『別れさせ屋の成功率はどのくらい?』

高いお金を支払って依頼するのですから、別れさせ屋の行う工作活動の成功率について具体的に知りたいと考えるのは当然のことです。しかし、別れさせ屋が請け負っている依頼は、その全てが違う内容のものです。全体の成功数を平均して成功率を割り出しても、あまり意味がない数字になってしまうのです。
世の中にひとりとして同じ人間が存在しないことを考えれば、人間関係についても同様に同じものはないということはよくわかっていただけるかと思います。似たようなケースは存在するでしょうが、マニュアル通りにこなせばそれで成功するというわけにもいかないのが別れさせ工作です。

■別れさせ屋の受けた依頼全体の成功率はあくまで参考にとどめる

別れさせ屋によっては、ホームページや広告などで依頼の成功率のパーセンテージをアピールしているところもありますよね。概ね、70%から80%台程度の数字でしょうか。
これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれの印象によって異なるかと思いますが、どちらにせよこの数字はその別れさせ屋がこれまでに受けた依頼全体についての成功率です。比較的簡単な内容の依頼であっても、困難な状況の依頼であっても、全てを1とカウントして割り出したパーセンテージと考えると、この成功率が高いからといって信頼できる別れさせ屋とは一概には言い切れないことがわかってもらえるのではないかと思います。この成功率に関してはあくまで参考程度に見ておいたほうが良いでしょう。

■重要なのは「自分の依頼の成功率がどれくらいか」ということ

本来重要視しなければいけないのは、「自分が別れさせ屋にする依頼の成功率が高いか低いか」ということです。自分の依頼に関する成功率については、どういった状況にあるか、目的な何かということを具体的に伝えた上で、別れさせ屋のスタッフに聞かなければわかりません。
別れさせ屋の方でもあまりに困難な依頼については事前に断ることがあります。無理に受けて失敗するということは避けたいからです。このような事情も合わせれば、無料相談時に成功率を尋ねれば真摯に答えてくれることがほとんどであり、その数字には信憑性があることがわかります。

『別れさせ屋を利用して夫婦も離婚しそれぞれの新たな道へ』

別れさせ屋という言葉には、やはりネガティヴなイメージがつきものです。「別れる」という行為そのものがまずネガティヴな印象を与えますし、それを第三者の手で誘導するとなればなんだか悪いことをしているような気になってしまうのもうなずけます。
ですが、実際には別れさせ屋の行うことはさほどネガティヴで悪いことであるというわけではありません。むしろ、停滞していた関係性を清算し、新しい道へと進めるきっかけとなることも多いのです。

■夫婦であっても気持ちがなければ一緒にいるのはつらい

恋人関係ならまだしも、一度夫婦になってしまうと別れることへの忌避感が強くなりがちです。周囲の人にも説明しなければいけなくなりますし、離婚することで偏見を持たれたら……という恐怖を感じている方も多いです。また、専業主婦の方や子育て中で休職している方などは、経済的にも離婚をすることで困難な状況に陥りやすいですから、なかなか踏み切れないというのが現実です。
ですが、こういった要素を全てふまえた上であっても、気持ちがないパートナーと一緒に居続けることはかなりの苦痛を伴うものです。精神的にも余裕がなくなりますし、夫婦間の空気が悪くなればお子さんにもそれは当然伝わります。無理に結婚生活を続けることで、家族全体の仲がぎすぎすしてしまうのですね。

■別れた方が関係が良くなることも多い

別れさせ屋は、夫婦の離婚についても工作活動を行っています。ですが、別れさせ屋が行う別れさせ工作は、夫婦を無理矢理離婚させるということではありません。むしろ、「当人どうしにとって離婚をする方が有益であると知らせる」といった意味合いが強いです。
離婚をすることによるリスクにばかり目がいきがちですが、気持ちが既に離れているのであれば離婚した方がむしろお互いのためになるというのはよくあることです。離婚して距離を取ったことでかえって関係がよくなり、子供も交えて家族としては親しい関係を続けていくことができたというご夫婦もたくさんいます。
別れさせ工作は、何も悪いことではありません。別れを選べずにいる方々が、新しい道へと進むお手伝いのひとつでもあるのです。

『子供のためにも別れさせ屋を利用して自然に家族関係を修復しよう』

将来を誓い合った上で結婚したはずなのに何年も一緒に暮らすうちにマンネリ化し、挙句にパートナーが浮気をしていると気付いていても、離婚を選択しない方も多いです。それはひとえに、お子さんのことを考えてのことです。子供にとっては両親が仲良く一緒に暮らしていた方が好ましいだろうと考え、自身の悲しみやショックはぐっと堪えていらっしゃるのですね。
ただ、浮気を放置していては、パートナーの気持ちがそちらに完全に移ってしまい、浮気から本命の相手となってしまう可能性も否定できません。子供のためを思えばこそ、別れさせ屋を利用して自然に家族関係を修復していきましょう。

■浮気相手と別れさせ、家族やパートナーの大切さを思い出させる

浮気をやめさせ、パートナーの気持ちをもう一度自分や家族に向けるためには、別れさせ屋へ依頼するのがおすすめです。このようなケースにおいて別れさせ屋はとても便利で頼れる味方なのです。
このまま離婚して浮気相手と再婚しようといった具体的な計画はないとしても、わざわざリスクを冒して浮気するくらいですから気持ちがそちらへ向いているのは明らかです。そうなれば自然と家族関係にも影響が出てきますし、子供との関係もぎくしゃくしてしまうかもしれません。
そうなる前に浮気相手と別れさせてしまえば、パートナーももう一度家族の大切さを思い出すはずです。別れさせ工作ではあらゆる方向性からのアプローチでカップルが破局するよう仕向けていきますが、その中でも家族を大事にするべきであることを再確認させつつ、浮気相手とは自然に別れるよう誘導していくことも可能です。

■その後も自然な関係を保てるのも大きなメリット

自分自身の力でパートナーの浮気問題を解決しようとすると、どうしても正面から話し合うことになってしまいます。そうなると、パートナーが過ちを認めて浮気をやめたとしても、それまでとすっかり同じ夫婦・家族関係であることは難しいですよね。
別れさせ屋はごく自然な成り行きであるかのように別れへと誘導していきますので、このように家族関係に何らかの変化が生じることがありません。時には直接指摘するよりも間接的に働きかけた方が良い効果が得られることもあるのですね。

『親が子供について別れ

別れさせ屋というと、大抵は自分自身に関係するカップルについて別れさせてほしいと依頼することが多いかと思います。もしくは、現在交際している相手、結婚している相手と自分が自然に別れられるよう工作してほしいという依頼ですね。
実際には、自分自身に関係していないカップルについて、第三者が別れさせ工作を依頼することがあります。具体的に言えば、息子や娘を心配している親御さんからの依頼です。
本人は幸せなお付き合いをしているつもりであっても、傍から見ればとてもそうは思えないカップルは往々にして存在するものです。赤の他人であればそれでもさほど気にならないでしょうが、自身の大切な子供となればそうはいきませんよね。

■心配する気持ちは直接伝えるともめてしまう原因にも

ご両親のお気持ちを考えれば、自分たちの娘や息子が確実に良くない相手と交際しているとわかれば別れてほしいと感じるのが当然です。もちろん過干渉になってしまうのはよくないことではあるのですが、例えばまだ若い娘さんが極端に年齢が上の男性とお付き合いしていたり、既婚者との恋愛にのめり込んでいたりすれば、どうしても心配になってしまうのが親心というものですよね。
こういった状況になった場合、多くの親御さんが冒してしまうミスが「直接別れるように注意してしまう」というものです。
家族なのだからアドバイスや注意を受け入れてもらえるだろうと考えてのことではあると思いますが、若いお子さんはご両親から恋愛について注意されるとむしろ反発しやすく、反抗心からかえって深みにはまってしまうこともよくあります。いくら心配しているからといって直接伝えるのは悪手なのです。
直接注意しても聞く耳をもってもらえない、そんなときに便利なのが「別れさせ屋」です。

■別れさせ屋は自然な別れを誘導するのでもめ事にならない!

別れさせ屋は、あくまで自然な形で別れを選択するよう誘導するのが仕事です。直接注意したり無理に別れさせたりするようなことは一切ありません。
ご両親だけでは上手く別れさせられないケースでも、ごく自然に、スムーズにカップルを破局させることができ、親子関係の悪化も防ぐことができるのです。