「成功率が低い状況でも工作する別れさせ屋」

多くの人は何かをする際にできるだけ早く結果が出ることを求めます。特に自分の恋愛や感情に関したことであれば、早く問題を解決したいと思うでしょう。もしも自分が好きな人に配偶者がいて、なおかつ子供もいてなかなか離婚を決断してくれないと言ったような状況であれば、とにかく今すぐにでも自分のものにしたいと思うのではないでしょうか。そんな時にサポートを頼むことができるのが、別れさせ屋です。あまり別れさせ屋については知られていませんが、人の関係に上手に入り込み自然に別れに導くことのプロです。

・難しい状況でも別れさせ屋に相談
既婚者を離婚に追いやるのは正直別れさせ屋でも成功率の高い仕事とはいえません。しかしながら別れさせ屋は様々な状況を調査し、また人を別れさせる経験があるため離婚に追いやる方法も熟知しています。もちろん離婚に至らせるためには様々な計画を立て、時間をかける必要があります。もしも、既婚男性に離婚して欲しいと思っても、「いつ離婚するのか?」「私と一緒にいる気はあるのか?」「私だって子供が欲しい」などとせっつくと男性の方は不倫関係を続ける気がなくなってしまい、成功率は低くなります。別れさせ屋に依頼したのであれば、後は情報を共有したり現在の状況報告など、コンタクトを取りながら、離婚に向けての工作は別れさせ屋におまかせした方がいいでしょう。

・時間もお金もかかる離婚工作
男性は不倫に関して一時的な関係と思っていて、離婚などしたいとは思っていないことがよくあります。女性が離婚を求めると尻込みをしてしまうことがよくあります。そのため、離婚に結びつけるためには時間をかけて男性の心とまたその配偶者の関係にどのように入り込んでいくかを考えていかなければいけません。時間をかけるということはその分スタッフの人数も増えますし、離婚にいたり、そして不倫相手を次の結婚相手に選ぶという過程には辛抱が必要になってくるでしょう。本当に好きな人を手に入れたいのであれば、成功率の高い方法で工作を行ってくれる別れさせ屋を選ぶ必要があります。すぐに結果を求めることなく、冷静さを保ちましょう。

「夫婦の仲を取り戻すために別れさせ屋に依頼」

夫婦の仲というのは思っているよりももろく、一方が「相手も自分のことを好きだ」と思っていたとしても、実際には浮気、不倫をしているということがあります。一度の浮気ではなかなか気付かないかもしれませんが、不倫関係となって会う時間が増えたり、連絡がふえたりするとさすがに配偶者も気づくのではないでしょうか。自分に与えられるべきアテンションや時間や愛情、時にはお金まで他の異性に取られていると思うと悔しく思うかもしれませんし、同時にこの状況を早く解決して離婚に発展しないように策を取る必要があります。

・夫婦の仲を邪魔しているのは誰か
今まで夫婦として仲良くやってきたはずなのに、それを他人に壊されるなんて本当に悲しいことです。それで、本当に配偶者が浮気をしているのかを確かめる必要があります。帰りがいつもより遅くなることが多いのか、誰かと隠れながら電話やメッセージをしているか、また仕事から帰ってきたはずなのにシャワーを浴びたような匂いがするのかなどの行動をチェックできるでしょう。そして、もしもできるのであれば携帯をチェックすることが出来ますが、これはルール違反だと思って出来ない人もいるかもしれません。しかし、できるだけ多くの証拠を持っておくほうが有利といえます。

・情報を入手して別れさせてくれるプロ
自分が配偶者の不倫に気付いていると分かれば、夫婦の中がギクシャクするのでできれば隠して、なおかつ二人の仲を壊して欲しいと思うのであればやはり別れさせ屋に相談することがふさわしいでしょう。別れさせ屋は配偶者が入手することの出来ない情報、つまり浮気相手の情報を入手することが出来ます。そしてそれに基づいてどのように夫婦の仲を修復させるために、不倫関係を終わらせるか考えます。素人でなおかつ一人ではそのような工作は無理ですが、別れさせ屋にはスタッフが多くいるため手分けして様々なアプローチをしてくれます。費用はかかりますが、これからの自分たちの子供や夫婦の将来を考えれば、納得できる出費といえるかもしれません。

「子供を別れさせたいと、別れさせ屋に依頼する人の気持ちとは」

「子供が今付き合っている人と別れさせてほしい」「こんな人と結婚させたくない」。そう思った親御さんが、別れさせ屋に相談にくるケースがあります。特に多いのが母親であり、時に感情的になりながらも、強引に別れさせようと思う人も多いようです。なぜそんな気持ちになってしまうのでしょうか。

<子供が20代前半だと心配>
子供が20代前半、あるいは10代後半の場合、子供に対しての過剰な心配から相談にくる親が多いです。まだ学生だったとしたら、学業の妨げになってしまうと考えたり、働き始めたばかりなら、今は仕事の集中してほしいと願う人もいらっしゃいます。基本的には、心配だから別れさせたい、と思う親御さんがほとんどです。成人している、あるいはすでに親の手を離れているとはいえ、親にとってはまだ子供です。自分が何とかしないと悪い方向に進んでしまうのではと心配になり、親の務めを果たそうとしているのです。まだ若い年代だと、親の言うことに反発してしまいがちで、言っても聞いてくれません。だから、多少強引な手法を使ってでも、別れさせようとする方がいるのも不思議ではありません。

<子供が30代前後の場合は>
中には、子供が30代前後にも関わらず、別れさせ屋に相談にくる親もいらっしゃいます。それぐらいの年代になれば、親が介入すべきではない、そう思われる方もいるでしょう。ただ、この年齢になると、結婚が絡んできます。今後家族となることになるため、より慎重に相手を見極めなければなりません。「こんな人と結婚したら子供は不幸になってしまう」「うちの家族とは合わない」。そう感じた親が、結婚を決めてしまう前に別れさせようと画策するのです。結婚をすると、その後は家族ぐるみでの付き合いが始まります。だから、親の立場から、より厳しい目で交際相手を見てしまうのです。自分の子供の別れを願い別れさせ屋に依頼する親。傍から見ると不思議な光景ではありますが、どれも子供のことを思っての行動です。もし親にそんなことをしてほしくないと思うのであれば、交際相手も含めて、こまめにコミュニケーションを取るようにしましょう。

「子供が親に対して別れさせ屋を使うケースもある」

親が子供の交際相手が気に入らず、別れさせようとして別れさせ屋を利用することはよくあります。しかし、世の中には、その逆のパターンもあるようです。それはつまり、子供が親に対して別れさせ屋を使うケースがあるということです。自分の両親が離婚することを望んでいる子供がいるとは考えにくいのですが、一体どういうことなのでしょうか。

<実親ではなく、親の不倫相手>
自分の両親に対してではなく、実は親が不倫をしているから、それをはやくやめさせたい、という思いから別れさせ屋に依頼するようです。例えば、父親が不倫をしていることを知ってしまった、でもそのことに母親は気付いていない、気付かれる前に関係を終わらせてほしい、そんな切なる願いを込めて依頼をしてくれる子供がいるそうです。子供といっても、ある程度成人した年齢の方ではありますが、やはり自分の親が不倫をしているのは嫌でしょう。また、母親に嫌な思いをさせたくないという気持ちもあるのだと思います。別れさせ屋にかかる費用は決して安いものではありません。それを自分の親のために使うのだから、なかなか親孝行者の子供です。

<子供の気持ち、親は知らず>
親の心子知らず、ということわざがありますが、今回のようなケースは全く逆です。子の心親知らず、とでも言うのでしょうか。父親は、まさか自分の子供の依頼によって別れさせられることになるとは思わないでしょうし、母親も子供が莫大な費用を使ってくれていることを知らずにいるのです。ある程度の年齢になると、子供が親の面倒をみるという家庭は増えていきます。父親が不倫をしているということを知っても、それを修復させようとする子供が健気であり、親孝行な子供でもあります。不倫は確かによくありませんが、それで完全に関係が壊れるわけではありません。そうなる前に、別れさせ屋に相談するのは、非常に有効な手段です。別れさせ屋に持ち込まれる依頼は多種多様ではあります。しかし、その中には子供が自分の親に対しての依頼をするというのは驚きです。でもこうした複雑な依頼を受けてくれるところがあることで、救われる人もいるということです。