別れさせ屋で夫婦を別れさせる方法

愛人からの依頼が多い

恋愛において女性が不利な立場に立たされるケースが少なくありません。例えば愛人といえば、既婚者の男性とその未婚の不倫相手を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。既婚者の男性が奥さんと別れると言いながらも何年もごまかし、結局は奥さんの元に帰っていくという話はよく聞きますよね。
婚活パーティーなどで既婚者と明かされないまま交際を始めてしまう未婚女性もいますので、男性側がずるいという時もあります。しかし、その多くは泣き寝入りで終わってしまいます。
別れさせ屋で夫婦を別れさせることはできるのでしょうか。結論から言うと夫婦を別れさせるサポートができるので、愛人となってしまった女性が別れさせ屋に相談するケースは多いようです。
不倫はバレていないものの、既婚者の彼に離婚する意思が全く見られない。既婚者の相手の方で離婚を切り出したが奥さんに断られてしまった。不倫関係がバレてしまっていて、彼が外出できなくなった。
以上のように様々な状況に陥る愛人の女性がいます。別れさせ屋ではこうした女性の立場に寄り添い、事情を詳しく聞いた上で夫婦を離婚させるように働きかけます。

円満そうに見える夫婦ほど狙い目?

しかし、夫婦といえば未婚カップル以上の絆で結ばれているものです。堅固な絆で結ばれた夫婦の別れさせるのは本当に可能なのでしょうか。
実は別れさせという意味では円満な夫婦ほど難易度が下がります。なぜかというと、パートナーを愛していればいるほど配偶者の不倫にショックを受けます。 愛情が憎しみに変わりやすく、裏切られたという気持ちから奥さんの方から離婚を申し出ることもあるのです。
愛情を持っているからこそ別れたがるというのは何とも複雑ですが、片方の気持ちが冷めたまま夫婦生活を続けるのはそうしたタイプの奥さんにとって残酷な状況かもしれませんね。
逆に言うと夫への愛情はないものの、離婚をすると損失が大きいためか夫が浮気をしていても離婚を検討しない妻もいます。既に別居をしているようなタイプの夫婦には別のアプローチを考える必要があります。そうした事情も踏まえて別れさせ屋に依頼するようにしてみてはいかがでしょうか。

夫婦の絆の種類が違えば、別れさせ屋の取る方法や手法も変わる

別れさせ屋工作における方法や手法の多要因さ

別れさせ屋は、様々な方法やアプローチを駆使して対象となる方々への別れさせ工作を行い、その成功を目指して行動します。では、なぜそうした幾つもの方法があるのでしょうか。それは、同じ手法が他の対象となる方々に対して使えるわけではないからです。例えば、夫婦関係がうまくいっている夫婦とそうでない夫婦とで同じ手法、方法を使って同じ結果が出るでしょうか?どう考えてもそうはなりませんよね。また、夫婦関係がうまくいっていないのなら離婚をするはず……というわけでもなく、夫婦というのは必ずしも恋愛感情やそういった関係で繋がっているもの限りではありません。例えば、相手も自分も浮気をしていても別に構わない、といった考えや価値観、関係性を持っている人もいるはずで、そうした場合に対象となる方に異性の工作員を接近させる形をとっても意味はなくなってしまいます。こういった要素から、別れさせ屋には幾つもの手法や方法あるわけで、そしてその中で、その依頼者や対象となる方々に適したものを選ぶわけなのです。

別れさせ屋に知らせるべきなのは、夫婦がどういった絆で繋がっているか

別れさせ屋が夫婦を別れさせる上で、その工作手段を選ぶ材料となるのが、「その夫婦は一体何の絆で繋がっているのか」です。上記で例としてご紹介しましたが、それによっては適している方法が全然違ってきてしまいますからね。ただ、どういった手法を使うにせよ、基本的な考え方は対象となる人物に工作員を接近させる形であることに変わりはありません。その近づけ方やアプローチ、設定などを適宜変えて別れさせ工作を行っていくわけです。例えば、工作員は異性にするのか同性にするのか、友達や恋人など接近させてどういう関係を作らせるのかなどの部分を多くのバリエーションから選択していく、といった具合です。依頼者にとっては別れさせること、別れさせ屋にとってはその手段を選択すること、それらを実現するのに必要不可欠なのは情報です。別れさせ屋に相談や依頼をする時は、こうした考え方があると意識した上で、より精細な情報を提供するように心がけることをオススメします。

夫婦関係を解消したくなったら別れさせ屋がおすすめ

離婚は簡単にはいなかいもの

いまや三組に一組は離婚するというデータがあるほど、日本では離婚率が高まっています。とはいえ、離婚はそう簡単なものではありません。
すでに冷え切っている夫婦でも、いざ離婚しようと思ってもなかなか同意が得られず難航することがあります。
また、無理に別れても相手がストーカー化してしまい、悲惨な事件を起こしてニュースになるケースも多々見られます。
離婚を申し出ても承諾してもらえない、自分への執着がすごくて上手く別れられるか心配だ、DVが酷くて別れるなんて言ったら殴られる、なんてパターンで夫婦の離婚に悩んでいる方は、ぜひ別れさせ屋に依頼してください。
しっかりと事前調査を行い、あなた達夫婦に適したプランで、きちんと別れられるよう工作を行います。

少しでも優位に離婚する

これまでは夫婦二人で生活してきましたが、離婚ともなれば家計はバラバラになります。
共働きでもパートナーの収入がまったくなくなるのですから、不安になりますよね。専業主婦の方はさらに不安だと思います。
優位に離婚して、少しでも良い条件で再スタートを切りたいのであれば、別れさせ屋の力を借りるのがおすすめです。
もちろん、別れさせ屋は違法行為を行わずに別れさせ工作を行うので、あなたが罪に問われるようなことはありません。

意地になっていて正しい道が見えていないことも

人と人との縁には、じつは賞味期限のようなものがあります。昔はあれだけ愛し合った相手でも、もう夫婦としての縁はとうの昔に終えているケースも珍しくないのです。
ただ、離婚しただなんて恥ずかしい、自分は悪くないのに離婚なんて屈辱だなどといった感情が邪魔をして、正しい道が見えなくなっているのです。
お互い苦しいだけなのにいつまでも一緒にいることは、双方にとってデメリットしかありません。
別れさせ屋の力を借りて離婚するというのは、その絡まってどうしようもなくなった糸を断ち切り、お互いがきちんと正しい道へ進んでいけるよう努力することです。
後ろ暗い重いから決断を迷っているそこのあなた、何もしないでこのまま夫婦関係を継続することこそ、最悪の選択ではありませんか?

『夫婦の問題』

別れさせ屋に別れさせ工作を依頼する人は、様々です。夫または妻を不倫相手と別れさせて欲しい、逆に不倫相手から配偶者と別れさせて欲しい、交際相手と別れたい、など自分が別れたい、誰かを別れさせたいという依頼が多く寄せられます。
夫婦間の別れさせ工作、つまり離婚の相談も少なくはありません。

■お互いに無関心な夫婦

夫か妻が別れさせ屋に離婚の工作を依頼するということは、依頼者本人か配偶者のどちらかが不倫をしている場合が多いようです。不倫相手と別れさせるのではなく、それを理由として離婚したい、ということです。
そもそも不倫をするのは、夫婦仲がうまくいっていないからでしょうし、離婚をしても良いとさえ思っているのでしょう。夫婦が仲良くやっていれば、不倫をするなどという気持ちには全くならないでしょう。
「ケンカをするのは仲の良い証拠」と言いますが本当に夫婦仲が悪い場合は、ケンカもしません。ケンカをするのは、言いたいことを言ってお互いが気持ち良く暮らしたいと思っているからです。目を合わせることもなく会話もない、ましてやケンカなどする気持ちも起こらない、お互いに無関心だからどちらかが、あるいは両方が不倫に走ってしまうのでしょう。

■離婚は簡単ではない

夫婦仲が冷え切っていて離婚をしてもおかしくない状況でも、いざ離婚をするとなると
恋人同士が別れるような簡単なものではなく、慰謝料などの様々な条件や約束ごとを話し合って書面で取り交わす必要があり、面倒くさくてかなりのエネルギーを消費します。世間体や経済的なこと、子どものことなど、離婚によって弊害が出てくることも考えられます。
夫か妻の一方が離婚を望んでいても、なかなか踏み切れないのは、そのような諸々のことを考えてしまうからです。

離婚を考えてはいるが切り出せない場合や、相手が拒否している場合などは、一度別れさせ屋に相談をしてみてはいかがでしょうか。担当者と話しているうちに、自分の本当の気持ちが見えてきて、相手を思いやる気持ちになれるかもしれません。
もしかして夫婦としてもう一度やり直そうという気になれば、相手と心を込めて話し合うことができ、どちらかの不倫も精算することができるでしょう。そしてまた新鮮な気持ちで新たなスタートが切れると思います。

『別れさせ屋を利用して夫婦も離婚しそれぞれの新たな道へ』

別れさせ屋という言葉には、やはりネガティヴなイメージがつきものです。「別れる」という行為そのものがまずネガティヴな印象を与えますし、それを第三者の手で誘導するとなればなんだか悪いことをしているような気になってしまうのもうなずけます。
ですが、実際には別れさせ屋の行うことはさほどネガティヴで悪いことであるというわけではありません。むしろ、停滞していた関係性を清算し、新しい道へと進めるきっかけとなることも多いのです。

■夫婦であっても気持ちがなければ一緒にいるのはつらい

恋人関係ならまだしも、一度夫婦になってしまうと別れることへの忌避感が強くなりがちです。周囲の人にも説明しなければいけなくなりますし、離婚することで偏見を持たれたら……という恐怖を感じている方も多いです。また、専業主婦の方や子育て中で休職している方などは、経済的にも離婚をすることで困難な状況に陥りやすいですから、なかなか踏み切れないというのが現実です。
ですが、こういった要素を全てふまえた上であっても、気持ちがないパートナーと一緒に居続けることはかなりの苦痛を伴うものです。精神的にも余裕がなくなりますし、夫婦間の空気が悪くなればお子さんにもそれは当然伝わります。無理に結婚生活を続けることで、家族全体の仲がぎすぎすしてしまうのですね。

■別れた方が関係が良くなることも多い

別れさせ屋は、夫婦の離婚についても工作活動を行っています。ですが、別れさせ屋が行う別れさせ工作は、夫婦を無理矢理離婚させるということではありません。むしろ、「当人どうしにとって離婚をする方が有益であると知らせる」といった意味合いが強いです。
離婚をすることによるリスクにばかり目がいきがちですが、気持ちが既に離れているのであれば離婚した方がむしろお互いのためになるというのはよくあることです。離婚して距離を取ったことでかえって関係がよくなり、子供も交えて家族としては親しい関係を続けていくことができたというご夫婦もたくさんいます。
別れさせ工作は、何も悪いことではありません。別れを選べずにいる方々が、新しい道へと進むお手伝いのひとつでもあるのです。

『別れさせ屋は夫婦トラブルの駆け込み寺』

夫婦間のトラブルの最終的な解決方法として、別れさせ屋に相談する方はとても多いようです。別れさせ屋は夫婦トラブルの駆け込み寺と言ったところでしょうか?
感情的にこじれてしまって、当事者同士ではどうしようもなくなって相談に来られる方が多いようです。別れさせ屋は、そうした状況をどのように解決に導いて行くのか気になりますよね。早速見てみることにしましょう。

■客観的な現状確認

別れさせ屋に相談に来る方の中には、主観的な見方になってしまっていて現状を正しく把握出来ていない方が多いようです。
そのため、まずは相談者のカウンセリングを丁寧に行なって、事実確認を行なうようです。同じ出来事でも、その出来事を見る人の立場によって全く違って受け止められるというのは、日常でも良くあることです。
そのため、相談者が把握していたり認識していたりする現実は、相談者の視点を通して捉えているものになります。例えば、夫の帰りが遅くなったという事実をそのまま捉えるのではなく、浮気相手と会っていたので帰りが遅くなったに違いないとなってしまったりします。本当は仕事に追われて遅くなったのかもしれませんし、社内の人と食事に出かけて遅くなったのかもしれないのに、自動的に脚色してしまって、それが真実だと思ってしまうようになることもあるようです。

■事実を相談者に伝える

専門の調査員による事前調査が行われて完了すると、報告書にまとめられて相談者に伝えられます。
場合によっては、事実を確認すると夫婦トラブルの原因は、実は相談者の方にあることが分かるケースもあるようです。
調査の結果、問題が相手側にあることが明確になって、問題解決のための期間や方法について当初の内容を見直す必要が出て来る場合もあります。そのときは、詳細な見積もりの作成を再度業者に依頼されることをお勧めします。

別れさせ屋が夫婦トラブルの駆け込み寺的な役割を果たすことが出来るのは、専門の調査員による客観的な事実確認を行なうことが出来る点にあるのではないでしょうか?当事者同士のこじれてしまった感情も事実確認をすることで解決の糸口を見つけることが出来そうです。

家庭内別居の夫婦を別れさせ屋が離婚にはこぶ

最近ではごく短期間で離婚をしてしまう夫婦もかなり増えてきていますし、芸能人でもバツイチであることを堂々と公表する人も少なくありません。しかしいまだに世間体を気にしたりバツイチにはなりたくないと、関係が破綻していても家庭内別居をして婚姻関係を継続させている人は多くいます。

■家庭内別居が長く続くと離婚しづらい!?

よくだらだらと同棲生活を続けているカップルは結婚にまでなかなか結び付かない、という話はありますが、同様に、家庭内別居がだらだらと長く続いてしまえば自力で離婚することが難しくなってきます。その理由は、現状でも生活がなんとなく成り立ってしまっているからです。
そうなると、どちらか一方が現状を打破しいようと思い立ったり、周囲が離婚するように働きかけても、今のままでも問題はないではないから、と双方の同意が得られない可能性が高いです。
同性カップルがようやく結婚に踏み切ったと思ったら、子供ができたからだった。というように、なにかきっかけを与えてあげない限り、長く続く家庭内別居から離婚に運ぶことは難しいでしょう。

■きっかけを作る別れさせ屋の工作

家庭内別居を続けてきたけれどそろそろ新しい自分の人生を歩みたい、娘息子を離婚によって家庭内別居から解放させてあげたい、などの理由から別れさせ屋に工作を依頼する人もいます。
そんなとき別れさせ屋は、まず家庭内別居に至った原因を調査することから工作をスタートさせます。例えば家庭内暴力やどちらかの不貞行為が原因だった場合は、その部分をつけばいいので比較的簡単です。しかし性格の不一致や、なんとなく自然にそうなった場合だと、相手に離婚を同意させるだけの要因を要しなければならないので、時間もお金もその分必要になってきます。
またよりスムーズに離婚へとはこぶためには、別れさせ屋の工作だけでなく、家庭内別居状態であってもきちんと会話を交わすことも大切です。

世間体や工作にかかる費用、離婚後の生活への不安などをかんがえると、なんとなくでも生活を続けられている現状を維持する方がいいという人もいるでしょう。しかしそれは精神的にも楽な生活とは言えませんし、せっかくの幸せへのチャンスを逃してしまっているかもしれません。悩んでいる人は一度専門家に相談してみるのもいいでしょう。

夫婦が別れさせ屋に依頼するケースとは?

別れさせ屋は任意の二人を別れさせるサービスです。独身者の場合は三角関係の解消や、恋人の浮気の阻止に使われます。恋愛関係へ第三者が介入し、別れさせるのが別れさせ屋の基本的な目的ですが、既に結婚している夫婦が別れさせ屋を検討するケースはあるのでしょうか?

■離婚、不倫関係の解消に

結論からいうと、既婚者が別れさせ屋を利用するケースはよくあります。夫が子供の保育園の保育士と不倫していたという事例もありますし、新しい相手と生活するために妻と別れたいという夫もいます。
これらの問題はしばしば泥沼化するため、何年も苦しむより第三者の力を借りて、できるだけ円満に解決したいという方は少なくないのです。
別れさせ屋では、依頼内容によって数種類の工作員を派遣します。配偶者と関係している人物の身辺調査に特化した調査員や、配偶者と恋愛関係になりもともとの相手との関係を解消させる恋愛工作員などです。
夫婦間にはフリーとは異なる絆や契約があり、別れるのも別れさせるのも難易度が高めになっています。ですが別れさせ屋を利用すると早期解決が望めます。

■気づかれないようにするためには?

しかし、別れさせ屋が失敗するケースもあります。例えばターゲットを尾行する工作員の存在を知られてしまうと、勘のいいターゲットなら探偵や興信所を疑います。もし配偶者から不審な人物について尋ねられても、知らないふりをしなければなりません。
夫婦で家計を管理している場合、別れさせ屋の利用料金も使途不明金として疑われやすいポイントでしょう。別れさせ屋の利用料金は数十万円程度はかかりますので、大金が突然消えたりすると発覚しやすいです。
分割での支払いにしたり、もっともな口実を準備しておくなど、依頼者からの働きかけも必要となります。夫婦の関係にもよりますが、同居していて会話もスムーズな場合は特に気をつけたほうがよいでしょう。

夫婦関係の改善のために別れさせ屋に相談する依頼者はいます。しかし依頼したことで足がつくケースもあります。別れさせ屋に依頼するまでもなく改善をはかれる場合もありますので、まずはメールや電話で相談してみてはいかがでしょうか。

夫婦を離婚させたくて別れさせ屋に依頼する際に、知っておいてほしいこと

■別れさせた後まで面倒は見られない

別れさせ屋に依頼に来る人は、さまざまな悩みを抱えており、それぞれで行われる工作は異なりますが、中でも多いケースは、好きな人がいるけどその人には他に付き合っている人がいるから、その2人を別れさせてほしいという内容です。

別れさせ屋に相談に来る人の中には、好きな人と付き合っている人を別れさせて、自分のものにして絶対に結婚させてほしい、という依頼をする人もいます。
しかし、別れさせ屋の仕事は、2人を結びつけることではなく、あくまで「別れさせる」ことなので、依頼者が対象者と仲良くなって、結婚に導くまで面倒を見ることはできないのです。

■案件によって工作の難易度は異なる

別れさせたい対象者カップルの結びつきの度合いによっても、工作の成功率は変わってきます。
2人の関係が冷めた状態なら成功する確率はとても高いですが、まだ付き合い始めて少ししか経っていなくてラブラブな状態なら、別れさせるのに時間や手間がかかってしまうでしょう。

また、対象者が結婚して夫婦の関係ならば、さらに難しくなるでしょう。
夫婦関係を何年も続けていると、2人の間には切っても切れない縁のようなものがあるので、問題が起こったとしても、離婚までは考えられないのです。
ましてや、夫婦の間に子供がいる場合は、子供への影響を考えて、2人の仲は崩れても離婚はしない、という夫婦もいます。

■リスクがあることを忘れてはいけない

その他にも知っておいてほしいことは、相手の夫婦関係を終わらせる工作をした場合、それが対象者にバレてしまって損害賠償請求をされたり、“公序良俗”に違反すると判断されてしまったりすることもあります。
別れさせ屋の工作は違法行為ではありませんが、結婚している夫婦を別れさせるように依頼する場合は、そのようなリスクがゼロではないことも考慮しないといけません。

■“妊娠”は別れさせるための材料にはならない

不倫相手の子供を妊娠してしまった、というケースもよくあります。
「あなたとの子供ができたから、奥さんと離婚して私と結婚してほしい」と迫れば、絶対に離婚してくれるだろう、と考える人もいますが、妊娠したとしても責任をとってくれない人も結構多いようです。

別れさせ屋に依頼すれば、不倫相手の夫婦を離婚に導く工作をして、依頼者の方へ気持ちを向けるようにします。
しかし、いくらプロの別れさせ屋でも、100%成功できるとは限らないので、全ての責任を別れさせ屋に押し付けてはいけません。

「別れさせ屋が夫婦を離婚させる方法とは」

交際しているカップルが別れるのに比べ、結婚している夫婦が離婚することは、より難しくなります。結婚とは、一つの契約です。一生その人と生活を共にしていきますという誓いでもありますので、別れることへのハードルが高くなるのです。そんな夫婦を、別れさせ屋というプロの集団が離婚させることがあるようです。一体どんな方法で行っているのでしょうか。

<ターゲットに浮気をさせる方法>
一番メジャーな方法としては、ターゲットの夫婦どちらかに工作員を近付けさせ、浮気をさせるという方法です。まずは、下調べの調査をし、その人の生活習慣や嗜好を調べ上げます。その上で、どうすれば自然にターゲットに接触し、そこから親密になれるか、綿密に契約をし遂行します。そのために利用する工作員は一人だけではありません。時には何人もの工作員を送り込み、自然な場を演出します。ドラマさながらの演出であり、なかなかターゲットもそれが工作だとは気付きません。それはそうですよね。

一般の方が、まさか自分に対して第三者が罠を仕掛けてくるなんて夢にも思ってません。そして親密になったところで、浮気現場の写真や動画を撮り、それを依頼人に渡すのです。そこから、どう離婚までもっていくかも、アドバイスを送ります。

<鍵を握るのは工作員>
別れさせ屋の工作が成功するかどうか、その鍵を握っているのは工作員の存在です。どれだけ相手に気付かれずに、自然と親しくなり、恋愛関係まで持ち込むのかは、その人の腕次第です。心理学に長けていなければなりませんし、相手を引き付ける魅力も兼ね備えていなければなりません。なかなかそんな人材はおりませんので、業者は外部から派遣することが多くなります。成功するかどうかは工作員次第なので、質の高い人を雇わなければなりません。だから、依頼人に対しての費用請求も高くなってしまいます。

別れさせ屋が夫婦を離婚させる方法は、一般的には工作員を派遣してのハニートラップが多くなります。最近、運命的な出会いをし、親密な関係になりそうな人ができた方。もしかしたら別れさせ屋の罠かもしれませんよ。