別れさせ屋で親子の問題

・どんな理由でも子供の交際相手を別れさせられる?

親にとっては子供はいつまでも子供。ずっと気にかかる存在なのです。

そこで親御さんからの相談で多いのは、お子さんと交際相手を別れさせたいという内容です。

この相談は非常に多い中、一部お断りされるケースもあります。

それは、本人の意思を無視した親のエゴからくる依頼の場合です。

子供の交際相手が気にくわない、自分の子供と交際相手はつり合いが取れていないなどの内容がこれに当たります。

ではどんな内容であれば、別れさせ屋は相談を受けてくれるのでしょうか。

これ以上付き合いを続けていくと間違った方向に行ってしまう、今の交際が勉強や仕事に支障をきたしてしまうなど、お子さんにとって良くない方向に進むという内容であれば相談の上依頼を受けてくれることが多いです。

つまり、お子さんの将来を考えた依頼であれば受けてくれる可能性が高まるということです。

そこに注意し、相談をされると良いでしょう。

・親の交際相手と別れさせたい!

逆に、お子さんから親御さんの交際相手を別れさせてほしいという事例も近年多くあるようです。

しかし、残念ながら、基本的に恋愛は本人同士の自由恋愛です。

勿論、お子さんの恋愛も同じですが、親御さんの場合は少し異なります。

その為、親御さんの恋愛に対して依頼をするには下記のような条件が揃っていないと難しいでしょう。

それは、普通の交際ではないことを察知した依頼のことです。

例えば、交際相手に金銭を貢いでいる・仕事に行かなくなり交際相手とずっと一緒にいる・保険金を交際相手の名義で契約している、などが挙げられます。

お子さんの親御さんに対する感情ではなく、どう考えても良い交際ではないと第三者からも思える交際であれば、公序良俗に反する依頼内容でなければ相談を受けることが可能な業者もあります。

場合によっては、本人の意思と反することかもしれませんが、親のことを考えた子供の気持ちを尊重して依頼を受けるパターンもあるようです。

非常にデリケートな問題のため、できるできないの境目が難しい問題です。

どうしても親御さんの交際相手を別れさせたいと願うお子さんは、電話やメールで無料相談をしてみるのが良いでしょう。

親身になって対応してもらえるはずです。

子供が親の不倫を辞めさせたいと別れさせ屋を使う

子供はいつになっても両親に仲良くしてもらいたいと思うものです。ただ、子供が親離れをしてから、不倫に走ってしまう人も少なくありません。子供の養育が終わったという解放感から、ついつい恋愛に走ってしまうのです。もし自分の親が不倫をしていたら。そんな時も、別れさせ屋に相談してみましょう。

・まずは調査から

親がもしかしたら不倫をしているかもしれない。もしそんな疑念が沸いてきたら、まずは調査を依頼してみましょう。自ら尾行したり探ったりすることもできますが、肉親のことですから冷静な判断が難しくなります。信じたくないという気持から、真実から目を背けてしまうこともありますし、逆にちょっとしたことでも疑ってしまうこともあります。もし変な疑ぐりを入れていることがばれてしまったら、相手に警戒されたり、関係がギクシャクしてしまうこともあります。

別れさせ屋は、工作をする前に、徹底的に調査をします。だから、本当にターゲットが不倫をしているのか分かります。もし調査の段階で不倫ではないと判明したら、調査にかかった費用だけでよいですし、不倫であることが確定的であれば、別れさせ工作を依頼するという流れになります。

・親の不倫はやめさせやすい

親の不倫に関しては、若い夫婦やカップルに比べて、やめさせやすい傾向にあります。やはり、大きな子供がいる年齢になると、それなりに分別のある判断ができます。だから、自分が悪いことをしていると自覚することで、冷静になり不倫相手と別れるという決断ができます。また、家族と過ごした時間が長いため、ふとした時に家族の大切さを実感し、不倫をやめようと決意できます。

常に悪いことをしているという罪悪感を持っていることが多いため、不倫相手と別れさせやすいものです。別れさせ屋にとっても、難易度はさほど高くない案件として扱ってもらえる可能性が高く、費用も抑えられます。そういったことも踏まえると、親が不倫をしていることが分かった場合、別れさせ屋に依頼するのは、有効な手段と言えるでしょう。

もし自分の親が不倫をしているのではないかと疑っているのであれば、まずは別れさせ屋に相談してみましょう。

親を別れさせたかったら別れさせ屋

・熟年恋愛が加熱で依頼者も急増

最近は、熟年でも婚活やパートナー探しをすることが珍しくなくなってきました。

そのせいか、親をいま付き合っている相手と別れさせたいという子供さんからの依頼が別れさせ屋でも増えてきています。

後妻業なんて言葉のあるとおり、寂しい熟年を狙って近づく悪質な相手も存在するのです。

しかし、子供に注意されても、親としてのプライドもあり、素直に話を聞いてくれないことがほとんどです。

どうせ老い先短い人生だから好きに生きたいといっても、子供としては、怪しげな人と付き合って欲しくないと思うのが当然です。

そこで、うまく親を別れさせられないのであれば、別れさせ屋に助けてもらいましょう。

親の恋愛問題を相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、先ほど話したように、こうした事例はどんどん増えています。

高齢化が進み、恋愛の形も変化してきているため、今後もこの傾向はますます加速しそうです。

どうか自分の悩みが珍しいものだとは思わないで、ぜひ別れさせ屋に相談してみてください。

経験豊富なスタッフが、丁寧に対応してくれますよ。

・両親を離婚させたいというケースも

両親がそろっていても、子供がなんらかの理由から離婚できるよう別れさせ屋に依頼してくるケースもあります。

すでに仮面夫婦の状態が長く続いているのにどちらかが離婚を拒否している、DV気質な父から母を解放してあげたいなど、このケースの原因もさまざまです。

もちろん、このような両親を離婚させたいという子供からの依頼も別れさせ屋では受け付けています。

子供がいるから離婚しないという風潮は昔のほうが強く、いまだにそれに縛られている夫婦も珍しくありません。

子供の目から見ても、別れたほうが幸せになれるというのであれば、遠慮なく別れさせ屋に依頼してください。

どんなことがあっても結婚した以上一緒にいるというのは、すでに廃れかけている昔の考えです。

人生の新しい第一歩を、子供であるあなたが後押ししてあげるもの親孝行かもしれませんね。

親を別れさせたかったら別れさせ屋

・熟年恋愛が加熱で依頼者も急増

最近は、熟年でも婚活やパートナー探しをすることが珍しくなくなってきました。

そのせいか、親をいま付き合っている相手と別れさせたいという子供さんからの依頼が別れさせ屋でも増えてきています。

後妻業なんて言葉のあるとおり、寂しい熟年を狙って近づく悪質な相手も存在するのです。

しかし、子供に注意されても、親としてのプライドもあり、素直に話を聞いてくれないことがほとんどです。

どうせ老い先短い人生だから好きに生きたいといっても、子供としては、怪しげな人と付き合って欲しくないと思うのが当然です。

そこで、うまく親を別れさせられないのであれば、別れさせ屋に助けてもらいましょう。

親の恋愛問題を相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、先ほど話したように、こうした事例はどんどん増えています。

高齢化が進み、恋愛の形も変化してきているため、今後もこの傾向はますます加速しそうです。

どうか自分の悩みが珍しいものだとは思わないで、ぜひ別れさせ屋に相談してみてください。

経験豊富なスタッフが、丁寧に対応してくれますよ。

・両親を離婚させたいというケースも

両親がそろっていても、子供がなんらかの理由から離婚できるよう別れさせ屋に依頼してくるケースもあります。

すでに仮面夫婦の状態が長く続いているのにどちらかが離婚を拒否している、DV気質な父から母を解放してあげたいなど、このケースの原因もさまざまです。

もちろん、このような両親を離婚させたいという子供からの依頼も別れさせ屋では受け付けています。

子供がいるから離婚しないという風潮は昔のほうが強く、いまだにそれに縛られている夫婦も珍しくありません。

子供の目から見ても、別れたほうが幸せになれるというのであれば、遠慮なく別れさせ屋に依頼してください。

どんなことがあっても結婚した以上一緒にいるというのは、すでに廃れかけている昔の考えです。

人生の新しい第一歩を、子供であるあなたが後押ししてあげるもの親孝行かもしれませんね。

親が別れさせ屋を雇っても問題はないの?

親が別れさせ屋を雇っても問題はないの?
●親が利用しても問題なし

親が子供を別れさせるために別れさせ屋を使うというのは、そこまで異例なケースではありません。
本人は夢中になって相手の問題点が見えなくなるというのはよくあること。
そのせいか親が真っ先に子供の交際相手や結婚相手の問題点を見抜き、別れさせ屋に依頼してくるのです。
相手に夢中になっている子供に「その相手はおかしいから別れなさい」なんて言ってしまうと、かえって状況を悪化させてしまいかねません。
子供はあなたが大切な人をこきおろす敵だと認識して、距離を置いてくるかもしれません。
完全に連絡が取れなくなってしまうなんてことになる前に、別れさせ屋に相談しましょう。
親が子供に別れさせ屋を使ったからといって、非合法な工作をしなければ法には触れません。
とはいえ、子供に知られてしまったら喧嘩になること間違いなしなので、こっそり依頼してくださいね。
子供と同居の場合は、書類などから依頼したことがバレやすいです。
あなたの子供が幸せになるためにも、細心の注意をはらってください。

●両親の意見はそろえておいたほうがいい

親といっても父親も母親もいます。
どちらか一方だけの独断で別れさせ屋に依頼しても問題はありませんが、支払いは高額です。
夫婦ですから、共有財産から高額な出費があれば、いつかはバレてしまいます。
勝手に別れさせ屋を雇って子供を別れさせたことが知られてしまったことで、夫婦関係に亀裂が入ったり、子供に知られてしまうこともあるので、できれば夫婦では先に話を通しておいたほうがいいでしょう。
また、別れさせ屋工作にはいくらくらいなら支払うことができるのか、子供をどのような未来へ導きたいのかなどは、事前に夫婦で話し合って、意見をそろえておいてください。
父親と母親で意見が食い違ってしまうと、別れさせ屋のスタッフはどちらの意見に従うべきか混乱してしまいます。
ただし、個人の貯金などがあり、大金を動かしてもパートナーにバレないという環境であれば、夫婦で依頼する必要はありません。

別れさせ屋が夫婦を離婚させる方法

婚姻関係のある夫婦の場合、どちらか一方が離婚したいと考えていても、様々な法律的なしがらみや、長年連れ添った情などもあり、離婚するのが難しい場合があります。
そんなときに、別れさせ屋はどんな工作を用いて離婚させるのでしょうか。

●聞き込み調査
まずはターゲットであるパートナーに、同性の工作員を近づけることが多いようです。
そして時間をかけて、親友と呼べる関係を構築し、ターゲットが工作員に心を開くのを待ちます。
そして、とにかく話を聞いてあげるそうです。ターゲットに自ら話をさせることで、今の状況は自分にとって不満が多いんだということを自覚させます。工作員は本音を引き出すために、共感や質問などを繰り返して、ターゲットが何でも話しやすいように導くようです。

●離婚するための条件を聞き出す
そしてターゲットが今の自分は不幸なんだと自覚した頃に、どうすれば幸せになれるかを一緒に考えます。そして離婚の結論が出た後に、離婚するための課題も同様に聞き出します。
例えば、子どもの親権が問題なのか、経済的な問題なのか、全て聞き出した上で、それらが解決できれば離婚できるという意識を持たせます。
工作員の役割は難しいようですが、不満を抱えている人は吐き出したいという欲求が強いため、何でも話せる相手に徹するということが唯一重要なようです。
他社からの働きかけではなく、ターゲット自身の意識の変化が最も大切ということですね。

●離婚するための条件を満たす
次に、課題を解決していきます。
例えば親権が問題なのであれば、ターゲットから親権への執着を取り払います。
そのためには、ターゲットに異性の工作員を近づけ、家庭が失われても、他に逃げ場があり、満たされる状態を作るそうです。
経済的な問題であれば、職場を紹介するなどの心支援もするようです。
そしてターゲットが全てのしがらみから開放されれば、離婚へと急速に話は進みます。

●まとめ
婚姻関係にある夫婦を離婚へ誘導するのは一見難しいようですが、誰しも不満は抱えているので、そこへ寄り添う形で別れさせ屋は工作を進めるようです。
離婚することで夫婦がお互いに新しい人生を切り拓けると良いですね。

自分の子どもに別れさせ屋を使う親もいる?

別れさせ屋を利用する依頼者のケースは多様化していますが、親が自分の子どもに別れさせ屋を利用するというケースも増えてきています。
一体、どういった場合に親は別れさせ屋を利用するのでしょうか。

●学業に専念して欲しい
ひとつ目のケースは、子どもがまだ学生のため、交際を辞めさせて学業に専念してほしいというものです。
親としては、大事に育てた我が子が、学業を疎かにして恋愛に走ったり、交際相手のせいで道を外れたりするのではないかと心配な気持ちはありますよね。
そういった親心からの依頼です。

●結婚を考え直して欲しい
もうひとつ目のケースは、結婚を予定している相手と別れてほしいというものです。
親と結婚相手の相性が良くなかったり、相手の実家との関係が良くなかったり、親として祝福できない場合に依頼することがあるようです。
以上のように、大きく分けて、学業か結婚のどちらかが絡んだ依頼が多いようです。

●問題点
別れさせ屋の生の意見として、こういった親からの依頼の場合、夫婦間での意思疎通が取れていないことが多いそうです。
二人で依頼をしに来ても、その場で意見の違いから喧嘩を始める夫婦もいるようです。
また、子どもの恋愛観や環境が、親の時代とは大きく変わっているため、まずは子どもの意思を尊重するところから始めるのが別れさせ屋ができるアドバイスだそうですが、真摯に説明してもなかなか受け止めてもらえないことが多いとのことです。
ただし、依頼を受けないのかと言われればそういうことでもなく、子どもの意見を受け入れた上で、別れた方が自分は幸せになるということを、自ら考えさせることがこのパターンの必勝法のようです。
この、「子どもの意見を受け入れる」ということが難しい親が多いことが問題点のようですね。

●まとめ
親が別れさせ屋を利用する場合は、子どものことを真っ向から否定するのではなく、一旦尊重し、受け入れることが最も重要だということが分かりました。
これが難しい依頼者の場合は、プロである別れさせ屋に全て委ね、できる限り口出しはしないことが、別れさせへの近道になるでしょう。

子どものために親が別れさせ屋を利用する理由

浮気相手との関係を断ち切る別れさせ屋ですが、恋人同士の仲を避けるために別れさせ屋を利用する人もいます。
一般的には恋愛の当事者の誰かが別れさせ屋に依頼しますが、最近では息子や娘の恋人がふさわしくないと考え、別れさせ屋に依頼する親も増えました。
いくら大人になったとはいえ、まだまだ全てのことで経験値が浅いため、親はつい口出しをしてしまいます。大人になっているなら親の意見でも素直に聞けるものですが、子どもは自分が正しいことを主張しようとし、反発します。
自分の主張を貫くにしても、自分の口でそれをきちんと説明できなくてはなりません。好きな人のことなら、なおさら自分で説明しなくてはならないのに、子どもだからこそ説明することもできません。
周りの友人や先輩、上司などが正してあげれば良いですが、それほど親しい人がいなければ親の出番になります。
しかし頭ごなしに反対するのはNGです。恋愛モード中の子どもは反対すればするほど逆に燃え上がり、困難を乗り越えることが二人のミッションと思い込んでしまいます。
通常なら欠点に見えてしまう部分も、周りに反対されていると思うとそれすら愛おしく見えてしまいます。
子どもを別れさせたいと思うなら気持ちを冷静にさせることと、世の中には他にもたくさんの異性がいるということに気付かせなくてはなりません。

別れさせ屋に依頼するのが手っ取り早い

しかし子どもは後先を考えず本能のまま行動してしまうので、最悪な場合、妊娠して結婚へと進んでしまうこともあります。こうなると反対することも賛成することもできなくなるので、早めに手を打つ必要があります。
子どもの気持ちを早く覚めさせるには、別れさせ屋に依頼するのがもっとも良い方法です。大人でプロの別れさせ屋は、恋愛におけるテクニックを網羅していますので、子どもが今の恋人に失望するのはそれほど時間はかかりません。
親の話には聞く耳を持たなくても、第三者である別れさせ屋の話は素直に聞くものです。確実に子どもたちが別れさせるだけでなく、子どもが傷つかないよう配慮して工作を仕掛けます。

子が親に別れさせ屋を使用するケースとは

親の不倫をやめさせる

別れさせ屋といえば男女関係の問題解決に使われるサービスです。未婚のカップルの片方が浮気をしていたり、既婚者の片方が不倫をしていたりと、人生にはまれにあるトラブルを解決するサポートをしてくれます。しかし、最近では子供が親に別れさせ屋を使用するケースがあるそうです。その実態はどうなっているのでしょうか。
ある例では、子供が親の不倫に気が付いたそうです。このままでは両親が不仲になり、離婚につながるかもしれないということで別れさせ屋への依頼を子供が決意しました。この場合、配偶者の不倫に気づいたパートナーが別れさせ屋で依頼するというのが一般的な流れですが、子供にある程度の資金力がある場合別れさせ屋を使用して両親の仲を保とうとすることもあるようです。
熟年離婚も増えていると言われていますが、子供にとって両親はいつまでも両親です。浮気などで関係が壊れてほしくないという思いもあるのでしょう。もちろん不倫相手と別れただけでは両親の仲が良くなるとは思えませんので、それ相応の復縁工作も必要になりそうです。
そういうわけで、別れさせ屋が別れさせるターゲットには肉親さえも含まれます。別れさせ屋の利用も多様化しつつあるのかもしれません。

工作した結果を受け止める覚悟も必要

前述の通り、親を不倫相手と別れさせてもそのまま夫婦生活がうまくいくとは限りません。しかし、別れさせ工作が成功した後も工作した結果を受け止める覚悟が必要になるケースがあります。それは、親の人生に介入してしまうということです。
別れさせ屋を使うと魅力的な工作員がターゲットの友人となり恋人となり、ドラマチックな展開を演出します。不倫相手の話をすれば友人役の工作員が別れるようにさとし 、味方になってくれます。それでも不倫相手に未練があるような場合には魅力的な異性が恋人候補として登場し、この人でもいいのかもなと思わせてくれます。
このような体験はめったにないことでしょう。ですが、これらの魅力的な人物は別れさせ工作が終わった後ターゲットのもとを去ります。振り返ってみればあれは別れさせ工作だったのでは?と親が気づくケースもあるかもしれません。
別れさせ工作は依頼者の望みを叶えるものですが、こうした可能性があることも考慮しておくと後悔しにくいのではないでしょうか。

別れさせ屋工作の依頼ケース:子供が親に対して

子供が親への別れさせ屋工作を依頼

別れさせ屋というと、別れさせることで男女間の問題をどうにかしたり、それによって関係改善を狙う復縁といったイメージを持っているのではないでしょうか。例えば、浮気をしている恋人とその相手を別れさせる、などといった具合に。そういったものは、夫が妻に対してや、彼女が彼氏に対して……というのが非常に想像しやすいケースや対象者だと思いますが、中には子供が親に対して別れさせ屋を使うケースも確かにあるのです。ある探偵の話していたケースによると、その時の案件は、依頼主であった子供は両親に離婚をさせるためではなく、あくまで親の不倫を止めさせるためであったそうです。どうやら父親が不倫をしており、その父親の不貞に子供が気付いていましたが、母親は気付いていなかったそうです。ですから、母親がその事実に気が付く前に父親の不倫を何とかしてほしい、といったものでした。当然のことながら別れさせ屋への依頼は100万円クラスの費用がかかるものですから、その子供は社会人で、両親の関係や仲を心配しての依頼だったようです。

人と人、家族の問題解決は単純には済まないけれど

家庭内の問題は、その浮気相手や不倫相手と別れさせることだけで万事解決するものではありません。ですがそれでも、このケースの場合で言えば父親(夫)に愛人がいるのといないのとでは、その解決への難易度や厄介度、障害は大きく変わります。その関係を断たせないことには、家族間での信頼や信用関係を再構築し、それぞれの家族を尊重していくなどのことはどう考えてもかなり難しいですからね。そういった意味合いから、大切な家族の関係、それらを結ぶ絆や仲の問題を解決させるために別れさせ屋工作を探偵に依頼する、といった選択肢は有用なものだと言えるはずです。とは言え、それに必要となるお金は決して安い金額ではありませんし、またいくら経験のある探偵であったとしても失敗する可能性はどうしたってつきまとってしまいます。そうしたリスクを容認できる方で、なおかつ責任も同様に持てるのなら、といった注意点を最後に付けさせて頂いた上で、探偵に依頼する選択肢を考えてみることを提案します。