子供が不幸

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子供が不幸
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
子供が不幸Lafabe

親はいつまで経っても子供の幸せを願うものですよね。別れさせ屋に依頼する方の中には「結婚した子供がとても悲惨な結婚生活を送っている、見るに耐えない、別れさせてもらいたい」という方がおられます。例えば、ある父親は「自分の娘が結婚したばかりだが、娘婿がいつも酒とギャンブルに溺れていて、まったく働かない。娘が子供を保育園に預けて働いている。ふびんで仕方がない」と泣きながら話しておられました。

こうした男性にとって家族は自分が養う対象という認識は全くありません。こんな結婚生活が続けば娘がかわいそう、というのはよく分かります。別れさせ屋がこの案件に関わるとすれば、まずはその男性に女性を接触させるという方法が考えられます。ただ、相手がまったく働かないし、金銭的にも余裕がなければ、浮気させるというのも不自然でしょう。そもそもその男性の心が動かない可能性もありますし、浮気をしたところでそれが離婚につながる可能性も少ないのです。

そのような場合、プロは別の方法を選択します。プロの業者であれば、その状況に合わせてさまざまな方法を替えることが可能です。例えば、その男性が怖がるような相手からプレッシャーをかけるなどです。ただ、こうした工作がばれてしまう可能性はいつもあります。プロであっても失敗しないわけではありません。また、親が介入して別れさせることがベストなのかという疑問もあるでしょう。それで、まず最初のステップとして、自分の子供が不幸な結婚生活に立ち向かう方法はないのかを調べてみることが必要なのかもしれません。

現実から目をそむけるのではなく、長い目でみるといまある関係を断ち切るよりも、修復する方向がベストな場合もあります。特にちいさな子供がいるなどの場合は特にそうです。別れさせ屋という選択肢を考慮にいれながらも子供にとっての幸せとはなにか、ということ子供の立場にたって考えてあげてください。慎重にベストな方法を選択することが大切なのです。ほかにも経済面でのコストもあります。最低100万円はかかることもお忘れなく。