「別れさせ屋の成功率を左右する意外な要因とは」

別れさせ屋に依頼をする場合、どうしても気になるのが、成功率です。実際に依頼をした人のどれぐらいが成功しているのだろうか、自分の案件はどれぐらいの確率で成功するのか、気になるのは当然です。もちろん依頼内容によって成功率は異なりますので、一概に何パーセントとは言えません。ただ、成功率を左右する、意外な要因があったのです。それはいったい何なのでしょうか。

<タイミングが命>
恋愛はタイミングが重要だと言われることがあります。どれだけ好みの人がいても、何となく恋愛する気分にならなければ、進展はしません。それぐらいタイミングは重要なのです。別れさせ屋も同じであり、工作を仕掛けるタイミングによって、それが成功するかどうか決まってきます。特に大事なのが、ターゲットの心境です。何となく今の相手に嫌気がさしている、ちょっと遊びたくなった、そんな心境になっている時を見計らって、上手く仕掛けていかなければなりません。逆に、交際相手とラブラブで、誰も入る隙がない時には、いくら巧妙な工作であっても、成功率はかなり低くなってしまいます。だから、依頼する側もタイミングを考える必要があり、別れさせ屋も調査をしながら、その瞬間を見つけなければなりません。

<依頼人の協力>
成功率を左右する要因のもう一つが、依頼人の協力です。稀に、依頼人の方が暴走してしまい、工作が台無しになってしまうことがあります。例えば、別れさせ屋が今はまだ近付かないようにと伝えているにも関わらず、自分の判断でもういけると思い、アプローチをした結果、工作がばれてしまった、という残念なケースもあります。大事なのは信頼関係です。依頼する側とされる側、どちらもお互いを信用し協力しなければ、成功率は下がってしまいます。依頼人が、どれだけ我慢をし、行く末を見守ることができるか、そして別れさせ屋からの協力要請に応えていけるのかが、鍵を握ります。成功率を左右する要因、それはタイミング、そして依頼人の協力です。この二つがしっかりとかみ合えば、かなり成功する確率は高くなります。逆にどちらも間違えてしまうと、残念ながら良い結果を得ることができなくなってしまいます。

「離婚させたい夫婦がいる場合、別れさせ屋に依頼することはできるのか」

あなたの周りに、何とか離婚させたいと思う夫婦はおりますでしょうか。例えば、不倫をしていて、その相手を早く離婚させたい、親の中が悪く家の中が暗いので、早く親に離婚させたい、など意外と外部から離婚してほしいと思われている夫婦はいるものです。果たして、それを別れさせ屋に依頼することはできるのでしょうか。

<正当な理由があれば受ける>
別れさせ屋といえども、闇雲になんでも依頼を受けるわけではありません。まずは話を聞き、なぜその夫婦を離婚させたいのか、そのことによって依頼人にどういった恩恵があるのか確認します。その上で、正当な理由があると判断された場合、引き受けてくれることがあります。中には、ただの私怨や嫉妬で依頼する人もおりますが、あまりに自分勝手な理由の場合、別れさせ屋としても断らなければならない時もあるようです。また、成功する見込みがあるかどうかも重要です。明らかに離婚しないであろう夫婦に対しては、調査をした後に、手を引くこともあります。別れさせ屋としても、明らかに成功率の低い依頼を受けて、失敗してしまった場合、会社の評判が下がることもあるので、引き受けたくありません。案件の難易度と、依頼人の熱量、その辺りも加味しながら、工作をするかどうか決めていきます。

<離婚が成立したからといって依頼人が恩恵を受けるとは限らない>
依頼人が、夫婦の離婚を望むのは、その先に何かしらの恩恵があると考えているからです。例えば、不倫している相手であれば、自分と結婚してくれると考えているかもしれません。でも、本当にそうでしょうか。離婚したからといって、不倫相手と結婚するとは限りません。むしろ結婚で一度失敗しているので、より慎重になる可能性があります。だから、別れさせ屋に依頼をしてそれが成功したからといって、自分が恩恵を受けるとは限らないことは把握しておく必要があります。第三者の強い願いによって、夫婦を別れさせるということは、本来はよくないことです。でも、別れさせ屋はそういった人の願いを叶えるために存在しております。依頼を考えている人は、冷静に考えてから相談するようにしましょう。

「別れさせ屋によって別れさせられた子供はどう思うのか」

例えばあなたが、自分の親の依頼で、別れさせ屋によって交際相手と別れさせられてしまったとします。それを知った時に、親に対してどういう感情が湧いてくるでしょうか。おそらくほとんどの人が、良い気持ちはしないでしょう。実際に別れさせ屋を使ったことで、親子関係が悪くなるケースはあるのでしょうか。

<多くは、親からの依頼と気付かない>
別れさせ屋はプロの集団です。誰からの依頼で、別れさせられることになったのかを気付かせないようにしてくれます。そもそも、別れたことが第三者の手によって起こってしまったことだと気付かない人が圧倒的に多いです。全ては自然の流れでそうなってしまったと、諦めてしまうパターンがほとんどのようです。稀に勘のするどい方が、違和感を感じて、別れそのものを怪しむこともあります。ただ、別れさせ屋は、自分たちの仕業だとわかるような証拠は残しません。だから、結局は気付かないまま終わってしまうのです。よって、仮に自分の親からの依頼だとしても、それを気付かない子供がほとんどなので、親子関係にヒビが入ることはないでしょう。もちろん、そのためには、親が一生黙っていること、そして別れさせ屋に依頼したことを周囲に分からないように注意しなければなりません。

<それでもバレてしまったら>
ただ、中には親が別れさせ屋に依頼したことが判明してしまうケースがあります。その時は、やはり親子関係は悪化します。いくら子供のことを思っての行動だとしても、子供からすれば面白くありません。中には絶縁する人もいます。交際相手というのは、時に親よりも大事に思うこともあり、それが第三者の罠で終わりを迎えてしまうと、子供の中に許せない気持ちが生まれてきます。もしこれから親の立場で、別れさせ屋に相談しようと考えている方は、子供との関係が壊れてしまう、そのリスクを理解した上で、依頼しなければなりません。別れさせ屋への依頼は、大抵の場合、ターゲットに気付かれません。しかし、稀にミスをしてしまったり、偶然的に子供に知られてしまうことがあります。そうなってしまったら、間違いなく、子供が親に対して悪い感情を抱いてしまうことは把握しておく必要があります。

「親が別れさせ屋を使って子供を別れさせるのはありなのか」

交際や結婚を親に反対された、そんな経験をしたことがある人も数多くいらっしゃるでしょう。ただ、行き過ぎたケースになると、親に強引に別れさせられたということもあるようです。もちろん、親自身が面と向かって別れるように説得して別れたのであれば、仕方ありません。しかし、中には、別れさせ屋に依頼して、別れさせようとする親もいるそうです。果たしてこれは許されることなのでしょうか。

<子供の気持ちを考えると良くない行為>
いくら親だからといって、子供の気持ちを踏みにじる事は許されることではありません。当人同士が好きで付き合っているのですから、それを強引な手段を使って別れさせることは、多くの人が非難したくなるでしょう。ただ、親は時に子供よりも冷静に交際相手を見極めていることもあります。このまま付き合っていても、自分の子供が不幸になると感じたり、相手の悪い噂を知って、別れさせようとする親もいらっしゃいます。結局、何が大事なのかというと、子供の幸せです。その時は子供の気持ちに反した行為であっても、将来的に子供の幸せに繋がることになるかもしれません。だから、一時の子供の気持ちだけが全てではないということです。

<別れさせ屋も冷静にアドバイス>
別れさせ屋も、何でもかんでも依頼を受けるわけではありません。例えば、明らかに親のエゴが強く、素行調査をしても当人たちには何ら問題がないと分かった時には、工作に踏み切らないこともあります。そんな時は、交際相手がどんな人間なのか伝え、冷静にアドバイスを送ります。そこで、納得してくれる親もいらっしゃいますし、納得せずに物別れに終わることもあります。大事なのは、依頼人も含めて、多くの人が幸せになる方法を探ることです。別れさせることで、不幸になるのが目に見えているのであれば、別れさせ屋としても強引な遮断を取ることはできません。親が子供を別れさせること、これは本来はあってほしくないことですが、時と場合によっては仕方がないこともあります。大事なのは、その後子供がどんな生活を送り、幸せになれるかどうかです。そこを尊重しているかどうかで、ありなのかどうかは決まってくるでしょう。