別れさせ屋の成功率はどう決まる?

状況によってはゼロに近いことも……

別れさせ屋に依頼しようと思ったとしましょう。その際に気になるのが料金や成功率ではないでしょうか。もし料金をリーズナブルに抑えられたとしても、成功しなければ意味がありませんよね。それに、もし別れさせ工作の途中で失敗すればターゲットに不信感を与えてしまいます。そうなると依頼の難易度が跳ね上がってしまいます。成功確率はゼロに近くなってしまうでしょう。最初に腕のいい業者を選ぶことが大切です。
さて、別れさせ屋の成功率は依頼の難易度によって変動します。別れさせ屋の方でこの未来の成功率は0%ですからやめましょうというようなことはありません。ただ、これ以上の工作はできないと判断した場合は工作の中止をご提案します。
一つは金銭的な問題です。工作の途中で依頼者の資金が尽きてしまった場合、後索路得をすることはできません。もう一つは別れさせ屋に依頼したことが依頼者を通じてターゲットにバレてしまった場合です。プロの工作員は足がつくようなことはしませんが、書類などをターゲットに見られてしまうとターゲットが極端に警戒してしまうようになります。そうなると成功率が著しく低くなってしまうので工作の続行が困難になります。
最後はターゲットについて問題がある場合です。ターゲットが引きこもりでコンビニにすらいかないような場合は接触ができません。さらに人口の少ない地域に居住しており、外部からの人間が入ってくると目立ってしまうような状況だと工作が不可能に近いです。
せっかく工作を始めたのに中止になってしまうのは遺憾ですが、資金と時間を投入してもダメな場合もあります。事前にきちんと相談しておきましょう。

数字に惑わされず詳しい相談を

ところで、同じ内容の依頼に対して成功率が97%という業者と成功率が60%だという業者がいたとしましょう。この場合どちらに信頼がおけるでしょうか。実は後者の業者なのです。なぜかと言うと、経験のある業者ほどリアルな成功率を弾き出せます。さらに過去にあった依頼と同じように見える依頼でも細かい状況が違うと理解していますので、安易に高い成功率を伝えないのです。
成功率90%以上、もしくは70%以上をうたう業者でも、高い成功率をダシにして依頼させようとしていることがあります。成功率を聞いたらなぜそのような数字になるのかを説明してもらい、納得できてから依頼するようにすると後悔が少ないです。

知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実

別れさせ屋の成功率は100%ではない

たとえどんなに優秀でスキルのある別れさせ屋であったとしても、その成功率は100%ではなく、失敗する可能性は常にあるものです。考え方としては、「80%の割合で成功する」といった数字は「20%の割合で失敗をすること」と等しいわけです。ですから、別れさせ屋にその工作を頼んだとしても、失敗するリスクは必ずある、ということは覚えておくべきですし、また理解しておくべきものでもあるのです。それでは次に、そうした別れさせ屋工作の成功率を下げる理由や失敗する理由の例を3つご紹介します。

別れさせ屋工作の成功率を下げる・失敗する理由の一例

・お金、時間の問題。受けた依頼から、このまま別れさせ工作を続けていれば成功する可能性があっても、依頼を続けるためのお金がなくなってしまった、といった場合や、その工作が完了するのを待つ時間がなくなってしまった、などのような場合がこれに該当します。要するに、別れさせ屋からしたら、依頼をやめざるを得ない状況になってしまった、ということです。・依頼主側の問題。別れさせ屋からの報告により、そこから知った(知ってしまった)相手の見えてなかった部分に対して我慢できない状態になったり、もはや復縁などしたくない、と強く思う依頼者もおります。そうなれば依頼者はその依頼をキャンセルすることになりますし、別れさせ屋にとっては一つの失敗扱い、成功率が下がる一因にもなるわけです。・別れさせ屋の問題。別れさせ工作を請け負う存在というのは、本当に数多くおりますので、その中にはやる気のない別れさせ屋や、スキルが足りていないもの、お金だけのために適当に調査をし、また工作をしている、などの悪徳業者と言われるような別れさせ屋もいます。こういうところに依頼をすれば、当然のことながら成功率は下がってしまいます。中には、こういった悪い別れさせ屋に依頼をしても、たまたま成功することもあるにはありますが、大抵の場合は失敗に終わります。

別れさせ工作の現実を知っておくことが大事

このように別れさせ屋に依頼をしても、様々な原因や状況などによっては失敗する可能性が常にある現実を知っておくことは大事です。当然のことながら、中にはそうした失敗のリスクがあることを誠実に説明してくれる、誠意ある別れさせ屋もちゃんとおります。そういったところに頼むことが、少しでも別れさせ工作の成功率を上げることに繋がっているのは言うまでもありません。ですが、そんな別れさせ屋でも失敗することもあることはお忘れなく。

別れさせ屋に依頼した場合の成功率とは

依頼する場所によって成功率はかなり違う

別れさせ屋というとその道のプロというイメージですが、じつは資格がなくても誰でも始められる職業です。最近は需要の高まりもあり、たいした経験もない別れさせ屋も登場しています。
こうしたずぶの素人が経営している別れさせ屋に依頼してしまうと、当然ながら成功率はかなり低いです。
大手の別れさせ屋には、他で依頼したのに成功しなかった案件をもう一度行ってほしいとの依頼がポロポロとやってきます。失敗しても再挑戦する人はそこまで多くないですから、そのことを考えると、頼み方を間違えるとかなりの確立で失敗してしまうと考えていいでしょう。
では、そんな別れさせ屋に引っかからないためにはどうしたらいいのでしょうか。

誇大宣伝に騙されない

宣伝することは、経営においてとても大切な業務ですが、かといって広告費に経費をかけすぎてしまっているところは、腕に自信がない可能性があります。
広告を出しすぎている別れさせ屋は、その分を取り返すために費用も割高です。
また、逆にあまりにも費用が安すぎる別れさせ屋も信用できません。
別れさせ工作は、ターゲットに気づかれないように自然なペースで行われるため、数回で決着がつくことはまずありません。
なのに安すぎる費用でも利益が出るということは、ほとんと大した工作は行っていないのです。

腕に自身があれば、その技術に見合ったお金を支払ってもらうとするため、きちんと相場に合った値段となります。

成功報酬制のところもおすすめ

別れさせ屋の料金形態にはさまざまなものがありますが、先に経費を払っておいて、成功した場合のみ後から成功報酬を請求されるところがあります。
追加で支払うのは嫌だなと思うかもしれませんが、きちんと成功報酬まで支払ってもらうために依頼を成功させようと努力するので、一括全額支払いのところよりも成功率が上がる可能性があります。
また、別れさせ屋によっては料金形態が非常にわかりにくいところがあるので、きちんと追加力金は発生するのか、するならどんな場合なのかまで契約前に尋ねておきましょう。
聞いてもわかりにくい返答してくれないところや、あまりに複雑な料金形態のところは、騙してお金だけ支払わせようという意図が隠れているかもしれないので、契約は別のところとしてください。

『成功率アップのカギ』

別れさせ屋に依頼する時、依頼者は藁にもすがる思いで成功すると信じて依頼します。
しかし、別れさせ屋に依頼するとすべてのケースが成功するのでしょうか。
それとも失敗することもあるのでしょうか。
もし失敗することもあるのなら、成功率を上げるためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

■業者と依頼者の信頼関係を築く努力

別れさせ工作に、100%の成功率はあり得ません。一概にはいえませんが、平均成功率は約70%だということです。
様々な条件や要因を地道に積み重ねていくことで成功率は上がるものであって、決して偶然や運が良いからとかで成功するものではありません。
工作が成功するには、業者や工作員の経験と腕と努力が必要ですが、だからといって業者任せにするのではなく、依頼者の努力も必要です。
依頼者の努力とは、嘘をつかずに知っていることや状況、本音などをすべて業者に正直に話す、つまり業者と信頼関係を築く努力をすることです。業者は正確な情報を把握しておかないと、最良のプランを作成することも、工作活動をスムーズに行うこともできなくなります。
業者を信頼して依頼をすると決めたら、お互いの信頼関係も構築していけるように努力しましょう。

■料金は納得した上で

別れさせ工作の料金は高額になりますが、それは人件費や交通費、交際費などの諸費用がかかり、リスクも背負うための価格設定になっているからです。
そこを勘違いして低予算で工作を依頼すると、費用も工作員の人数も限られてきて、できることに限度があります。つまりケチると大した工作はできなくなり、資金に余裕があると工作の幅が広がり、良い結果を生み出して成功率アップにつながります。
依頼をする際には、料金設定と工作方法を確認・納得して提示された金額を支払うようにしましょう。もし予算的に無理であれば、依頼はやめておいた方が良いでしょう。

■バレないように細心の注意を
ターゲットに、別れさせ工作を依頼したことがバレないようにすることも、大切です。不用意に名刺や契約書、メールなどがターゲットは第三者の目に触れることがないように、保管には細心の注意をしましょう。どこから情報が漏れてしまうかわかりません。もしバレてしまったら、そこで別れさせ工作は失敗となり終了します。ターゲットが依頼者へ不信感を抱くのも、決定的になります。

別れさせ工作は、業者と依頼者とが協力し合って進めていくものです。業者に任せたから安心、失敗すれば業者の責任だからと、丸投げをするのが一番良くありません。
依頼者も努力をして、成功率アップにつなげましょう。

『別れさせ屋の成功率はどのくらい?』

高いお金を支払って依頼するのですから、別れさせ屋の行う工作活動の成功率について具体的に知りたいと考えるのは当然のことです。しかし、別れさせ屋が請け負っている依頼は、その全てが違う内容のものです。全体の成功数を平均して成功率を割り出しても、あまり意味がない数字になってしまうのです。
世の中にひとりとして同じ人間が存在しないことを考えれば、人間関係についても同様に同じものはないということはよくわかっていただけるかと思います。似たようなケースは存在するでしょうが、マニュアル通りにこなせばそれで成功するというわけにもいかないのが別れさせ工作です。

■別れさせ屋の受けた依頼全体の成功率はあくまで参考にとどめる

別れさせ屋によっては、ホームページや広告などで依頼の成功率のパーセンテージをアピールしているところもありますよね。概ね、70%から80%台程度の数字でしょうか。
これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれの印象によって異なるかと思いますが、どちらにせよこの数字はその別れさせ屋がこれまでに受けた依頼全体についての成功率です。比較的簡単な内容の依頼であっても、困難な状況の依頼であっても、全てを1とカウントして割り出したパーセンテージと考えると、この成功率が高いからといって信頼できる別れさせ屋とは一概には言い切れないことがわかってもらえるのではないかと思います。この成功率に関してはあくまで参考程度に見ておいたほうが良いでしょう。

■重要なのは「自分の依頼の成功率がどれくらいか」ということ

本来重要視しなければいけないのは、「自分が別れさせ屋にする依頼の成功率が高いか低いか」ということです。自分の依頼に関する成功率については、どういった状況にあるか、目的な何かということを具体的に伝えた上で、別れさせ屋のスタッフに聞かなければわかりません。
別れさせ屋の方でもあまりに困難な依頼については事前に断ることがあります。無理に受けて失敗するということは避けたいからです。このような事情も合わせれば、無料相談時に成功率を尋ねれば真摯に答えてくれることがほとんどであり、その数字には信憑性があることがわかります。

『別れさせ屋の成功率80%は本当?』

別れさせ屋に相談をするなら、成功率の高いところに相談したいものですよね。中には成功率80%とネットで公表している業者もありますが、本当でしょうか?
人目をひくためであれば100%とうたった方が良いハズですが、流石に100%とうたっている業者はなさそうです。
実際のところ、別れさせ屋の成功率はどの位なのか調べてみることにしましょう。

■成功率はフィフティ・フィフティ

別れさせ屋の成功率を公表している業者は少ないのが現状です。どうして、公表していないのでしょうか?それには、二つの理由があるようです。
一つ目の理由は、成功する確率は依頼案件の難易度に関わらず、どの案件も成功する確率はフィフティ・フィフティと大半の業者は考えている点にあります。
もう一つの理由は、成功を確約することが出来ないため、成功率を公表してしまうと大半の依頼者が成功する方に期待を持ってしまう点にあります。
もし、成功率80%と公表されているなら、大抵の人は自分の依頼案件も成功する80%の方に入ると期待してしまって、もし、失敗してしまった時の落胆度合いは相当なものになってしまうのではないでしょうか?

■どの時点で成功と見なすのか

また、別れさせ屋の仕事依頼の成功はどの時点で成功と見なすのかは、人によって違いがあります。そのため、どの時点で成功と見なすのか契約書などに明記されています。
例えば、単純に依頼者の夫や妻を浮気相手と別れさせた時点で成功と見なすことも出来ますし、依頼者の元に戻って来た時点で成功と見なすことも出来ます。残念ながら、既に気持ちが離れてしまっていた場合、浮気相手と別れたからと言って、依頼者の元に戻って来るとは限りません。
ですので、別れさせ屋に依頼するときには、依頼する業者がどの時点で成功と見なしているのかキチンと確認しておくことが重要になって来ます。納得出来ない結果に成功報酬を支払うのは辛いものがあります。

別れさせ屋で高い成功率を伝えてくる業者は、あまり信用出来る業者とは言えないかもしれません。成功率80%というのが本当かどうかは不明ですが、別れさせ屋に依頼するときには、成功する確率は半々だと思っておいた方が良さそうです。

別れさせ屋の成功率を上げるためにできること

別れさせ屋に依頼をし契約が成立すればあとはもう工作員に任せておけばいい、そう考えているとしたら大きな間違いです。確かに工作がバレるリスクを回避するために下手な行動はとらない方がいい場合もありますが、成功率を上げるために依頼者ができることがあるのです。

■きちんと情報収集をしておく

たしかにプロの工作員・調査員のリサーチ能力はすごいものです。自分が知らなかった情報をいつの間にか仕入れてくるということはよくあります。しかし対象者が赤の他人である以上、知りえない情報というのも存在します。
依頼者と対象者が親しい関係にある場合、工作員が知えりえない情報を持っている場合があります。また性格や、親・友人との関係性、生活パターンなど依頼者の方が収集をしやすい情報というものもあります。工作期間中に対象者にハプニングや状況の変化が起きた場合にも気づきやすいポジションにいるのは依頼者である可能性も高いでしょう。
依頼者が相手に悟られない範囲で可能な限り情報収集をしておく、自分が持っている情報はきちんと別れさせ屋に伝え、なにか変化があれば報告することは、成功率を上げるために大切です。

■別れさせ屋をきちんと信用する

そして別れさせ屋と依頼者がいかに信頼関係を気づけるかが成功を左右させる大きな要素になってきます。信用のない相手には本音は話せませんよね。依頼者が別れさせ屋を信用せずに、表面的な会話しかしなかったり、工作に必要な情報を伝えないでいると、適切な判断ができず失敗に繋がる可能性は高くなります。
成功率をあげるにはきちんと別れさせ屋をしんようして、とにかくなんでも話をすることです。またちょっとしたことでも質問してみて回答をしてもらうというやりとりをすれば信頼関係は気づきやすくなるでしょう。
そうやって信頼関係を気づき上げることで、工作員も依頼者や対象者の周囲に溶け込みやすくなるので、バレる可能性も下がり行動しやすくなります。

つまり、いくら別れさせ屋に依頼したからと言って他力本願ではいけないということです。あくまでも自分が当事者であることを自覚し、成功率をあげるための行動をとるようにしましょう。

成功率の高い別れさせ屋の見つけ方とは?

浮気や不倫など、不快な交際全般は突然発覚します。あわてて別れさせ屋を検討する方もいるでしょう。しかし別れさせ屋の利用料金は決してお手軽ではありませんし、もし失敗してしまえば、工作料の支払い損で終わります。評判がよく、成功率の高い別れさせ屋の見つけ方はあるのでしょうか?

■別れさせ屋が失敗するとき

別れさせ屋はターゲットの別れをもって成功とします。別れ話の録音など、依頼者に証拠を渡せる段階になれば成功といえるでしょう。しかし、別れさせ屋の工作が失敗するケースもあります。知識として知っておきましょう。
別れさせ屋工作員の存在がターゲットに知られてしまうことが失敗の最大の原因です。突然女性工作員に「妻が浮気している」旨を告げられ、不審に思った夫が妻に問いただしたところ、別れさせ屋の存在が発覚したという事例が残っています。
妻が誰にも相談しなければ夫婦間の溝が深まったかもしれませんが、妻が別れさせ屋対策を調査しはじめることで別れさせ工作の難易度がはね上がってしまったようです。
ターゲットがあらゆる人物との接触を避け、スケジュールや近況を誰にも話さないようになると工作を行っても無駄足を踏むことになってしまいます。

■悪評が先行、しかし依頼者がオススメするケースも

ほかにも、電車内で不審な人物に写真を撮られたことで元恋人に別れさせ屋を派遣されたと気づいたというケースもあります。このように、別れさせ屋が失敗したケースは具体的に語られがちです。
では成功例はというと、あっても依頼者が具体的な方法をまわりの人に話すことはないでしょう。むしろ秘密を守るためには、別れさせ屋を使ったという事実そのものも伏せなければなりません。
そのような理由で、別れさせ屋については悪評が先行しがちです。ですが、大型質問サイトなどで成功率の高い別れさせ屋を聞くと、自身が利用した別れさせ屋を匿名で教えるなど、親身になってくれるユーザーもいるようです。

別れさせ屋には工作が失敗するケースもあります。成功率の高い別れさせ屋に依頼しようと思う場合は、複数の別れさせ屋を比較検討してみることも重要です。依頼する前によく調べておきましょう。

別れさせ屋の成功率はどれくらい?

■一概に成功率は答えられない

別れさせ屋について、最も気になることは「成功率」でしょう。
しかし、好きな人を恋人と別れさせたい、不倫相手の夫婦を別れさせたい、子供を交際相手と別れさせたい、というように、“別れさせたい”相手は依頼者によって違いますし、自分自身が相手と別れたい場合もあります。
さらに、別れさせたい対象者の職業や生活、その人の情報量などによって、成功率はかなり左右されるので、一概に「成功率はこれくらい」と答えることはできないのです。

別れさせ屋のサイトなどには、過去の事例が掲載されていることがありますが、自分に近い状況であっても、全く同じということは絶対にあり得ないのです。
調査や工作を進めていくうちに、今まで知らなかった新しい事実を知らされることもありますし、工作を進める中で、対象者の行動や反応によって、状況が大きく変化することもあるのです。

■対象者を警戒させると失敗に繋がる

別れさせ屋は、重要な情報を集め、プランを検討し、特別な訓練を受けた工作員によって、自然に別れさせる工作を進めていきます。
しかし、失敗してしまうケースもあります。
失敗するケースで原因となるのは、対象者を警戒させてしまったことが多いです。
ただ、その原因を作るのは、たいてい依頼者の目立った行動によるものです。

例えば、不倫相手の夫婦を別れさせたくて、「離婚してほしい」と不倫相手に頻繁に言ったり、妻のことを調べるために尾行などして目撃されたりして、完全に様子がおかしいと警戒されてしまうのです。
警戒心をもたれたまま、別れさせ屋の工作を行っても、自然に演出することが難しくなり失敗に終わります。
別れさせ屋の工作を成功させるには、依頼者は全く気づいていないように演じ、相手を油断させ、自然と別れが訪れるようにするのです。

■情報量は成功率を上げる重要な要素

対象者についての情報量が多ければ多いほど成功に繋がります。
しかし、情報がほとんどなく、対象者の居場所さえ突き止められずに、早い段階で失敗に終わったケースもあります。
別れさせ屋の調査力なら、必要な情報を調べ上げることも可能ですが、全く何もない状態から調べる場合は、それだけの費用がかかるので、予算が足りなくて工作を依頼することができないこともあります。
このように、対象者に関する情報は、できるだけ多く用意しておくことが成功に繋がるのです。

ただし、素人が情報を集めようと下手な行動をして、対象者に不審に思われたら、工作が失敗してしまうので、無理に調べようとせずに、リスクにならない程度に情報を集めておくことが大切です。

■成功率を上げるための心構え

また、別れさせ屋に相談する際は、恥ずかしいことは話さなかったり、自分に都合の良いように話を作ったりする人もいますが、これも失敗に繋がります。
隠し事や偽りの情報が“落とし穴”となり、別れさせ屋がそのことを知らずにはまってしまえば、そこで計画は台無しになってしまいます。
そのため、恥ずかしいことでも、自分が不利になりそうなことでも、包み隠さずに何でも話すことが重要なのです。

「別れさせ屋の成功率詐欺に気をつけよう」

最近は、誇大広告や虚偽広告が問題になることがあります。インターネットの発達によって、会社のあくどい広告はすぐに広まってしまい、その会社のイメージがダウンしてしまいます。だから企業側も、細かな字で注意書きをしたり、表記にはより一層気をつけるようになりました。しかし、別れさせ屋では、未だに誇大広告をしているところを見かけます。特に成功率詐欺をしているところがあるのです。

<異常な成功率の高さ>
成功率詐欺とは、その名の通り実際の成功率とはかけ離れた、異常なほど高い成功率を広告することです。実際に、別れさせ屋の工作が成功する確率は、さほど高くはありません。中には、調査をし、成功する確率が高そうなものしか工作をしないという会社もあり、もちろんそういった所は成功率は高くなります。ただ、全ての相談を母数とした場合、成功率は極端に低くなります。にも関わらず、「うちはどんな依頼でもやります」「成功率は50%以上」といった宣伝をしているところは、気をつけましょう。実態に合った数値ではなく、虚偽の成功率を出して、顧客を得ようとしているだけの可能性があります。

<大事なのは成功率よりも、担当者の雰囲気や会社の評判>
別れさせ屋で重要なのは、成功率ではありません。その会社の担当者の雰囲気や対応、そして会社の評判です。親身になって話を聞いてくれるか、時には的確なアドバイスをしてくれるか、これは担当者の資質が問われるところです。話をして、何となく違和感を感じたり、怪しい雰囲気を感じた場合は、契約するのはやめた方が無難です。また、事前にネット等で、その別れさせ屋の評判を調べておくのもよいでしょう。

別れさせ屋は、あまり情報をオープンにはしませんが、ネット上では実際に利用した人の評判が掲載されていることがあります。完全に信用するのは危険ですが、情報として持っていくとよいでしょう。成功率が気になる気持ちはあるでしょう。でも、別れさせ工作は一人一人で違いますので、成功率自体あまり意味はありません。高い成功率の広告に惑わされず、その会社の担当者と評判から、しっかりと見極められるようにしましょう。