夫婦の絆の種類が違えば、別れさせ屋の取る方法や手法も変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夫婦の絆の種類が違えば、別れさせ屋の取る方法や手法も変わる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
夫婦の絆の種類が違えば、別れさせ屋の取る方法や手法も変わるLafabe

別れさせ屋工作における方法や手法の多要因さ

別れさせ屋は、様々な方法やアプローチを駆使して対象となる方々への別れさせ工作を行い、その成功を目指して行動します。では、なぜそうした幾つもの方法があるのでしょうか。それは、同じ手法が他の対象となる方々に対して使えるわけではないからです。例えば、夫婦関係がうまくいっている夫婦とそうでない夫婦とで同じ手法、方法を使って同じ結果が出るでしょうか?どう考えてもそうはなりませんよね。また、夫婦関係がうまくいっていないのなら離婚をするはず……というわけでもなく、夫婦というのは必ずしも恋愛感情やそういった関係で繋がっているもの限りではありません。例えば、相手も自分も浮気をしていても別に構わない、といった考えや価値観、関係性を持っている人もいるはずで、そうした場合に対象となる方に異性の工作員を接近させる形をとっても意味はなくなってしまいます。こういった要素から、別れさせ屋には幾つもの手法や方法あるわけで、そしてその中で、その依頼者や対象となる方々に適したものを選ぶわけなのです。

別れさせ屋に知らせるべきなのは、夫婦がどういった絆で繋がっているか

別れさせ屋が夫婦を別れさせる上で、その工作手段を選ぶ材料となるのが、「その夫婦は一体何の絆で繋がっているのか」です。上記で例としてご紹介しましたが、それによっては適している方法が全然違ってきてしまいますからね。ただ、どういった手法を使うにせよ、基本的な考え方は対象となる人物に工作員を接近させる形であることに変わりはありません。その近づけ方やアプローチ、設定などを適宜変えて別れさせ工作を行っていくわけです。例えば、工作員は異性にするのか同性にするのか、友達や恋人など接近させてどういう関係を作らせるのかなどの部分を多くのバリエーションから選択していく、といった具合です。依頼者にとっては別れさせること、別れさせ屋にとってはその手段を選択すること、それらを実現するのに必要不可欠なのは情報です。別れさせ屋に相談や依頼をする時は、こうした考え方があると意識した上で、より精細な情報を提供するように心がけることをオススメします。

coupleカテゴリーの記事