子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースとは?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースとは?Lafabe

別れさせ屋を使うとさまざまな人間関係を解消させることができます。費用は数十万円~となっていますので、未成年が利用するケースはまずないでしょう。ただし、子供を持つ親が別れさせ屋に相談するケースはあります。子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースを見てみましょう。

■恋人や配偶者の浮気・不倫をやめさせる

授かり婚は結婚のきっかけとしてよく知られています。しかし、未婚女性が恋人の子供を妊娠しても結婚に至らないケースもあります。恋人に結婚する気がないと婚姻には至りませんし、相手に別の女性がいたりすると子供の存在を告げても前向きな返答は得られないかもしれません。
その場合、別れさせ屋を派遣して別の女性とターゲットを別れさせ、男性の責任感に訴えるプランが有用です。
子供のいる夫婦にとっても、配偶者の不倫はショッキングなものです。シングルでの子育てにはリスクが伴います。配偶者の出来心であるなら一度関係を清算してもらった上でもう一度やり直したいという方は多いでしょう。
別れさせ屋に依頼すれば不倫の解消のほか、どうしても離婚したい場合は依頼者が親権・財産分与などで優位に立てるように話を進めるサポートができます。

■子供をよくない相手と別れさせる

大切に育てた子供が突然駆け落ちしてしまう事態もあります。そのようなことが起こらないよう、子供をよくない相手と別れさせたいときも別れさせ屋への依頼が有効です。
別れさせ屋では基本的に魅力的な異性の工作員を派遣しもともとの関係を破綻させます。しかし子供に異性を近づけたくない場合は、対象となる人物の隠し事(借金などの悪評)を調査し身内に伝えて別れさせるように仕向ける手法もあります。
第三者からの働きかけによって子供とその恋愛相手がお互いに別れたいと思えば別れ話がこじれることもなく、後腐れなく関係を終わらせることができます。

子供を持つとあらゆる手段を用いて子供を守りたくなる方もいるでしょう。ですが、別れさせ屋に依頼するまでもなくご自身の働きかけで解決するケースもあります。別れさせ屋への相談は無料ですので、まずは相談からはじめてみてもよいでしょう。

childカテゴリーの記事