「別れさせ屋の成功率詐欺に気をつけよう」

最近は、誇大広告や虚偽広告が問題になることがあります。インターネットの発達によって、会社のあくどい広告はすぐに広まってしまい、その会社のイメージがダウンしてしまいます。だから企業側も、細かな字で注意書きをしたり、表記にはより一層気をつけるようになりました。しかし、別れさせ屋では、未だに誇大広告をしているところを見かけます。特に成功率詐欺をしているところがあるのです。

<異常な成功率の高さ>
成功率詐欺とは、その名の通り実際の成功率とはかけ離れた、異常なほど高い成功率を広告することです。実際に、別れさせ屋の工作が成功する確率は、さほど高くはありません。中には、調査をし、成功する確率が高そうなものしか工作をしないという会社もあり、もちろんそういった所は成功率は高くなります。ただ、全ての相談を母数とした場合、成功率は極端に低くなります。にも関わらず、「うちはどんな依頼でもやります」「成功率は50%以上」といった宣伝をしているところは、気をつけましょう。実態に合った数値ではなく、虚偽の成功率を出して、顧客を得ようとしているだけの可能性があります。

<大事なのは成功率よりも、担当者の雰囲気や会社の評判>
別れさせ屋で重要なのは、成功率ではありません。その会社の担当者の雰囲気や対応、そして会社の評判です。親身になって話を聞いてくれるか、時には的確なアドバイスをしてくれるか、これは担当者の資質が問われるところです。話をして、何となく違和感を感じたり、怪しい雰囲気を感じた場合は、契約するのはやめた方が無難です。また、事前にネット等で、その別れさせ屋の評判を調べておくのもよいでしょう。

別れさせ屋は、あまり情報をオープンにはしませんが、ネット上では実際に利用した人の評判が掲載されていることがあります。完全に信用するのは危険ですが、情報として持っていくとよいでしょう。成功率が気になる気持ちはあるでしょう。でも、別れさせ工作は一人一人で違いますので、成功率自体あまり意味はありません。高い成功率の広告に惑わされず、その会社の担当者と評判から、しっかりと見極められるようにしましょう。

「別れさせ屋が夫婦を離婚させる方法とは」

交際しているカップルが別れるのに比べ、結婚している夫婦が離婚することは、より難しくなります。結婚とは、一つの契約です。一生その人と生活を共にしていきますという誓いでもありますので、別れることへのハードルが高くなるのです。そんな夫婦を、別れさせ屋というプロの集団が離婚させることがあるようです。一体どんな方法で行っているのでしょうか。

<ターゲットに浮気をさせる方法>
一番メジャーな方法としては、ターゲットの夫婦どちらかに工作員を近付けさせ、浮気をさせるという方法です。まずは、下調べの調査をし、その人の生活習慣や嗜好を調べ上げます。その上で、どうすれば自然にターゲットに接触し、そこから親密になれるか、綿密に契約をし遂行します。そのために利用する工作員は一人だけではありません。時には何人もの工作員を送り込み、自然な場を演出します。ドラマさながらの演出であり、なかなかターゲットもそれが工作だとは気付きません。それはそうですよね。

一般の方が、まさか自分に対して第三者が罠を仕掛けてくるなんて夢にも思ってません。そして親密になったところで、浮気現場の写真や動画を撮り、それを依頼人に渡すのです。そこから、どう離婚までもっていくかも、アドバイスを送ります。

<鍵を握るのは工作員>
別れさせ屋の工作が成功するかどうか、その鍵を握っているのは工作員の存在です。どれだけ相手に気付かれずに、自然と親しくなり、恋愛関係まで持ち込むのかは、その人の腕次第です。心理学に長けていなければなりませんし、相手を引き付ける魅力も兼ね備えていなければなりません。なかなかそんな人材はおりませんので、業者は外部から派遣することが多くなります。成功するかどうかは工作員次第なので、質の高い人を雇わなければなりません。だから、依頼人に対しての費用請求も高くなってしまいます。

別れさせ屋が夫婦を離婚させる方法は、一般的には工作員を派遣してのハニートラップが多くなります。最近、運命的な出会いをし、親密な関係になりそうな人ができた方。もしかしたら別れさせ屋の罠かもしれませんよ。

「別れさせ屋によって別れてしまった親の子供はどうなるのか」

親の離婚というものは、子供にとっては非常に辛いものです。特に物心ついたときから、思春期にかけては、心に傷を負うこともあり、また周囲の目も気になったりで、辛い生活を送るかもしれません。もし、それが別れさせ屋の仕業だったとしたら、別れさせられてしまった両親の子供はどうなるのでしょうか。

<突然離婚するわけではない>
別れさせ屋が介入したからといって、突発的に離婚をするわけではありません。徐々に段階を踏んでから離婚を決意することになります。ある程度、離婚協議をする時間もありますし、お互いが話し合うこともできます。だから、その時にしっかりと子供の親権について話し合う必要があります。別れさせ屋というと、強引に夫婦を別れさせ、なすすべもなく一家がバラバラになってしまう、そんなイメージを持たれるかもしれません。しかし実際は、あくまで自然に離婚へと向かうように工作するだけなので、最終的にはお互い総意での離婚成立となります。

よって、子供の立場としては非常に辛いですが、どちらの親についていくかは、相談の上決める必要があります。基本的には、経済的、生活面で子供を育てられる能力のある方に優先されます。もちろん子供の意思も反映されます。

<子供のケアまではできない>
別れさせ屋の仕事は、ターゲットを別れさせることです。その後に起こりえることまでは責任を取ることはできません。依頼人が幸せになるかどうか、別れてしまった人たちがどういった方向へ進んでいくのか、この行く末は誰もコントロールは不可となります。子供も同様です。仮にターゲットに子供がいたからといって、別れさせ屋はそこまでケアできません。離婚することで、子供がどうなってしまうのか、それは依頼人が責任を持って考える必要があります。

別れさせ屋によって離婚してしまった子供は、とても可哀そうです。元々は離婚する予定はなかったのに、第三者の介入によって別れてしまったのですから、もしそれを知ってしまったら大変ショックを受けるでしょう。そんなことにならないよう、別れさせ屋は守秘義務を守り続ける義務があります。

「別れさせ屋に相談にくる人は、親でも子でもみんな家族想いである」

別れさせ屋にくるのは、恋愛沙汰で何かトラブルを抱えている人ばかりではありません。中には、親の立場であったり、子供の立場の人が、自分の家族のことで相談にくることもあります。相談内容はまちまちですが、共通しているのは、みんな家族のことを想い相談しに来ているということです。

<親が子供を別れさせたいと思う理由は>
親の立場で相談にくる人の多くは、子供が今付き合っている人、あるいは結婚相手と別れさせたいという思いを持っております。傍から見れば、そこまで親が介入するものなのかと疑問に思われるかもしれません。でも、親にとって子供の交際相手は、いずれ将来は家族となる可能性があります。だから、あまり好ましい人でなければ早い段階で見切りをつけて、別れてほしいと思うのは当然です。もちろん自分が気に食わない、ぐらいの理由で別れさせ屋に依頼するのは良くありません。

ただ、交際相手が、性格上問題があったり、将来的に自分の子供が苦しめられることも考えられます。そんな時には、多少強引な手段を用いても、別れさせることは仕方ありません。やはり親は子のことをいつまでも想っているものであり、別れさせ屋に相談にくる人も、総じてそういった傾向が強いです。

<子供が親を別れさせたいと思うのは>
逆に子供の立場で、親に離婚してほしい、別れてほしいと思うのはどういう時なのでしょうか。例えば、父親が暴力をふるったり、DVが酷い場合、別れて母親を解放してあげたいと思うこともあります。他にも、どちらかが不倫をしていて、それを偶然知ってしまった。気付かれる前に不倫相手と別れさせたい、といった理由で別れさせ屋に相談にくる子供もいらっしゃいます。子供といっても、ある程度の年齢に達した方ばかりです。ただ、ここからも子供が親を想う気持ちが十分に伝わってきます。

別れさせ屋に持ち込まれる相談ごとは、自分勝手なものばかりではありません。時には誰かを想い、自分が多額の費用を払ってでも、幸せになってもらいたいと願う、純粋な気持ちからくる依頼もあります。やはり家族というのは、お互いが強く思いあっているものだと感じます。