『別れさせ屋の成功率80%は本当?』

別れさせ屋に相談をするなら、成功率の高いところに相談したいものですよね。中には成功率80%とネットで公表している業者もありますが、本当でしょうか?
人目をひくためであれば100%とうたった方が良いハズですが、流石に100%とうたっている業者はなさそうです。
実際のところ、別れさせ屋の成功率はどの位なのか調べてみることにしましょう。

■成功率はフィフティ・フィフティ

別れさせ屋の成功率を公表している業者は少ないのが現状です。どうして、公表していないのでしょうか?それには、二つの理由があるようです。
一つ目の理由は、成功する確率は依頼案件の難易度に関わらず、どの案件も成功する確率はフィフティ・フィフティと大半の業者は考えている点にあります。
もう一つの理由は、成功を確約することが出来ないため、成功率を公表してしまうと大半の依頼者が成功する方に期待を持ってしまう点にあります。
もし、成功率80%と公表されているなら、大抵の人は自分の依頼案件も成功する80%の方に入ると期待してしまって、もし、失敗してしまった時の落胆度合いは相当なものになってしまうのではないでしょうか?

■どの時点で成功と見なすのか

また、別れさせ屋の仕事依頼の成功はどの時点で成功と見なすのかは、人によって違いがあります。そのため、どの時点で成功と見なすのか契約書などに明記されています。
例えば、単純に依頼者の夫や妻を浮気相手と別れさせた時点で成功と見なすことも出来ますし、依頼者の元に戻って来た時点で成功と見なすことも出来ます。残念ながら、既に気持ちが離れてしまっていた場合、浮気相手と別れたからと言って、依頼者の元に戻って来るとは限りません。
ですので、別れさせ屋に依頼するときには、依頼する業者がどの時点で成功と見なしているのかキチンと確認しておくことが重要になって来ます。納得出来ない結果に成功報酬を支払うのは辛いものがあります。

別れさせ屋で高い成功率を伝えてくる業者は、あまり信用出来る業者とは言えないかもしれません。成功率80%というのが本当かどうかは不明ですが、別れさせ屋に依頼するときには、成功する確率は半々だと思っておいた方が良さそうです。

別れさせ屋の成功率を上げるためにできること

別れさせ屋に依頼をし契約が成立すればあとはもう工作員に任せておけばいい、そう考えているとしたら大きな間違いです。確かに工作がバレるリスクを回避するために下手な行動はとらない方がいい場合もありますが、成功率を上げるために依頼者ができることがあるのです。

■きちんと情報収集をしておく

たしかにプロの工作員・調査員のリサーチ能力はすごいものです。自分が知らなかった情報をいつの間にか仕入れてくるということはよくあります。しかし対象者が赤の他人である以上、知りえない情報というのも存在します。
依頼者と対象者が親しい関係にある場合、工作員が知えりえない情報を持っている場合があります。また性格や、親・友人との関係性、生活パターンなど依頼者の方が収集をしやすい情報というものもあります。工作期間中に対象者にハプニングや状況の変化が起きた場合にも気づきやすいポジションにいるのは依頼者である可能性も高いでしょう。
依頼者が相手に悟られない範囲で可能な限り情報収集をしておく、自分が持っている情報はきちんと別れさせ屋に伝え、なにか変化があれば報告することは、成功率を上げるために大切です。

■別れさせ屋をきちんと信用する

そして別れさせ屋と依頼者がいかに信頼関係を気づけるかが成功を左右させる大きな要素になってきます。信用のない相手には本音は話せませんよね。依頼者が別れさせ屋を信用せずに、表面的な会話しかしなかったり、工作に必要な情報を伝えないでいると、適切な判断ができず失敗に繋がる可能性は高くなります。
成功率をあげるにはきちんと別れさせ屋をしんようして、とにかくなんでも話をすることです。またちょっとしたことでも質問してみて回答をしてもらうというやりとりをすれば信頼関係は気づきやすくなるでしょう。
そうやって信頼関係を気づき上げることで、工作員も依頼者や対象者の周囲に溶け込みやすくなるので、バレる可能性も下がり行動しやすくなります。

つまり、いくら別れさせ屋に依頼したからと言って他力本願ではいけないということです。あくまでも自分が当事者であることを自覚し、成功率をあげるための行動をとるようにしましょう。

成功率の高い別れさせ屋の見つけ方とは?

浮気や不倫など、不快な交際全般は突然発覚します。あわてて別れさせ屋を検討する方もいるでしょう。しかし別れさせ屋の利用料金は決してお手軽ではありませんし、もし失敗してしまえば、工作料の支払い損で終わります。評判がよく、成功率の高い別れさせ屋の見つけ方はあるのでしょうか?

■別れさせ屋が失敗するとき

別れさせ屋はターゲットの別れをもって成功とします。別れ話の録音など、依頼者に証拠を渡せる段階になれば成功といえるでしょう。しかし、別れさせ屋の工作が失敗するケースもあります。知識として知っておきましょう。
別れさせ屋工作員の存在がターゲットに知られてしまうことが失敗の最大の原因です。突然女性工作員に「妻が浮気している」旨を告げられ、不審に思った夫が妻に問いただしたところ、別れさせ屋の存在が発覚したという事例が残っています。
妻が誰にも相談しなければ夫婦間の溝が深まったかもしれませんが、妻が別れさせ屋対策を調査しはじめることで別れさせ工作の難易度がはね上がってしまったようです。
ターゲットがあらゆる人物との接触を避け、スケジュールや近況を誰にも話さないようになると工作を行っても無駄足を踏むことになってしまいます。

■悪評が先行、しかし依頼者がオススメするケースも

ほかにも、電車内で不審な人物に写真を撮られたことで元恋人に別れさせ屋を派遣されたと気づいたというケースもあります。このように、別れさせ屋が失敗したケースは具体的に語られがちです。
では成功例はというと、あっても依頼者が具体的な方法をまわりの人に話すことはないでしょう。むしろ秘密を守るためには、別れさせ屋を使ったという事実そのものも伏せなければなりません。
そのような理由で、別れさせ屋については悪評が先行しがちです。ですが、大型質問サイトなどで成功率の高い別れさせ屋を聞くと、自身が利用した別れさせ屋を匿名で教えるなど、親身になってくれるユーザーもいるようです。

別れさせ屋には工作が失敗するケースもあります。成功率の高い別れさせ屋に依頼しようと思う場合は、複数の別れさせ屋を比較検討してみることも重要です。依頼する前によく調べておきましょう。

別れさせ屋の成功率はどれくらい?

■一概に成功率は答えられない

別れさせ屋について、最も気になることは「成功率」でしょう。
しかし、好きな人を恋人と別れさせたい、不倫相手の夫婦を別れさせたい、子供を交際相手と別れさせたい、というように、“別れさせたい”相手は依頼者によって違いますし、自分自身が相手と別れたい場合もあります。
さらに、別れさせたい対象者の職業や生活、その人の情報量などによって、成功率はかなり左右されるので、一概に「成功率はこれくらい」と答えることはできないのです。

別れさせ屋のサイトなどには、過去の事例が掲載されていることがありますが、自分に近い状況であっても、全く同じということは絶対にあり得ないのです。
調査や工作を進めていくうちに、今まで知らなかった新しい事実を知らされることもありますし、工作を進める中で、対象者の行動や反応によって、状況が大きく変化することもあるのです。

■対象者を警戒させると失敗に繋がる

別れさせ屋は、重要な情報を集め、プランを検討し、特別な訓練を受けた工作員によって、自然に別れさせる工作を進めていきます。
しかし、失敗してしまうケースもあります。
失敗するケースで原因となるのは、対象者を警戒させてしまったことが多いです。
ただ、その原因を作るのは、たいてい依頼者の目立った行動によるものです。

例えば、不倫相手の夫婦を別れさせたくて、「離婚してほしい」と不倫相手に頻繁に言ったり、妻のことを調べるために尾行などして目撃されたりして、完全に様子がおかしいと警戒されてしまうのです。
警戒心をもたれたまま、別れさせ屋の工作を行っても、自然に演出することが難しくなり失敗に終わります。
別れさせ屋の工作を成功させるには、依頼者は全く気づいていないように演じ、相手を油断させ、自然と別れが訪れるようにするのです。

■情報量は成功率を上げる重要な要素

対象者についての情報量が多ければ多いほど成功に繋がります。
しかし、情報がほとんどなく、対象者の居場所さえ突き止められずに、早い段階で失敗に終わったケースもあります。
別れさせ屋の調査力なら、必要な情報を調べ上げることも可能ですが、全く何もない状態から調べる場合は、それだけの費用がかかるので、予算が足りなくて工作を依頼することができないこともあります。
このように、対象者に関する情報は、できるだけ多く用意しておくことが成功に繋がるのです。

ただし、素人が情報を集めようと下手な行動をして、対象者に不審に思われたら、工作が失敗してしまうので、無理に調べようとせずに、リスクにならない程度に情報を集めておくことが大切です。

■成功率を上げるための心構え

また、別れさせ屋に相談する際は、恥ずかしいことは話さなかったり、自分に都合の良いように話を作ったりする人もいますが、これも失敗に繋がります。
隠し事や偽りの情報が“落とし穴”となり、別れさせ屋がそのことを知らずにはまってしまえば、そこで計画は台無しになってしまいます。
そのため、恥ずかしいことでも、自分が不利になりそうなことでも、包み隠さずに何でも話すことが重要なのです。

「別れさせ屋の成功率詐欺に気をつけよう」

最近は、誇大広告や虚偽広告が問題になることがあります。インターネットの発達によって、会社のあくどい広告はすぐに広まってしまい、その会社のイメージがダウンしてしまいます。だから企業側も、細かな字で注意書きをしたり、表記にはより一層気をつけるようになりました。しかし、別れさせ屋では、未だに誇大広告をしているところを見かけます。特に成功率詐欺をしているところがあるのです。

<異常な成功率の高さ>
成功率詐欺とは、その名の通り実際の成功率とはかけ離れた、異常なほど高い成功率を広告することです。実際に、別れさせ屋の工作が成功する確率は、さほど高くはありません。中には、調査をし、成功する確率が高そうなものしか工作をしないという会社もあり、もちろんそういった所は成功率は高くなります。ただ、全ての相談を母数とした場合、成功率は極端に低くなります。にも関わらず、「うちはどんな依頼でもやります」「成功率は50%以上」といった宣伝をしているところは、気をつけましょう。実態に合った数値ではなく、虚偽の成功率を出して、顧客を得ようとしているだけの可能性があります。

<大事なのは成功率よりも、担当者の雰囲気や会社の評判>
別れさせ屋で重要なのは、成功率ではありません。その会社の担当者の雰囲気や対応、そして会社の評判です。親身になって話を聞いてくれるか、時には的確なアドバイスをしてくれるか、これは担当者の資質が問われるところです。話をして、何となく違和感を感じたり、怪しい雰囲気を感じた場合は、契約するのはやめた方が無難です。また、事前にネット等で、その別れさせ屋の評判を調べておくのもよいでしょう。

別れさせ屋は、あまり情報をオープンにはしませんが、ネット上では実際に利用した人の評判が掲載されていることがあります。完全に信用するのは危険ですが、情報として持っていくとよいでしょう。成功率が気になる気持ちはあるでしょう。でも、別れさせ工作は一人一人で違いますので、成功率自体あまり意味はありません。高い成功率の広告に惑わされず、その会社の担当者と評判から、しっかりと見極められるようにしましょう。

「別れさせ屋の成功率を左右する意外な要因とは」

別れさせ屋に依頼をする場合、どうしても気になるのが、成功率です。実際に依頼をした人のどれぐらいが成功しているのだろうか、自分の案件はどれぐらいの確率で成功するのか、気になるのは当然です。もちろん依頼内容によって成功率は異なりますので、一概に何パーセントとは言えません。ただ、成功率を左右する、意外な要因があったのです。それはいったい何なのでしょうか。

<タイミングが命>
恋愛はタイミングが重要だと言われることがあります。どれだけ好みの人がいても、何となく恋愛する気分にならなければ、進展はしません。それぐらいタイミングは重要なのです。別れさせ屋も同じであり、工作を仕掛けるタイミングによって、それが成功するかどうか決まってきます。特に大事なのが、ターゲットの心境です。何となく今の相手に嫌気がさしている、ちょっと遊びたくなった、そんな心境になっている時を見計らって、上手く仕掛けていかなければなりません。逆に、交際相手とラブラブで、誰も入る隙がない時には、いくら巧妙な工作であっても、成功率はかなり低くなってしまいます。だから、依頼する側もタイミングを考える必要があり、別れさせ屋も調査をしながら、その瞬間を見つけなければなりません。

<依頼人の協力>
成功率を左右する要因のもう一つが、依頼人の協力です。稀に、依頼人の方が暴走してしまい、工作が台無しになってしまうことがあります。例えば、別れさせ屋が今はまだ近付かないようにと伝えているにも関わらず、自分の判断でもういけると思い、アプローチをした結果、工作がばれてしまった、という残念なケースもあります。大事なのは信頼関係です。依頼する側とされる側、どちらもお互いを信用し協力しなければ、成功率は下がってしまいます。依頼人が、どれだけ我慢をし、行く末を見守ることができるか、そして別れさせ屋からの協力要請に応えていけるのかが、鍵を握ります。成功率を左右する要因、それはタイミング、そして依頼人の協力です。この二つがしっかりとかみ合えば、かなり成功する確率は高くなります。逆にどちらも間違えてしまうと、残念ながら良い結果を得ることができなくなってしまいます。

「成功率が低い状況でも工作する別れさせ屋」

多くの人は何かをする際にできるだけ早く結果が出ることを求めます。特に自分の恋愛や感情に関したことであれば、早く問題を解決したいと思うでしょう。もしも自分が好きな人に配偶者がいて、なおかつ子供もいてなかなか離婚を決断してくれないと言ったような状況であれば、とにかく今すぐにでも自分のものにしたいと思うのではないでしょうか。そんな時にサポートを頼むことができるのが、別れさせ屋です。あまり別れさせ屋については知られていませんが、人の関係に上手に入り込み自然に別れに導くことのプロです。

・難しい状況でも別れさせ屋に相談
既婚者を離婚に追いやるのは正直別れさせ屋でも成功率の高い仕事とはいえません。しかしながら別れさせ屋は様々な状況を調査し、また人を別れさせる経験があるため離婚に追いやる方法も熟知しています。もちろん離婚に至らせるためには様々な計画を立て、時間をかける必要があります。もしも、既婚男性に離婚して欲しいと思っても、「いつ離婚するのか?」「私と一緒にいる気はあるのか?」「私だって子供が欲しい」などとせっつくと男性の方は不倫関係を続ける気がなくなってしまい、成功率は低くなります。別れさせ屋に依頼したのであれば、後は情報を共有したり現在の状況報告など、コンタクトを取りながら、離婚に向けての工作は別れさせ屋におまかせした方がいいでしょう。

・時間もお金もかかる離婚工作
男性は不倫に関して一時的な関係と思っていて、離婚などしたいとは思っていないことがよくあります。女性が離婚を求めると尻込みをしてしまうことがよくあります。そのため、離婚に結びつけるためには時間をかけて男性の心とまたその配偶者の関係にどのように入り込んでいくかを考えていかなければいけません。時間をかけるということはその分スタッフの人数も増えますし、離婚にいたり、そして不倫相手を次の結婚相手に選ぶという過程には辛抱が必要になってくるでしょう。本当に好きな人を手に入れたいのであれば、成功率の高い方法で工作を行ってくれる別れさせ屋を選ぶ必要があります。すぐに結果を求めることなく、冷静さを保ちましょう。

「最初から別れさせ屋の成功率はわからない」

自分が好きな人が誰かと一緒にいることをどうにかして妨害したい、または自分が付き合っている、もしくは結婚している相手から自由になりたいと思う場合、自分でできることはすでにしているかもしれません。それでもどうにも状況が自分に好転しない時には、最後の頼みの綱として別れさせ屋に依頼をすることを考えるでしょう。

・別れさせ屋に依頼する時に気になる点人の人生を操ることになるので、そのための工作は慎重に進める必要があります。そのためにはプランをしっかりと考えなければいけませんし、その工作を実行するためにスタッフも何人も必要になってきます。そのため費用も結構かかります。依頼時に特に気になる点が「どれくらいの費用がかかるのか」ですが、大きな幅もあり100万円から300万円と言われています。

かなり高額な依頼になるため、大きなポイントになってくるのがどれくらいの成功率で別れさせ屋が働いてくれるのかということではないでしょうか。もちろん素人が自分のできることをやみくもに行うよりは、別れさせ屋が行うほうが成功率は上がります。・別れさせ屋が言うことをすべて信じるべきではない最初のカウンセリングなどに言って相談をすると、別れさせ屋の中には「絶対大丈夫です」「100%の成功率です」など大口をたたくところも存在します。

しかしながら100%の成功率などありえません。人の心はふとしたことで変化することもありますが、どんな逆境や問題に直面しても頑として変化しない場合もあるのです。もしも、対象者が現在付き合っている人を心から愛していたり、相手も全くどんな工作にも動じなければ成功はありえません。そのため、あまりにも大口をたたくような事務所の言うことを聞くのはやめたほうがいいといえるでしょう。別れさせ屋の工作が成功するかどうかは様々な要因によってかなり左右されます。

少しずつ慎重に行っていくことで成功率が高くなってくるので、最初からどれくらいの確率で成功するかは断言することはできないのです。別れさせ屋とカウンセリングを重ねていくことによって、また調査によって成功する可能性も高くなってくるでしょう。

別れさせ屋依頼の成功率を上げるために依頼者ができること

依頼成功率を上げるために 依頼をした以上、絶対に成功させたい。成功させてほしい。別れさせ屋に依頼をしたのであれば、誰でも思うこと。当然のことです。ですが、別れさせ屋の依頼は、必ずしも成功するとは限らない、非常に難しいものです。人間関係を修復するように働きかけるということはそれほど単純なものではなく、やはり一筋縄ではいかないものだと言えるのでしょう。 では、その成功率を上げるために、何かできることはないでしょうか。

依頼者は仕事の実行者にはなりませんが、それでも、ただ手をこまねいて待っているだけというのが性に合わない人もいるでしょう。ここでは、業者の仕事をやりやすくするために、依頼者ができることを紹介したいと思います。まずは当たり前のサポートから まずは、きちんと費用を用意しておくことから。当たり前のことではありますが、それなりの大金が必要となる別れさせ屋に依頼をする時には大切なことです。工作員を派遣するにしても情報を集めるにしても、何かと人件費や交際費などが必要となるのが別れさせ屋の仕事です。

依頼した時点では金額が足りなくなったとしても、後々用意できる可能性があるかもしれません。そういった場合には、依頼者にきちんと事前の相談をしておくなどしましょう。追加料金を支払うという形にはなるかもしれませんが、行ってほしい工作を後から行っていくということは、料金さえ支払えれば可能となります。 また、情報をきちんと集めておくことも大切です。あまり自分だけで嗅ぎまわりすぎると、別れさせるターゲットに警戒心を抱かれかねません。しかし、相手の行動パターンは性格傾向など、深入りしなくてもある程度わかることに関しては、わかりやすくまとめておくと相手の仕事が非常に楽になることは間違いありません。

こんな風に、別れさせ屋に依頼をする前に、準備として行っておくべきことはいくつもあります。ここに上げたのは基本的なところですが、こういった地固めをきちんとしておくだけでも結構変わるものです。依頼をしてみても、依頼者の方がそもそも相手の事をよくわかりませんということにはならないようにしましょう。

別れさせ屋に夫婦の離婚を頼むのはそもそもありなのか

不倫関係の難しさ 一緒に生活をしている相手がいるにも関わらず、それとは別の相手と不倫をしてしまった。今のままでも十分に幸せだが、できることなら結婚したい。一度関係ができてしまえば、そんな願望を抱かないという保証はどこにもありません。実際、不倫関係をしてしまっている人は、世間には思っているよりも多くいるようです。 しかし、相手は相手で不倫だけの関係で満足しているということも。不倫しているうちは愛情に満ちた刺激的な関係が作れていたとしても、結婚するとなると話はまた別。

結婚相手としては満足がいかないかもしれませんし、そもそも、本来のパートナーの方を選びたいということもあり得ます。 そんな風に、いくら不倫がうまく言っていたしても、妻、夫という「正式なパートナー」の存在は重いものです。浮気性がある人からすれば、それが重荷に感じることがあるかもしれません。ですが、色々なことを総合的に考えれば、自分に寄り添って一緒に暮らしていける存在は非常に大切なものであり、そう簡単に離婚と言う結論に至るということはないようです。

離婚の別れさせはそもそも「アリ」なのか それをなんとかするために、別れさせ屋に依頼をするということを試みる人もいます。工作員が工作をすることで、相手が離婚したいと思うように仕向けるわけです。必ずうまくいくというわけでもないようですが、やらないよりはマシだったり、自分だけではどうにもならなかったりで、試してみたいと思う人は多いようです。 ですが、公然と認定されているこの別れさせ屋への離婚依頼。これは果たして「アリ」なのでしょうか。そもそも、結婚と言うのは法律できちんと定められている関係です。たとえ仕事とはいえ、それを人為的に解消させると言うのは、物騒な言い方をすれば違法行為の臭いがします。 ですが、法律的には一応「アリ」です。別れさせ屋は探偵業務の一種であり、れっきとした合法的な企業になります。

もちろん、やり方によっては法律に抵触する可能性があるかもしれませんが、基本的にはそういうことにはなりません。