別れさせ屋の成功率を上げるためにできること

別れさせ屋に依頼をし契約が成立すればあとはもう工作員に任せておけばいい、そう考えているとしたら大きな間違いです。確かに工作がバレるリスクを回避するために下手な行動はとらない方がいい場合もありますが、成功率を上げるために依頼者ができることがあるのです。

■きちんと情報収集をしておく

たしかにプロの工作員・調査員のリサーチ能力はすごいものです。自分が知らなかった情報をいつの間にか仕入れてくるということはよくあります。しかし対象者が赤の他人である以上、知りえない情報というのも存在します。
依頼者と対象者が親しい関係にある場合、工作員が知えりえない情報を持っている場合があります。また性格や、親・友人との関係性、生活パターンなど依頼者の方が収集をしやすい情報というものもあります。工作期間中に対象者にハプニングや状況の変化が起きた場合にも気づきやすいポジションにいるのは依頼者である可能性も高いでしょう。
依頼者が相手に悟られない範囲で可能な限り情報収集をしておく、自分が持っている情報はきちんと別れさせ屋に伝え、なにか変化があれば報告することは、成功率を上げるために大切です。

■別れさせ屋をきちんと信用する

そして別れさせ屋と依頼者がいかに信頼関係を気づけるかが成功を左右させる大きな要素になってきます。信用のない相手には本音は話せませんよね。依頼者が別れさせ屋を信用せずに、表面的な会話しかしなかったり、工作に必要な情報を伝えないでいると、適切な判断ができず失敗に繋がる可能性は高くなります。
成功率をあげるにはきちんと別れさせ屋をしんようして、とにかくなんでも話をすることです。またちょっとしたことでも質問してみて回答をしてもらうというやりとりをすれば信頼関係は気づきやすくなるでしょう。
そうやって信頼関係を気づき上げることで、工作員も依頼者や対象者の周囲に溶け込みやすくなるので、バレる可能性も下がり行動しやすくなります。

つまり、いくら別れさせ屋に依頼したからと言って他力本願ではいけないということです。あくまでも自分が当事者であることを自覚し、成功率をあげるための行動をとるようにしましょう。

家庭内別居の夫婦を別れさせ屋が離婚にはこぶ

最近ではごく短期間で離婚をしてしまう夫婦もかなり増えてきていますし、芸能人でもバツイチであることを堂々と公表する人も少なくありません。しかしいまだに世間体を気にしたりバツイチにはなりたくないと、関係が破綻していても家庭内別居をして婚姻関係を継続させている人は多くいます。

■家庭内別居が長く続くと離婚しづらい!?

よくだらだらと同棲生活を続けているカップルは結婚にまでなかなか結び付かない、という話はありますが、同様に、家庭内別居がだらだらと長く続いてしまえば自力で離婚することが難しくなってきます。その理由は、現状でも生活がなんとなく成り立ってしまっているからです。
そうなると、どちらか一方が現状を打破しいようと思い立ったり、周囲が離婚するように働きかけても、今のままでも問題はないではないから、と双方の同意が得られない可能性が高いです。
同性カップルがようやく結婚に踏み切ったと思ったら、子供ができたからだった。というように、なにかきっかけを与えてあげない限り、長く続く家庭内別居から離婚に運ぶことは難しいでしょう。

■きっかけを作る別れさせ屋の工作

家庭内別居を続けてきたけれどそろそろ新しい自分の人生を歩みたい、娘息子を離婚によって家庭内別居から解放させてあげたい、などの理由から別れさせ屋に工作を依頼する人もいます。
そんなとき別れさせ屋は、まず家庭内別居に至った原因を調査することから工作をスタートさせます。例えば家庭内暴力やどちらかの不貞行為が原因だった場合は、その部分をつけばいいので比較的簡単です。しかし性格の不一致や、なんとなく自然にそうなった場合だと、相手に離婚を同意させるだけの要因を要しなければならないので、時間もお金もその分必要になってきます。
またよりスムーズに離婚へとはこぶためには、別れさせ屋の工作だけでなく、家庭内別居状態であってもきちんと会話を交わすことも大切です。

世間体や工作にかかる費用、離婚後の生活への不安などをかんがえると、なんとなくでも生活を続けられている現状を維持する方がいいという人もいるでしょう。しかしそれは精神的にも楽な生活とは言えませんし、せっかくの幸せへのチャンスを逃してしまっているかもしれません。悩んでいる人は一度専門家に相談してみるのもいいでしょう。

子供がいる夫婦に別れさせ屋がすること

子はかすがいという言葉があるように、夫婦関係に不安があるばあいでも子供の存在を理由に離婚に踏み切らない夫婦は多いです。しかし子供がいる夫婦が別れさせ屋に離婚の手伝いを依頼するケースも存在しています。

■子供のために離婚する場合も

子供には父親と母親、両方の存在が必要という意見は間違ってはいないでしょう。しかし状況によっては必ずしもそれが正しいこととは言えないのが事実です。悲しいことに最近では子供の虐待にかんする事件は後を絶ちませんし、DVの問題も度々取り上げられています。
子供への暴力は当然のことながら、自分の母親が父親から暴力を受けているのを見るのは子供にとってかなり精神的な負担にもなります。父親と母親が喧嘩ばかりしていては、子供に悪影響を及ぼします。そんな理由から、子供のために離婚することを望む母親、ないしは父親も少なくありません。
本来であれば子供のために婚姻関係を継続させることが社会的にも正当なので、ただ別れたいというだけでは依頼を引き受けてもらうことは難しいでしょう。しかしこのように、別れた方が子供のためにいいという妥当性を認められれば、別れさせ屋は工作に動いてくれます。

■親権問題を解決し別れさせる

子供がいる夫婦の離婚で切っても切り離せないのが親権問題です。お互いが子供の親権を譲らないがゆえに、離婚がスムーズにいかないということはよく起こります。そんなときに別れさせ屋の工作が活用されます。
多くの場合この工作を依頼するのは、親権をとるべき人間ですので、対象者に親権を放棄させるように強い向けます。子供ができると女性から母親という生き物に、同じく男性から父親になります。ということはそれと逆の働きかけをすればいいのです。異性の工作員を近づけ親密にさせることで、自分が男性ないしは女性であることを自覚させます。そして恋愛に夢中にさせることで子供絵への執着を絶つのです。

しかし別れさせ屋ができる仕事は、親権問題を解決し別れさせることまでです。やはり親の離婚というのは子供に大きな影響を与えます。それをケアするのはあくまでも親である自分自身だということはしっかりと意識しておきましょう。

親が別れさせ屋に依頼する場合の注意点

親が自分の息子や娘をパートナーと別れさせてほしいと別れさせ屋に依頼するケースも意外と多くあるようです。子供のことを考える親心とも言えるかのしれませんが、それがただの親の身勝手である可能性も秘めていることは理解しなければなりません。

■親子でも価値観は違います

子供を手塩にかけて育て、生まれてこの方見守り続けている親は、自分が一番子供のことを理解していると思いがちです。しかしたとえ親子であっても価値観は違います。なにをもって幸せと呼ぶかは特に人それぞれ違うので、親がよく思えなくても、子供にとっては幸せな交際であることはよくあります。いい大人になってからも親が過保護に干渉しすぎることは決していいこととは言えません。
基本的に別れさせ屋が工作をすべきと判断するのは、その付き合いが客観的に見てもいいとは言えない、不利益をもたらす可能性があると認められた場合だと考えましょう。

■頭ごなしに反対してはいけない

子供をよくない相手から別れさせたい場合によく親がやってしまいがちなのは、徹底的に反対するという行為です。子供を思い、できるだけ早く別れさせたいという気持ちはわかりますが、頭ごなしに反対することは決してしてはいけません。
親の干渉を子供は嫌う物。頭ごなしに反対されれば多くの子供は反発をしてしまいます。親からの干渉に腹を立てて判断力を欠いた状態では、駆け落ちなど極端な行動に出ることもあります。仮に別れさせることに成功したとしても、その後の親子関係に影響を及ぼすでしょう。
別れさせ屋に工作を依頼する場合でも、それ以前や工作の最中に親が別れさせたいという強固な姿勢を子供に示していると、別れさせ屋の関与を疑われる可能性も高くなってきます。口を出しすぎしぎない、ということが工作を成功させるカギとなってきます。

親であれば子供に幸せな人生を送ってほしいと思うのは当然のことです。そのために大事なのは、意見の強要はせずに、少し離れたところから子供を見守ってあげるということです。子供の別れさせにはまず親の忍耐も必要ということです。