別れさせ屋の成功率は高いのか?

別れさせ屋に依頼するとなると、並大抵の費用ではすみません。最低100万円以上は必要であり、相場は150万円前後、難しい案件だと300万円以上はかかることもあるようです。そこまでの費用を払うのですから、依頼は絶対に成功させてほしいところ。ただ、本当に成功するかどうかはわかりません。

それに対して、高い費用を払うかどうかを判断する目安に、成功率があります。別れさせ屋の成功率はどれぐらいの高いのでしょうか。

・成功率の実態は?

別れさせ屋の成功率の実態はどれぐらいなのか。それは誰もが知りたい答えだと思います。しかし、残念ながら、どこの企業も成功率は公表しておりません。今は誇大広告などが厳しく取り締まられる時代なので、根拠のない景気の良い数字で宣伝するわけにもいきません。ただ、本当に成功率が高いのであれば、公表する業者が出てきてもおかしくありません。そのことから考えると、やはり成功率はあまり高くない、と思っていた方がよいでしょう。

ただ、必ずしも失敗するかと問われれば、決してそういったわけではありません。実際に別れさせ屋によって意中の相手を別れさせて復縁できた、という話は聞きますし、インターネット上でも見かけます。なかなか自分が別れさせ屋に依頼したということを誰かに言うのは勇気がいることです。だから、実際に依頼した人の体験が表に出てこないことも、成功率が不透明な原因なのかもしれません。成功率は未知数ですが、成功する可能性はある。その上で、依頼するかどうか判断するしかありません。

・完全成功報酬型の業者を探す

もし費用に心配がある人は、完全成功報酬型を採用している業者を探しましょう。これは、言葉通り、別れさせることに成功した場合のみ、費用が発生するというものです。これであれば、リスクは最小限に抑えることができ、自分の依頼が成功し時だけ費用を払うことができます。

ただし、成功というのは何を持って成功とするのかを事前に確認しておきましょう。相互認識に食い違いがありトラブルになったという話もあります。完全成功報酬型の業者と契約する場合、どのタイミングで、どれぐらいの費用を支払うのか、念入りに確認しましょう。

別れさせ屋の成功率はどれくらい?

・どこに頼むかで大きな差がある

別れさせ屋に依頼する場合、成功率が気になりますよね。

高い費用を支払って他人に依頼するのですから、是が非でも成功させたいと思うのが当たり前です。

一般的には成功率は50%なんて具体的な数字を出しているところもありますが、じつは別れさせ屋の成功率は事務所によっても大きく差があります。

別れさせ工作をどのように練るか、工作員の質よって成功率は変わってくるからです。

素人に毛が生えたような事務所に頼むともっと成功率は低いですし、有名な別れさせ屋の中にはもっと高い成功率をうたっている事務所もあります。

また、別れさせ工作が成功するかどうかは、あなたの依頼の内容も大きく関わってきます。

すでに破綻しかかっているカップルを離婚させるのは簡単ですが、子供がいて円満に回っているような夫婦を別れさせるのは一苦労です。

ターゲットの性格や職業も関わってきます。

他人に興味が薄い内向的なターゲットだと難易度はあがりますし、人と関わりにくい専門職の人よりも、接客業のように知らない人と関わりやすい職業のほうが別れさせやすいです。

・ケチりすぎると成功率は下がる?

成功率といえば、工作費用はケチらないほうがいいかどうか気になりますよね。

安すぎるところは、たしかに成功率が低いです。

なぜなら、普通の別れさせ屋なら複数で行うような工作も、費用が安い分十分な人数を用意してもらえなかったり、1日にかける時間も短かったりするからです。

難易度が低い案件ならばそんな工作でも成功するかもしれませんが、それだって保証できるものではありません。

成功せずにいつまでも工作期間が長引けば、その分追加費用も上乗せされるので、お得感も薄れていきます。

きっちり結果を出したいのであれば、あまり費用をケチりすぎることはしないほうがいいでしょう。

とはいえ、上位クラスの高額プランを頼めば必ずしも成功するというわけでもありませんので、成功率を高めたければまずは信用のおける別れさせ屋探しに重点を置くのがおすすめです。

別れさせ屋の成功率はどれくらい?

・どこに頼むかで大きな差がある

別れさせ屋に依頼する場合、成功率が気になりますよね。

高い費用を支払って他人に依頼するのですから、是が非でも成功させたいと思うのが当たり前です。

一般的には成功率は50%なんて具体的な数字を出しているところもありますが、じつは別れさせ屋の成功率は事務所によっても大きく差があります。

別れさせ工作をどのように練るか、工作員の質よって成功率は変わってくるからです。

素人に毛が生えたような事務所に頼むともっと成功率は低いですし、有名な別れさせ屋の中にはもっと高い成功率をうたっている事務所もあります。

また、別れさせ工作が成功するかどうかは、あなたの依頼の内容も大きく関わってきます。

すでに破綻しかかっているカップルを離婚させるのは簡単ですが、子供がいて円満に回っているような夫婦を別れさせるのは一苦労です。

ターゲットの性格や職業も関わってきます。

他人に興味が薄い内向的なターゲットだと難易度はあがりますし、人と関わりにくい専門職の人よりも、接客業のように知らない人と関わりやすい職業のほうが別れさせやすいです。

・ケチりすぎると成功率は下がる?

成功率といえば、工作費用はケチらないほうがいいかどうか気になりますよね。

安すぎるところは、たしかに成功率が低いです。

なぜなら、普通の別れさせ屋なら複数で行うような工作も、費用が安い分十分な人数を用意してもらえなかったり、1日にかける時間も短かったりするからです。

難易度が低い案件ならばそんな工作でも成功するかもしれませんが、それだって保証できるものではありません。

成功せずにいつまでも工作期間が長引けば、その分追加費用も上乗せされるので、お得感も薄れていきます。

きっちり結果を出したいのであれば、あまり費用をケチりすぎることはしないほうがいいでしょう。

とはいえ、上位クラスの高額プランを頼めば必ずしも成功するというわけでもありませんので、成功率を高めたければまずは信用のおける別れさせ屋探しに重点を置くのがおすすめです。

別れさせ屋の成功率はどれくらいなの?

●別れさせ屋によってまったく違う

別れさせ屋へ依頼したい人が必ず気にするのが成功率です。
リスクを抱えながらわざわざ雇って工作してもらうのに成功しなかったなんてことになりたくないので、成功率が知りたいというのは当然のことです。
別れさせ屋の成功率は、ここで何%と出しても意味がありません。
なぜなら、別れさせ屋は事務所ごとに大きく成功率が異なります。
ノウハウをたくさん抱えて臨機応変に事態に対処できるところなら70%以上と好成績を出していますし、素人が思いつき出始めたようなところなら50%にもなりません。
ですから、別れさせ屋の成功率はこうですよとここでお教えしても、参考にはならないのです。
とはいえ、きちんとした別れさせ屋には、多くの人が希望を叶えて感謝しているのも事実です。
別れさせ工作はすぐに結果が出るものではありません。
けれど、長期間になればその分費用もかさむので、依頼主のほうから継続を断念してしまうケースもあります。
全体の成功率は出しても意味がありませんが、一事務所の成功率は重要です。
ホームページで調べてみるか、メール相談や電話相談で尋ねてみてください。
言い渋る別れさせ屋は、人に言えるほどの成績がないケースが目立ちます。

●成功率100%は詐欺

ひとつ気をつけていただきたいのが「成功率100%」というパターンです。
どんなに熟練した工作員でも、絶対はありません。
そんな数値はありえないのです。
高すぎる成功率にはぜひ気をつけてくださいね。
また、実績数が少ないと成功率が高くてもあまり頼りになりません。
多くの依頼を長年解決してきても、高めの成功率を維持できているからこそ、その数値には意味があるのです。
データはいくらでも誤魔化せるので、成功率の高さだけで別れさせ屋を選ぶのは止めましょう。
成功率を尋ねたときのスタッフの様子などを参考にしたほうが、その事務所の雰囲気や人柄がわかりますよ。
実績を鼻にかける場合や、嫌そうに言いよどむ場合は、質が良くない事務所です。
自信を持って安心させるように教えてくれる別れさせ屋を探してください。

別れさせ屋の成功率

別れさせ屋に依頼する人の多くが、成功率について聞かれるそうです。
料金も一般人から見ると高額ですし、それだけの価値があるのかどうか、依頼者は心配になりますよね。
そこで、様々な業者のサイトを元に調べてみました。

●成功率は?
成功率を明言していない業者がほとんどです。
よくあるお問い合わせの中に、成功率に関するものが掲載されていても、「依頼内容によってはアドバイスのみで終わる場合もあるため、直接ご相談ください」というような記述しかない業者もありました。
ある業者のサイトでは、平均成功率は70%と明言しているサイトもありました。
30%も失敗するのか…と少し驚いてしまいますよね。この理由についても書かれてありました。

●別れさせ屋の工作が途中で終わるケース
ひとつ目は、別れさせ屋へ依頼したことが、ターゲットにバレてしまうケースです。
別れさせ屋はプロですから、バレるような失態をすることはまずありません。しかし、依頼者が別れさせ屋の名刺や書類、やり取りをしているメールなどをターゲットに見られてしまい、失敗に終わるというケースはあるようです。そのため、別れさせ屋は依頼者に予め自身でもバレない対策をするように固くお願いするそうです。
ふたつ目は、金銭的な問題です。
工作が難航し、予定していた期間よりも時間がかかってしまう場合、別れさせ屋は柔軟に対応しますが、それでも難しいときには延長料金を請求することがあります。
そうなったときに、依頼者が支払えず、やむを得ず断念するというケースです。期間の延長については、必ず契約前に別れさせ屋と綿密に相談しておくべきですね。
最後は依頼者自身が工作の中断を申し出るケースです。
このケースは意外と多いようで、工作を進めていく中で、ターゲットの本音や新たな一面を見ることにより、依頼者が別れさせることに執着がなくなることがあるそうです。
それは依頼者の気持ちが整理され、落ち着いたということなので、別れさせ屋に依頼したことで前進できたということですね。

●まとめ
成功率の数字だけを見ると、あまり高くないのでは…と感じ不安になりますが、成功しなかったケースの裏側を知ると、納得できるものばかりですね。
それでも不安な方は、正式に契約する前に、必ず業者に確認するようにして下さい。そうすることで、その業者の誠実さも図ることができるでしょう。

別れさせ屋の高い成功率は本当?

別れさせ屋をインターネットで探すときに、キーワードとして成功率を付けられる人も多いです。成功率を記載しているどの業者も高い成功率を謳っていますが、実際のところはどうなのでしょう。
成功率の算出方法は業者ごとで異なるため、成功率で業者を比較するのは難しいといえます。どの業者も同じルールで成功率を計算しているのなら少しは真実味がありますが、どのようにしてその数字を出しているかは明確にしていません。
成功率80パーセント以上などと記載している場合、本当にその数字のとおりの成功を上げているなら、その業者はよほど有能な人材がそろっているか、老舗で経験値の高い人材がそろっているのでしょう。
しかし低い予算で高い成功率をあげている場合は、信頼度が低くなります。別れさせ屋のクオリティを上げるためには、それだけ時間と費用が必要になります。
確実に成功を求めるなら、ターゲットのことを綿密に調べ上げ、少しでも相手に信頼されるよう何度も一緒にご飯を食べにいったり、話し合いをしなければなりません。
費用が高額であればあるほど成功率は上がりますが、必ずしも料金の高い別れさせ屋が優秀だとはいいきれません。
悪徳業者も中にはいますので、高額な費用を求めるから成功率が高いとは思わないほうが良いでしょう。

どうやって優良な別れさせ屋を見つける?

別れさせ屋の成功率があまりあてにならないなら、どのようにして良い別れさせ屋を見つければ良いのでしょう。
ホームページやネットの評判だけでは、本当に優秀な別れさせ屋を見つけることはできません。電話やメールで相談してみたり、対面で相談しても判断はしづらいでしょう。
それでは何を基準に探せば良いのか迷うところですが、相談をしたときにどれほど親身になって話を聞いてくれるかが判断基準の一つになります。
毎日のように何件もの相談を受けている別れさせ屋は、新たな相談が舞い込んでも他の相談者と同じように、話半分で聞いてしまいます。
しかし相談者からの依頼をどうにか叶えてあげたいと思う別れさせ屋は、話を聞く姿勢も前向きです。自分に対して興味をもっているかどうかで、チェックしてみてはいかがでしょうか。

別れさせ屋の成功率はどう決まる?

状況によってはゼロに近いことも……

別れさせ屋に依頼しようと思ったとしましょう。その際に気になるのが料金や成功率ではないでしょうか。もし料金をリーズナブルに抑えられたとしても、成功しなければ意味がありませんよね。それに、もし別れさせ工作の途中で失敗すればターゲットに不信感を与えてしまいます。そうなると依頼の難易度が跳ね上がってしまいます。成功確率はゼロに近くなってしまうでしょう。最初に腕のいい業者を選ぶことが大切です。
さて、別れさせ屋の成功率は依頼の難易度によって変動します。別れさせ屋の方でこの未来の成功率は0%ですからやめましょうというようなことはありません。ただ、これ以上の工作はできないと判断した場合は工作の中止をご提案します。
一つは金銭的な問題です。工作の途中で依頼者の資金が尽きてしまった場合、後索路得をすることはできません。もう一つは別れさせ屋に依頼したことが依頼者を通じてターゲットにバレてしまった場合です。プロの工作員は足がつくようなことはしませんが、書類などをターゲットに見られてしまうとターゲットが極端に警戒してしまうようになります。そうなると成功率が著しく低くなってしまうので工作の続行が困難になります。
最後はターゲットについて問題がある場合です。ターゲットが引きこもりでコンビニにすらいかないような場合は接触ができません。さらに人口の少ない地域に居住しており、外部からの人間が入ってくると目立ってしまうような状況だと工作が不可能に近いです。
せっかく工作を始めたのに中止になってしまうのは遺憾ですが、資金と時間を投入してもダメな場合もあります。事前にきちんと相談しておきましょう。

数字に惑わされず詳しい相談を

ところで、同じ内容の依頼に対して成功率が97%という業者と成功率が60%だという業者がいたとしましょう。この場合どちらに信頼がおけるでしょうか。実は後者の業者なのです。なぜかと言うと、経験のある業者ほどリアルな成功率を弾き出せます。さらに過去にあった依頼と同じように見える依頼でも細かい状況が違うと理解していますので、安易に高い成功率を伝えないのです。
成功率90%以上、もしくは70%以上をうたう業者でも、高い成功率をダシにして依頼させようとしていることがあります。成功率を聞いたらなぜそのような数字になるのかを説明してもらい、納得できてから依頼するようにすると後悔が少ないです。

知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実

別れさせ屋の成功率は100%ではない

たとえどんなに優秀でスキルのある別れさせ屋であったとしても、その成功率は100%ではなく、失敗する可能性は常にあるものです。考え方としては、「80%の割合で成功する」といった数字は「20%の割合で失敗をすること」と等しいわけです。ですから、別れさせ屋にその工作を頼んだとしても、失敗するリスクは必ずある、ということは覚えておくべきですし、また理解しておくべきものでもあるのです。それでは次に、そうした別れさせ屋工作の成功率を下げる理由や失敗する理由の例を3つご紹介します。

別れさせ屋工作の成功率を下げる・失敗する理由の一例

・お金、時間の問題。受けた依頼から、このまま別れさせ工作を続けていれば成功する可能性があっても、依頼を続けるためのお金がなくなってしまった、といった場合や、その工作が完了するのを待つ時間がなくなってしまった、などのような場合がこれに該当します。要するに、別れさせ屋からしたら、依頼をやめざるを得ない状況になってしまった、ということです。・依頼主側の問題。別れさせ屋からの報告により、そこから知った(知ってしまった)相手の見えてなかった部分に対して我慢できない状態になったり、もはや復縁などしたくない、と強く思う依頼者もおります。そうなれば依頼者はその依頼をキャンセルすることになりますし、別れさせ屋にとっては一つの失敗扱い、成功率が下がる一因にもなるわけです。・別れさせ屋の問題。別れさせ工作を請け負う存在というのは、本当に数多くおりますので、その中にはやる気のない別れさせ屋や、スキルが足りていないもの、お金だけのために適当に調査をし、また工作をしている、などの悪徳業者と言われるような別れさせ屋もいます。こういうところに依頼をすれば、当然のことながら成功率は下がってしまいます。中には、こういった悪い別れさせ屋に依頼をしても、たまたま成功することもあるにはありますが、大抵の場合は失敗に終わります。

別れさせ工作の現実を知っておくことが大事

このように別れさせ屋に依頼をしても、様々な原因や状況などによっては失敗する可能性が常にある現実を知っておくことは大事です。当然のことながら、中にはそうした失敗のリスクがあることを誠実に説明してくれる、誠意ある別れさせ屋もちゃんとおります。そういったところに頼むことが、少しでも別れさせ工作の成功率を上げることに繋がっているのは言うまでもありません。ですが、そんな別れさせ屋でも失敗することもあることはお忘れなく。

別れさせ屋に依頼した場合の成功率とは

依頼する場所によって成功率はかなり違う

別れさせ屋というとその道のプロというイメージですが、じつは資格がなくても誰でも始められる職業です。最近は需要の高まりもあり、たいした経験もない別れさせ屋も登場しています。
こうしたずぶの素人が経営している別れさせ屋に依頼してしまうと、当然ながら成功率はかなり低いです。
大手の別れさせ屋には、他で依頼したのに成功しなかった案件をもう一度行ってほしいとの依頼がポロポロとやってきます。失敗しても再挑戦する人はそこまで多くないですから、そのことを考えると、頼み方を間違えるとかなりの確立で失敗してしまうと考えていいでしょう。
では、そんな別れさせ屋に引っかからないためにはどうしたらいいのでしょうか。

誇大宣伝に騙されない

宣伝することは、経営においてとても大切な業務ですが、かといって広告費に経費をかけすぎてしまっているところは、腕に自信がない可能性があります。
広告を出しすぎている別れさせ屋は、その分を取り返すために費用も割高です。
また、逆にあまりにも費用が安すぎる別れさせ屋も信用できません。
別れさせ工作は、ターゲットに気づかれないように自然なペースで行われるため、数回で決着がつくことはまずありません。
なのに安すぎる費用でも利益が出るということは、ほとんと大した工作は行っていないのです。

腕に自身があれば、その技術に見合ったお金を支払ってもらうとするため、きちんと相場に合った値段となります。

成功報酬制のところもおすすめ

別れさせ屋の料金形態にはさまざまなものがありますが、先に経費を払っておいて、成功した場合のみ後から成功報酬を請求されるところがあります。
追加で支払うのは嫌だなと思うかもしれませんが、きちんと成功報酬まで支払ってもらうために依頼を成功させようと努力するので、一括全額支払いのところよりも成功率が上がる可能性があります。
また、別れさせ屋によっては料金形態が非常にわかりにくいところがあるので、きちんと追加力金は発生するのか、するならどんな場合なのかまで契約前に尋ねておきましょう。
聞いてもわかりにくい返答してくれないところや、あまりに複雑な料金形態のところは、騙してお金だけ支払わせようという意図が隠れているかもしれないので、契約は別のところとしてください。

『成功率アップのカギ』

別れさせ屋に依頼する時、依頼者は藁にもすがる思いで成功すると信じて依頼します。
しかし、別れさせ屋に依頼するとすべてのケースが成功するのでしょうか。
それとも失敗することもあるのでしょうか。
もし失敗することもあるのなら、成功率を上げるためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

■業者と依頼者の信頼関係を築く努力

別れさせ工作に、100%の成功率はあり得ません。一概にはいえませんが、平均成功率は約70%だということです。
様々な条件や要因を地道に積み重ねていくことで成功率は上がるものであって、決して偶然や運が良いからとかで成功するものではありません。
工作が成功するには、業者や工作員の経験と腕と努力が必要ですが、だからといって業者任せにするのではなく、依頼者の努力も必要です。
依頼者の努力とは、嘘をつかずに知っていることや状況、本音などをすべて業者に正直に話す、つまり業者と信頼関係を築く努力をすることです。業者は正確な情報を把握しておかないと、最良のプランを作成することも、工作活動をスムーズに行うこともできなくなります。
業者を信頼して依頼をすると決めたら、お互いの信頼関係も構築していけるように努力しましょう。

■料金は納得した上で

別れさせ工作の料金は高額になりますが、それは人件費や交通費、交際費などの諸費用がかかり、リスクも背負うための価格設定になっているからです。
そこを勘違いして低予算で工作を依頼すると、費用も工作員の人数も限られてきて、できることに限度があります。つまりケチると大した工作はできなくなり、資金に余裕があると工作の幅が広がり、良い結果を生み出して成功率アップにつながります。
依頼をする際には、料金設定と工作方法を確認・納得して提示された金額を支払うようにしましょう。もし予算的に無理であれば、依頼はやめておいた方が良いでしょう。

■バレないように細心の注意を
ターゲットに、別れさせ工作を依頼したことがバレないようにすることも、大切です。不用意に名刺や契約書、メールなどがターゲットは第三者の目に触れることがないように、保管には細心の注意をしましょう。どこから情報が漏れてしまうかわかりません。もしバレてしまったら、そこで別れさせ工作は失敗となり終了します。ターゲットが依頼者へ不信感を抱くのも、決定的になります。

別れさせ工作は、業者と依頼者とが協力し合って進めていくものです。業者に任せたから安心、失敗すれば業者の責任だからと、丸投げをするのが一番良くありません。
依頼者も努力をして、成功率アップにつなげましょう。