別れさせ屋の成功率は?

恋愛で困ったとき、あなたならどうしますか?「自力で解決する。」「友人に相談する。」最近では別れさせ屋に相談する人も少なくないようです。別れさせ屋とは文字通り男女の別れさせ工作を行う業者のことです。第三者に頼んで別れさせ工作を行うのはいけないことだと感じるでしょうか。しかし、依頼者たちの状況は様々。一概にいけないこととは言えません。

■別れさせ屋の依頼内容依頼内容は大きく分けて3種類。「浮気相手と別れさせたい。」「夫婦を別れさせたい。」「恋人と別れさせたい。」です。「浮気相手」は交際中の彼・彼女を浮気相手と別れさせてほしい。もしくはもう一度ヨリを戻したいと考える依頼者です。「夫婦」は不倫中の彼・彼女を夫・妻と別れさせてほしい。「恋人」は子供・孫の交際相手が気に入らない依頼者といったところです。ただし、前記した通り依頼者の環境はケース・バイ・ケースです。これら以外の依頼もあります。大事なのはそれぞれに合った別れさせ工作を行うことです。別れさせる方法は1つではありません。おのおの、性格や好みが異なる人間を対象とするからです。あるケースで成功した工作が次も成功するとは限らないのです。

■別れさせ屋の成功率「別れさせ屋の成功率はどのくらいか?」は依頼者が気になるポイントですね。しかし残念ながら成功率の数字は公にされていません。別れさせ工作は誰にも知られることなく行わなければなりません。そうした性質からあまり表立った情報は入ってこないようになっています。ただし、成功率は信頼のおける数字であると言えます。それは依頼者がここ数年で急増していることが物語っています。別れさせ工作の料金は、ほとんどの場合2段階形式です。工作費用と成功報酬です。はじめに工作費用を支払い、成功したなら成功報酬を支払います。具体的な料金は難易度別に分かれています。難易度が高いほど料金も高くなります。また、工作期間が長くなれば料金も高くなります。恋愛で何かしら問題を抱えていたとしても、すぐに別れさせ屋に行くのは勇気がいるかもしれません。別れさせ屋の相談料は無料で、ほとんどが初めての利用者だと言います。まずは相談に行ってみるのも良いかもしれませんね。

夫婦を別れさせるのは悪か?その方法は?

不倫を良いイメージにとらえる人は少数派だと思います。「不倫は家庭を壊す。」「子供がかわいそう。」等々。負のイメージが付きまとうのが不倫です。未婚の男女が恋愛、結婚へと至るなら多くの人が祝福します。不倫はそうはいきませんね。おそらく負のイメージが勝つからでしょう。別れさせ屋に来る依頼者にも、不倫で悩む人は少なからずいます。ここでは「不倫」と「夫婦を別れさせる方法」について書いています。不倫中の人、もしくは不倫の末に彼・彼女と結婚したいと考えているすべての人に読んでほしい内容です。

■不倫にまつわるイメージ「不倫が悪か?」と問われれば必ずしもそうとは言い切れません。昔と違って夫婦像・家族像は多様化しています。中には夫の不倫を容認している妻もいます。そうすることで家族が成り立っているのなら部外者がどうこう言うことではないのかもしれません。もしくは、家庭で夫が精神的なストレスを抱えている場合、別の女性といることで「幸せを感じられる。この人となら一緒に暮らせるのではないか。」と考えたとしたら。世間では不倫と言われ、結婚したら略奪婚と言われそうです。しかし、結局、何もかもが当事者の問題なのではないでしょうか。当事者の問題であるなら部外者が善悪の判断をするべきではありませんね。

■別れさせ屋がとる方法夫婦の別れさせ工作でとる方法はいくつかあります。夫婦の関係や妻の性格、子供の有無など様々な情報を考慮して最適な方法を模索します。ひとつの例を挙げると、同性の工作員を妻に近づけて、妻が心を開くよう仕向けます。何でも話せる関係を構築したうえで妻に別れた方が良いと思わせる話をします。妻が納得して自ら別れを選択すれば作戦成功です。工作の要は最適な方法を見つけられるか否かです。人それぞれの人間関係や個性がある中でぴったり合う工作方法を見つけるのは簡単ではありません。そのために必要なのが情報収集です。どれだけたくさんの確実な情報があるかが成功を左右するのです。不倫で悩んでいるなら一度、別れさせ屋に相談してみるのも良いと思います。別れさせ屋では相談料は無料です。

本当に子供のため?別れさせ工作

別れさせ屋がここ最近増えてきています。恋愛を当事者に任せるのはもう昔の話。現代では恋愛の専門家なるものがいて、うまく行くように取り計らうことが普通に行われています。ここで注目したいのは、親による依頼です。親による子供の「彼・彼女と別れさせたい」との依頼が急増しているのです。子供の幸せ、子供の将来を考えて親としてできる限りのことをしてあげたいという切実なまでの思いはよくわかります。しかし、子供にしてみれば有り難迷惑と感じることでしょう。ここでは、2パターンの別れさせ工作を検証していきたいと思います。

■子供の学業のため子供が20歳前後の場合に多い依頼は「子供の学業優先のために今の彼氏・彼女と別れさせたい。」というもの。恋愛は学業の妨げになるとの意見です。確かに若いうちに恋愛におぼれ、大学進学をあきらめる、もしくは大学を中退する人はいます。親とすればそれは避けたいと思うものです。しかし、恋愛がプラスに働く場合も無きにしもあらずです。恋愛と勉学との両立ができないというわけではないのです。子を思う親心は理解できますが、少し見守ることも必要かなと思います。それでも、目に余る場合であれば、もちろん別れさせ屋への依頼は有効でしょう。

■子供の結婚結婚適齢期に多いのが「結婚相手が気に入らない。」というものです。お付き合いと結婚が違うのは互いの家が絡んでくること。現代ではそういった様相は薄まってきているものの、全く関係ないというわけではありませんね。当事者の好きという感情だけでは片づけられないものがあります。どこまで親が干渉するべきかの線引きは難しいところもあります。結婚に関しては恋愛よりも介入しても良いのではないでしょうか。「子孫を残したい」「家を継いでほしい」等の要求はあってしかるべきです。「結婚は親が決める」とまではいきませんが、親の意見をある程度取り入れるのも必要ではないでしょうか。ただしおのおのの家庭事情もあり一概には言えないところもありますね。別れさせ屋に依頼するメリットは「誰にも知られないこと」と「家族関係に悪影響がないこと」です。親が直接、干渉すれば子供は反発するものです。別れさせ屋は友人だけでなく子供本人すらも知らないうちに工作を行います。「子供に幸せを考えたら別れさせる方が良い。」そう判断したなら別れさせ屋への依頼は非常に有効でしょう。

親が子供の別れさせ工作を依頼する際、知っておくべきこと2つ

最近は親が子供の別れさせ工作を依頼することも多いようです。「今の彼氏と付き合っていては、学業の妨げになる。」「結婚相手として価値観が合わない。」「相手の家柄が気に食わない。」等々。実際の依頼内容には、この他にも様々な理由と背景があります。大きく分けて2パターンあるように思います。子供の年齢が若い場合と結婚適齢期の場合です。前者の場合には「勉学の妨げ」「将来のため」等の理由が一般的。後者の場合は「結婚相手の家柄」等が問題になります。実は親が別れさせ工作を依頼する時に、工作がうまく行かないことがあります。別れさせ工作を成功させるために、親が知っておいてほしいこと2つをここで紹介します。

■子供のことはよくわかっていると思う親「自分の子供のことは、親である私が一番よく分かっています。」そう言う親は少なからずいます。果たして本当にそうでしょうか。子供の一番近くにいるのは、確かに親かもしれません。しかし「灯台下暗し」という言葉があるように、近くにいるから知っていることにはなりません。家族だからこそわからないことも多いのではないかと思います。調査を進めていくうちに、思ってもいないような事実を知ることがあるかもしれません。別れさせ屋に依頼した時点でそう言ったことは想定内という気持ちで臨んでいただきたいです。

■母親と父親前記した「近くにいるほどわからない。」といった内容と重なる部分がありますが、夫婦にも同じことが言えます。依頼者が夫婦である場合、二人の意見が食い違うことが多いのです。子供に対する見方、子供の性格、子供の恋愛等全てにおいて夫婦の意見は異なります。もちろんこの世に自分と同じ人間はいませんから意見が異なるのは当然でしょう。しかし、依頼する時点で対立する2つの意見をまとめるのは困難です。別れさせ工作が間違った方向に行ってしまいかねません。依頼する前に夫婦で話し合いを行ってほしいと思います。おそらく目的はひとつ「子供の幸せ」にあることは間違いないと思います。そうした目的のもとに話し合いをすれば、夫婦間の意見の衝突を避けられるのではないでしょうか。