成功率の高い別れさせ屋の見つけ方とは?

浮気や不倫など、不快な交際全般は突然発覚します。あわてて別れさせ屋を検討する方もいるでしょう。しかし別れさせ屋の利用料金は決してお手軽ではありませんし、もし失敗してしまえば、工作料の支払い損で終わります。評判がよく、成功率の高い別れさせ屋の見つけ方はあるのでしょうか?

■別れさせ屋が失敗するとき

別れさせ屋はターゲットの別れをもって成功とします。別れ話の録音など、依頼者に証拠を渡せる段階になれば成功といえるでしょう。しかし、別れさせ屋の工作が失敗するケースもあります。知識として知っておきましょう。
別れさせ屋工作員の存在がターゲットに知られてしまうことが失敗の最大の原因です。突然女性工作員に「妻が浮気している」旨を告げられ、不審に思った夫が妻に問いただしたところ、別れさせ屋の存在が発覚したという事例が残っています。
妻が誰にも相談しなければ夫婦間の溝が深まったかもしれませんが、妻が別れさせ屋対策を調査しはじめることで別れさせ工作の難易度がはね上がってしまったようです。
ターゲットがあらゆる人物との接触を避け、スケジュールや近況を誰にも話さないようになると工作を行っても無駄足を踏むことになってしまいます。

■悪評が先行、しかし依頼者がオススメするケースも

ほかにも、電車内で不審な人物に写真を撮られたことで元恋人に別れさせ屋を派遣されたと気づいたというケースもあります。このように、別れさせ屋が失敗したケースは具体的に語られがちです。
では成功例はというと、あっても依頼者が具体的な方法をまわりの人に話すことはないでしょう。むしろ秘密を守るためには、別れさせ屋を使ったという事実そのものも伏せなければなりません。
そのような理由で、別れさせ屋については悪評が先行しがちです。ですが、大型質問サイトなどで成功率の高い別れさせ屋を聞くと、自身が利用した別れさせ屋を匿名で教えるなど、親身になってくれるユーザーもいるようです。

別れさせ屋には工作が失敗するケースもあります。成功率の高い別れさせ屋に依頼しようと思う場合は、複数の別れさせ屋を比較検討してみることも重要です。依頼する前によく調べておきましょう。

夫婦が別れさせ屋に依頼するケースとは?

別れさせ屋は任意の二人を別れさせるサービスです。独身者の場合は三角関係の解消や、恋人の浮気の阻止に使われます。恋愛関係へ第三者が介入し、別れさせるのが別れさせ屋の基本的な目的ですが、既に結婚している夫婦が別れさせ屋を検討するケースはあるのでしょうか?

■離婚、不倫関係の解消に

結論からいうと、既婚者が別れさせ屋を利用するケースはよくあります。夫が子供の保育園の保育士と不倫していたという事例もありますし、新しい相手と生活するために妻と別れたいという夫もいます。
これらの問題はしばしば泥沼化するため、何年も苦しむより第三者の力を借りて、できるだけ円満に解決したいという方は少なくないのです。
別れさせ屋では、依頼内容によって数種類の工作員を派遣します。配偶者と関係している人物の身辺調査に特化した調査員や、配偶者と恋愛関係になりもともとの相手との関係を解消させる恋愛工作員などです。
夫婦間にはフリーとは異なる絆や契約があり、別れるのも別れさせるのも難易度が高めになっています。ですが別れさせ屋を利用すると早期解決が望めます。

■気づかれないようにするためには?

しかし、別れさせ屋が失敗するケースもあります。例えばターゲットを尾行する工作員の存在を知られてしまうと、勘のいいターゲットなら探偵や興信所を疑います。もし配偶者から不審な人物について尋ねられても、知らないふりをしなければなりません。
夫婦で家計を管理している場合、別れさせ屋の利用料金も使途不明金として疑われやすいポイントでしょう。別れさせ屋の利用料金は数十万円程度はかかりますので、大金が突然消えたりすると発覚しやすいです。
分割での支払いにしたり、もっともな口実を準備しておくなど、依頼者からの働きかけも必要となります。夫婦の関係にもよりますが、同居していて会話もスムーズな場合は特に気をつけたほうがよいでしょう。

夫婦関係の改善のために別れさせ屋に相談する依頼者はいます。しかし依頼したことで足がつくケースもあります。別れさせ屋に依頼するまでもなく改善をはかれる場合もありますので、まずはメールや電話で相談してみてはいかがでしょうか。

子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースとは?

別れさせ屋を使うとさまざまな人間関係を解消させることができます。費用は数十万円~となっていますので、未成年が利用するケースはまずないでしょう。ただし、子供を持つ親が別れさせ屋に相談するケースはあります。子供のいる依頼者が別れさせ屋に相談するケースを見てみましょう。

■恋人や配偶者の浮気・不倫をやめさせる

授かり婚は結婚のきっかけとしてよく知られています。しかし、未婚女性が恋人の子供を妊娠しても結婚に至らないケースもあります。恋人に結婚する気がないと婚姻には至りませんし、相手に別の女性がいたりすると子供の存在を告げても前向きな返答は得られないかもしれません。
その場合、別れさせ屋を派遣して別の女性とターゲットを別れさせ、男性の責任感に訴えるプランが有用です。
子供のいる夫婦にとっても、配偶者の不倫はショッキングなものです。シングルでの子育てにはリスクが伴います。配偶者の出来心であるなら一度関係を清算してもらった上でもう一度やり直したいという方は多いでしょう。
別れさせ屋に依頼すれば不倫の解消のほか、どうしても離婚したい場合は依頼者が親権・財産分与などで優位に立てるように話を進めるサポートができます。

■子供をよくない相手と別れさせる

大切に育てた子供が突然駆け落ちしてしまう事態もあります。そのようなことが起こらないよう、子供をよくない相手と別れさせたいときも別れさせ屋への依頼が有効です。
別れさせ屋では基本的に魅力的な異性の工作員を派遣しもともとの関係を破綻させます。しかし子供に異性を近づけたくない場合は、対象となる人物の隠し事(借金などの悪評)を調査し身内に伝えて別れさせるように仕向ける手法もあります。
第三者からの働きかけによって子供とその恋愛相手がお互いに別れたいと思えば別れ話がこじれることもなく、後腐れなく関係を終わらせることができます。

子供を持つとあらゆる手段を用いて子供を守りたくなる方もいるでしょう。ですが、別れさせ屋に依頼するまでもなくご自身の働きかけで解決するケースもあります。別れさせ屋への相談は無料ですので、まずは相談からはじめてみてもよいでしょう。

別れさせ屋で親を別れさせる

昔と比べて離婚する夫婦は増加傾向にあるそうです。子供が小さいうちはまだしも、子育てが終わったら…と、いわゆる熟年離婚を希望する方もいます。定年後の夫との生活に耐えられないという妻も少なくありません。別れさせ屋で親の離婚を後押しする方法はあるのでしょうか?

■離婚の種類

離婚は夫婦の合意がないと成立しません。離婚には4種類の段階があります。まずは協議離婚です。夫婦が離婚したい旨を話し合って合意をめざすものです。もし同居しており話し合いにも応じるようならこの形式がとられるでしょう。
今離婚する夫婦のほとんどは協議離婚の段階で離婚するようです。別れさせ屋を使った工作では客観的に状況整理を行いますので、話し合いもよりスムーズになるでしょう。
もし協議離婚が成立しなければ、調停離婚に移ります。家庭裁判所へ離婚の調停を申し立てるというもので、こちらも当事者が行います。調停による調査や証拠調べが入り、それでも合意が成立しなければ審判離婚に移ります。
審判離婚では裁判官の審判をもって離婚を成立させるものです。現在では約1%と、ごくわずかの夫婦が審判離婚を行います。それでも不可能だった場合は弁護士を雇って判決離婚で勝訴しなければなりません。

■それでも親に離婚してもらいたいとき

子供は両親がいなくては生まれてこないものです。生んでくれたことへの感謝はあっても、両親の夫婦仲が険悪だったり、両親のどちらかが暴力行為や不倫をするようであれば別れてほしいと思うかもしれませんね。
子供が独立してしまった場合、空の巣症候群に陥ってしまう方もいます。子供の存在を支えにして維持できていたような夫婦関係は、やはりうまくいかなくなりがちです。
しかし、夫婦が離婚するときは前述のように離婚するための工程が煩雑であるほか、配偶者なしの生活への不安が生じます。そのため、離婚したいという気持ちをズルズルと引きずってしまうのです。
別れさせ屋に依頼すれば、魅力的な異性の工作員を派遣して離婚する理由を作っていきます。異性との恋愛の楽しさはもちろん、ターゲットが配偶者と別れたあとの生活を前向きに検討できるため別れやすくなります。