恋愛相談は誰にするべき?

■安心して話せる人はいますか?

恋愛の悩みは尽きないものです。片思いをしている人にどうアタックするべきか、相手は自分のことが好きなようだけれど自信がない、今の関係は恋人同士と言えるのか?
また、そろそろ結婚をと思っているけれど好きな人ができない、会社と自宅との往復をするばかりで出会いがない、一度デートをしたけれど進展がないなど、恋愛にまつわるお悩みはさまざまです。
信用して話ができる友達がいたとしても、あなたのあらゆるお悩みに対応できる人はそれほど多くないのではないでしょうか?
それに、恋についての悩みお知り合いや友達に相談すると的外れなアドバイスが返ってくることもあります。
相手は本気でアドバイスをしているつもりでも、恋愛についての助言は自分の経験をもとにしたものになりがちです。その人の見た目や性格、運に依存している要素もあるでしょう。
友達のアドバイスを真に受けた結果、失恋してしまう可能性はゼロではありません。
さらに身の回りにいる人に恋愛相談をすると噂を流されたりもします。
このように、恋愛で悩んだときに安心して話せる相手というのは意外と少ないのではないでしょうか。

■第三者に相談してみましょう

恋愛相談するとき、最もリスクの低い相手は第三者です。第三者というのはあなたのことを全く知らない赤の他人です。
もちろん通りすがりの人を捕まえて恋愛相談をするべきと言っているのではありません。第三者とは専門家のことを指します。
恋愛について詳しく勉強をしているカウンセラーなどの専門家が多数います。それらの第三者に相談すれば恋愛についての悩みはかなり解消されるでしょう。
第三者に相談するメリットは誰にもバラされないことです。自分の弱い部分などを見せてもプライベートで会うことはありませんから、馬鹿にされたりしません。
知り合いに話すと周囲の人に噂を流されてしまったりもしますが、第三者はあなたの噂を流したりはしません。
恋愛相談ができる場所はいくつかあります。心理カウンセラーのオフィスに行ってみてもいいですし、電話やメールで相談を受け付けている専門家もいますよ。
第三者を有効に使って恋愛に対するお悩みを解消していきましょう。

電話で恋愛相談できる相手とは?

■恋愛のことで電話できる人はいますか?

恋愛について悩んでしまったときどうしていますか?真剣に悩んでいるなら LINE やメールなどよりも電話で話したいという人が少なくないのではないでしょうか。
誰かに電話で親身になって恋愛についての悩みを聞いてもらえたら助けになりそうですよね。
ですが、あなたの知っている人のうちどれだけの人が電話で恋愛相談に乗ってくれるでしょうか。ただでさえ忙しい社会人ならあなたのために時間を割くのは難しいかもしれません。
それにもし相談できたとしても、忙しいからまた今度にしてほしいと言われたり、相談に乗るのが面倒で適当な返事をされてしまったりもするのではないでしょうか。
恋愛経験豊富な友達に電話で相談したところで、自分の恋愛経験に基づいたアドバイスのみされてあなたのことはちっとも考えてくれないかもしれません。
親身になって相談に乗ってくれたと思った友達が、あなたが恋愛のことで悩んで電話してきたことを誰かに話してしまう可能性もあります。
このように考えると誰かに恋愛のことで電話するのは簡単ではありません。しかも、相談できたところで状況がかえって悪くなってしまうことも考えられるのです。

■専門家に電話しましょう

では、恋愛で悩んでいても誰にも電話で相談できないのでしょうか? それは違います。なぜなら、電話相談できる専門家がたくさんいるからです。
少しインターネットで検索するだけでも恋愛電話相談を受け付けている専門家が多数見つかるでしょう。
電話で恋愛相談ができる専門家とはどのような人なのでしょうか? 第一に彼らはビジネスで恋愛相談に乗ってくれます。 ですからあなたの個人情報を誰かに漏洩することは決してありません。
次に、恋愛についての知識が豊富です。普通の人のように自分の恋愛経験だけでアドバイスをしたりしませんので、有益な助言が得られるでしょう。
専門家にはいろいろなタイプの人がいます。スピリチュアルな助言を受けたければ占い師に相談してもいいですし、悩みが深ければ心理カウンセラーにカウンセリングをしてもらっても大丈夫です。
恋愛電話相談を受け付けている専門家なら予約さえすればオフィスに行かなくても相談ができるので便利ですよ。有効に活用していきましょう。

恋愛でよくあるお悩みとは?

■「出会いがない」もお悩みです

あなたは恋愛の悩みと聞いてどのようなものを思い浮かべますか? 好きな相手に告白できない、相手が自分のことを好きかどうかわからない、告白したけど振られてしまったなど、そうした恋のお悩みは誰しも経験するものですよね。
ですが、一見恋愛の悩みとは思えないような悩みもあります。例えば、好きな人がいるのに告白できないというのは立派な悩みですが、そもそも好きな人ができないというのも悩みなのです。
いろいろな人に話を聞くと、片思い真っ最中の人もいれば、恋愛をしたいのに好きな人が見つからないという人や、 嫌いな人に好かれて困っているという人もいます。
また、配偶者が不倫をしているかもしれないというのも恋愛の悩みに入るでしょう。配偶者が自分に魅力を感じなくなって浮気をしていることもあるからです。
何事もなく付き合っているようなカップルでも急にケンカをしてしまったりすることもありえます。
このように片思い中の人、すでに相手がいる人、結婚している人、ずっと相手がいない人など、あらゆる人が恋愛についての悩みを抱えているのです。

■恋愛の悩みをどう解消する?

私たちは生きている限り恋愛についての悩みとは無縁ではいられないようです。では、恋愛についての悩みはどう解消するべきなのでしょうか?
まず考えられるのは身近な人に相談してみることです。好きな人ができたとお父さんやお母さんに相談したことのある人も少なくないのではないでしょうか。
恋愛経験が豊富な友人がいれば頼りになりそうですね。
恋愛についての書籍を読みあさる人もいます。好きになった人に振り向いてもらうためにおしゃれをしたりする人もいます。異性の好みそうなデートスポットを調べる人もいるでしょう。
深い悩みでなければ解消法をいくらでも思いつくはずです。自分の手でなんとかできるという自信が恋愛に対して前向きにさせてくれます。
ですが、もしどうしても恋愛で悩んでしまったら恋愛の専門家に相談してみてもよいですよ。心理カウンセラーなど恋愛に詳しい専門家はオフィスを解放していたり、電話で相談に乗ってくれたりもします。

電話相談で恋愛の悩みを解決

■恋愛の話、誰にしてますか?

あなたは普段恋愛の話を誰にしているでしょうか。楽しい話なら友達と一緒に盛り上がれるかもしれませんね。ですが悩みが深いと誰にも話せないという人も少なくないのではないでしょうか。
例えば不倫です。不倫は既婚者とするもので、既婚者側の家庭を壊してしまう可能性があります。既婚者側が配偶者と別れると言ってものらりくらりとかわされるなど、障害の多い恋です。
自分は不倫をしているつもりはなくても相手が既婚者ということを隠すなどされて、急に不倫の恋に落ちることも少なくありません。
しかも不倫はもし離婚調停になったら多額の慰謝料を請求されることもあります。ですからいわゆる恋バナのように誰にでもできるものではありませんね。
恋愛についてワクワクするような話、片思いからの失恋など誰にでも経験のあるような話、友達の悩みについての軽いアドバイスくらいなら誰にでもできますが、深いお悩みとなると相談できる人が限られてくるのが実際のところです。

■専門家に電話相談しましょう

では、友人や知人に話せないような恋の話は誰にすればよいのでしょうか? 推奨できるのは第三者に打ち明けることです。第三者は赤の他人ですが、親身になってくれます。
現在はインターネットで検索すれば、恋愛電話相談を受け付けているカウンセラーなどの専門家が多数ヒットします。彼らのような第三者に相談すれば誰にも秘密を漏らすことなく、深刻な恋の悩みに対応してくれます。
もちろん不倫だけではなく、パートナーが浮気をしている、 自分の浮気が発覚しそうで困っているなど、人には言えないような相談でも大丈夫です。
逆に恋愛をしようと思っているけれどできない、好きな人が見つからない、休日は家でダラダラするばかりで出会いを求める気分になれないなど、恋愛についての悩みであれば恋愛相談に入りますから気軽に相談できますよ。
電話ならいつでも都合の合うときに予約ができます。対面して話すのが恥ずかしいという人も電話ならできるという人がいます。事前に話したいことを整理してから電話相談の予約をしてみましょう。

別居中に不貞行為をされたら離婚は有利になる?

いろいろな理由から別居を始める人が多い

結婚前は見えなかったパートナーの一面が、結婚後に見えてくることも多いと思われます。あれほど優しかったパートナーが結婚を機に豹変したり、あまりにも細かすぎる性格だったことが判明したりと、何かと不満を感じることはあるでしょう。
ひどい場合になると、DVやギャンブル、モラハラなどを行うこともありますので、ここまで違いがありすぎると離婚を考えるのも当然です。
離婚をパートナーに申し出ても、相手がすぐに応じないこともあるでしょう。特に性格の不一致などの場合は、離婚したい理由として弱すぎるため、相手も納得できないこともあります。
離婚をすることはできなくても、一緒に生活することにストレスを感じ、取りあえず別居をする人もいることでしょう。
別居期間が長くなればなるほど、離婚調停や裁判でも有利に進みます。とはいえ、別居中は婚姻関係が続くため、いろいろ制限されることもでてきます。

別居中の恋愛はNG?

例えば別居中に他の人に好意を抱き、付き合い始めることになると、場合によっては不貞行為とみなされることもあります。
お互いが離婚に向けての別居なら問題にはなりませんが、婚姻関係が破綻していない場合であれば、他の人との肉体関係は不貞行為に当たります。
離婚を前提に別居を行っているかどうかで、慰謝料を請求できるかどうかも変わってきます。冷却期間を置くため、またはケンカをして出て行ったなどの理由で別居を始めたのであれば婚姻関係が破綻しているとはみなされないため、他の人と恋愛関係になった場合は浮気とみなされ、不貞行為となります。
別居中も連絡をとりあっていたり、二人で頻繁に会っていたりすると、婚姻関係が継続しているとみなされます。
確実に離婚したいと思う場合は、別居前に離婚したい気持ちをハッキリと伝え、離婚を前提とした別居を開始することが必要です。
ハッキリと話し合いをして別居を始めないと、新しい出会いがあった場合でも、チャンスを逃してしまうことになりますので、前もって離婚の話し合いをした上で別居を始めるようにしましょう。

不倫相手を離婚させたい

好きになってはいけない人と付き合い始めてしまうと、最初のうちは自分の思いを我慢することができても、時間が経つにつれ、だんだんと抑えきれなくなってしまいます。不倫関係で悩んでいる人のほとんどが、相手と結婚したい願望が強くなってくることではないでしょうか。

■お互いの気持ちにズレが出てくる不倫関係が始まってしまうと、最初のうちはお互い恋愛モードになっているため、とても激しく求め合うことができるものです。これは不倫関係でなくとも、一般的な恋愛でもそうではないでしょうか。不倫の場合、好きなときに一緒にいることができないと思うからこそ、気持ちは盛り上がり、さらに強く求めてしまうことになるものです。

しかし時間の経過とともに、馴れ合いが生じると、不倫相手のほうが既婚者を追いかけるようになってくるものです。いつでも会えない分、ますます気持ちに歯止めがきかなくなる一方、既婚者のほうは刺激を感じなくなってくるとともに、飽きてくることもあるので、追いかければ追いかけるほど、逆効果となっていきます。

■自分を選んでもらうためには最近では別れさせ屋というサービスがあるため、すぐにこういったサービスを利用して、既婚者を離婚させようとする方もいらっしゃいますが、たとえ別れさせることができたとしても、これまでの付き合い方次第では、自分と結婚するかどうかは分かりません。今まで追いかけ続けたり、責めつづけていた場合、いくら離婚したからとはいえ、次に自分を選んでくれる可能性は低くなってしまいます。不倫をしていて結婚したいと思うのなら、常に既婚者のパートナーより優位な立場でいなくてはなりません。

パートナーと別れてでも手にいれたいと思わせなければ、一緒にいて楽しかったり、刺激を与え合えると既婚者に思わせなければなりません。いくら結婚をしていても、自分といるときは既婚者も恋愛モードになっているものです。恋愛中から結婚をせまったり、プレッシャーばかり与えられると、どうしても逃げ腰になってしまいます。自分といるときが一番幸せに感じられるように、日頃からの努力が必要ですね。

別れさせ屋は相手に何をしてくれるの?上手な使い方とは

どうしても別れたい相手がいる場合に限って、別れられないことってありますよね。例えば、別れを告げたら「絶対に別れたくない」と号泣されてしまったり、結婚していたら簡単に離婚届に判を押してくれない方もいたりしますよね。そうなると、やはり面倒なことも多くなってしまいますし、そもそも気持ちがないのにダラダラと関係を続けてしまうこともあります。そういう時に便利なのが、別れさせ屋です。このサービスは、文字通り別れられない時に別れさせてくれる業者です。

もちろんプロの業者として活動している会社も多いので、そういったところに依頼すれば、別れをサポートしてもらうことができますよ。どうしても別れたいという時などには、やはりプロの力を使うと効果的です。具体的に何をしてくれるのかというと、別れさせ屋は相手に諦めてもらうという方法が主流となっていますね。例えば恋人などを用意してくれて、それを見せつけることができます。新しい恋人がいると思えば、諦めてくれるのが普通ですよね。そういった心理状態に影響を与えて、別れを演出してくれます。

利用者に特にデメリットはないですし、費用さえ払えばしっかりと対応してくれます。中には成功報酬にしているところもあり、別れられなかったら割引にしてくれるところもあります。それほど、利用者のことを考えている業者も多くなっているということです。上手な使い方をするためには、業者に詳細な情報を与えることが必要となります。「別れを告げているけれど別れてくれない」「相手は23歳で性格は寂しがり屋で」というような内容を教えて行けば、さらに具体的な計画を立てていくことができます。

恋愛関係などは、特にトラブルになることも多いので、別れさせ屋を利用して相手に納得してもらった形で別れられるようにしましょう。当然、場合によっては相手がヒステリーを起こすかもしれないので、業者はその点についてもしっかりとフォローしてくれます。別れたいのに別れられない時は、利用してみるのも良いかもしれませんね。

配偶者よりも不倫相手が憎い

何かしらの理由で誰かと誰かを別れさせたいと思うことがあるでしょう。しかしもしも配偶者が浮気をしていると発覚した場合、妻、つまり女性の場合夫に対する怒りよりも相手の女性に対する憎しみが強くなるようです。どこの誰か、またどうやって夫を誘惑したのかなど、どんどん頭のなかで嫉妬心や憎しみが大きくなっていきます。

自分でどうにか配偶者の不倫関係を終わらせようとして、浮気をしていることを白状させるために泣いたり、怒鳴ったり、実家に帰ったり、もしくは脅迫する人もいます。もしくは不倫している現場に乗り込んだり、会社に行って不倫をしている事実をばらまいて社会的に失脚させようと試みることもあるようです。

しかし、そのような方法をとったとしても配偶者からの信頼は勝ち取ることはできませんし、ましてや愛情が復活するとは限りません。どうにかして自然の流れで配偶者が浮気をやめてくれるようにしたければ、やはり素人の知恵だけでは限界があります。やはり上手に別れさせるためには、別れさせ屋に依頼するのが一番と言えるでしょう。

自分の力ではどこでどのように2人が出会ったのか、どれくらいの関係の深さなのか、またこれから2人の関係をどのようにしていこうと思っているのかを知ることはできません。その代わり別れさせ屋は数人の工作員を用いて自然の仕方で配偶者、もしくは不倫相手に近づきます。

より親しくなることで不倫関係を持っていることを話させれば、あとは質問を巧みに用いて様々な情報を引き出すことができるでしょう。別れさせるためには情報量が肝心になってきます。浮気をされている方としては1日でも早く関係を断ち切ってほしいと焦りの気持ちが出るかもしれませんが、そこはプロに任せて冷静に状況を見計らって行くことが大事になってきます。

別れさせ屋と綿密な計画をし、同時に定期的に情報交換をしていくならば、自然な形で不倫関係を終わらせることができる確率も高くなってきます。

浮気相手と別れさせたい

自分のパートナーが浮気をしているが、何とか自分のところに戻ってきてほしいと願い、浮気相手と別れさせてほしいと依頼を受けることがあります。最近では、某有名女性芸能人が、結婚している男性と浮気をしていることが発覚して、かなり世間から叩かれております。

やはり浮気はよくないですし、世間から見ると、だらしなく見られます。一体どんな方法で別れさせるのでしょうか。浮気の場合は、一時的に熱が高くなっていてお互いが付き合っているというパターンが多く見られます。つまり、その熱を下げてしまえば、下手な工作をしなくても勝手に別れてしまう可能性が高いのです。

よく恋は反対されればされるほど燃えあがると言いますが、逆に冷静にさせることで、自分のやっていることの愚かさに気付かせられることもあるのです。例えば、浮気相手の会社や親にリークして、自分がいかに恥ずかしいことをしているのかというのをい分からせる方法もあります。

あるいは、工作員としてターゲットに近づき、親しくなって恋愛相談に乗ります。そのときに、いかに浮気がだめなことで、この先関係を続けても意味が無いのかを諭したりすることもあります。浮気は、ほとんどが一時的な遊びでしかありません。

いずれは終わってしまう関係であり、浮気の関係を持たれている方は、自分の幸せを逃がしているのです。そういったことに冷静に考えてもらう機会を作ることも、別れさせ屋の仕事のうちです。何も強引に交際したり親密になるだけが方法ではありません。

浮気をしている家庭持ちの人も、改めて家族が一番大切であることに気づき、自然に家庭に戻ってきてもらうことが理想的です。仮に強引に別れさせたとしても、心の中で反省していなければ、また繰り返してしまう可能性が高いのです。別れさせ屋が受ける依頼で多いのが、浮気相手と別れさせたいというものです。

世の中にはそれだけ浮気に悩んでいる人が多いという証拠であり、どんな家庭でも起こりえる問題です。それだけ浮気は簡単にしてしまうものなので、再発防止には強い意志が必要なのです。だからこそ、強引に別れさせる手段を用いるのではなく、自分の意思で関係を終わらせるような手段が理想的です。

「どんな相手とだって別れさせる」

別れさせ屋は、相手を選びません。どんな人からの依頼でも受けますし、どんな夫婦やカップルだって、対象となります。例えば、結婚しているが、パートナーに愛想を尽かし離婚したいが、なかなか応じてくれない。自分の子供が付き合っている相手が気に入らないので別れさせたい。

夫が浮気しているので、その浮気相手と別れさせたい、など、さまざまなケースに応じてくれるのです。その手段は、もちろんケースバイケースです。その人、その状況にあった方法を用いて、別れるように仕向けます。中には、依頼人の方が世間一般的に見て間違っていることだってあります。

そのカップルは何も悪くないのに、嫉妬や妬みから別れさせたいという依頼を受けることだってあります。本来であれば、断るべきなのかもしれません。でも、別れさせ屋は断ったりはしません。どんな依頼であれ、きちんとお金さえ払ってくれれば、任務を遂行するのです。この辺がやはりプロの仕事と言えるでしょう。

ただ、一点だけ把握しておかなければならないのは、あくまでも別れさせることが仕事であり、依頼人を幸せにすることではありません。たとえ別れさせた結果として、依頼人を含めてより不幸な結果となってしまっても、その責任は負いません。

また、別れたその人が、依頼人と良好な関係になるかどうかも保障できないですし、そこまでのサポートもできません。つまり、願いが叶ったからといって、必ず幸福が待っているとは限らないのです。ターゲットが別れた後に、別の人に付き合う可能性だってありますし、依頼人に振り向くことはないかもしれません。

そういった状況を客観的に見極めなければ、ただの無駄金となってしまうでしょう。別れさせ屋は依頼さえあれば、どんなケースでも応じてくれます。それは時に、困難な場合があり、その分費用はかかってしまいます。でもその分、依頼人の願いは叶えてくれるでしょう。

しかし、そこに本当に幸せはあるのか、自分のためになるのか、それだけは自分で判断しなければなりません。ただ自分の妬みや嫉みの感情だけに任せるのではなく、客観的に見つめて、自分が行おうとしている事が、本当に良い結果になるのかどうか、見極める必要があります。