別れさせ屋の甲乙は成功率で決まるのか

現在別れさせ屋を検討している人が悩むのが、「果たしてそこに依頼すれば本当に円満に別れることができるのか、別れさせることができるのか」ではないでしょうか。別れさせ屋を依頼する、というのは決して安い買い物ではありません。場合によっては数百万円の金額を支払うことになります。一回の依頼で自分が用意できるほとんどの金額はなくなってしまうのです。失敗したから次の事業所でもう一回、というようにはなりません。また、別れさせ屋の工作で一度失敗している場合、次の事業所が工作を依頼しても成功率は低くなってしまいます。最初にどこの事業所に依頼をするのか、これが一番大事なポイントになります。どの事業所が別れさせ屋としてすぐれているのか最近は別れさせ屋のメディアへの露出も進んできて、バラエティー番組で工作員がインタビューを受けたり、一般の方々もその存在を広く知るようになってきました。

それと同時に別れさせ屋をかたるウェブサイトも多く増えてきました。不自然なまでに高い成功率を掲げている業者には注意が必要です。通常、別れさせ屋の工作は、環境によって千差万別です。性別、職種、住んでいる場所、性格、思い出、などなどが化学反応のように絡み合い、現在の状況があるわけであり、それに合わせて別れさせ工作の方法も変わってくるのです。つまり、常に高い成功率を掲げることなどは不可能なのです。工作がどうしても成功しない場合もあります。「絶対成功」などの文言で顧客を誘う事業所にはくれぐれも注意しましょう。経験豊富な事業所を攻撃するためのサイト別れさせ工作が成功するかどうかは、工作員の経験値や技術、情報量などによります。この業界で長年にわたり活動を続けている別れさせ屋にはそのような工作員が豊富に存在しており、新しくこの業界に入ってきた若手の事業所とは一線を画しているものです。そのような若手事業所が老舗を出し抜くために過剰なウェブサイトを作り、高い成功率を掲げたりします。そのような数字にだまされることは避けなければなりません。「高い成功率」「安い金額」「迅速な工作」等々の文言にはご注意を。大切な未来のための工作が裏目に出てしまう恐れがあります。

夫婦間の問題……別れさせ屋で解決

はたから見れば円満な夫婦の間にも実は目に見えにくいすれ違いがあることがあります。外ではにこやかな雰囲気で会話をしているラブラブ夫婦も実は数年間のセックスレスだった、とか家庭内別居だったとか、ご主人からのモラルハラスメントに悩まされ続けていた、とかどちらかがずっと浮気をしている……とか。すれ違った結果、離婚という結末を迎える夫婦もいますし、なんとか離婚を回避してもとの平和な日々を取り戻したい、と考える人もいます。子供がいる夫婦などは特にそうです。子供の存在が二人をつなぎとめており、万が一離婚になって親権を相手にとられることになったら、などと考えるとどうにかして離婚という危機は回避したいと考えるのが心情です。長年社内の男性と浮気をしているが、ことを荒立てずに別れたい時々社内の男性上司と浮気に陥ってしまう人がいます。家庭内でのときめきがなくなってしまうと、業務や相談を通じて頼りになる上司に恋をしてしまう、という心情が生まれることがあるようです。いつの間にか肉体関係を交わしてしまい、それがズルズルと続いている、という状況から抜け出せない人がいます。

別れた後も上司と部下の関係は続くものなので別れを切り出すのにも勇気がいります。どうすれば円満に何もなかったことにできるのでしょうか。向こうから別れを切り出してくれるように誘導する別れさせ屋は、社内の周囲の人間にも、もちろん旦那にもばれないように破局するための手伝いを行います。このような場合は女性工作員を浮気相手に近づけ、女性工作員の方へ気が向くように仕向けていくのです。ターゲットのことを研究しつくしてからの工作です。ターゲットの好みの容姿、服装、話題全てを考慮に入れたうえで接近していきます。必ず引きこまれるように周囲から攻めていくのです。結果、ターゲットは女性工作員に夢中になり、依頼人に対して別れを切り出してきます。この過程で依頼人には複雑な心境が発生するものですが、覚悟を決めて別れを受け入れなくてはなりません。やがてすべてがなかったことになり、夫婦間にあった問題は知られないまま解消されるのです。

別れさせ屋が大事にすること……親子のきずな

別れさせ屋は主に自分の配偶者と浮気相手を別れさせようとしたりしたときに使うことが多いですが、自分の家族に対して使うことも時々あります。親が自分の子供を離婚させるときに使うこともあるのです。親が自分の子供の結婚生活に介入しようとするのはいったいどのような時なのでしょうか。子供の配偶者の過去が気になる……一度は結婚を許したものの、親戚付き合いをしているうちにどうしても結婚相手の過去が気になるようになることがあります。子供の方は好きで結婚したわけであり、客観的に状況を見ることができないものですが、脇から見ているとどうも隠し事をされているような気がする、そんなこともあるものです。別れさせ屋は、依頼された工作を実行に移す前に入念なリサーチを行います。その結果依頼主自身も知らないような驚愕の事実が浮かび上がるようなことも結構あるものです。別れさせ工作を正式に依頼する前に、まずは身辺調査を依頼される人も多くいるものです。

子供の配偶者が犯罪歴がある人だった場合身辺調査を依頼した結果、過去に犯罪歴がある人間だったことが判明した場合どうすればよいでしょうか。空き巣のような犯罪から殺人、強盗のような凶悪犯罪まで様々ですが、それらを隠して自分の大切な子供と暮らしているとわかれば、親としては夜も眠れないような心境のはずです。そうなれば正式に別れさせ工作を依頼することをおすすめします。配偶者に異性の工作員を近づけるオーソドックスな方法として異性の工作員を近づけ、恋愛関係にもっていき、浮気現場を妻に目撃させる、という方法があります。目撃する現場には妻の親も一緒にいればより効果てきめんです。離婚に向けて有利に話を進めていくことができるようになります。さて、そのような際に必要なのは、親と子供の信頼関係が絶対に崩れないようにすることです。万が一にも別れさせ屋に依頼したことが子供にばれてしまえば、その関係性を修復することはかなり困難になります。別れさせ屋は依頼者とその子供の関係性がずっと幸せに続くようにしていくことが第一の優先事項としているのです。

父親に愛人ができてしまった……別れさせ屋で幸せな生活を取り戻したい

自分の親が浮気をしている……そんな衝撃的な事実に生活が一変してしまった人も少なくないのではないでしょうか。自分の父親に愛人ができ、家に帰ってこなくなった、なんて人も実は周囲に結構いたりします。そんな時母親はどうしているのかというと「そのうち飽きてかえってくるよ」なんて言いながらあきらめた様子でじっと耐えている人も多いのです。子供からすれば、自分を育ててれた親は父も母もどちらも大切なものですが、そのどちらかがどちらかを苦しめている、となるとその様相は変わってきます。しかし、物事は主観だけではなく、客観で考えなくてはならないこともたくさんあります。浮気をしたのはたしかに父親。では悪いのはすべて父親なのか。父親が浮気をした、となると、諸悪の根源はすべて父親にあるかのような印象を受けてしまします。しかし、そこで考えないといけないのは、果たして悪いのは100パーセント父親なのか、という点です。

父と母は、それぞれがまず一人の人間です。かつては愛し合い、結婚した二人の異性です。子供の知らない場所でのやりとりもあるでしょうし、子供が知るべくもない二人だけの会話や思いもあるはずです。そこを一切無視して「浮気をした。悪だ」と決めつけてしまうのは早計かもしれません。なぜ浮気をするような心情になったのか自分自身が妻に対して、家族に対して何の不満もなく満たされていれば、外に刺激を求めるようなことはないはずです。家に帰れば幸せな家庭が待っているわけであり、癒やしを他に求める必要はありません。しかし他の場所にそれを探してしまったのには何か原因があるのでは、という考えるのが別れさせ屋のようなプロなのです。浮気をする原因を探し、それをつぶすもし浮気をする原因が残ったまま父親が家に帰ってきたとしても、また同じことの繰り返しになることは目に見えています。それを探し出すことで、父親が自分から家に帰るように誘導していくことがプロの技なのです。妻にも子供にも気づかれたなった父親の孤独がそこに存在しているかもしれません。とはいえプロに相談しなければ判明しない謎もあるものです。客観的な視点も大事である、という点だけ忘れないようにしましょう。