子供が言うことを聞いてくれない人のための別れさせ屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子供が言うことを聞いてくれない人のための別れさせ屋
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
子供が言うことを聞いてくれない人のための別れさせ屋Lafabe

子供が結婚するという時にあるのが、親が納得しないというパターン。結婚するのが娘の場合でも息子の場合でもあり得ることですが、相手がどう見ても子供に釣り合わない、ふさわしくない、そもそも人間性を疑うような人だったということはあり得ることです。 こういう時に難しくなってくるのは、子供がなかなか言うことを聞いてくれないということ。親に紹介するところまで言っているわけですから、親の意向がどうであれ、子供には子供の考えのもとに、「結婚をしたい」と真剣に考えているわけです。

とはいえ、結婚は二人だけで決められるような決断でもありませんから、何か不安があれば、親としては黙っているわけにもいかないでしょう。子供を説得しても説得しきれないがために、間違った結婚や交際を止めることができないという歯がゆい気持ち。自分が親であれば、できれば味わいたくはない経験です。時間が経てば、子供も自分の過ちに気が付くかもしれませんが、気が付いてからでは遅すぎる決断であるのは間違いありません。

言うことを聞かない子供に別れさせ工作を ですから、子供がいくら反発したとしても、なんとかその時点で関係を解消させてあげたいと考えるのが普通でしょう。そんな人が行うのが、別れさせ屋に依頼をするということです。別れさせ屋に工作を依頼して、第三者からの介入によって関係に区切りをつけてもらいます。 やり方としては、できるだけ穏便に済むよう、工作者を接近させるという手段がとられます。接近の仕方にしても、依頼者の子供の方に接触することもあればその恋人の方に接触することもあります。

依頼内容があまりにも難しい場合には、その両方に接触をはかるということもあるようです。いずれにしても、やり方としては、彼らに接近を試みて、二人の気持ちが変わるように働きかけていくというやり方になります。親の協力が必要なことも こういった依頼の場合には、親の協力が必要になることもあるようです。関係が微妙になってきたところで親からも説得を受ければ、子供の気持ちが変わってくれるということもあるでしょう。子供の方からしても、第三者である工作員と実の親、両方から説得を受ければ、最初はうなずけなかった要求に対しても気持ちが変わってくれるかもしれないわけです。

childカテゴリーの記事