「相手の調査も踏まえて子供と相手を別れさせる別れさせ屋に依頼」

子供がずっと付き合っている、もしくは同棲している人がいると知ったなら親としてはできれば早めに子供の相手について知りたいと思うはずです。しかし、子供に会った時に何か様子がおかしいと思うことがあるかもしれません。例えば体に顔にアザがあったり、子供が同棲相手のことをあまり話したがらなかったりすると親としては心配になるでしょう。

・子供と付き合っている人を調べる
子供は好きという感情があるため、同棲相手の人に対して悪い印象を親に与えないため何も話さないかもしれません。しかし、親は子供のことをよく理解しているため、たとえ隠していたとしても問題があることはわかってしまいます。そこで、子供の付き合っている人がどんな人かを知るため別れさせ屋を兼任している探偵に依頼してみることが出来ます。探偵業は子供がどれだけ秘密にしていたとしても、バレることなく相手について調べてくれます。どのくらいの付き合いがあるのか、同棲しているのであればどのような生活を送っているのか、仕事は何をしているのか、暴力などの問題はないのかどうかなども詳しく教えてくれます。

・悪い結果の場合別れさせる
探偵を雇っても恋人の恋人が実際にはそんなに問題のないということがわかるかもしれません。恋人とは何かしらいさかいがあったり、問題があるものなので、親が恋人のことを聞いた時にたまたまそういうことがあってはっきり言わなかっただけかもしれません。しかし、もしも結果的に借金があったり、無職だったり、子供に暴力を定期的に振っていたりなどの相手には全くふさわしくないと思うのであれば、別れさせ屋に頼むことが良いでしょう。そのために別れさせ屋兼業の探偵のほうが情報もすでに持っているので、工作を考えたり実行するうえでスムーズに進んでいくことができます。別れさせるために子供にも相手にもばれないように接触してくれ、自然な仕方で別れに発展するようにサポートしてくれます。子供の将来を考えて誰かと別れさせるということも、親としての役割の一つといえるかもしれません。

「親の責任を果たすために別れさせ屋に不倫相手と切ってもらう」

お酒の勢いや、一時の気の迷い、夫婦の関係が上手く言ってないと理由からもしかして不倫を始めてしまったかもしれません。最初はすぐに別れて今まで通りの生活をしようと思っていたのにもかかわらず、ずるずると不倫の関係を続けてしまい、なかなか別れられないという状況になることも考えられます。もしも相手の女性から「離婚して私と一緒にいて欲しい」などと言われてしまうと、どうすれば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。別れさせ屋に不倫相手と別れたいという相談で来る人の多くは親の立場であることも多く、夫婦の関係を保ちたいというよりも親として子供を捨てる訳にはいかないということで離婚は出来ないと思うようです。

・不倫相手に別れてもらうには
自分は単に遊びのつもり、もしくは一時的な関係だと思っていても相手の女性はそうでないことがよくあります。特に結婚適齢期の女性、もしくは適齢期をすでに過ぎている女性にとって時間はとても大事で、多くの女性は好きな人の子供を産みたいと思っています。そのため最初は不倫の関係だと思っていてもいつしか本気になって不倫相手との結婚を夢見るようになるのです。そのため男性が別れて欲しいと思っても別れてくれないことが多いのです。不倫相手と別れてもらうためには、自分とは結婚の可能性がなく、他に良い相手がいることを理解させる必要があるのです。

・別れさせ屋に依頼する
親であることの責任をまっとうするために離婚をしないと決めるのであれば、別れさせ屋に相談して不倫相手と別れさせてもらえるようにサポートしてもらう事ができるかもしれません。親である以上子供には浮気の事実を知られないように、もちろん配偶者にも秘密裏に不倫相手と別れられるようにしてもらう必要があります。自然な形で不倫相手に異性を近づけ、依頼者に対する恋愛感情を他の対象に向けさせます。そうすることによって不倫相手から別れを切り出させ、円満に関係を終わらせることができるようにサポートしてもらいます。

「浮気相手の味方になり夫婦を壊す別れさせ屋」

自分が浮気相手だということを理解していて、既婚者男性が夫婦の関係を壊したくないと思っているということも知っているかもしれません。最初は「これは遊び」とか「別に本気で好きじゃない」とか自分の心に言い訳をして過ごしているかもしれませんが、人間の心というのはそれほど簡単なものではありません。最初はごまかせているつもりが、少しずつ「自分とあの人が夫婦になりたい」という気持ちに変化していくのです。

・既婚者を離婚させるのは難しい
自分のものにいくらしたいからと言って、「離婚して欲しい」と切り出してすぐに「いいよ」という男性はまずいないでしょう。特に夫婦としての関係を壊したくないと思っている場合はもっと難しくなります。実際に浮気をしている点で夫婦のルールを破っているのですが、妻と離婚はしたくないと思う男性がほとんどです。その理由には妻はちゃんと家庭を保っていてくれて、社会的にも体面がよく、そして良き母親であるからという理由があるかもしれません。また男性としては慰謝料や養育費を払いながら他の家族を持つほどの甲斐性がないかもしれません。こうなってくると男性を離婚させるのは難しいでしょう。

・夫婦の仲を壊す
別れさせ屋どうしてもどうしても男性を別れさせたいと思い、どんな犠牲をする覚悟もいるのであれば、別れさせ屋に相談することができるでしょう。別れさせ屋は夫婦のどの部分にアプローチすれば関係が壊れるのかをよく知っていて、工作も考えてくれて、第三者としてその工作を実行してくれます。浮気相手の男性もまさか依頼者が関わっているとは思わないので、離婚が決定したら浮気相手とともになることを選ぶ確率も高くなります。そして自分の手を汚すことなく夫婦の関係を別れさせることができるのです。しかし、こういった工作には時間もかかりますし、費用も安くはありません。大体100万円から300万円ほどと言われています。幸せを手に入れるためにならどれだけのお金がかかってもかまわないと言った覚悟があるのであれば、一度別れさせ屋に相談に行ってみることができるでしょう。