子供が親のために別れさせ屋を雇いことってあるの?

●親の浮気を止めさせたい

最近は、別れさせ屋も多くの人に認知されるようになったせいか、子供が親のために別れさせ屋に依頼に来るというケースも出てきました。
たとえば、両親のどちらかが浮気をしていて、大事になる前に秘密裏に別れさせようというケースがあります。
「父親が浮気をしているけれど、母親に教えて傷つけたくない」、「母親が浮気をしているけれど父親が知ったら離婚になるのでそれは防ぎたい」など、理由にもいろいろなものがあります。
離婚して若い恋人と子供でも作られてしまったら、相続も大きく変化するため、親の浮気は子供にとっても大問題です。
近年ではシニア世代の婚活や恋活も活発化してきています。
そのせいか、離婚済みや死別の親でも、あきらかに財産目当ての相手と付き合い始めてしまったなんてことで、別れさせ屋に駆け込んでくることもあるのです。
老いらくの恋も悪いものではありませんが、子供にとっては別れさせ屋を利用したくなるケースが今後も増えていくと予想されます。

●親を離婚させて安らぎを与えたい

子供が親のために別れさせ屋を雇う、もう一つのケースは、両親自体を離婚させたいというものです。
どちらかがDV体質だったり、借金癖やギャンブル依存症などだった場合、これ以上婚姻関係を継続させてもう片方の親を不幸にしないために、別れさせ屋を頼るのです。
長年夫婦をしていると、明らかに問題があるパートナーでも、離婚しようとしないことは珍しくありません。
人はどんな悪環境でも慣れる生き物です。
年を取ると、新しいことに挑戦することが億劫になる人も多いです。
子供の目から見てもこの結婚は続けないほうが良いと判断したら、別れさせ屋に依頼してください。
親はいくつになっても子供を自分の下に見がちです。
いくら説得しても、うまく離婚まで導けるとは限りません。
また、DV傾向がある人物だと、別れさせようとした途端に暴力が酷くなったり、別れても粘着してくることがあります。
穏便に離婚させたいなら別れさせ屋がベストなのです

親が別れさせ屋を雇っても問題はないの?

親が別れさせ屋を雇っても問題はないの?
●親が利用しても問題なし

親が子供を別れさせるために別れさせ屋を使うというのは、そこまで異例なケースではありません。
本人は夢中になって相手の問題点が見えなくなるというのはよくあること。
そのせいか親が真っ先に子供の交際相手や結婚相手の問題点を見抜き、別れさせ屋に依頼してくるのです。
相手に夢中になっている子供に「その相手はおかしいから別れなさい」なんて言ってしまうと、かえって状況を悪化させてしまいかねません。
子供はあなたが大切な人をこきおろす敵だと認識して、距離を置いてくるかもしれません。
完全に連絡が取れなくなってしまうなんてことになる前に、別れさせ屋に相談しましょう。
親が子供に別れさせ屋を使ったからといって、非合法な工作をしなければ法には触れません。
とはいえ、子供に知られてしまったら喧嘩になること間違いなしなので、こっそり依頼してくださいね。
子供と同居の場合は、書類などから依頼したことがバレやすいです。
あなたの子供が幸せになるためにも、細心の注意をはらってください。

●両親の意見はそろえておいたほうがいい

親といっても父親も母親もいます。
どちらか一方だけの独断で別れさせ屋に依頼しても問題はありませんが、支払いは高額です。
夫婦ですから、共有財産から高額な出費があれば、いつかはバレてしまいます。
勝手に別れさせ屋を雇って子供を別れさせたことが知られてしまったことで、夫婦関係に亀裂が入ったり、子供に知られてしまうこともあるので、できれば夫婦では先に話を通しておいたほうがいいでしょう。
また、別れさせ屋工作にはいくらくらいなら支払うことができるのか、子供をどのような未来へ導きたいのかなどは、事前に夫婦で話し合って、意見をそろえておいてください。
父親と母親で意見が食い違ってしまうと、別れさせ屋のスタッフはどちらの意見に従うべきか混乱してしまいます。
ただし、個人の貯金などがあり、大金を動かしてもパートナーにバレないという環境であれば、夫婦で依頼する必要はありません。

別れさせ屋の成功率

別れさせ屋に依頼する人の多くが、成功率について聞かれるそうです。
料金も一般人から見ると高額ですし、それだけの価値があるのかどうか、依頼者は心配になりますよね。
そこで、様々な業者のサイトを元に調べてみました。

●成功率は?
成功率を明言していない業者がほとんどです。
よくあるお問い合わせの中に、成功率に関するものが掲載されていても、「依頼内容によってはアドバイスのみで終わる場合もあるため、直接ご相談ください」というような記述しかない業者もありました。
ある業者のサイトでは、平均成功率は70%と明言しているサイトもありました。
30%も失敗するのか…と少し驚いてしまいますよね。この理由についても書かれてありました。

●別れさせ屋の工作が途中で終わるケース
ひとつ目は、別れさせ屋へ依頼したことが、ターゲットにバレてしまうケースです。
別れさせ屋はプロですから、バレるような失態をすることはまずありません。しかし、依頼者が別れさせ屋の名刺や書類、やり取りをしているメールなどをターゲットに見られてしまい、失敗に終わるというケースはあるようです。そのため、別れさせ屋は依頼者に予め自身でもバレない対策をするように固くお願いするそうです。
ふたつ目は、金銭的な問題です。
工作が難航し、予定していた期間よりも時間がかかってしまう場合、別れさせ屋は柔軟に対応しますが、それでも難しいときには延長料金を請求することがあります。
そうなったときに、依頼者が支払えず、やむを得ず断念するというケースです。期間の延長については、必ず契約前に別れさせ屋と綿密に相談しておくべきですね。
最後は依頼者自身が工作の中断を申し出るケースです。
このケースは意外と多いようで、工作を進めていく中で、ターゲットの本音や新たな一面を見ることにより、依頼者が別れさせることに執着がなくなることがあるそうです。
それは依頼者の気持ちが整理され、落ち着いたということなので、別れさせ屋に依頼したことで前進できたということですね。

●まとめ
成功率の数字だけを見ると、あまり高くないのでは…と感じ不安になりますが、成功しなかったケースの裏側を知ると、納得できるものばかりですね。
それでも不安な方は、正式に契約する前に、必ず業者に確認するようにして下さい。そうすることで、その業者の誠実さも図ることができるでしょう。

別れさせ屋が夫婦を離婚させる方法

婚姻関係のある夫婦の場合、どちらか一方が離婚したいと考えていても、様々な法律的なしがらみや、長年連れ添った情などもあり、離婚するのが難しい場合があります。
そんなときに、別れさせ屋はどんな工作を用いて離婚させるのでしょうか。

●聞き込み調査
まずはターゲットであるパートナーに、同性の工作員を近づけることが多いようです。
そして時間をかけて、親友と呼べる関係を構築し、ターゲットが工作員に心を開くのを待ちます。
そして、とにかく話を聞いてあげるそうです。ターゲットに自ら話をさせることで、今の状況は自分にとって不満が多いんだということを自覚させます。工作員は本音を引き出すために、共感や質問などを繰り返して、ターゲットが何でも話しやすいように導くようです。

●離婚するための条件を聞き出す
そしてターゲットが今の自分は不幸なんだと自覚した頃に、どうすれば幸せになれるかを一緒に考えます。そして離婚の結論が出た後に、離婚するための課題も同様に聞き出します。
例えば、子どもの親権が問題なのか、経済的な問題なのか、全て聞き出した上で、それらが解決できれば離婚できるという意識を持たせます。
工作員の役割は難しいようですが、不満を抱えている人は吐き出したいという欲求が強いため、何でも話せる相手に徹するということが唯一重要なようです。
他社からの働きかけではなく、ターゲット自身の意識の変化が最も大切ということですね。

●離婚するための条件を満たす
次に、課題を解決していきます。
例えば親権が問題なのであれば、ターゲットから親権への執着を取り払います。
そのためには、ターゲットに異性の工作員を近づけ、家庭が失われても、他に逃げ場があり、満たされる状態を作るそうです。
経済的な問題であれば、職場を紹介するなどの心支援もするようです。
そしてターゲットが全てのしがらみから開放されれば、離婚へと急速に話は進みます。

●まとめ
婚姻関係にある夫婦を離婚へ誘導するのは一見難しいようですが、誰しも不満は抱えているので、そこへ寄り添う形で別れさせ屋は工作を進めるようです。
離婚することで夫婦がお互いに新しい人生を切り拓けると良いですね。

子供がいる夫婦を別れさせるケース

夫と離婚したいと考えている妻は、子供がいることで離婚を躊躇してしまうこともあります。
それでも結婚生活をこれ以上続けられないという場合には、様々な問題を解決してから離婚する必要があります。この問題を解決するのが難しい方にとって、別れさせ屋を利用することは有効なようです。

●子供のためになるかどうか
まず、別れさせ屋は妻の話を聞いた上で、離婚することが子供にとってどういう影響があるのか調査します。
例えば、夫は子供にとってもいいパパだけど、妻が一方的に離婚したいと思っている場合には、社会的に見れば離婚は良くありません。
しかし、妻に対してDVをしている夫や、虐待をしている夫の場合は、間違いなく離婚した方が子供にとって幸せです。
子供や妻に精神的負担がある状況で、離婚した方が子供のためにも良いと判断した場合に、別れさせ屋は工作に動いてくれます。
そうでない場合は、できるだけ離婚をしないよう、妻にアドバイスをするのが良い別れさせ屋です。

●親権問題
次に問題となるのが親権問題です。
妻も夫も親権を欲している夫婦の場合、離婚をする際にはどちらかが諦める必要があります。
夫に親権を諦めさせたい場合には、まず、子供への執着を断ち切ります。そのために別れさせ屋は、夫に女性の工作員を近づけ、恋愛関係に持ち込む工作を行います。
夫婦関係が破綻しているため、夫は自然に他の女性に傾きやすいようです。
また、妻が働いていない場合は離婚後の収入を得るために仕事を勧めたり、実家へ頼れる場合にはそのように誘導することもあるようです。
そのようにして、離婚しても安心できる環境を作った上で、親権も妻が持てるように準備し、離婚へと導くわけです。

●まとめ
別れさせ屋ができるのは、離婚するまでの問題を解決し、スムーズに離婚へと導くことです。
それ以降の子供へのケアや、生活基盤の構築は依頼者自身が行うことになります。
子供を1人で育てるためには、親としての自覚と責任を持って、相当な覚悟で臨まなければなりません。
別れさせ屋はそのお手伝いをするだけなので、最終的には依頼者本人が自立してやっていく決心ができているかどうかが重要となるようです。

自分の子どもに別れさせ屋を使う親もいる?

別れさせ屋を利用する依頼者のケースは多様化していますが、親が自分の子どもに別れさせ屋を利用するというケースも増えてきています。
一体、どういった場合に親は別れさせ屋を利用するのでしょうか。

●学業に専念して欲しい
ひとつ目のケースは、子どもがまだ学生のため、交際を辞めさせて学業に専念してほしいというものです。
親としては、大事に育てた我が子が、学業を疎かにして恋愛に走ったり、交際相手のせいで道を外れたりするのではないかと心配な気持ちはありますよね。
そういった親心からの依頼です。

●結婚を考え直して欲しい
もうひとつ目のケースは、結婚を予定している相手と別れてほしいというものです。
親と結婚相手の相性が良くなかったり、相手の実家との関係が良くなかったり、親として祝福できない場合に依頼することがあるようです。
以上のように、大きく分けて、学業か結婚のどちらかが絡んだ依頼が多いようです。

●問題点
別れさせ屋の生の意見として、こういった親からの依頼の場合、夫婦間での意思疎通が取れていないことが多いそうです。
二人で依頼をしに来ても、その場で意見の違いから喧嘩を始める夫婦もいるようです。
また、子どもの恋愛観や環境が、親の時代とは大きく変わっているため、まずは子どもの意思を尊重するところから始めるのが別れさせ屋ができるアドバイスだそうですが、真摯に説明してもなかなか受け止めてもらえないことが多いとのことです。
ただし、依頼を受けないのかと言われればそういうことでもなく、子どもの意見を受け入れた上で、別れた方が自分は幸せになるということを、自ら考えさせることがこのパターンの必勝法のようです。
この、「子どもの意見を受け入れる」ということが難しい親が多いことが問題点のようですね。

●まとめ
親が別れさせ屋を利用する場合は、子どものことを真っ向から否定するのではなく、一旦尊重し、受け入れることが最も重要だということが分かりました。
これが難しい依頼者の場合は、プロである別れさせ屋に全て委ね、できる限り口出しはしないことが、別れさせへの近道になるでしょう。

別れさせ屋の高い成功率は本当?

別れさせ屋をインターネットで探すときに、キーワードとして成功率を付けられる人も多いです。成功率を記載しているどの業者も高い成功率を謳っていますが、実際のところはどうなのでしょう。
成功率の算出方法は業者ごとで異なるため、成功率で業者を比較するのは難しいといえます。どの業者も同じルールで成功率を計算しているのなら少しは真実味がありますが、どのようにしてその数字を出しているかは明確にしていません。
成功率80パーセント以上などと記載している場合、本当にその数字のとおりの成功を上げているなら、その業者はよほど有能な人材がそろっているか、老舗で経験値の高い人材がそろっているのでしょう。
しかし低い予算で高い成功率をあげている場合は、信頼度が低くなります。別れさせ屋のクオリティを上げるためには、それだけ時間と費用が必要になります。
確実に成功を求めるなら、ターゲットのことを綿密に調べ上げ、少しでも相手に信頼されるよう何度も一緒にご飯を食べにいったり、話し合いをしなければなりません。
費用が高額であればあるほど成功率は上がりますが、必ずしも料金の高い別れさせ屋が優秀だとはいいきれません。
悪徳業者も中にはいますので、高額な費用を求めるから成功率が高いとは思わないほうが良いでしょう。

どうやって優良な別れさせ屋を見つける?

別れさせ屋の成功率があまりあてにならないなら、どのようにして良い別れさせ屋を見つければ良いのでしょう。
ホームページやネットの評判だけでは、本当に優秀な別れさせ屋を見つけることはできません。電話やメールで相談してみたり、対面で相談しても判断はしづらいでしょう。
それでは何を基準に探せば良いのか迷うところですが、相談をしたときにどれほど親身になって話を聞いてくれるかが判断基準の一つになります。
毎日のように何件もの相談を受けている別れさせ屋は、新たな相談が舞い込んでも他の相談者と同じように、話半分で聞いてしまいます。
しかし相談者からの依頼をどうにか叶えてあげたいと思う別れさせ屋は、話を聞く姿勢も前向きです。自分に対して興味をもっているかどうかで、チェックしてみてはいかがでしょうか。

夫婦の危機を乗り越えさせてくれる、別れさせ屋

夫婦の危機を迎えたとき、自分たちでは解決できないものです。親や兄弟、共通の友人などの第三者を交えて話し合ったとしても、問題が解決することはほとんどないでしょう。
一度こじれてしまった夫婦関係は、お互いを冷静に見直すことができなければ復縁するのは難しいといえます。そのまま別居生活に突入する夫婦も多いですが、離婚まではしたくないと思うなら、何としても別居は回避すべきです。
数日間離れてみるのはお互いを見直すきっかけになりますが、別居が長期間になるとお互い一人の生活に慣れてしまい、自由を満喫するようになります。
こうなると復縁できる可能性はさらに下がりますので、もし別居を始めたとしても、なるべく長期間にならないよう努力が必要です。
かといって頻繁に連絡するのは逆効果です。別居してすぐだと相手に対するイヤなイメージしかもっていないので、しばらく時間を置いたほうが良いでしょう。お互い冷静になり、それまでの結婚生活のことを思いだしたり、全てが嫌いなわけではなかったということに気付きます。
もともとはお互いに魅力を感じたから結婚した二人なので、問題さえクリアできれば元に戻れる可能性は高いでしょう。

別れさせ屋が初心を思い出させてくれる

相手のイヤな部分が明確な場合は、それを直す必要があります。ただし別居まで進んでしまった夫婦だと、これだけでは足りません。
結婚当初は好きだと思えていた部分でも、嫌いになってしまうとそれすら悪く思えてしまうものです。もともと好きだった部分を思い出してもらうだけでなく、さらに良い部分を見せないと相手の気持ちを取り戻せません。
別れさせ屋に依頼すると相手に対する依頼者のフォローや、二人で楽しめるイベントなどを設定してくれます。また、ターゲットに接触していつから依頼者への気持ちが冷めてしまったのか聞き出し、ターゲットにどうして別居するに至ったのか原因を探らせます。
二人の未来への希望を持たせられるよう、別れさせ屋はいろんなイベントを用意したり、ターゲットの本心を聞きだしてくれます。

別れさせ屋に子供の目を覚ませてもらおう

経験の少ない子供ほど恋愛相手を間違えてしまう

年頃の子供をもつ親にとって、頭が痛いのが恋愛ごとではないでしょうか。親に恋愛の悩みを相談する子供も増えていますが、一般的には親には恋愛相談は絶対にしないという子供が多いものです。
恋愛経験を積むことは良いことですが、もちろんマイナスにしかならない恋愛もあります。本人がそれで成長してくれるならと放っておくと、とんでもない相手に引っかかり、相手から悪影響を受けます。
子供の恋愛は生活環境によって大きく左右されますが、経験値が少ないと自分にとって悪い相手が逆に魅力的に見えてしまうこともあります。
周りに真面目な人が多いほど正反対の異性は輝いて見え、自分のしらない世界へ連れていってくれる理想の恋人だと勘違いしてしまうのでしょう。
こうした相手と付き合ってしまった場合、自分で気付くまで放っておくしかありませんが、あまり放置しすぎていると、最終的に結婚話まで進んでしまうことがあります。
ちゃんとした相手ならある程度付き合った上で結婚を意識しますが、生活環境の悪い中で育った子供は結婚をそれほど重く考えておらず、すぐに結婚を口に出す傾向があります。

子供を傷つけないように別れさせるには

女性にとって簡単に結婚を口に出さない男性より、付き合ってすぐに結婚を口に出す男性のほうが真剣に自分のことを考えてくれていると思えます。年齢が若ければなおさらでしょう。
子供の恋愛に口を出すのは褒められた行為ではありませんが、子供の傷を広げないためにも親が守ってあげなくてはなりません。しかし、頭ごなしに反対をするのは逆効果です。
子供が冷静に判断できるよう仕向けるなら、別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
子供を傷つけたくないと思う親も多いため、別れさせ屋は二人が同時に心変わりできるよう、工作員を両方に接触させます。もちろん、どちらか一方だけに工作を仕掛けることもできますので、どのように別れさせるかはしっかりプランを話し合って決めるようにしましょう。

子どものために親が別れさせ屋を利用する理由

浮気相手との関係を断ち切る別れさせ屋ですが、恋人同士の仲を避けるために別れさせ屋を利用する人もいます。
一般的には恋愛の当事者の誰かが別れさせ屋に依頼しますが、最近では息子や娘の恋人がふさわしくないと考え、別れさせ屋に依頼する親も増えました。
いくら大人になったとはいえ、まだまだ全てのことで経験値が浅いため、親はつい口出しをしてしまいます。大人になっているなら親の意見でも素直に聞けるものですが、子どもは自分が正しいことを主張しようとし、反発します。
自分の主張を貫くにしても、自分の口でそれをきちんと説明できなくてはなりません。好きな人のことなら、なおさら自分で説明しなくてはならないのに、子どもだからこそ説明することもできません。
周りの友人や先輩、上司などが正してあげれば良いですが、それほど親しい人がいなければ親の出番になります。
しかし頭ごなしに反対するのはNGです。恋愛モード中の子どもは反対すればするほど逆に燃え上がり、困難を乗り越えることが二人のミッションと思い込んでしまいます。
通常なら欠点に見えてしまう部分も、周りに反対されていると思うとそれすら愛おしく見えてしまいます。
子どもを別れさせたいと思うなら気持ちを冷静にさせることと、世の中には他にもたくさんの異性がいるということに気付かせなくてはなりません。

別れさせ屋に依頼するのが手っ取り早い

しかし子どもは後先を考えず本能のまま行動してしまうので、最悪な場合、妊娠して結婚へと進んでしまうこともあります。こうなると反対することも賛成することもできなくなるので、早めに手を打つ必要があります。
子どもの気持ちを早く覚めさせるには、別れさせ屋に依頼するのがもっとも良い方法です。大人でプロの別れさせ屋は、恋愛におけるテクニックを網羅していますので、子どもが今の恋人に失望するのはそれほど時間はかかりません。
親の話には聞く耳を持たなくても、第三者である別れさせ屋の話は素直に聞くものです。確実に子どもたちが別れさせるだけでなく、子どもが傷つかないよう配慮して工作を仕掛けます。