子供がいる夫婦を別れさせるケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子供がいる夫婦を別れさせるケース
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
子供がいる夫婦を別れさせるケースLafabe

夫と離婚したいと考えている妻は、子供がいることで離婚を躊躇してしまうこともあります。
それでも結婚生活をこれ以上続けられないという場合には、様々な問題を解決してから離婚する必要があります。この問題を解決するのが難しい方にとって、別れさせ屋を利用することは有効なようです。

●子供のためになるかどうか
まず、別れさせ屋は妻の話を聞いた上で、離婚することが子供にとってどういう影響があるのか調査します。
例えば、夫は子供にとってもいいパパだけど、妻が一方的に離婚したいと思っている場合には、社会的に見れば離婚は良くありません。
しかし、妻に対してDVをしている夫や、虐待をしている夫の場合は、間違いなく離婚した方が子供にとって幸せです。
子供や妻に精神的負担がある状況で、離婚した方が子供のためにも良いと判断した場合に、別れさせ屋は工作に動いてくれます。
そうでない場合は、できるだけ離婚をしないよう、妻にアドバイスをするのが良い別れさせ屋です。

●親権問題
次に問題となるのが親権問題です。
妻も夫も親権を欲している夫婦の場合、離婚をする際にはどちらかが諦める必要があります。
夫に親権を諦めさせたい場合には、まず、子供への執着を断ち切ります。そのために別れさせ屋は、夫に女性の工作員を近づけ、恋愛関係に持ち込む工作を行います。
夫婦関係が破綻しているため、夫は自然に他の女性に傾きやすいようです。
また、妻が働いていない場合は離婚後の収入を得るために仕事を勧めたり、実家へ頼れる場合にはそのように誘導することもあるようです。
そのようにして、離婚しても安心できる環境を作った上で、親権も妻が持てるように準備し、離婚へと導くわけです。

●まとめ
別れさせ屋ができるのは、離婚するまでの問題を解決し、スムーズに離婚へと導くことです。
それ以降の子供へのケアや、生活基盤の構築は依頼者自身が行うことになります。
子供を1人で育てるためには、親としての自覚と責任を持って、相当な覚悟で臨まなければなりません。
別れさせ屋はそのお手伝いをするだけなので、最終的には依頼者本人が自立してやっていく決心ができているかどうかが重要となるようです。

childカテゴリーの記事