別れさせ屋の成功率を左右するものとは

○別れさせ工作を失敗してしまうケース別れさせ屋へ依頼した場合、立てた計画に添って最後まで工作活動を続けられれば、たいていの場合依頼は成功します。また成功の見込みがあまりに少ない依頼については相談した時点でそう告げられることがほとんどですので、本契約前に依頼を取り下げることができますし、それでもいいからお願いしたいというときには駄目で元々だと覚悟の上で依頼することができますから、成功率はさほど気にならないでしょう。

ちゃんと工作活動に取り組んでくれる別れさせ屋へ依頼し、自分自身もターゲットに工作を依頼したことをうっかりばらしてしまうなどのミスをしなければたいていの依頼は成功します。別れさせ工作を依頼したにもかかわらずうまくいかなかった、失敗してしまったというのはなんらかの理由で最後までしっかり工作活動できなかった場合や依頼人経由で工作していることがターゲットに発覚してしまった場合など、ごくイレギュラーなものに限られるといえます。

○別れさせ屋の成功率そういったイレギュラーで失敗してしまうケースを含めても、多くの業者で依頼の成功率は70%を超えるようです。最後までしっかり工作活動を続けられるくらいの金銭的・時間的余裕があれば、依頼しても損をする確率はさらに下がりますから依頼してみる価値はじゅうぶんにあるといってよいでしょう。

また、依頼の内容によっては別れさせ屋の工作員だけではなく、依頼人である自分自身が努力してさらに成功率を上げることもできます。たとえば恋人とその浮気相手を別れさせてほしいという依頼の場合は、浮気相手に惹かれつつある恋人の気持ちをもう一度依頼人へ向ける必要があります。そのためには恋人にとってより理想的な存在になることが一番の近道です。もちろん工作活動でそのサポートもしていくわけですが、最後の決め手となるのは依頼人の魅力ですから、自分自身を磨き恋人に向き合うことで依頼の成功率はぐっと高くなるわけです。

このように、依頼の成功率は何も別れさせ屋だけにかかっているわけではなく、依頼をする側の影響も強く受けています。すべてお任せしてしまうのではなく、自分自身も料金や時間が無駄にならないようがんばってみましょう!

夫婦関係を続けるだけが幸せではない

○幸せの象徴である結婚恋人どうしだったふたりが結婚して夫婦になることは、恋愛においては一番の幸福であるというのが一般的な認識ですよね。もちろん最近ではあえて結婚しないという選択をする人もいますし、一概に結婚だけが人生の幸せであるとは言えません。ですがいまだに結婚は人生のピークであるという考え方をする人は多いですし、結婚をして家族を持って初めて一人前だ、と考える人は年配の方を中心にかなりの数存在しています。実際に結婚をした当時に限っていえば、それを経験したほとんどの人がとても幸せだったと感じていたのではないでしょうか。

○結婚生活を続けられなくなる夫婦もですが、結婚後もずっと愛し合えるかどうかは夫婦によってことなります。結婚前には気にならなかったことがどうしても目につくようになって解消しがたい不和を生むことだってありますし、結婚後の浮気や心変わりなどで別れを選びたくなることもあります。ずっと幸福な結婚生活を続けていく人がいる一方で、結婚生活にピリオドを打ったほうが今よりも幸せに生きていくことができると感じる人もたしかに存在しているのです。夫婦のどちらも同じ結論に達した場合には手続きをして綺麗に離婚することができますが、問題はどちらか一方は別れたくない、別れるべきではないと思い込んでいる場合です。

○離婚に踏み切れない夫婦を後押しする別れさせ屋離婚するのにはそれなりの手間がかかります。恋人関係なら戸籍の上では他人ですからそのまま関係を解消すればそれで済みますが、結婚していればふたりは既に家族ですから、いろいろな手続きや新しい契約が必要になります。子供のいる夫婦であれば子供に関することについてもいろいろと取り決めなければいけませんし、子供にもふたりは離婚するんだと説明する必要があります。仕事をしていればその関係者にも簡単に報告しなければいけません。離婚だけすればいいわけではなく、ほかにもいろいろとケアしなければいけないことがあるのです。いろいろな手続きやリスクから逃げて惰性で結婚生活を続けていこうとするターゲットには気付かれないよう、自然で円満な離婚をする後押しをしてくれるのが別れさせ屋です。別れさせ屋へ依頼することで、かたくなだったターゲットもいつしか別れるほうが良い、と自分で気が付くことができるのです。

別れさせ屋を利用した離婚なら子供との関係も良好に保てる!

○離婚に関する重要な問題である「子供」の存在恋人どうしよりも別れることへのハードルや解決しなければいけない問題の多い夫婦関係ですが、それでもお子さんのいないふたりきりの家族であればまだスムーズに事を運べるでしょう。ですが子供もいる場合には、その親権や面会する権利、養育費の問題など処理しなければいけないことがぐっと増えます。それは離婚することに対する足かせにもなり得ます。どちらも自分たちの間にもう愛情はない、離婚したほうがいいと考えていても、子供がいるだけで話はそう簡単にはいかなくなってしまいます。子供に多少寂しい思いをさせるとしても不仲なまま一緒に暮らし続けるよりは別れるほうがいいと一方が思っても、もうひとりは子供のために家族みんなで暮らし続けたほうがいいと考えるかもしれません。実際に子供がまだ小さいから今は離婚しない、という選択をする夫婦も多いでしょう。夫婦のどちらも納得済みでその選択を取るならまったく問題はありませんが、自分は離婚したほうがいいと思っていても相手が子供を理由に納得しないというケースになると話は変わってきます。もちろん子供はご両親にとっては何よりも大切で優先すべき存在でしょう。ですがそれと同時に、ご両親の今後の人生だってとても大事なものです。双方が納得のいくかたちで今後の人生を歩んでいけるようにする、別れさせ屋はそのお手伝いをすることもできるのです。

○円満に別れることで面会もしやすいお互いに悪感情を抱いたままの離婚だと、子供の親権が相手にある場合面会することも難しくなることがあります。たとえ親とはいえ、気に入らない相手に大事な我が子を頻繁に任せられないと考える気持ちは理解できますよね。また、親権が相手にあるとわかっていてもあんな人には任せたくない、任せられないと不安になることもあるでしょう。ですが別れさせ屋を利用しての離婚であれば、双方が「離婚が一番いい選択肢だ」と理解して別れているわけですから、お互いへの悪感情もほぼないはずですし、あったとしてもごく小さなものでしょう。ですから親子の面会も容易ですし、互いの都合が会えば両親と子供揃って会う機会も作りやすくなります。円満に離婚することで、その後子供にかかる負担も減らすことができますし、片方の親とは離れて暮らすことになる寂しさも緩和できるのです。

子供への愛情から別れさせ屋へ依頼する人も

○依頼人自身に関係のない依頼も多い別れさせ屋別れさせ屋への依頼の中には、依頼人本人が関係していないカップルについてのものも多くあります。もちろん依頼人と恋人や配偶者を別れさせる依頼もありますが、その他にも自分の家族や親しい知人とそのパートナーを別れさせてほしいという依頼も多いのです。そう聞くと、たとえ家族や知人とはいっても他人の夫婦関係、恋人関係に首を突っ込むなんておせっかいが過ぎるようにも感じられるかもしれません。ですが、近しい人たちの目から見ても不幸な夫婦生活を送っていたり、交際している様子を見て不安に感じたりすることもありますよね。なんらかの事情で本人が身動きを取れずにいる場合、助けてあげたいと考えるのはまったく不思議なことではありません。特に、ご両親の目から見てお子さんがつらそうであれば、どうにか助けてやらなければという思いはとても強いものになりますよね。なんとかしてやりたいという気持ちから、最後にすがるものとして別れさせ屋へ依頼にくるご両親も多いのです。

○近しい人だからこそうまくいかないときもあるそれぞれ別の人間であるとはいえ、親子であればまったくの他人というわけでもなし、直接伝えればいいと思う人もいるかもしれません。実際に別れさせ屋へ依頼しにくる人の大半がまずはそう考えて直接お子さんと話をし、その結果うまくいかずに別れさせ屋へ相談しにきています。親と子という一番近しい間柄だからこそ、どうも素直になれなかったり、自分がつらい思いをしているということを隠したいと思ったりすることもあるでしょう。その結果すれ違ってしまい問題を解決するどころか余計にこじらせてしまうことになります。別れさせ屋では、依頼人であるご両親に対してお子さんとの接し方についても状況に応じたアドバイスをしてくれます。頭ごなしに叱ったり正論ばかりを突きつけてもかえって逆効果になることなどを人間関係のプロから説明してもらい、工作活動を進めるのと平行してお子さんとの接し方を変えていくことで、依頼の成功率はぐっと高くなるのです。