別れさせ屋の男女別の成功率の違いは?

別れさせ屋ってどれぐらいの成功率なのか、気になる人も多いと思います。実は、別れさせるだけであれば、さほど難しくないと言われております。それもまた悲しいことではありますが、実際に高い成功率を出しているようです。その中でも、男女によって、若干違いがあるというのです。

<男性の方が成功率は高い>どの業者も言うのが、男性に工作員を近づける方が成功率は高いということです。別れさせ屋が使う手法はこうです。まずは、ターゲットとなるカップルや夫婦のどちらかに工作員を近づけます。もちろん対象となる人から見て異性となる人です。徐々に親密な状態にさせて、浮気を誘発します。肉体関係まで持つかどうかは、その業者によって異なります。ただ、基本的には肉体関係になるギリギリのところまでが一般的なようです。そして浮気となる証拠を、ターゲットのパートナーに見せて、離婚、あるいは別れまでもっていくのです。実は、男性に対して女性の工作員を近づけるという手法を採った場合、その成功率は90%近いとされております。その一方で、女性に対して男性の工作員を近づけると、成功率は70%ほどとされているのです。男性の方がハニートラップにかかりやすいというのが分かります。

<浮気は男性の本能!?>男性は、本能的に多くの子孫を残そうとするDNAが備わっております。だから、いけないと分かっていても、時に誘惑に引っかかってしまうものなのです。女性はその点、本能で不倫や浮気をする傾向は少ないと言えます。もちろん雰囲気や流れで別の男性と関係を持ってしまう人もいるでしょう。ただ、男性に比べると、簡単には引っかかったりしないのです。それが、男性の成功率が90%という数字に対して、女性は70%近くとなるということに顕著に表れております。別れさせ屋も、確実に成功させるためには、男性に対して工作員を近づける手法を取ることが多くなるのです。男性と女性の間の本能的な違い、性に単する考え方の違いなどが、別れさせ屋の成功率にも大きく影響してきます。もちろん人によって違うというのはありますが、男性の方が狙われやすいという傾向にあります。世の中の男性は、ハニートラップに十分気をつけましょう。

夫婦が離婚するために別れさせ屋を利用する

実は別れさせ屋を依頼するのは、ターゲットとなる夫婦やカップルの第三者の人とは限りません。なんと当事者から、別れさせてほしいと依頼を受けることもあるのです。離婚することや別れるぐらいは、自分の意思でやればよいことであり、わざわざ費用を払って第三者に依頼することでもないように思えます。でも、世の中にはなかなか簡単に別れられない人がいるのです。

<私利私欲のための別れ>最も多いのが、完全に自分都合で別れたいという人です。特に夫婦に多いのですが、別に好きな人ができて、やはり一人で生きていきたい、など身勝手な理由で離婚を希望します。でも、離婚となるとそれ相応の理由がなければできません。ましてや相手に反対されたら、なかなか離婚調停ができないのです。そこで、相手に無理やり浮気をさせたり、何かしらの落ち度をつくらせて強引に離婚までもっていくという手段を取る人がいます。そしてそのために別れさせ屋に依頼をしてくるのです。別れさせ屋は、工作員をターゲットに近づけて親密になり、浮気を誘発します。その決定的な写真などを依頼人に渡し、それをエサに離婚までもっていくという方法です。完全に私利私欲のための別れであり、ましてや相手に無理やり落ち度を作らせるという、なんとも姑息な手です。ただ、世の中にはそういった利己主義的な人もいらっしゃるのです。

<慰謝料ほしさに>それだけではありません。特に相手に落ち度はないのに、何とか離婚をし、そして慰謝料をもらって自分は楽に暮らしたい、そんなよこしまな考えをする人もいます。そんな人も同様に別れさせ屋に依頼をすることがあるのです。相手を罠にかけて落ち度をつくり、それを元に離婚までかぎつけます。その後慰謝料まで請求するという、なんとも言い難い悪行を行うのです。にわかには信じたくありませんが、これも現実で起こっていることなのです。自分の勝手な都合のために離婚をしたい人が、別れさせ屋を利用することもあります。別れさせ屋も、倫理的におかしいと思っても、依頼を受けた以上は遂行しなければなりません。人間の身勝手さというものは、時に恐ろしくもあるのです。

子供の結婚に対し、親が別れさせ屋を依頼したら

大切な子供がいよいよ結婚するとなると、覚悟を決めなければならないのは親御さんです。いよいよ自分の手を離れて別の家庭を持つようになるのですから、嬉しい反面、とても寂しいでしょう。時に、結婚そのものに対して反対してしまう親もいます。その判断が間違っているかどうかは置いておきますが、行き過ぎてしまった場合、別れさせ屋に依頼してしまう親もいるのです。

<子供の結婚はどこまでの許しが必要か>そもそも子供が結婚する時には、どこまで許しをもらう必要があるのでしょうか。もちろん相手方のご両親の許可は必要となるでしょう。ただ、仮に反対されたとしても、本人たちの意志が強いのであれば、最終的にはその意思を尊重しなければなりません。もちろんほとんどの人がそう思っているとは思いますが、時に親の立場になるとそうも言っていられないこともあります。どれだけいっても結婚を止められない、そんな時に別れさせ屋に駆け込んでくることになります。

<別れさせ屋は不可能でなければ断らない>別れさせ屋は、相談された依頼に関しては、よほど成功する可能性が低くない限り、ほとんど受けております。つまり、明らかに親の子供への過剰な介入であったとしても、断ることはしないのです。依頼が成功する可能性がある、そして料金をしっかりと支払えさえすれば、親の一方的な願いで、子供を別れさせることができてしまうということです。つまり、その依頼が成功してしまった場合に、子供にとってよい結果となるのか、それとも悪い結果となるのか、その責任は依頼人が背負わなければなりません。安易に自分の感情のみで決めてしまうのは非常に危険です。別れさせ屋に相談して決めるのもよいですし、一度冷静に考えてみることをおすすめいたします。子供も、成人して結婚する時がやがて訪れます。その時に、どれだけ子供の意思を尊重してあげるのかが大切になります。もちろん、明らかに誤った結婚であれば反対しなければなりませんし、そうでなければ、祝福してあげなければなりません。感情一つで別れさせ屋に依頼してしまうことのないようにしましょう。

別れさせ屋に親が依頼することの是非

別れさせ屋に依頼をする人の中には、親の立場である人もいらっしゃいます。もちろん依頼内容は、自分の子供を付き合っている相手と別れさせたいというものです。親はいくつになっても子供のことが心配です。だから、どんな人と付き合っているのか気になるとは思います。ただ、別れさせるということまで親の立場で行って良いのかどうか、その是非について考えなければなりません。

<子供の人生にいつまで介入するか>一般的に子供は成人してからは、責任は自分で負うものとなります。だから、どんな仕事をするのか、どんな人と付き合っていくのかは、子の立場であろうと本人の責任であり自由なのです。ただ、最近は大学へ行く子供が増え、またなかなか独り立ちできない子供も多いため、20歳を過ぎても親の保護下にあることも珍しくありません。だから、ついつい親も子供へ干渉してしまうことが多くなります。それは恋愛にも影響します。あの人はだめだ、もっと良い人がいるなどと、相手にケチをつけたり、そもそも付き合うことも反対したりしてしまうのです。そして度を越してしまった時に、別れさせ屋に依頼にするという強引な手法に出ることがあるのです。別れさせ屋に依頼するには、多額なお金が必要です。でもそこまでして別れさせようとする人がいるということです。

<時には良い結果になることもある>ただ、中には親の判断が正しいこともあります。それは、明らかに付き合い続けることで子供が不幸になることが目に見えている場合です。恋は盲目と言いますが、子供も付き合っている相手のことを冷静に見ることができないこともあります。冷静に諭してもなかなか理解しない、相手と別れないというケースでは、時に強引な手段を用いる必要があります。親の立場として心苦しいものですが、その結果よい方向に向かうこともあるのです。親が子供の恋愛に口出しするのはどうかと思う人も多いでしょう。それはそれぞれの価値観なので、何が正解かは言えません。ただ、別れさせ屋に依頼した結果、良い方向になったのであれば、それは正しい判断だったと言えるのです。