親心からの子供に対しての別れさせ屋工作依頼

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 親心からの子供に対しての別れさせ屋工作依頼
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
親心からの子供に対しての別れさせ屋工作依頼Lafabe

別れさせ屋工作を親が依頼するケース

別れさせ屋工作の対象となる人物が、自分たちの子供であるケースがあります。そうしたケースは、娘や息子が健全ではない交際をしていたり、結婚相手とするのに不安しかなく、納得ができない……などの親心からの依頼がほとんどだといいます。やはり、それまでの長い間大切に愛情を持って育ててきた子供ですから、その人生が交際相手などによって台無しになんてされたくない、と切に願っている親の気持ちは大変理解しますし、共感するところでもあります。とは言え、子供にも自我や気持ちはあるものですし、成人を迎えている子供であれば親の言うことよりも、その時々の交際相手の意見や主張を最優先する場合の方が多く、大切な子供のことが心配だから、と強引に物事を進めようとするとかえって状況の悪化を招くことは非常に多いです。「親の心子知らず」とは古くからある言葉ですが、いくら心配する気持ちが故とは言っても、こうしたことをしてしまえば、親子の間の信頼関係にヒビが入ってしまう、などの可能性は考えられますからね。その中で、そうしたリスクを最低限に抑えつつ問題を解決に向かわせるために別れさせ屋工作を探偵に依頼するのも一つの手なのです。

子供への別れさせ屋工作

例えば、娘が悪い男に騙されている状況であるのなら、親としてはものすごく心配ですし、不安です。ですが、たとえその男の悪い部分を娘に指摘したとしても、なかなか聞き入れてもらえないケースは多いです。娘からすれば、愛している相手を親が否定してきた、と受け取ってしまいますし、また愛情のある相手を見捨てることができない、自分がそばにいなきゃ、と思う女性もいます。かといって、息子の場合であっても、男性というのはプライドがあるものですので、親から言われたとしても、交際相手に「親の言うことを聞く男」といったレッテルを貼られたくない、などのような思いから、親の意見ではなく、交際相手の意見、言い分に従おうとすることもまた多いです。もちろん、これらは子供によります。ですが、子供は親に対し、反抗心や反発心を持つ側面があるのは人間の成長過程の観点からも事実です。また、だからと言って、そんな大事な子供に降り掛かっている問題をおめおめ見逃すわけにもいきませんよね。であるなら、別れさせ屋を考えてみてはどうでしょうか。

childカテゴリーの記事