「別れさせ屋」の工作成功率

「別れさせ屋」へ依頼を考えた人や興味がある人にとって、その内容や料金と同じくらい気になるのが「成功率」です。ネット上では高い成功率を明記している会社も少なくありません。もちろん、会社によっては信ぴょう性のない数字を並べている会社もあります。その数字が真実だったとしても、「成功率」99%だとしたら、その反対の「失敗率」1%だということです。いくら、99%の成功率でも、自分が反対の1%に入ってしまっては、その人にとってはその数字は意味がありません。 そもそも「別れさせ屋」にとって失敗とは?「別れさせ屋」にとっての「成功」とは依頼者の依頼を完遂したときです。もちろん「別れさせ屋」にとっては「別れさせること」です。そして、「失敗」とは「別れさせること」が出来なかったことです。しかし、「別れさせることが出来なかった」=「工作の失敗」と単純に言ってしまうことはできません。「別れさせ屋」の「失敗」の理由は、依頼者からの希望、金銭的な問題、対象者に「別れさせ屋」に依頼していることが発覚、などがあります。

工作時に問題発生!
もちろん、工作の途中に予期せぬ問題が起きることがあります。しかし、「別れさせ屋」では、その為にさまざまな事態を想定した、いくつものシナリオを用意してあります。極端なケース以外では、そのシナリオの中から最良な方法を常に提示し、その事態に臨機応変に対応していきます。言い換えれば、成功するために、常に状況を分析し工作しているので、「別れさせ屋」から「失敗しました」というケースはあまりありません。 成功率を上げる一番の方法そういった、さまざまな事態を想定している「別れさせ屋」でも、結果として工作が上手くいかない時があります。その理由は、依頼者との「信頼関係」です。「別れさせ屋」では、依頼者のヒアリングから全てが始まります。その時、依頼者と「別れさせ屋」の間で信頼関係が築くことができなかったら、依頼者から本音や真実を聞き出せなくなり、正しい判断が出来ないことがあります。その結果、最良の方法を見いだせなくなり、工作が上手く行かなくなるのです。「成功率」は高いことに越したことはありません。しかし、その数字だけに目を向けるのではなく、信頼できる「別れさせ屋」を見つける事が、実は「成功率」を上げる一番の方法なのです。

別れさせ屋で「復縁工作」?元の夫婦に戻りたくて……

出会いがあれば別れがあります。その別れの中には、別れたことが間違えだったと思うこともあります。「別れなければよかった……」「よりを戻せるなら戻したい」と一度は思ったことがある人は、少なくないのではないでしょうか。別れさせ屋では「別れさせる」ことを仕事としています。その一方で、「復縁」という仕事もしています。「別れさせ屋」で「復縁」と言葉だけ見れば、違和感はありますが、実はどちらも「人の心理・行動を読み取り工作活動を行う」というベースは同じなのです。 別れさせ工作と復縁工作はどこが違うのか別れさせ工作と復縁工作には一つ大きな違いがあります。別れさせ工作の主な工作対象者は、恋人や夫婦などの交際相手です。復縁工作では、主に元交際相手です。「元」ということは、もう過去の相手です。別れさせ工作ではすぐ得られるような情報でも、他人となった対象者には同じようにはいきません。復縁工作では情報収集や調査など、その手段も内容も変わってきます。復縁工作では、まず別れた相手の「現在」を調査し、相手の「今」を知ることから始まります。

別れさせ工作と復縁工作の連携元交際相手がもうすでに新たな相手を見つけていることも珍しくありません。その為、復縁工作では、別れさせ工作を伴うこともあります。別れさせた後に復縁させるのか、復縁させた後に「二股関係」を作らせて別れさせるのか、など方法はさまざまあります。どの方法も、対象者やその交際相手の交際にいたるまでの状況や、それぞれの行動や性格、趣味などを綿密に調査します。そして、その調査結果を分析して作られた最良なシナリオで工作を行います。しかし、復縁工作で最も大切なことは、復縁工作の最初に行う、依頼者へのヒアリングです。 復縁工作の第一歩復縁工作で成功の鍵となるのは、「別れた原因」をしっかりと客観的に分析することです。すれ違い、金銭問題、浮気問題などで、その後の復縁工作のアプローチや工作方法も大きく変わり、それは成功率にも大きく関わってきます。しかし、その別れた原因は、依頼者本人は自分なりの解釈で判断している事があります。そのまま別れさせ工作や復縁工作を行っても、依頼の成功にはつながりません。まずは、「別れた」状況を客観的に分析し、その原因や問題の本質を発見することが、復縁工作の第一歩と言えます。元の夫婦に、もしくは恋人に戻りたいのであればしっかりとした分析からが第一歩なのです。

子供を恋人と別れさせたい……別れさせ屋にたよるしかない

「別れさせ屋」には年齢や職業、立場など様々な人が相談に来ます。その中には、「親」が来ることもあるのです。もちろん「娘・息子を別れさせたい」という依頼です。内容を知らない方がこの話を聞くと、「過保護だ」と思われるでしょう。確かにそうだなと思う相談もあります。しかし、中にはギャンブルや借金、暴力、不倫など、確かに別れた方が良さそうだなという相談もあるのです。愛しているからこそここまで愛情を持って育てた娘や息子、その大切な子供の人生が台無しになってしまう。その気持ちは痛いほどわかります。子供の幸せを願わない親はいません。直接説得しようにも、子供も成人した大人である場合などは、言うことも聞いてくれないでしょう。そこで悩みに悩んで「別れさせ屋」を訪れるのです。

娘・息子を別れさせる相談に来られた場合、まず親御さんのお話を聞きます。そこでヒアリングした内容を親御さん目線ではなく客観的に分析します。そして、対象者やその相手の調査を行い、「なぜ別れないのか」、「反対された反発心や意地で別れないのではないのか」など、その点からまず探っていきます。その後、状況や環境を分析し、別れさせ工作のシナリオを作成します。工作には交際相手へ直接工作をかける方法もありますし。交際に賛成している相手の両親へ工作をかけることもあります。その状況に応じて様々な手法が考えられます。親子関係を崩さない事が大切しかし、「別れさせる」ことも大切ですが、その後の「親子関係」はもっと大切です。工作後に、親子関係が崩れないようにしなければなりません。その為には、最初のヒアリングの段階から、その後の関係性への影響を考えて注意していきます。親が子供を別れさせるというのは両方共に心が痛む状況です。本来なら笑顔で祝してあげたいはずですが、別れさせ屋に依頼せざるを得ないような状況を抱えてしまっている人も数多く存在します。別れさせ屋を利用する親というのは、過保護や悪意からではなく、あくまでも親心で動いているのです。

親のことで子供が別れさせ屋に相談?

「別れさせ屋」に相談に来る人というと、男女の色恋の問題を想像すると思います。相談に来る人も、恋人同士、浮気や不倫をされている人、もしくは逆のしている人などはイメージがつくと思います。あまり多くは無いですが、親が子供の恋人と別れさせたいという相談もあります。実はその逆もあるのです。「子供」が「親」の事について相談に来るケースです。その理由は、父親もしくは母親が浮気や不倫をしているので別れさせたいというものです。 「別れさせ屋」の扉をたたく子供たち親が浮気や不倫をしている事を知った子供が、自分では問題を解決することができない。でも両親を別れさせたくない。という一心で、「別れさせ屋」の扉をたたくのです。当然、浮気や不倫をされている父親や母親には気が付かれる前に、事を終わらせたいということです。費用や時間、そして精神力を使うこの行為は、子供として両親を思い、悩みに悩んだ末の相談だと思います。

家族を守るための工作この場合、依頼者である子供から両親のついてのヒアリングから始めます。行動や夫婦関係、家での様子、趣味、性格に至るまで一つ一つ聞いていきます。その後、対象の親の行動調査へと移っていきます。浮気相手や不倫相手が特定されている場合は、その方の周辺調査、趣味や性格などの調査も行っていきます。もし特定されていない場合は、対象の親の行動調査などにより、浮気相手や不倫相手の特定から始めます。その調査の結果から別れさせ工作のシナリオを作成します。そして、別れさせ工作にかかるのです。 家族が幸せになるために子供が親の為に「別れさせ屋」に来るというのは、多いケースではありませんが、実際にあるのです。気づかれずに解決したい、出来ることなら何事もなかったように、いつもの家族であり続けたい。親が子供を思う気持ちは大変なものですが、子供が親を思う気持ちも大変なものです。もしかすると、別れさせたとしても、家庭の問題が全て解決するものではないのかもしれません。でも、以前のような、幸せな家族に戻れる可能性があるのなら、と心から願って、子供は「別れさせ屋」の扉をたたきにくるのだと思います。