復縁の相談をしてはいけない人とは?

■周りの人に相談するリスク

好きな人と別れたあと、特に別れを告げられてしまったあとは後悔する人が多いのではないでしょうか。
ちょっとしたすれ違いで破局につながることもありますから、別れて相手の存在が大きくなったと感じられてあのときこうすればよかったと悩むことも多いのです。
さて、パートナーを失った人がよく考えることは新しい恋を見つけるか、元の相手と復縁するかです。
前の相手が忘れられないまま新しい相手と交際するのは難しいので、何にせよ別れた相手への気持ちを整理する必要に迫られるでしょう。
別れた相手への好意を捨てきれず、復縁を考えたときに頼りになるのは友人や知人です。彼らに相談すれば今相手がどうしているかを聞くことができたり、復縁のためのアドバイスをくれたりもするでしょう。
ですが、周囲の人に相談すると自分が相談していたことを相手にバラされてしまうというリスクがあります。親身になって聞いてくれる人ほど相手にも根回しをしてしまいがちですので、注意が必要です。

■専門家に聞きましょう

復縁の相談をするのにおすすめの相手は友人や知人以外の第三者です。復縁相談を受け付けているカウンセラーなどの専門家であれば、あなたが相談した内容を外部に漏らすことはありません。
別れてしまった相手の現在の状況などは周囲にいる人しか知り得ないことですが、それ以外のアドバイスであれば専門家の方が有益な助言をしてくれる可能性が高いです。
なぜなら、一般的な人は恋愛について自分の経験に基づいたアドバイスをしがちだからです。人は容姿や性格など、さまざまな違いをもっています。
恋愛経験が豊富な人にアドバイスをもらっても、必ずしもうまくいかないのはそのせいです。ですからアドバイスを活かすならデータや学術的知識に基づいた助言をもらうようにしたほうがよいでしょう。
別れた相手との復縁はゼロからの関係を構築するよりも難しいとされています。恋愛経験が豊富な人でも復縁を成功させた人はそれほどいないはずなので、やはり専門家に相談したほうが有益なアドバイスが得られるでしょう。
復縁相談は電話やメールなどですることができます。相性のよさそうな専門家を探してみましょう。

復縁できる確率は?

■普通の恋愛が成立するよりも低い

一度別れた相手と復縁できる確率はどのくらいなのでしょうか? 統計がないので正確な数字はわかりませんが、普通の恋愛が成立するよりも低いことは想像できるでしょう。
まず、別れた相手とは別れるだけの理由があります。転勤など環境の変化も別れる理由になりますし、あなたの性格が相手と合わなかったとか、 仕事が忙しくてすれ違いが続いていたとか、相手の方に他の好きな人ができて気持ちが冷めてしまったとか、さまざまです。
恋愛を続けられる条件が失われてしまって別れるのですからそれをなんとかしないと復縁は難しいですよね。
普通の恋愛では相手の気持ちをいかにこちらに向けるか、継続的に交際できるかが問題になりますが、そういうことができる可能性が低くなってしまった相手とやり直すのは難しいのです。
こうしたわけで復縁できる確率は低いとされています。身近な人に聞いてみて、元のパートナーとやり直したという人の数を数えてみてもやはり少ないのではないでしょうか。
そもそも復縁は難しいと思っているので別れた相手のことは再び恋愛対象としてみないという人も多いでしょう。

■適切な行動で確率アップ

前述の通り復縁できる確率は普通の恋愛が成立する確率よりも低いです。しかし適切な行動をとっていれば復縁できる確率がアップします。
例を挙げると、相手と連絡をとるタイミングを考えると距離を縮めやすくなります。別れた直後に連絡を繰り返すようだと未練がましく思われてしまいますが、半年などある程度時間が経ってから連絡すると相手の心理が変わっている可能性があります。
復縁したいと思うのは別れてみて、相手の存在が大きいとわかったときです。寂しくなったタイミングで連絡があれば心を開いてくれる人がいます。
復縁はすぐに恋人同士に戻るというよりも、安心できる存在になることが重要です。ですから連絡をとるなら相手を人間として労わるような姿勢を見せることが大切です。
ご紹介した方法のように、復縁を考えるなら相手の心理を考えたうえで適切な行動をとれば復縁できる確率がアップします。専門家に聞くなどして追求してみましょう。

復縁相談は電話がおすすめ

■復縁は一人では難しい

恋愛関係のお悩みで多いのが復縁です。一度別れてしまった相手とやり直すのは普通の恋愛よりも難しいです。
どんな理由があったとしても、もう一度交際するには別れるに至った原因を排除しなければなりません。 例えば別れた原因が相手の態度であったならば、それを改めないともう一度交際するメリットはないでしょう。
もし相手から振られてしまって復縁したいと思うなら、相手からの信用を回復させることが大切です。少なくとも一緒にいて楽しいと思えるような関係でなければ付き合おうとは思えません。
相手からの信頼を取り戻すために、まずは心地いい関係になることが重要なのですが、復縁を焦る人は別れて間もないうちから連絡をとってしまいがちです。
別れたばかりの相手からするとよりを戻したいのが見え見えなので、恐怖を感じることもあります。
ですから相手に連絡をするなら半年ほど時間が経ってからがよいとされているのですが、こうしたアドバイスをしてくれる人がいないと暴走する人もいます。
そうなるとただでさえ難しい復縁がより困難になってしまうので要注意です。

■電話ならいつでも相談できる

復縁を考えるならまず自分自身が落ち着かいなければなりません。気持ちが焦っているのが明らかな人と安心して付き合える人は少ないですから、相手にももう一度やり直したいと思ってもらえるくらいの余裕が必要です。
復縁について具体的な行動をする前におすすめなのが電話で誰かに話を聞いてもらうことです。そうすると自分が置かれている状況を俯瞰的に見ることができます。
それにどうしても復縁したいという気持ちを誰かに聞いてもらうだけで多少気持ちが楽になりますから、アドバイスをもらうつもりがなくても誰かに話してみると何らかの成果が得られます。
ただし、友人や知人に相談するとそのことを周囲の人にバラされてしまう可能性があります。
復縁について相談したり、今の悩んでいる気持ちを誰かに聞いてほしいのなら恋愛電話相談サービスが有効です。
カウンセラーや占い師など恋愛関係のトラブルに詳しい専門家が話を聞いてくれたり、アドバイスをくれたりします。
秘密をバラされる心配もないので安心して使えますよ。

復縁成功した人がしたことは?

■まずは落ち着く

好きな人と別れるのは辛いことですよね。それも相手から振られてしまうのは未練が残ると思います。どんな理由で別れたにしろ、自分の気持ちがまだ残っているのなら復縁したいと思うのは当たり前の気持ちです。
ところが、復縁は難しいとされています。普通の恋愛でも成立する可能性はそれほど高くないと思いますが、一度別れた相手と復縁するにはマイナスになった気持ちをプラスにする努力が必要になります。そのぶんのハードルが上がってしまうのは仕方がないことです。
それでも復縁に成功した人というのは一体何をしていたのでしょうか?
第一に、落ち着いて自分の気持ちをしっかりと整理することです。パートナーに浮気されたケースでもそうですが、まずは心が離れてしまった相手と自分がどうしていきたいのかを考えましょう。
復縁したら結婚するつもりでいるのでしょうか? それとも寂しさを埋めたいあまりに復縁を望んでいるのでしょうか。
そうしたところをはっきりさせてから行動に移すようにすると相手の態度に振り回されずに済みます。

■有益なアドバイスを受けましょう

このように、別れた相手と復縁するのなら自分の気持ちを整理して落ち着くのが重要です。ですが、別れた直後などは自分の気持ちなど整理できないという人が多いのではないでしょうか。
そういう状態のときに助言をくれるタイプの友人と話すと、相手がよかれと思ってしているアドバイスを聞き入れるのが難しいです。変に反発してしまってその人との友情が壊れてしまうケースもあります。
噂好きの友達に復縁の相談をすると、そのときはよくても後で噂をばらまかれてしまうリスクも考えられるでしょう。気持ちを整理するために誰かに考えていることを話すのは有効ですが、相手は選ばなければなりません。
復縁を成功させるためにする相談相手としておすすめなのは専門家です。カウンセラーなどの専門家が恋愛相談を受け付けていることがあります。
オフィスに赴かなくても電話やメールで相談できるので、相性のよさそうなカウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。

復縁マニュアルとは?

■復縁マニュアルとは

好きだった人と別れたあと後悔する人は多いかと思われます。特に自分はまだ相手のことが好きなのに振られてしまったようなケースでは後悔が募るばかりです。
別れてからしばらくして復縁を決意する人がいます。ただし自己流で復縁を試みると成功率は低下すると言われていますから、書籍に頼る人も少なくありません。
復縁で悩んだ人が手に取る書籍が復縁マニュアルです。多くの出版社から出版されており、著者も多数です。
復縁マニュアルを解説した比較サイトまであるほどで、期待する人が多いことがうかがわれます。
復縁マニュアルは復縁アドバイザー、 恋愛アドバイザー、恋愛カウンセラー、復縁プロデューサー、復縁屋など、さまざまな肩書きの著者によって書かれています。
復縁成功率や成功までの期間を明記していることもありますから、信頼している人も多いかもしれませんね。
復縁マニュアルによっては著者とメールで相談できる、成功しなければ全額返金など、サポートが充実していることもあります。
いたれりつくせりのように見える復縁マニュアルですが、本当に使うべきなのでしょうか?

■相談できる人を選びましょう

復縁マニュアルは一般の書籍よりも高い値段設定にされています。復縁業者に依頼するよりは安い価格とうたわれていますが、内容のすべてが個人に寄り添ったものではありません。
成功率もあくまでも目安ですので、絶対的な信頼がおけるものではないでしょう。
そもそも恋愛の状況は千差万別ですから、誰かに対してうまくいった方法があなたでも適用できるとは限りません。
書籍から復縁のヒントを得たいという人は一般の書籍から読んでみてはいかがでしょうか。価格も抑えられているので手軽に読むことができます。
どうしても復縁のためのアドバイスが欲しいという人は、専門家に相談してみましょう。現在は復縁相談を受け付けているサービスが多数あります。
実際に復縁工作をしてもらうのでなければそれほどお金はかかりません。
復縁の方法の自分に合ったヒントが欲しい、しっかりと話を聞いてほしいという人は有料の恋愛電話相談サービスを使ってみてはいかがでしょうか?

電話相談で恋愛の悩みを解決

■恋愛の話、誰にしてますか?

あなたは普段恋愛の話を誰にしているでしょうか。楽しい話なら友達と一緒に盛り上がれるかもしれませんね。ですが悩みが深いと誰にも話せないという人も少なくないのではないでしょうか。
例えば不倫です。不倫は既婚者とするもので、既婚者側の家庭を壊してしまう可能性があります。既婚者側が配偶者と別れると言ってものらりくらりとかわされるなど、障害の多い恋です。
自分は不倫をしているつもりはなくても相手が既婚者ということを隠すなどされて、急に不倫の恋に落ちることも少なくありません。
しかも不倫はもし離婚調停になったら多額の慰謝料を請求されることもあります。ですからいわゆる恋バナのように誰にでもできるものではありませんね。
恋愛についてワクワクするような話、片思いからの失恋など誰にでも経験のあるような話、友達の悩みについての軽いアドバイスくらいなら誰にでもできますが、深いお悩みとなると相談できる人が限られてくるのが実際のところです。

■専門家に電話相談しましょう

では、友人や知人に話せないような恋の話は誰にすればよいのでしょうか? 推奨できるのは第三者に打ち明けることです。第三者は赤の他人ですが、親身になってくれます。
現在はインターネットで検索すれば、恋愛電話相談を受け付けているカウンセラーなどの専門家が多数ヒットします。彼らのような第三者に相談すれば誰にも秘密を漏らすことなく、深刻な恋の悩みに対応してくれます。
もちろん不倫だけではなく、パートナーが浮気をしている、 自分の浮気が発覚しそうで困っているなど、人には言えないような相談でも大丈夫です。
逆に恋愛をしようと思っているけれどできない、好きな人が見つからない、休日は家でダラダラするばかりで出会いを求める気分になれないなど、恋愛についての悩みであれば恋愛相談に入りますから気軽に相談できますよ。
電話ならいつでも都合の合うときに予約ができます。対面して話すのが恥ずかしいという人も電話ならできるという人がいます。事前に話したいことを整理してから電話相談の予約をしてみましょう。

不倫で困ったら誰に相談するべき?

■誰に相談するべき?

恋愛に関する悩みで深刻なものは不倫です。不倫は自分がしてしまう場合もありますし、配偶者にされてしまう場合もあります。いずれのケースも人に相談しづらいのが特徴です。
なぜなら、不倫は離婚調停の際に不貞行為とされるものです。それをするとした側が慰謝料を払うなど不利な立場になると決められていますので、誰に話しても後ろ指をさされる可能性があります。
友人や知人、まして親や親戚に話したりしたらそれだけで問題になることもあるでしょう。
かといって配偶者が不倫しているのを放置すると調子づいてしまい、向こうから別れを告げられるという最悪のケースにもなりえます。自分が不倫をして、遊びだったつもりの相手から家庭を捨てるように迫られたりもします。
このように不倫の恋はスリリングではありますが、 進行するに従ってさまざまなトラブルを生み出します。自分では不倫のつもりでなくても、フリーと偽った既婚者に騙されて泥沼に陥ってしまうケースも散見されますから、もし不倫で困ったらどうするべきなのかは知っておいた方がよいのです。

■専門家と話せます

相談する人が限られる不倫問題ですが、専門家であればきちんと相談に乗ってくれます。守秘義務に従って相談内容を他者に漏らすようなことはありません。直接オフィスに赴くほか、 電話相談やメール相談ができます。
不倫の相談をする際には法律に詳しい専門家を選んでみることをおすすめします。不倫は法的なトラブルに発展しがちですので、法律に詳しい人に相談するに越したことはないのです。
例えば、自分が不倫していることが相手の配偶者にバレて多額の慰謝料を請求されたがどうするべきか? また、不倫相手が妊娠してしまったらどうすればよいか? 不倫をしてしまったが配偶者とは別れたくない場合どのような行動をとればよいか? 配偶者が二度と不倫をしないように誓約書を書かせた映画どのような形式がよいのか?
こういったことは専門家が詳しいです。相談だけならそれほど高額な報酬は要求されません。インターネットで調べてみて、信頼できる専門家を見つけてみるとよいでしょう。

「別れさせ屋に依頼したことがばれたらヤバイ理由」

別れさせ屋に依頼する上で、最もやってはいけないことが、依頼したことをターゲットにばれてしまうことです。プロに高い費用を払って依頼するんだからばれることはめったにないはずとタカをくくる人もいます。しかし、そうした油断から思わぬところでばれてしまうことがあります。ばれてしまうとヤバイ理由を説明いたします。

<法的手段を取られることも>

別れさせ屋の手段はこうです。まず調査員がターゲットを調査し、その後工作員を近づけさせて浮気をするように誘導します。その証拠写真を元に別れさせるように仕向けます。浮気をした人は、その後ろめたさからあまり言い訳をしたりしません。ゆえに、仮にそれが明らかに誘惑されたとしても、自分が悪いと思ってしまいます。
でもそれが第三者の手によって仕組まれたものだと知った時は別です。本来は起こらなかったことが起き、その結果の離婚や別れなど、自分にとって不利益なことが生じた場合、名誉棄損や偽証罪などの罪で訴えられることもあります。もともとグレーと言われている別れさせ屋の業務なので、できる限り裁判に持ち込まれたくありません。かつて裁判では、別れさせ屋の営業そのものは違法ではないものの、やっていることが社会的には倫理性に欠けると判断されたこともあります。もし裁判で負けるようなことがあれば、今後の別れさせ屋の営業そのものにも影響します。もちろん依頼人も、裁判に巻き込まれる可能性は大です。別れさせ屋に依頼したことは絶対にばれてはいけません。

<ばれないためには?>

では、ターゲットにばれないためにはどうすればよいのでしょうか。もっともやってはいけないことが、勝手な行動を取るということです。別れさせ屋の指示に従わなかったり、自分の判断で行動することで、ターゲットに不信感を抱かせてしまい、気づかれてしまうということもあるようです。餅は餅屋という言葉があるように、依頼人は下手に口や手を挟まずに、工作が始まったらお任せしましょう。
中には、業者側の品質が低く、工作や調査の段階で失敗しばれてしまうこともあります。そうならないように、業者選びは慎重に行う必要があります。

「別れさせ屋に支払費用の相場は?」

別れさせ屋にかかる費用は、決して安い金額ではありません。そして必ず成功するとも限りません。それが、別れさせ屋に依頼するかどうか、一番悩むポイントなのではないでしょうか。これから別れさせ屋に相談しようと考えている人も、どれぐらいの費用を用意しておけばよいのか知りたいと思います。支払費用の相場はどれぐらいなのか、紹介いたします。

<相場は150万円ほど>

別れさせ屋の相場は、一般的に150万円前後と言われています。この中には、着手金と成功報酬が含まれます。着手金は、契約してすぐに業者に支払う金額です。業者はこの金額の中で、人件費や工作費、相談料、諸経費が含まれています。成功報酬は、その名の通り、依頼が成功した場合に発生する費用です。一般的には、着手金の3分の1程度の料金が設定されています。この合計が業者に支払わなければならない金額と思ってください。
ただ、別れさせ屋は依頼によって難易度が変わります。そして難易度が高ければ高いほど、費用も高くなっていきます。相場は150万円ほどではありますが、あくまでも平均であり、ケースによっては200万円〜300万ほどかかる可能性もあります。
もし別れさせ屋に相談することを考えているのであれば、300万円はあった方がよいでしょう。ただ自分の経済力を超えて無理に支払うことは危険なので、まずは別れさせ屋に相談し、見積もりを出してもらうことが大切です。

<契約時に気を付けること>

費用相場も大切ですが、最も大事なのは費用に見合った契約内容かどうかです。契約時に特に気を付けたいのが、実働回数です。着手金の中には、どれぐらい実働回数があるかも定められています。着手金から実働回数一回あたりの費用を算出した上で、何社か見比べてみるとよいでしょう。
また着手金と成功報酬以外に発生する料金があるかどうかも確認が必要です。よくあるのが調査や工作をお願いしていると、聞いていない費用を請求されるというケースです。依頼人としては、工作を続けてほしいため、仕方なく支払うことも多いのですが、契約書に書いていない費用はトラブルの元です。その点も、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

「別居中の不貞行為で別れられるか」

夫婦が別々に暮らしていることは珍しくありません。仕事の単身赴任、夫婦関係の悪化による別居、家族都合など、理由はさまざまです。別居中の夫婦で心配なのが、パートナーの浮気です。別れさせ屋にも、別居中の相手に対して別れさせ工作を行ってほしいという依頼があるようです。別居中の不貞行為でも、別れることはできるのでしょうか。

<夫婦関係が破綻しているかどうか>

夫婦間の関係の悪化による別居であれば、すでに夫婦関係は破綻しているとみられます。よって、わざわざ別れさせ屋を使って工作をしなくても、離婚することは可能です。もし相手側が離婚に納得しなくても、別居生活を送っている事実があるのであれば、離婚調停で離婚を認められる可能性も高いです。
逆に、別居はあくまで一時的なことだったり、やむを得ない理由があるのであれば、一方的な理由で離婚は認められないでしょう。その場合、別れさせ屋に依頼をし、別れさせ工作をする意味は十分にあります。特に別居中は、油断していたり、さびしい気持ちを抱いていることも多いので、不貞行為をしやすい状況にあります。別れさせ屋にとっても、比較的成功しやすい依頼となります。
不貞行為で別れられるかどうかは、あくまでも別居に至った理由と、現在の状況によって決まってくるでしょう。

<不貞行為があったと認められるためには>

不貞行為があったと認められるためには、ターゲットと異性の間に性行為があったと確認できる、あるいは推認できなければなりません。別れさせ屋の中には、工作員と本当に体の関係を持たせるというところもあるようですが、大半はその一歩手前まで止めます。相手が浮気しているという現場の写真を手に入れればよいので、ホテルの前のツーショット写真などがあれば十分な可能性もあります。実際にホテルの中に入って、何もさせないという工作員もいるようです。
不貞行為をさせて別れさせたい場合、相談する別れさせ屋にどこまでの工作を行うのか確認しておきたいところです。別居中は、誘惑に弱くなります。もしそういう状況にある人は、ハニートラップに気を付けなければなりませんね。