「別れさせ」の鍵は相手の情報収集

依頼内容がどうであれ、別れさせ屋の工作において重要になるのが、ターゲット、つまり依頼者が別れたい(もしくは別れさせたい)と思っている相手の情報です。素性や年齢、依頼者との関係性はもちろんのこと、場合によっては相手の浮気相手や好きな異性のタイプなども把握する必要があります。

それが工作で必要になると同時に、関係がゆがんでしまった原因を理解するうえでも重要だからです。基本的には、相手の素行調査も別れさせ屋の仕事になります。ターゲットの動向を探ることによって、工作のめどを立てる、あるいは工作に必要な情報をそろえていくわけです。

相手の生活周期はもちろんのこと、よく行く飲み屋などを把握しておいて、自然な接触を試みるにはどうしたら良いのか、という段取りを立てていくわけです。それ以外にも、相手の趣味や嗜好、交友関係なども知っておく必要があります。

これから相手の接触し、親密な関係を気づいていくのですから、こういったプライベートな一面を知っておく必要があるわけです。こういった情報に関しては、依頼人からの相談の段階である程度知ることができます。ですが、相手が依頼者(つまりパートナー)以外の人の前でどのような顔を見せているから、正直未知数です。

まったく違う一面、趣味嗜好を持つという場合もあり得ますから、知っておく必要があります。特に異性の好みに関しては、調査の段階で把握することが理想的です。工作員にも何名か候補がいて、それぞれに違うタイプの人を立てるわけです。

事前の調査でそのあたりがわからない場合には、複数の工作員が順次接触を試みて、どの工作員が一番印象が良いのかを判断していくという手法もとられます。とはいえ、そう何度も接触すれば、相手が怪しむ可能性もありますから、事前にわかっていることが望ましいと言えます。

この辺りは、新しく会う女性に「これまでの自分の好みを求めるか」、それとも「新しい刺激を求めるか」という本人の意欲もかかわってきますから、判断の難しい所です。とはいえ、業者もそれなりのプロですから、この辺り必要な情報がそろえば工作自体は段取り良く進めてくれます。

事前に伝えられる情報が少ない場合などは、どこが明らかでどこがそうでないのか、その線引きをある程度つけると調査がはかどるかもしれません。

別居した夫婦の仲を取りもつための別れさせ屋

別居した夫婦がまたもとの関係に戻ろうとする場合、二人だけではどうしても距離を縮めていくことが難しい場合があります。原因がどちらにあろうが、別居を言い出したのがどちらであろうが、一度できた距離の後にはある種の気まずさ、膠着感が残りますから、それを二人の直接の対話で埋めようとするにはそれなりの勇気が要ります。

お互いに「これは譲れない」という理由があるから別居をしたわけですから、自分から歩み寄るのがある種の譲歩にとらえられたりするでしょう。あるいは、相手にそう思われたくないというプライドから、それを拒むという心理もあるかもしれません。そうした場合、親類や共通の友人などに仲介を頼んでも、なかなかうまくいかない場合もあります。

彼らは決して仲裁のプロというわけではないですし、そこを介することでどうしても話がある程度屈折します。また、いくら親しい仲であっても、夫婦間のプライベートな内容については話しづらい部分もあり、話してしまうとかえって相手の癇に障ってしまう危険もあります。

そうなると結局、言いたいことは言えない、ということになりかねまえんせんから、個人やその周囲だけの力ではどうにもならない部分があるわけです。そういう場合、別れさせ屋に復縁を依頼すれば話がスムーズに進むかもしれません。離縁を専門に扱う別れさせ屋もありますが、業者の中には二人の間柄を取り持つ「復縁」を請け負ってくれる業者も存在します。

別れさせ屋の場合、二人にとっては完全な他人であり、かつ対話に関しては一定のノウハウを知っているという点で、知人に仲介を頼むよりも確実な面があります。彼らは依頼者以外の案件にも携わってきているわけですから、話の受け方、伝え方など、細かい部分で配慮の行き届いた待遇が期待できます。

別居した夫婦の溝というものは思ったよりも深く、期間が長引くごとに互いの考え方のギャップも広がっていきます。二人だけではどうしてもきまずい、マンネリズムから脱却できないという場合の打開策として、選択肢の一つに加えるのもいいのではないでしょうか。

親権の譲渡までを別れさせ屋に依頼する

別れさせ屋に来る依頼の中で争点の一つになるのが子供の親権です。相談をして、依頼内容とその目標をある程度固めていく中で、「子供の親権をどうするか」「その処遇のフォローまでを別れさせ屋に依頼するのか」というのが論点になるわけです。

離婚まで成立すればあとは自分で、という方もいるかもしれませんが、子供がいる方が別れさせ屋に依頼をするばあい、その点を気にしないという方もいるでしょう。また、自分自身が不倫相手で、相手の正式なパートナーとの関係を別れさせたい、という場合にもその点は重要になってきます。子供がきっかけになって依頼をする場合もあるからです。

基本的には、依頼者である自分が親権を持ちたい、と思う人が多いと言えます。中には、相手に親権を預けるように別れさせ工作をしたい(再婚する際の障害になる可能性があるため)という方もいます。

ですが、依頼者と違い、そのパートナーには浮気癖や経済力と言った問題を抱えている場合が多いわけですから、「そんな人に任せるくらいなら」と思う場合の方が一般的です。また、そんなパートナーから自分の子供を守りたいという一心から依頼を決心する場合もあるでしょう。

親権をどちらにゆだねる方がよいのか、というのはモラルの問題もあり、一概には言えませんが、基本的には別れさせ屋では依頼者の希望を尊重した工作をします。もし親権の譲渡まで視野に入れた工作が希望なのであれば、相手方の気持ちが依頼者だけではなく子供の方からも離れるように工作をしていくわけです。

調停になると法律の問題となり、業者では対処しづらくもなりますから、基本的には「調停する必要をなくす」、つまり相手が親権を持ちたいと言う意欲がなくなるように働きかけるという形が理想的です。多少費用がかさむかもしれませんが、離婚を円満に進めて行きたいのであれば、親権の譲渡は必ずぶつかる壁です。

もめれば心が傷つき、後まで尾を引く可能性もありますから、不安が残るようなら、あるいはそこに強いこだわりがあるのであれば、その点も含めた相談をする方が賢明です。

依頼者=当事者でないことも

別れさせ屋に依頼をしてくるのは、何もゆがんだ恋愛関係の当事者だけではありません。もちろん、本人自身が浮気や不倫などに精神的な苦痛を感じ、自分のパートナーとの離別を望むというパターンもあるわけです。

ですが、その恋愛関係をそばから見守る立場にあるものから、離縁の依頼が来るケースも存在します。そういったケースの中で典型的なのは、親からの依頼でしょう。要は、自身の子どもの恋愛関係が芳しくないために、それにテコ入れするために別れさせ屋に依頼をするわけです。例えば、娘の夫が暴力をふるってくる。

あるいは、息子がいわゆる悪い女に騙されてしまった。そのような事情に対する親の配慮として、依頼が来る場合もあるのです。テコ入れという言葉を使いましたが、親が子供の恋愛関係に介入する以上、あまり表立ったことはできません。

交際の内容や子ども本人の性格などにもよりますが、一般的に言って、自分の恋愛関係に親が介入されることを快く思う子供はいないでしょう。子どもが成人していればなおさらです。いくらうまくいっているとは言っても、子どもには「自分の面倒くらい自分で見る」という意識があって当然です。

恋愛している以上、相手は子どもであっても大人であり、そのあたりに配慮する必要もあるでしょう。あるいは、親に説得されて、別れさせ屋に依頼をするケースもあります。結婚関係になってくると、パートナーに対する自分の評価を、必ずしも周囲も受け入れてくれるとは限りませんから、その辺りの都合で依頼が来る場合もあります。

相手に対しては好意的でも、親へのあいさつがきちんとできないとか、自分たちの老後の面倒を見てくれるとは思えないなど、違った視点でその人が見られます。そこの認識にギャップがあまりにも大きくなってしまうと、こういった依頼につながるわけです。

別れたい当人でなければ依頼ができないようなイメージもあるかもしれませんし、子どもとは言え、他人の関係に介入することに抵抗を覚える人もいるかもしれません。ですが、形式としては当事者でなかったとしても依頼することは可能ですから、覚えておいて損はないでしょう。