別れさせ屋の成功率はどれくらい?

■一概に成功率は答えられない

別れさせ屋について、最も気になることは「成功率」でしょう。
しかし、好きな人を恋人と別れさせたい、不倫相手の夫婦を別れさせたい、子供を交際相手と別れさせたい、というように、“別れさせたい”相手は依頼者によって違いますし、自分自身が相手と別れたい場合もあります。
さらに、別れさせたい対象者の職業や生活、その人の情報量などによって、成功率はかなり左右されるので、一概に「成功率はこれくらい」と答えることはできないのです。

別れさせ屋のサイトなどには、過去の事例が掲載されていることがありますが、自分に近い状況であっても、全く同じということは絶対にあり得ないのです。
調査や工作を進めていくうちに、今まで知らなかった新しい事実を知らされることもありますし、工作を進める中で、対象者の行動や反応によって、状況が大きく変化することもあるのです。

■対象者を警戒させると失敗に繋がる

別れさせ屋は、重要な情報を集め、プランを検討し、特別な訓練を受けた工作員によって、自然に別れさせる工作を進めていきます。
しかし、失敗してしまうケースもあります。
失敗するケースで原因となるのは、対象者を警戒させてしまったことが多いです。
ただ、その原因を作るのは、たいてい依頼者の目立った行動によるものです。

例えば、不倫相手の夫婦を別れさせたくて、「離婚してほしい」と不倫相手に頻繁に言ったり、妻のことを調べるために尾行などして目撃されたりして、完全に様子がおかしいと警戒されてしまうのです。
警戒心をもたれたまま、別れさせ屋の工作を行っても、自然に演出することが難しくなり失敗に終わります。
別れさせ屋の工作を成功させるには、依頼者は全く気づいていないように演じ、相手を油断させ、自然と別れが訪れるようにするのです。

■情報量は成功率を上げる重要な要素

対象者についての情報量が多ければ多いほど成功に繋がります。
しかし、情報がほとんどなく、対象者の居場所さえ突き止められずに、早い段階で失敗に終わったケースもあります。
別れさせ屋の調査力なら、必要な情報を調べ上げることも可能ですが、全く何もない状態から調べる場合は、それだけの費用がかかるので、予算が足りなくて工作を依頼することができないこともあります。
このように、対象者に関する情報は、できるだけ多く用意しておくことが成功に繋がるのです。

ただし、素人が情報を集めようと下手な行動をして、対象者に不審に思われたら、工作が失敗してしまうので、無理に調べようとせずに、リスクにならない程度に情報を集めておくことが大切です。

■成功率を上げるための心構え

また、別れさせ屋に相談する際は、恥ずかしいことは話さなかったり、自分に都合の良いように話を作ったりする人もいますが、これも失敗に繋がります。
隠し事や偽りの情報が“落とし穴”となり、別れさせ屋がそのことを知らずにはまってしまえば、そこで計画は台無しになってしまいます。
そのため、恥ずかしいことでも、自分が不利になりそうなことでも、包み隠さずに何でも話すことが重要なのです。

夫婦を離婚させたくて別れさせ屋に依頼する際に、知っておいてほしいこと

■別れさせた後まで面倒は見られない

別れさせ屋に依頼に来る人は、さまざまな悩みを抱えており、それぞれで行われる工作は異なりますが、中でも多いケースは、好きな人がいるけどその人には他に付き合っている人がいるから、その2人を別れさせてほしいという内容です。

別れさせ屋に相談に来る人の中には、好きな人と付き合っている人を別れさせて、自分のものにして絶対に結婚させてほしい、という依頼をする人もいます。
しかし、別れさせ屋の仕事は、2人を結びつけることではなく、あくまで「別れさせる」ことなので、依頼者が対象者と仲良くなって、結婚に導くまで面倒を見ることはできないのです。

■案件によって工作の難易度は異なる

別れさせたい対象者カップルの結びつきの度合いによっても、工作の成功率は変わってきます。
2人の関係が冷めた状態なら成功する確率はとても高いですが、まだ付き合い始めて少ししか経っていなくてラブラブな状態なら、別れさせるのに時間や手間がかかってしまうでしょう。

また、対象者が結婚して夫婦の関係ならば、さらに難しくなるでしょう。
夫婦関係を何年も続けていると、2人の間には切っても切れない縁のようなものがあるので、問題が起こったとしても、離婚までは考えられないのです。
ましてや、夫婦の間に子供がいる場合は、子供への影響を考えて、2人の仲は崩れても離婚はしない、という夫婦もいます。

■リスクがあることを忘れてはいけない

その他にも知っておいてほしいことは、相手の夫婦関係を終わらせる工作をした場合、それが対象者にバレてしまって損害賠償請求をされたり、“公序良俗”に違反すると判断されてしまったりすることもあります。
別れさせ屋の工作は違法行為ではありませんが、結婚している夫婦を別れさせるように依頼する場合は、そのようなリスクがゼロではないことも考慮しないといけません。

■“妊娠”は別れさせるための材料にはならない

不倫相手の子供を妊娠してしまった、というケースもよくあります。
「あなたとの子供ができたから、奥さんと離婚して私と結婚してほしい」と迫れば、絶対に離婚してくれるだろう、と考える人もいますが、妊娠したとしても責任をとってくれない人も結構多いようです。

別れさせ屋に依頼すれば、不倫相手の夫婦を離婚に導く工作をして、依頼者の方へ気持ちを向けるようにします。
しかし、いくらプロの別れさせ屋でも、100%成功できるとは限らないので、全ての責任を別れさせ屋に押し付けてはいけません。

別れさせ屋は子供の交際を終わらせることもできる

■子供は親に対して反抗するもの

息子や娘は、親に対して、いくつになっても反抗心が強くなるものです。
親の言うことが理解できたり納得できたりしても、反発したい気持ちの方が先行して態度に出てしまいます。
それはどんなことに関しても反発心が働き、自分の交際相手のことを親に否定された場合も、素直に聞き入れる子供はほとんどいないでしょう。

お互い“好き”という感情が強いと、その相手がどんな人間であっても、熱くなって周りが見えなくなることがあります。
親から見て、子供の将来を絶対に預けたくない悪い人間だとして、別れた方が良いことを子供に伝えたとしても、それで簡単に別れることはまずないでしょう。

■親とは全く関係ない別れさせ屋が効果的

息子や娘の交際をやめさせようとしても、全く聞き入れてくれないけど、「必ず一生が狂ってしまう」「幸せな生活ができるわけがない」と人生が台無しになることがわかっているから、なんとかしたいと思うものです。

息子や娘からすれば、「もう小さい子供じゃないんだし、恋愛にまで口出しされたくない」「大好きな彼氏(彼女)を悪く言われたくない」という気持ちが強く、親の言葉など耳に届かないでしょう。

ただ、親しい友人や心が開ける同僚など、客観的な立場から判断してくれる人物から、「その人はやめた方が良いかも」と言われれば、すんなりと聞き入れることもあります。
でも、そのように冷静に判断してアドバイスをくれる第三者が周りにいないのなら、取り返しのつかないことになる前に、別れさせるプロの別れさせ屋に依頼することをオススメします。

■どうやって2人を別れさせるのか?

別れさせるのに一番良い方法は、恋人から傷つけられたり、裏切られたりして、つらい気持ちを自ら味わうことです。
恋愛感情の“好き”とは、相手に期待を持っている状態なので、その期待が裏切られた場合は、怒りがこみ上げてきて、好きな思いは一気に消えていくものです。

男女の恋愛で結びつけている要素は、「癒し」「信頼」「共感」「お金」「性欲」「刺激」ということでしょう。
別れさせ屋では、その中で、交際相手の落ち度を作り上げ、それらを徐々に断ち切っていく工作を行うのです。

別れさせ屋の工作は、主に、対象者を不仲にさせる要素や、接触する際に有効となるポイントを確認し、工作員が対象者の1人に近づいて、隠し事や侮辱的なことなどを聞き出し、その情報を効果的に用いることで2人の仲を自然と終わりに導くのです。

■重要な情報を慎重に調べて工作を進める

ただし、案件によって登場人物も1人1人の性質も全く異なるので、工作の骨組みはだいたい同じでも、工作にかかる期間や費用なども、かなり大きな差が出てきます。
また、2人を別れさせるのに有効な材料もそれぞれで違いますし、どのタイミングで使用すれば効果的なのかも十分に検討しないといけません

別れさせるのに有効な材料を集めるには、子供の所在地、普段の素行、性格、価値観、恋愛観など、いつもの行動から内面の情報まで、調査と工作で人間関係を構築することによって調べていきます。
そして、重要な情報が集まったら、別れさせるためのプランを何種類か考えて、有効なプランを組み立て実行するのです。

また、相談の段階で情報が多ければスムーズに進みますが、依頼者の親御さんの主観が強かったり、子供の発言が信用できなかったりする場合もあるので、別れさせ屋やその情報の信憑性まで判断して工作を行います。

親のために子供が別れさせ屋を依頼することもある

■親の交際相手を別れさせるために

息子や娘の交際相手が気に入らなくて、親が別れさせ屋を依頼して、子供の交際相手に対して工作員を使って、その交際を破綻させることは結構あるケースです。

ところが中には、その逆で、親に対して子供が別れさせ屋を依頼することもあるのです。
この場合、自分の父親と母親が離婚することを望んでいるのではなく、両親のどちらかの不倫をやめさせるために、依頼することが多いのです。

例えば、「母親が不倫している事実を知ってしまったけど、父親は全くそのことに気づいていないから、気づかれて修羅場となり離婚してしまう前に、母親の不倫をやめさせてほしい」という依頼が実際にありました。
子供にとって知りたくもないつらい悩みだけど、この状況をなんとかしたくて、別れさせ屋に頼むのです。

■高額な費用をかけてでも親を取り戻したい

そのような依頼をするのは、“子供”といっても成人していますが、いくつになっても親子の関係は変わらないので、自分を育ててくれた父親や母親が、別の存在を求めている姿は想像するだけでも嫌なものです。
また、不倫されているのに何も知らない父親(母親)が不憫だったり、不貞の事実を知ってしまって嫌な思いをさせたくなかったり、という気持ちもあるでしょう。
別れさせ屋に依頼するには、高額な費用が必要になりますが、それだけ自分の親のためにかけるなんて親孝行な子供ですし、その親にはあきれてしまいます。

■親のことで悩んでいたら別れさせ屋に相談

「子供は、親の気持ちなんてわからない」とよく言われますが、このケースの場合はその逆で、子供の気持ちも知らずに親が自分だけの楽しみを取り、子供を苦しめてしまっています。
不倫している親は、まさか自分の子供が多額のお金を使って、自分たちを別れさせるように努力していることなんて知らないでしょう。

自分の親が不倫しているなんて知ってしまったら、悲しい、悔しい、つらい、恥ずかしいなど、子供はさまざまな感情に押しつぶされてしまいそうでしょう。
家族以外にも周囲の人に知られて噂になったら、と考えると、今すぐにもやめさせたいのは当然です。

ただ、誰にも知られずに、自分1人で別れさせるのはかなり難しいので、まずは、別れさせ屋に相談すると良いでしょう。
別れさせ屋の工作には、高額な費用がかかってしまいますが、相談の段階で詳しい状況の説明や情報を集めることで、費用を抑えることも可能です。
親身になってくれる別れさせ屋を選んで、また幸せな家族の時間が戻ってくると良いですね。