ意味がありませんよね。それに、もし別れさせ工作の途中で失敗すればターゲットに不信感を与えてしまいます。そうなると依頼の難易度が跳ね上がってしまいます。成功確率はゼロに近くなってしまうでしょう。最初に腕のいい業者を選ぶことが大切です。
さて、別れさせ屋の成功率は依頼の難易度によって変動します。別れさせ屋の方でこの未来の成功率は0%ですからやめましょうというようなことはありません。ただ、これ以上の工作はできないと判断した場合は工作の中止をご提案します。
一つは金銭的な問題です。工作の途中で依頼者の資金が尽きてしまった場合、後索路得をすることはできません。もう一つは別れさせ屋に依頼したことが依頼者を通じてターゲットにバレてしまった場合です。プロの工作員は足がつくようなことはしませんが、書類などをターゲットに見られてしまうとターゲットが極端に警戒してしまうようになります。そうなると成功率が著しく低くなってしまうので工作の続行が困難になります。
最後はターゲットについて問題がある場合です。ターゲットが引きこもりでコンビニにすらいかないような場合は接触ができません。さらに人口の少ない地域に居住しており、外部からの人間が入ってくると目立ってしまうような状況だと工作が不可能に近いです。
せっかく工作を始めたのに中止になってしまうのは遺憾ですが、資金と時間を投入してもダメな場合もあります。事前にきちんと相談しておきましょう。

数字に惑わされず詳しい相談を

ところで、同じ内容の依頼に対して成功率が97%という業者と成功率が60%だという業者がいたとしましょう。この場合どちらに信頼がおけるでしょうか。実は後者の業者なのです。なぜかと言うと、経験のある業者ほどリアルな成功率を弾き出せます。さらに過去にあった依頼と同じように見える依頼でも細かい状況が違うと理解していますので、安易に高い成功率を伝えないのです。
成功率90%以上、もしくは70%以上をうたう業者でも、高い成功率をダシにして依頼させようとしていることがあります。成功率を聞いたらなぜそのような数字になるのかを説明してもらい、納得できてから依頼するようにすると後悔が少ないです。

別れさせ屋で夫婦を別れさせる方法

愛人からの依頼が多い

恋愛において女性が不利な立場に立たされるケースが少なくありません。例えば愛人といえば、既婚者の男性とその未婚の不倫相手を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。既婚者の男性が奥さんと別れると言いながらも何年もごまかし、結局は奥さんの元に帰っていくという話はよく聞きますよね。
婚活パーティーなどで既婚者と明かされないまま交際を始めてしまう未婚女性もいますので、男性側がずるいという時もあります。しかし、その多くは泣き寝入りで終わってしまいます。
別れさせ屋で夫婦を別れさせることはできるのでしょうか。結論から言うと夫婦を別れさせるサポートができるので、愛人となってしまった女性が別れさせ屋に相談するケースは多いようです。
不倫はバレていないものの、既婚者の彼に離婚する意思が全く見られない。既婚者の相手の方で離婚を切り出したが奥さんに断られてしまった。不倫関係がバレてしまっていて、彼が外出できなくなった。
以上のように様々な状況に陥る愛人の女性がいます。別れさせ屋ではこうした女性の立場に寄り添い、事情を詳しく聞いた上で夫婦を離婚させるように働きかけます。

円満そうに見える夫婦ほど狙い目?

しかし、夫婦といえば未婚カップル以上の絆で結ばれているものです。堅固な絆で結ばれた夫婦の別れさせるのは本当に可能なのでしょうか。
実は別れさせという意味では円満な夫婦ほど難易度が下がります。なぜかというと、パートナーを愛していればいるほど配偶者の不倫にショックを受けます。 愛情が憎しみに変わりやすく、裏切られたという気持ちから奥さんの方から離婚を申し出ることもあるのです。
愛情を持っているからこそ別れたがるというのは何とも複雑ですが、片方の気持ちが冷めたまま夫婦生活を続けるのはそうしたタイプの奥さんにとって残酷な状況かもしれませんね。
逆に言うと夫への愛情はないものの、離婚をすると損失が大きいためか夫が浮気をしていても離婚を検討しない妻もいます。既に別居をしているようなタイプの夫婦には別のアプローチを考える必要があります。そうした事情も踏まえて別れさせ屋に依頼するようにしてみてはいかがでしょうか。

別れさせ屋で自分の子供を別れさせられる?

自分の子供だから当然?
別れさせ工作には倫理的な問題が多少伴います。社会的に自立した大人であれば責任をもって自身の恋愛に第三者を介入させる覚悟もあるでしょう。しかし、もし親が自分の子供を任意のターゲットと別れさせたいと思う場合どのような問題があるのでしょうか。
まず言えるのは過保護かもしれないということです。親が子供の別れさせ工作を依頼する場合は、子供が学生で今のままの恋愛をしていれば学業に支障が出てしまうというもの、または結婚適齢期の子供があまり結婚させたくない人物と交際しており、別れさせたいというケースのふたつに分かれるようです。
子供に勉強してもらいたいというのも両親が気に入る人物と結婚してほしいというのもある意味わがままではあります。自分の子供とはいえ、意思は子供のものです。現在は昔ほど家と家との繋がりを尊重しなくなっていますから、理由によっては子供に説明しても納得してもらえないでしょう。
そんな時に頼りになるのが別れさせ屋です。親が自分の子供を別れさせるために別れさせ屋に相談するケースも少なくないようです。

夫婦で意思は統一させましょう

自分の子供を別れさせたいときに注意したいのは両親の意思を統一させるということです。別れさせ工作にかかる費用は高額で、少なくとも数十万円から100万円はかかります。その費用は夫婦の共同の財産から捻出されることが多いですから、別れさせ屋に相談するのは夫婦一緒ということがほとんどです。
しかし実際に依頼に入って夫婦の意思が統一されていないと帰ってから揉めてしまいます。別れさせ屋の前で喧嘩をする夫婦もいるそうです。子供のためという思いもあるにしろ、細かい教育方法や思想は両親でさえ異なっているわけですから、別れさせ屋への依頼内容も二人で食い違ってきます。そうすると依頼に応えるのが困難になってしまいます。
ではどうすれば良いのかというと、夫婦の意思はできるだけ統一させることです。もしできないようであれば、別れさせ屋に全て任せるようにしていただけるとかえってスムーズに別れさせ工作が進むことがあります。もし子供を別れさせる場合は別れさせ屋に「丸投げ」するようなスタイルでよいのかもしれません。

子が親に別れさせ屋を使用するケースとは

親の不倫をやめさせる

別れさせ屋といえば男女関係の問題解決に使われるサービスです。未婚のカップルの片方が浮気をしていたり、既婚者の片方が不倫をしていたりと、人生にはまれにあるトラブルを解決するサポートをしてくれます。しかし、最近では子供が親に別れさせ屋を使用するケースがあるそうです。その実態はどうなっているのでしょうか。
ある例では、子供が親の不倫に気が付いたそうです。このままでは両親が不仲になり、離婚につながるかもしれないということで別れさせ屋への依頼を子供が決意しました。この場合、配偶者の不倫に気づいたパートナーが別れさせ屋で依頼するというのが一般的な流れですが、子供にある程度の資金力がある場合別れさせ屋を使用して両親の仲を保とうとすることもあるようです。
熟年離婚も増えていると言われていますが、子供にとって両親はいつまでも両親です。浮気などで関係が壊れてほしくないという思いもあるのでしょう。もちろん不倫相手と別れただけでは両親の仲が良くなるとは思えませんので、それ相応の復縁工作も必要になりそうです。
そういうわけで、別れさせ屋が別れさせるターゲットには肉親さえも含まれます。別れさせ屋の利用も多様化しつつあるのかもしれません。

工作した結果を受け止める覚悟も必要

前述の通り、親を不倫相手と別れさせてもそのまま夫婦生活がうまくいくとは限りません。しかし、別れさせ工作が成功した後も工作した結果を受け止める覚悟が必要になるケースがあります。それは、親の人生に介入してしまうということです。
別れさせ屋を使うと魅力的な工作員がターゲットの友人となり恋人となり、ドラマチックな展開を演出します。不倫相手の話をすれば友人役の工作員が別れるようにさとし 、味方になってくれます。それでも不倫相手に未練があるような場合には魅力的な異性が恋人候補として登場し、この人でもいいのかもなと思わせてくれます。
このような体験はめったにないことでしょう。ですが、これらの魅力的な人物は別れさせ工作が終わった後ターゲットのもとを去ります。振り返ってみればあれは別れさせ工作だったのでは?と親が気づくケースもあるかもしれません。
別れさせ工作は依頼者の望みを叶えるものですが、こうした可能性があることも考慮しておくと後悔しにくいのではないでしょうか。

知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実

別れさせ屋の成功率は100%ではない

たとえどんなに優秀でスキルのある別れさせ屋であったとしても、その成功率は100%ではなく、失敗する可能性は常にあるものです。考え方としては、「80%の割合で成功する」といった数字は「20%の割合で失敗をすること」と等しいわけです。ですから、別れさせ屋にその工作を頼んだとしても、失敗するリスクは必ずある、ということは覚えておくべきですし、また理解しておくべきものでもあるのです。それでは次に、そうした別れさせ屋工作の成功率を下げる理由や失敗する理由の例を3つご紹介します。

別れさせ屋工作の成功率を下げる・失敗する理由の一例

・お金、時間の問題。受けた依頼から、このまま別れさせ工作を続けていれば成功する可能性があっても、依頼を続けるためのお金がなくなってしまった、といった場合や、その工作が完了するのを待つ時間がなくなってしまった、などのような場合がこれに該当します。要するに、別れさせ屋からしたら、依頼をやめざるを得ない状況になってしまった、ということです。・依頼主側の問題。別れさせ屋からの報告により、そこから知った(知ってしまった)相手の見えてなかった部分に対して我慢できない状態になったり、もはや復縁などしたくない、と強く思う依頼者もおります。そうなれば依頼者はその依頼をキャンセルすることになりますし、別れさせ屋にとっては一つの失敗扱い、成功率が下がる一因にもなるわけです。・別れさせ屋の問題。別れさせ工作を請け負う存在というのは、本当に数多くおりますので、その中にはやる気のない別れさせ屋や、スキルが足りていないもの、お金だけのために適当に調査をし、また工作をしている、などの悪徳業者と言われるような別れさせ屋もいます。こういうところに依頼をすれば、当然のことながら成功率は下がってしまいます。中には、こういった悪い別れさせ屋に依頼をしても、たまたま成功することもあるにはありますが、大抵の場合は失敗に終わります。

別れさせ工作の現実を知っておくことが大事

このように別れさせ屋に依頼をしても、様々な原因や状況などによっては失敗する可能性が常にある現実を知っておくことは大事です。当然のことながら、中にはそうした失敗のリスクがあることを誠実に説明してくれる、誠意ある別れさせ屋もちゃんとおります。そういったところに頼むことが、少しでも別れさせ工作の成功率を上げることに繋がっているのは言うまでもありません。ですが、そんな別れさせ屋でも失敗することもあることはお忘れなく。

夫婦の絆の種類が違えば、別れさせ屋の取る方法や手法も変わる

別れさせ屋工作における方法や手法の多要因さ

別れさせ屋は、様々な方法やアプローチを駆使して対象となる方々への別れさせ工作を行い、その成功を目指して行動します。では、なぜそうした幾つもの方法があるのでしょうか。それは、同じ手法が他の対象となる方々に対して使えるわけではないからです。例えば、夫婦関係がうまくいっている夫婦とそうでない夫婦とで同じ手法、方法を使って同じ結果が出るでしょうか?どう考えてもそうはなりませんよね。また、夫婦関係がうまくいっていないのなら離婚をするはず……というわけでもなく、夫婦というのは必ずしも恋愛感情やそういった関係で繋がっているもの限りではありません。例えば、相手も自分も浮気をしていても別に構わない、といった考えや価値観、関係性を持っている人もいるはずで、そうした場合に対象となる方に異性の工作員を接近させる形をとっても意味はなくなってしまいます。こういった要素から、別れさせ屋には幾つもの手法や方法あるわけで、そしてその中で、その依頼者や対象となる方々に適したものを選ぶわけなのです。

別れさせ屋に知らせるべきなのは、夫婦がどういった絆で繋がっているか

別れさせ屋が夫婦を別れさせる上で、その工作手段を選ぶ材料となるのが、「その夫婦は一体何の絆で繋がっているのか」です。上記で例としてご紹介しましたが、それによっては適している方法が全然違ってきてしまいますからね。ただ、どういった手法を使うにせよ、基本的な考え方は対象となる人物に工作員を接近させる形であることに変わりはありません。その近づけ方やアプローチ、設定などを適宜変えて別れさせ工作を行っていくわけです。例えば、工作員は異性にするのか同性にするのか、友達や恋人など接近させてどういう関係を作らせるのかなどの部分を多くのバリエーションから選択していく、といった具合です。依頼者にとっては別れさせること、別れさせ屋にとってはその手段を選択すること、それらを実現するのに必要不可欠なのは情報です。別れさせ屋に相談や依頼をする時は、こうした考え方があると意識した上で、より精細な情報を提供するように心がけることをオススメします。

親心からの子供に対しての別れさせ屋工作依頼

別れさせ屋工作を親が依頼するケース

別れさせ屋工作の対象となる人物が、自分たちの子供であるケースがあります。そうしたケースは、娘や息子が健全ではない交際をしていたり、結婚相手とするのに不安しかなく、納得ができない……などの親心からの依頼がほとんどだといいます。やはり、それまでの長い間大切に愛情を持って育ててきた子供ですから、その人生が交際相手などによって台無しになんてされたくない、と切に願っている親の気持ちは大変理解しますし、共感するところでもあります。とは言え、子供にも自我や気持ちはあるものですし、成人を迎えている子供であれば親の言うことよりも、その時々の交際相手の意見や主張を最優先する場合の方が多く、大切な子供のことが心配だから、と強引に物事を進めようとするとかえって状況の悪化を招くことは非常に多いです。「親の心子知らず」とは古くからある言葉ですが、いくら心配する気持ちが故とは言っても、こうしたことをしてしまえば、親子の間の信頼関係にヒビが入ってしまう、などの可能性は考えられますからね。その中で、そうしたリスクを最低限に抑えつつ問題を解決に向かわせるために別れさせ屋工作を探偵に依頼するのも一つの手なのです。

子供への別れさせ屋工作

例えば、娘が悪い男に騙されている状況であるのなら、親としてはものすごく心配ですし、不安です。ですが、たとえその男の悪い部分を娘に指摘したとしても、なかなか聞き入れてもらえないケースは多いです。娘からすれば、愛している相手を親が否定してきた、と受け取ってしまいますし、また愛情のある相手を見捨てることができない、自分がそばにいなきゃ、と思う女性もいます。かといって、息子の場合であっても、男性というのはプライドがあるものですので、親から言われたとしても、交際相手に「親の言うことを聞く男」といったレッテルを貼られたくない、などのような思いから、親の意見ではなく、交際相手の意見、言い分に従おうとすることもまた多いです。もちろん、これらは子供によります。ですが、子供は親に対し、反抗心や反発心を持つ側面があるのは人間の成長過程の観点からも事実です。また、だからと言って、そんな大事な子供に降り掛かっている問題をおめおめ見逃すわけにもいきませんよね。であるなら、別れさせ屋を考えてみてはどうでしょうか。