別れさせ屋に依頼するということ……成功率をあげるために

自分の恋人に好きな人ができたとき、自分の妻が浮気をしているとき、自分が想いを寄せている人に恋人がいるとき……誰でも生活していれば何度かは別れさせ屋に駆け込みたい、と思うようなタイミングがあるのかもしれません。別れさせ屋とは、その名のとおり恋人や夫婦を離別させるようにシチュエーションを動かしていくことを仕事とする人々のことを指しますが、実際にそんな簡単にいくものなのでしょうか。答えはノーです。断じて簡単にいくような話ではありません。しかしそれをうまくいかせるために別れさせ屋や綿密な事前調査、打ち合わせ、プランニング、面談を行って計画を実行していくのです。準備の段階でその計画が成功するかどうかは決定しているといっても過言ではありません。それではその準備とはいったいどのようなものなのでしょうか。面談まず依頼者との面談からすべては始まります。ターゲットとの関係、なれそめ、期間、好きな食べ物、趣味、仕事、好きな映画、好きな場所、苦手なもの、好きな言葉、好みの異性……などなど詳細にわたるまで聴取していきます。

余談ではありますが、この事前の情報収集が綿密に行うことができれば、かかる費用がいくぶんか安く抑えることができる可能性があります。別れさせ屋が行う事前調査にかける時間が短くてすむようになるからです。自宅周辺の環境などの確認ターゲットの居住区の周辺の情報や、周辺に住んでいる人々の情報を収集します。ターゲットの近くに住んでいる人物に原因がある可能性もあります。交友関係の調査ターゲットが学校で、職場で、バイト先でやりとりしている交友関係の調査を行います。最近やりとりを開始しだしたような人も入念に調査をする必要があります。ターゲットがよくいく場所は入念に調査仕事やバイトだけではなく、ターゲットが頻回にでかけるような場所に関してはさらに入念が調査が必要となります。週に何度も通っているようなカフェのような場所であったり、お店であったりなどです。以上のようにターゲットの人物像や性格、気質を探れるような生活パターンを2週間から3週間ほどかけてみっちりと調査し、その上で計画の選定、シミュレーション、工作員選びなどを行っていくのです。この入念な準備により、別れさせ屋の工作の成功率は格段に上昇していきます。

別れさせ屋にとある夫婦の離婚を依頼する

かつては深く愛しあった二人でも、「離婚」という結末を迎えることがあります。すれ違いや相手の裏切りなど、何かしらの問題が引き金となった結果です。しかし、世の中には第三者によって「離婚」とういう結末を迎える場合もあります。自分で決断した離婚が、実は別れさせ屋の誘導によるものだった場合もあります。誰が依頼をしたのかというと、浮気相手や不倫相手などが多いようです。初めは割りきった気持ちだったのに、本気になってしまった。いつか離婚して自分のもとに来てくれると言ったのに、 話は全く現実的にはならない。そんな時に人は別れさせ屋を訪れるのです。別れさせる夫婦夫婦を別れさせるということは、恋人同士の場合とは様相が違います。それは、夫婦関係という法律上の立場の違いがあるからです。お互いに離婚にいたる理由がない限り、片方が拒否すれば、離婚をすることはできません。ターゲットとなる夫婦も、「さめきった夫婦」「一見仲むつまじい夫婦」など様々です。

「別れさせ屋」がすること「別れさせ屋」では、依頼者への丁寧なヒアリングを通して、状況を整理します。夫婦それぞれの行動や性格、趣味などにいたるまで綿密に調査を行います。それらをもとにシナリオを作成し、工作を開始します。どのような方法を採るかは、依頼者との関係や夫婦関係などに大きく異なります。しかし、どの方法も水面下で出来るだけ迅速に行わなければなりません。特に、浮気や不倫に気付いていない場合は、最後までそれに気付かれないまま工作を行っていくことが非常に重要になります。 離婚を望む人たち誰かを別れさせたい、思う気持ちは、第三者が聞くと違和感を感じると思います。しかし、愛してしまった人と、幸せになりたいという気持ちは、理解できるのではないでしょうか。出会いのタイミングで、浮気や不倫ということになってしまったということなのです。たんなる思い出や遊びとして片付けるのも一つですが、自分の気持ちに素直になることも決して間違ったことではありません。諦めたくない恋愛。そんな恋愛は誰にでもあるものです。

親が子供の交際に別れさせ屋を通じて介入してくる……

親が別れさせ屋に子供の交際の離別を依頼してくるケースは時々あります。子供の交際相手がヤクザだった、とか前科者だった、とかの理由だったり、明らかにお金目当てで近づいてきているのに、子供はそれに気づいていない状況だったり……理由はそれぞれに様々です。親にしてみればなんとしてでも自分のかわいい子供の幸せを守らなければ、という思いで動いていますが、実はまったく見当違いな行動だったりすることもあります。それは本当に間違いのないことなのかあんな男と付き合っている娘は不幸に違いない、あんな派手な化粧をした女は絶対に息子の財産目当てで近づいてきているに違いない、など親はそれぞれの主観で子供の交際相手を判断しようとします。しかしはたしてそれは本当に間違いのない判断なのでしょうか。子供の幸せを子供の変わりに判断してあげられるほど子供のことをわかっているのでしょうか。最近はスマートフォンや数々のコミュニケーションアプリの登場により、意思の伝達の方法が様々に変化してきました。

効率的に迅速に行えるようになったものの、親子の間のコミュニケーションも情報端末に依拠するようになり、本当の意味での気持ちのやりとりは少なくなってきていると言わざるを得ません。そのような時代に、本人に代わって本人の幸せを判断することなど、本末転倒な結末を迎えてしまう布石となってしまう可能性があります。別れさせ屋に依頼すること別れさせ屋の仕事は交際相手や結婚相手との離別の誘導です。まさに人生を変える仕事と言って過言ではありません。自分のことではない依頼で、自分以外の誰かの人生を変えることは、エゴイズムととらえられても仕方がないことです。もし今現在、自分以外の誰かのことで別れさせ屋に駆け込もうとしているのであれば、それは本当に正しいことなのかどうか、もう一度客観的によく考えてみてください。状況の判断が自分では難しいのであれば、探偵などにまずは依頼して身辺調査をすることも一つの手かもしれません。なにはともあれ、まずはしっかり子供とコミュニケーションをとるようにしましょう。

別れさせ屋に子供が恋人と別れるように依頼する……

別れさせ屋に依頼しに来るのはたいてい自分自身のことに関する相談がほとんどですが、時々自分の親しい友人のことだったり、時には子供のことで来訪する人もいます。やはり自分が大事に育ててきた子供が不幸の道を歩んでいたりすると自分のことのように苦しくなってしまうものです。子供のためなら多少高額な費用を支払ってでも幸せな道に誘導していってあげたいと思うもの。でも、注意すべき点はあります。自分の娘の恋人や旦那がいわゆるDV男だった人の親ならだれでも自分の子供がどんな男性と交際をしているのか、などは気になるものです。ふと気づくと娘の顔や腕にあざがある……聞いてみても何も答えてはくれない……こっそりあとをつけてみたら柄の悪い男とどうも付き合っている……大人になった子供の交際関係にとやかく口を出すつもりもないが、暴力を振るわれているとなれば話は別だ、そう思う人も少なくないはずです。娘を説得して暴力男から別れさせようとしても、そのような男は別れを切り出した瞬間に何をしでかすかわかったものではありません。

何事もないように自然に別れてもらうのが一番安心です。そんな親心にとって別れさせ屋はこの上ない助けのはずです。しかし……もしかしたら……思い過ごしということも捨てきれないものです。子供の幸せが親のエゴであってはいけない「あんな見た目の男とは別れたほうがいいに決まっている」「あんな低学歴な男と結婚して幸せになれるはずがない」「娘は自分が選んだ男と結ばれるのが一番幸せに決まっている」得てして親は自分の理想を子供に押し付けそうになるものです。しかしその選択は本当に正しいのでしょうか。前述のような明らかに暴力を振るわれているような状況ではまた話は変わってきますが、あくまで人格をもった一人の人間が、社会の中で人間関係を構築していっているところに親が横やりを入れるのは健全とは言えません。別れさせ屋に依頼をする前に、まずはしっかと観察をすることが大切なのではないでしょうか。観察をすることもプロにお願いしてもいいかもしれません。その上でしっかりと判断し、依頼をすることが重要なのです。