別れさせ屋なら子供を別れさせられる?

・親からの依頼も珍しくはない

別れさせ屋というと、浮気されたりしてしまった当事者達が駆け込むようなイメージがありますが、少々イレギュラーではありますが、親が子供を別れさせたくて依頼するというケースもあります。

親から見てどうしても受け入れがたい交際相手なので別れるように工作して欲しいというものです。

そう聞くと過保護だと騒ぐ人もいますが、大事なお子さんの人生がかかっている場合、親としては目に見えて苦労しそうな相手とは交際させたくないというのは珍しくない親心ではないでしょうか。

まして結婚までしてしまうと、なかなか別れさせることは困難となり、トラブルを起こされたてしまえば、子供だけでなく親世代や親類まで影響を受けることもあるのです。

子供の恋愛は、けっして親と無関係なものではないのです。

まして子供までできてしまえば離婚しても消えない縁ができあがってしまいます。

ですから、どうしても子供のために別れさせたいとお思いなら、別れさせ屋に依頼しましょう。

恋愛に燃え上がっている子供に、親から別れるように言っても、問題はまず解決しません。

むしろ、反対すればするほど、かえって恋を燃え上がらせる材料となってしまうこともあります。

うるさく言えば、親子間の関係もこじれてしまうでしょう。

子供にうざったがられることなく、遺恨なく別れさせたいなら、別れさせ屋がベストなのです。

・両親の意見はそろえておいたほうがいい?

別れさせ屋へ子供のことを依頼する場合、両親の意見はそろえておいたほうがいいのでしょうか。

人を見る目は、夫婦といえども同じではありません。

夫や妻だけ「あの相手はおかしい」と感じるケースも珍しくありません。

とはいえ、できれば依頼するときには夫婦間の意見はそろえておいたほうがいいでしょう。

なぜなら別れさせ屋へ依頼すると、着手金と成功報酬を合わせると費用が100万円を超えることも少なくありません。

個人資産を保有していてそこから出せれば問題ありませんが、夫婦名義の資産からそんな高額が引き出されていれば、パートナーに非常にばれてしまいやすいのです。

依頼後に別れさせ工作を頼んだことがパートナーにばれて、そこから勝手なことをしたと怒られたり、子供にばらされたなんてことになったら大変です。

親子関係も、夫婦関係にも亀裂が生じてしまいます。

ですから、可能であれば夫婦間の意見はそろえておきましょう。

別れさせ屋なら子供を別れさせられる?

・親からの依頼も珍しくはない

別れさせ屋というと、浮気されたりしてしまった当事者達が駆け込むようなイメージがありますが、少々イレギュラーではありますが、親が子供を別れさせたくて依頼するというケースもあります。

親から見てどうしても受け入れがたい交際相手なので別れるように工作して欲しいというものです。

そう聞くと過保護だと騒ぐ人もいますが、大事なお子さんの人生がかかっている場合、親としては目に見えて苦労しそうな相手とは交際させたくないというのは珍しくない親心ではないでしょうか。

まして結婚までしてしまうと、なかなか別れさせることは困難となり、トラブルを起こされたてしまえば、子供だけでなく親世代や親類まで影響を受けることもあるのです。

子供の恋愛は、けっして親と無関係なものではないのです。

まして子供までできてしまえば離婚しても消えない縁ができあがってしまいます。

ですから、どうしても子供のために別れさせたいとお思いなら、別れさせ屋に依頼しましょう。

恋愛に燃え上がっている子供に、親から別れるように言っても、問題はまず解決しません。

むしろ、反対すればするほど、かえって恋を燃え上がらせる材料となってしまうこともあります。

うるさく言えば、親子間の関係もこじれてしまうでしょう。

子供にうざったがられることなく、遺恨なく別れさせたいなら、別れさせ屋がベストなのです。

・両親の意見はそろえておいたほうがいい?

別れさせ屋へ子供のことを依頼する場合、両親の意見はそろえておいたほうがいいのでしょうか。

人を見る目は、夫婦といえども同じではありません。

夫や妻だけ「あの相手はおかしい」と感じるケースも珍しくありません。

とはいえ、できれば依頼するときには夫婦間の意見はそろえておいたほうがいいでしょう。

なぜなら別れさせ屋へ依頼すると、着手金と成功報酬を合わせると費用が100万円を超えることも少なくありません。

個人資産を保有していてそこから出せれば問題ありませんが、夫婦名義の資産からそんな高額が引き出されていれば、パートナーに非常にばれてしまいやすいのです。

依頼後に別れさせ工作を頼んだことがパートナーにばれて、そこから勝手なことをしたと怒られたり、子供にばらされたなんてことになったら大変です。

親子関係も、夫婦関係にも亀裂が生じてしまいます。

ですから、可能であれば夫婦間の意見はそろえておきましょう。

子供が親のために別れさせ屋を雇いことってあるの?

●親の浮気を止めさせたい

最近は、別れさせ屋も多くの人に認知されるようになったせいか、子供が親のために別れさせ屋に依頼に来るというケースも出てきました。
たとえば、両親のどちらかが浮気をしていて、大事になる前に秘密裏に別れさせようというケースがあります。
「父親が浮気をしているけれど、母親に教えて傷つけたくない」、「母親が浮気をしているけれど父親が知ったら離婚になるのでそれは防ぎたい」など、理由にもいろいろなものがあります。
離婚して若い恋人と子供でも作られてしまったら、相続も大きく変化するため、親の浮気は子供にとっても大問題です。
近年ではシニア世代の婚活や恋活も活発化してきています。
そのせいか、離婚済みや死別の親でも、あきらかに財産目当ての相手と付き合い始めてしまったなんてことで、別れさせ屋に駆け込んでくることもあるのです。
老いらくの恋も悪いものではありませんが、子供にとっては別れさせ屋を利用したくなるケースが今後も増えていくと予想されます。

●親を離婚させて安らぎを与えたい

子供が親のために別れさせ屋を雇う、もう一つのケースは、両親自体を離婚させたいというものです。
どちらかがDV体質だったり、借金癖やギャンブル依存症などだった場合、これ以上婚姻関係を継続させてもう片方の親を不幸にしないために、別れさせ屋を頼るのです。
長年夫婦をしていると、明らかに問題があるパートナーでも、離婚しようとしないことは珍しくありません。
人はどんな悪環境でも慣れる生き物です。
年を取ると、新しいことに挑戦することが億劫になる人も多いです。
子供の目から見てもこの結婚は続けないほうが良いと判断したら、別れさせ屋に依頼してください。
親はいくつになっても子供を自分の下に見がちです。
いくら説得しても、うまく離婚まで導けるとは限りません。
また、DV傾向がある人物だと、別れさせようとした途端に暴力が酷くなったり、別れても粘着してくることがあります。
穏便に離婚させたいなら別れさせ屋がベストなのです

子供がいる夫婦を別れさせるケース

夫と離婚したいと考えている妻は、子供がいることで離婚を躊躇してしまうこともあります。
それでも結婚生活をこれ以上続けられないという場合には、様々な問題を解決してから離婚する必要があります。この問題を解決するのが難しい方にとって、別れさせ屋を利用することは有効なようです。

●子供のためになるかどうか
まず、別れさせ屋は妻の話を聞いた上で、離婚することが子供にとってどういう影響があるのか調査します。
例えば、夫は子供にとってもいいパパだけど、妻が一方的に離婚したいと思っている場合には、社会的に見れば離婚は良くありません。
しかし、妻に対してDVをしている夫や、虐待をしている夫の場合は、間違いなく離婚した方が子供にとって幸せです。
子供や妻に精神的負担がある状況で、離婚した方が子供のためにも良いと判断した場合に、別れさせ屋は工作に動いてくれます。
そうでない場合は、できるだけ離婚をしないよう、妻にアドバイスをするのが良い別れさせ屋です。

●親権問題
次に問題となるのが親権問題です。
妻も夫も親権を欲している夫婦の場合、離婚をする際にはどちらかが諦める必要があります。
夫に親権を諦めさせたい場合には、まず、子供への執着を断ち切ります。そのために別れさせ屋は、夫に女性の工作員を近づけ、恋愛関係に持ち込む工作を行います。
夫婦関係が破綻しているため、夫は自然に他の女性に傾きやすいようです。
また、妻が働いていない場合は離婚後の収入を得るために仕事を勧めたり、実家へ頼れる場合にはそのように誘導することもあるようです。
そのようにして、離婚しても安心できる環境を作った上で、親権も妻が持てるように準備し、離婚へと導くわけです。

●まとめ
別れさせ屋ができるのは、離婚するまでの問題を解決し、スムーズに離婚へと導くことです。
それ以降の子供へのケアや、生活基盤の構築は依頼者自身が行うことになります。
子供を1人で育てるためには、親としての自覚と責任を持って、相当な覚悟で臨まなければなりません。
別れさせ屋はそのお手伝いをするだけなので、最終的には依頼者本人が自立してやっていく決心ができているかどうかが重要となるようです。

別れさせ屋に子供の目を覚ませてもらおう

経験の少ない子供ほど恋愛相手を間違えてしまう

年頃の子供をもつ親にとって、頭が痛いのが恋愛ごとではないでしょうか。親に恋愛の悩みを相談する子供も増えていますが、一般的には親には恋愛相談は絶対にしないという子供が多いものです。
恋愛経験を積むことは良いことですが、もちろんマイナスにしかならない恋愛もあります。本人がそれで成長してくれるならと放っておくと、とんでもない相手に引っかかり、相手から悪影響を受けます。
子供の恋愛は生活環境によって大きく左右されますが、経験値が少ないと自分にとって悪い相手が逆に魅力的に見えてしまうこともあります。
周りに真面目な人が多いほど正反対の異性は輝いて見え、自分のしらない世界へ連れていってくれる理想の恋人だと勘違いしてしまうのでしょう。
こうした相手と付き合ってしまった場合、自分で気付くまで放っておくしかありませんが、あまり放置しすぎていると、最終的に結婚話まで進んでしまうことがあります。
ちゃんとした相手ならある程度付き合った上で結婚を意識しますが、生活環境の悪い中で育った子供は結婚をそれほど重く考えておらず、すぐに結婚を口に出す傾向があります。

子供を傷つけないように別れさせるには

女性にとって簡単に結婚を口に出さない男性より、付き合ってすぐに結婚を口に出す男性のほうが真剣に自分のことを考えてくれていると思えます。年齢が若ければなおさらでしょう。
子供の恋愛に口を出すのは褒められた行為ではありませんが、子供の傷を広げないためにも親が守ってあげなくてはなりません。しかし、頭ごなしに反対をするのは逆効果です。
子供が冷静に判断できるよう仕向けるなら、別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。
子供を傷つけたくないと思う親も多いため、別れさせ屋は二人が同時に心変わりできるよう、工作員を両方に接触させます。もちろん、どちらか一方だけに工作を仕掛けることもできますので、どのように別れさせるかはしっかりプランを話し合って決めるようにしましょう。

別れさせ屋で自分の子供を別れさせられる?

自分の子供だから当然?
別れさせ工作には倫理的な問題が多少伴います。社会的に自立した大人であれば責任をもって自身の恋愛に第三者を介入させる覚悟もあるでしょう。しかし、もし親が自分の子供を任意のターゲットと別れさせたいと思う場合どのような問題があるのでしょうか。
まず言えるのは過保護かもしれないということです。親が子供の別れさせ工作を依頼する場合は、子供が学生で今のままの恋愛をしていれば学業に支障が出てしまうというもの、または結婚適齢期の子供があまり結婚させたくない人物と交際しており、別れさせたいというケースのふたつに分かれるようです。
子供に勉強してもらいたいというのも両親が気に入る人物と結婚してほしいというのもある意味わがままではあります。自分の子供とはいえ、意思は子供のものです。現在は昔ほど家と家との繋がりを尊重しなくなっていますから、理由によっては子供に説明しても納得してもらえないでしょう。
そんな時に頼りになるのが別れさせ屋です。親が自分の子供を別れさせるために別れさせ屋に相談するケースも少なくないようです。

夫婦で意思は統一させましょう

自分の子供を別れさせたいときに注意したいのは両親の意思を統一させるということです。別れさせ工作にかかる費用は高額で、少なくとも数十万円から100万円はかかります。その費用は夫婦の共同の財産から捻出されることが多いですから、別れさせ屋に相談するのは夫婦一緒ということがほとんどです。
しかし実際に依頼に入って夫婦の意思が統一されていないと帰ってから揉めてしまいます。別れさせ屋の前で喧嘩をする夫婦もいるそうです。子供のためという思いもあるにしろ、細かい教育方法や思想は両親でさえ異なっているわけですから、別れさせ屋への依頼内容も二人で食い違ってきます。そうすると依頼に応えるのが困難になってしまいます。
ではどうすれば良いのかというと、夫婦の意思はできるだけ統一させることです。もしできないようであれば、別れさせ屋に全て任せるようにしていただけるとかえってスムーズに別れさせ工作が進むことがあります。もし子供を別れさせる場合は別れさせ屋に「丸投げ」するようなスタイルでよいのかもしれません。

親心からの子供に対しての別れさせ屋工作依頼

別れさせ屋工作を親が依頼するケース

別れさせ屋工作の対象となる人物が、自分たちの子供であるケースがあります。そうしたケースは、娘や息子が健全ではない交際をしていたり、結婚相手とするのに不安しかなく、納得ができない……などの親心からの依頼がほとんどだといいます。やはり、それまでの長い間大切に愛情を持って育ててきた子供ですから、その人生が交際相手などによって台無しになんてされたくない、と切に願っている親の気持ちは大変理解しますし、共感するところでもあります。とは言え、子供にも自我や気持ちはあるものですし、成人を迎えている子供であれば親の言うことよりも、その時々の交際相手の意見や主張を最優先する場合の方が多く、大切な子供のことが心配だから、と強引に物事を進めようとするとかえって状況の悪化を招くことは非常に多いです。「親の心子知らず」とは古くからある言葉ですが、いくら心配する気持ちが故とは言っても、こうしたことをしてしまえば、親子の間の信頼関係にヒビが入ってしまう、などの可能性は考えられますからね。その中で、そうしたリスクを最低限に抑えつつ問題を解決に向かわせるために別れさせ屋工作を探偵に依頼するのも一つの手なのです。

子供への別れさせ屋工作

例えば、娘が悪い男に騙されている状況であるのなら、親としてはものすごく心配ですし、不安です。ですが、たとえその男の悪い部分を娘に指摘したとしても、なかなか聞き入れてもらえないケースは多いです。娘からすれば、愛している相手を親が否定してきた、と受け取ってしまいますし、また愛情のある相手を見捨てることができない、自分がそばにいなきゃ、と思う女性もいます。かといって、息子の場合であっても、男性というのはプライドがあるものですので、親から言われたとしても、交際相手に「親の言うことを聞く男」といったレッテルを貼られたくない、などのような思いから、親の意見ではなく、交際相手の意見、言い分に従おうとすることもまた多いです。もちろん、これらは子供によります。ですが、子供は親に対し、反抗心や反発心を持つ側面があるのは人間の成長過程の観点からも事実です。また、だからと言って、そんな大事な子供に降り掛かっている問題をおめおめ見逃すわけにもいきませんよね。であるなら、別れさせ屋を考えてみてはどうでしょうか。

別れさせ屋に子供が親の依頼をすることはできる?

子供でも依頼可能

近年では離婚率が上がり、高齢でも婚活をする人が出る時代になってきました。
そのせいか、親と交際相手を別れさせたいという依頼も増えてきています。
子供が別れさせ屋に親のことを依頼することは可能です。
一時期ニュースにもなりましたが、再婚相手の資産をあてにした後妻業をして食いつないでいる女性などは本当に存在します。
気がついたら親の財産が食い荒らされすっからかんになっていたなんてことになる前に、怪しいなと感じたら早めに手を打っておくのがおすすめです。
また、きちんとした別れさせ屋に依頼すれば、別れさせ工作をしたことが親にバレる心配はありません。

親の浮気を止めさせるために依頼する子供も

まったく逆のケースで、父親が浮気をしていて、それを母親に知られる前に穏便に別れさせ、夫婦関係を維持させたいという依頼をするケースもあります。
浮気を知ってしまい、離婚ともなればかなりの精神的なダメージを負いますからね。そのまま再構築へ進んだとしても、浮気をしたパートナーをどこまで許せるかはその人次第ですし、裏切られた事実は生涯その人の心を蝕みます。
母親にそんな思いをさせないための、苦渋の決断だったのでしょう。
このケースでは、父親と浮気相手の調査を徹底的に行い、その結果を元に最適なプランを練って、見事別れさせることに成功させました。
父親と母親が不仲なのは、いくつになっても悲しいことです。一時の気の迷いなら、子供の手で断ち切って、夫婦関係を修復してあげるのも、家族愛かもしれません。

経済的に自立している必要はあるの?

親の再婚や浮気は、子供が何歳のときにでも起こりうることです。
とはいえ、未成年の子供が依頼しても受けてもらえることはほぼないでしょう。
別れさせ工作には安くない費用が必要になります。低めに設定しても100万円くらいは必要と考えておいたほうがいいです。
その費用をなんとか捻出できる経済的な余裕がなければ、親の問題を別れさせ屋に依頼することは厳しいです。

『子どものための離婚工作』

夫婦の離婚に一番ネックになるのが、子どものことです。
親が離婚することで子どもの心を大きく傷つけるのではないか、ということが大きな心配ごとになりますし、親権は父親か母親のどちらにすれば子どもにとって幸せなのか、と悩みます。子どもがいる夫婦の離婚は、二人だけの問題ではなくなります。
別れさせ屋にも、子どもがいる夫婦の離婚問題が持ち込まれることがあります。

■親権争い

父親も母親も、子どもと離れるのはとてもつらいので、親権を譲ろうとしない場合も少なくありません。子どもの親権を巡って話し合いで解決できない時は、裁判に持ち込まれます。ほとんどのケースで母親が親権者と認められますが、母親の病気や経済力などを理由に、父親に親権がわたる場合もあります。
裁判所に持ち込まれると離婚するのに時間がかかってしまいますし、父親にしろ母親にしろ、どうしても自分が親権者になりたい場合もあります。
そのような時には別れさせ屋、親権争いを解消した上でスムーズに離婚できるように依頼する方法もあります。

■子どものために離婚を考える

子どものためには両親ともに揃っている方が良いに決まっていますが、父親から母親へのDV、子どもへの虐待、育児放棄など、両親といることで子どもが精神的に傷つく場合は、どちらかが離婚を考えるのはやむを得ません。子どものために離婚した方が良い場合もあります。
社会通念上の家族のあり方を考えれば、子どものいる夫婦の別れさせ工作の依頼を、別れさせ屋が引き受けることはあまりありません。でも、DVや虐待などで子どものために離婚するという正当な理由が納得できれば、別れさせ屋は引き受けてくれます。

■子どもがいる夫婦の別れさせ工作とは
親権を取りたい親からの依頼なので、相手が親権を放棄するように仕向ける工作を行います。それには親であることから一人の男性、あるいは女性に戻って子どものことを忘れるようにすることです。異性を近づけて恋人になり、恋愛に熱中させ親であることを忘れさせ、子どもへの執着心をなくします。そうすると自ずから親権を放棄して離婚に応じます。
このようにして離婚できた場合でも、親権者となった親は、子どもの心の大きな傷を手厚くケアする必要があります。子どもには充分な愛情を注いであげましょう。

『子供のためにも別れさせ屋を利用して自然に家族関係を修復しよう』

将来を誓い合った上で結婚したはずなのに何年も一緒に暮らすうちにマンネリ化し、挙句にパートナーが浮気をしていると気付いていても、離婚を選択しない方も多いです。それはひとえに、お子さんのことを考えてのことです。子供にとっては両親が仲良く一緒に暮らしていた方が好ましいだろうと考え、自身の悲しみやショックはぐっと堪えていらっしゃるのですね。
ただ、浮気を放置していては、パートナーの気持ちがそちらに完全に移ってしまい、浮気から本命の相手となってしまう可能性も否定できません。子供のためを思えばこそ、別れさせ屋を利用して自然に家族関係を修復していきましょう。

■浮気相手と別れさせ、家族やパートナーの大切さを思い出させる

浮気をやめさせ、パートナーの気持ちをもう一度自分や家族に向けるためには、別れさせ屋へ依頼するのがおすすめです。このようなケースにおいて別れさせ屋はとても便利で頼れる味方なのです。
このまま離婚して浮気相手と再婚しようといった具体的な計画はないとしても、わざわざリスクを冒して浮気するくらいですから気持ちがそちらへ向いているのは明らかです。そうなれば自然と家族関係にも影響が出てきますし、子供との関係もぎくしゃくしてしまうかもしれません。
そうなる前に浮気相手と別れさせてしまえば、パートナーももう一度家族の大切さを思い出すはずです。別れさせ工作ではあらゆる方向性からのアプローチでカップルが破局するよう仕向けていきますが、その中でも家族を大事にするべきであることを再確認させつつ、浮気相手とは自然に別れるよう誘導していくことも可能です。

■その後も自然な関係を保てるのも大きなメリット

自分自身の力でパートナーの浮気問題を解決しようとすると、どうしても正面から話し合うことになってしまいます。そうなると、パートナーが過ちを認めて浮気をやめたとしても、それまでとすっかり同じ夫婦・家族関係であることは難しいですよね。
別れさせ屋はごく自然な成り行きであるかのように別れへと誘導していきますので、このように家族関係に何らかの変化が生じることがありません。時には直接指摘するよりも間接的に働きかけた方が良い効果が得られることもあるのですね。