別れさせ屋の成功率を決める重要な3つのポイント

どうしても別れたい時や誰かを別れさせたい時などは、別れさせ屋の活用を考えてみるのも良いでしょう。近年、別れさせ屋の利用者が増加しており、実際に別れるまでに至ったカップルや夫婦もいます。上手に使って行けば、新しい人生を始めることもできますよ。そこで、今回は成功率を決める重要な要素について紹介します。その点を把握しておけば、別れられるかどうかも決まってくるでしょうね。

■相手との関係相手との関係が、すでに冷めきっているという場合は、別れさせ屋の成功率もかなり高いです。仲には関係が冷めているけれど、情だけで「別れを告げられない」という方もいますよね。別れさせ屋は、そういう方の背中を押すこともできます。また、例えば暴力的な恋人だったという場合、その関係性を断ち切りたいという方も多いです。こういう関係の場合も、別れさせ屋で別れさせることが可能となっています。相手によっては粘着質の性格の方もいるので、注意したいですね。

■依頼してからの自分の行動基本的には、業者が工作してくれるので、その経過を観察するのが依頼者の役目となります。基本的に何もしないのが良いですが、別れさせ屋によっては色々と行動の指示が出る可能性もあります。それを無事に遂行できるのかどうかによっても、成功率は変わってくると言えます。相手が感づいてしまえば意味がありませんから、なるべく慎重な行動を心がける必要があります。その点は、別れさせ屋と相談しながら決めていくと良いでしょう。

■業者の実績と経験業者の実績と経験によっても、成功率は大きく変わってきます。やはり経験が豊富な業者は、色々なケースやパターンを想定して行動することができます。実際に別れさせた実績がある業者であれば、色々なカップルや夫婦の状況に合わせて対応してくれるでしょう。別れさせ屋を選ぶ時は、その点も考えながら依頼することが必要となりますね。業者の実績や経験に関しては、それぞれの創業年数や営業年数を調べておけば、ある程度は把握できます。また、実際に業者に「今までどのようなケースで対応しましたか」と聞くのも効果的ですね。その上で上手に使っていきましょう。

別れさせ屋で夫婦関係を解消すると変わること

別れさせ屋を使って、夫婦関係を解消する夫婦が近年増加傾向にあります。もともと日本人の離婚率は約3割と高く、潜在的に「別れたい」と思っている夫婦を入れると、もっと数値は高くなると言えますね。そんな中、別れさせ屋の利用を考えている方も増加しています。今回は、実際に別れさせ屋で夫婦関係を解消した後に変わることについて、色々を紹介していきます。離婚を選択するのは、決して間違いではありませんよ。

■バツが付いてしまうもちろん夫婦関係にある方が、その関係を解消するとバツが付きます。これは、後々結婚する時にも影響が出てくるものなので、良く考えておくことが必要となるでしょう。別れさせ屋は、あくまでも離婚をサポートするものなので、そういう書類上の記載に関しては、コントロールすることができません。別れた後はバツが付くということを、しっかりと胸に刻んでおいたうえで臨んでくださいね。

■一人に戻れる夫婦関係を解消すると、一人の生活を取り戻すことができます。もちろん別れる理由は様々なものの、別れさせ屋を利用するということは、その分一人になりたい時間などもあるのでしょう。結婚を解消すると、一人の時間として使える時間が多くなるので、ある程度自由が利くようになります。普段の生活を見直してみて、新しい自分を見つけることもできるかもしれませんね。別れさせ屋は、そういう一人の時間を取り戻すこともできるのです。平穏な生活を送りたい方などは、利用する価値もあるでしょうね。

■新しい恋愛ができる人によっては、新しい恋愛がしたいからこそ、別れさせ屋で今の相手と別れたいという方もいますよね。それを考えると、別れさせ屋を利用するのは正しい選択と言えるでしょうね。夫婦関係を解消すれば、恋愛は自由に行っても問題はありません。もちろん浮気や不倫になることもないので、相手に慰謝料を求められることもありませんよ。これから新しい恋愛を始めたいという方は、夫婦関係を自然に解消してもらってみてはいかがでしょうか。別れさせ屋を利用すると、色々と生活面で変わってくることも多いですよ。

別れさせ屋で別れた後の子供への対応

別れさせ屋を利用する時、考えておきたいのが子供の有無です。別れたいのに別れられない方はもちろん、第三者を別れさせたい時などにも、子供の対応については考えておいた方が良いですよね。もし結婚していて、子供の親権をどうするのかという話となれば、裁判になることなども避けられないかもしれません。子供がいる方は、別れさせ屋の利用の前に考えておくことも多々ありますよ。

■どちらが引き取るのか考える子供に関しては、まずはどちらが引き取るのかを考える必要があります。当然、別れさせ屋を利用するのですから、本人が受け取るか相手が受け取るか、考えている人も多いはずです。裁判などでは、母親が親権を獲得できる可能性も高いです。子供の親権も欲しいという方は、その点をどのように対応するのか考えておきたいですよね。男性も女性も子供を引き取りたいという場合は、裁判で決めることが一般的です。

■養育費を出せるかどうか考える相手と別れる場合は、子供を自分が育てることになることもありますよね。その場合、養育費などをどうするのか考えておく必要があります。別れさせ屋は、あくまで別れるところまで手伝ってくれるものの、それ以降のことに関しては、手に負えないということも多いです。特に養育費関連の問題に関しては、専門の弁護士事務所などに相談するのが良いはずです。自分と相手の収入を考えてみて、子供をどうするのが幸せなのかを、しっかりと考えておくことが重要となりますね。

■DVなどの場合は離れるのが正解DV夫やDV妻などが近年急増していることもあり、子供がいる家庭の中には、それが理由で離婚を考えている方もいます。当然、暴力を振るう方に子供を渡すワケには行きません。そういう場合にも、別れさせ屋を活用して、上手に別れることを選択していきましょう。相手によっては暴力によって訴えてくることもあるので、それに屈しないことが重要となりますね。別れさせ屋は、あくまで自然に別れられるように手伝ってくれるので、それを活用すれば、DVする相手とも決別することができます。上手に相手と距離を置く方法を考えましょう。

別れさせ屋は親にバレることはある?

自分が別れさせ屋に依頼したいと思った際、「親にバレるのではないか」と不安になっている方もいるかもしれませんね。実際、親族に知られてしまうと、後々の関係にも支障をきたす可能性があるので、しっかりその点は考えて行動していきたいものです。今回は、別れさせ屋を利用した時に親にバレることはあるのかどうかについて紹介します。まずもって不安になる必要はないので、特に心配する必要はありませんよ。

■親にバレる可能性は低い別れたいのに別れられない時、自分の好きな人が結婚や恋愛をしていて別れさせたい時など、別れさせ屋を利用することができます。別れさせ屋に関しては、基本的にバレることはほとんどないと言って良いですね。そもそも、別れさせ屋は守秘義務を設定しており、それぞれの業者が口を固く閉ざしてくれます。わざわざ依頼者の不利になることは、口にしないのが一般的です。そのため、親にバレるということは、まずないと言って良いでしょうね。

■本人にバレる可能性も低い別れさせ屋の工作に関しては、基本的にかなり巧妙な手を使ってくれます。そのため、本人にすらバレないことが多いです。別れたい相手や別れさせたい第三者に知られることもないので、安心して依頼することができるでしょう。本人にバレてしまうと、当然面倒なことになるので、それだけは依頼者も業者も避けておきたいところなのです。そう考えると、業者が必死に裏で交錯するのもわかりますよね。それが結果的に依頼者のメリットにもなっているワケです。

■方針書をしっかり確認すること別れさせ屋に相談すると、方針書などを見せてくれることが多いです。いわゆる「ここをこうして、何をどうする」というような、具体的な工作の内容です。これらはそれぞれの業者ごとに提出してくれることが多いので、利用前に絶対確認しておきましょう。それを見て「やっぱり無理そうだな」と思った場合は、依頼をキャンセルすることも可能です。方針書によっては、親や本人にバレるかどうかの判断指標にもなるので、じっくり目を通しておくことが必要となりますね。もちろん大丈夫そうであれば、後は工作を実際に進めていくだけです。