知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実

別れさせ屋の成功率は100%ではない

たとえどんなに優秀でスキルのある別れさせ屋であったとしても、その成功率は100%ではなく、失敗する可能性は常にあるものです。考え方としては、「80%の割合で成功する」といった数字は「20%の割合で失敗をすること」と等しいわけです。ですから、別れさせ屋にその工作を頼んだとしても、失敗するリスクは必ずある、ということは覚えておくべきですし、また理解しておくべきものでもあるのです。それでは次に、そうした別れさせ屋工作の成功率を下げる理由や失敗する理由の例を3つご紹介します。

別れさせ屋工作の成功率を下げる・失敗する理由の一例

・お金、時間の問題。受けた依頼から、このまま別れさせ工作を続けていれば成功する可能性があっても、依頼を続けるためのお金がなくなってしまった、といった場合や、その工作が完了するのを待つ時間がなくなってしまった、などのような場合がこれに該当します。要するに、別れさせ屋からしたら、依頼をやめざるを得ない状況になってしまった、ということです。・依頼主側の問題。別れさせ屋からの報告により、そこから知った(知ってしまった)相手の見えてなかった部分に対して我慢できない状態になったり、もはや復縁などしたくない、と強く思う依頼者もおります。そうなれば依頼者はその依頼をキャンセルすることになりますし、別れさせ屋にとっては一つの失敗扱い、成功率が下がる一因にもなるわけです。・別れさせ屋の問題。別れさせ工作を請け負う存在というのは、本当に数多くおりますので、その中にはやる気のない別れさせ屋や、スキルが足りていないもの、お金だけのために適当に調査をし、また工作をしている、などの悪徳業者と言われるような別れさせ屋もいます。こういうところに依頼をすれば、当然のことながら成功率は下がってしまいます。中には、こういった悪い別れさせ屋に依頼をしても、たまたま成功することもあるにはありますが、大抵の場合は失敗に終わります。

別れさせ工作の現実を知っておくことが大事

このように別れさせ屋に依頼をしても、様々な原因や状況などによっては失敗する可能性が常にある現実を知っておくことは大事です。当然のことながら、中にはそうした失敗のリスクがあることを誠実に説明してくれる、誠意ある別れさせ屋もちゃんとおります。そういったところに頼むことが、少しでも別れさせ工作の成功率を上げることに繋がっているのは言うまでもありません。ですが、そんな別れさせ屋でも失敗することもあることはお忘れなく。

夫婦の絆の種類が違えば、別れさせ屋の取る方法や手法も変わる

別れさせ屋工作における方法や手法の多要因さ

別れさせ屋は、様々な方法やアプローチを駆使して対象となる方々への別れさせ工作を行い、その成功を目指して行動します。では、なぜそうした幾つもの方法があるのでしょうか。それは、同じ手法が他の対象となる方々に対して使えるわけではないからです。例えば、夫婦関係がうまくいっている夫婦とそうでない夫婦とで同じ手法、方法を使って同じ結果が出るでしょうか?どう考えてもそうはなりませんよね。また、夫婦関係がうまくいっていないのなら離婚をするはず……というわけでもなく、夫婦というのは必ずしも恋愛感情やそういった関係で繋がっているもの限りではありません。例えば、相手も自分も浮気をしていても別に構わない、といった考えや価値観、関係性を持っている人もいるはずで、そうした場合に対象となる方に異性の工作員を接近させる形をとっても意味はなくなってしまいます。こういった要素から、別れさせ屋には幾つもの手法や方法あるわけで、そしてその中で、その依頼者や対象となる方々に適したものを選ぶわけなのです。

別れさせ屋に知らせるべきなのは、夫婦がどういった絆で繋がっているか

別れさせ屋が夫婦を別れさせる上で、その工作手段を選ぶ材料となるのが、「その夫婦は一体何の絆で繋がっているのか」です。上記で例としてご紹介しましたが、それによっては適している方法が全然違ってきてしまいますからね。ただ、どういった手法を使うにせよ、基本的な考え方は対象となる人物に工作員を接近させる形であることに変わりはありません。その近づけ方やアプローチ、設定などを適宜変えて別れさせ工作を行っていくわけです。例えば、工作員は異性にするのか同性にするのか、友達や恋人など接近させてどういう関係を作らせるのかなどの部分を多くのバリエーションから選択していく、といった具合です。依頼者にとっては別れさせること、別れさせ屋にとってはその手段を選択すること、それらを実現するのに必要不可欠なのは情報です。別れさせ屋に相談や依頼をする時は、こうした考え方があると意識した上で、より精細な情報を提供するように心がけることをオススメします。

親心からの子供に対しての別れさせ屋工作依頼

別れさせ屋工作を親が依頼するケース

別れさせ屋工作の対象となる人物が、自分たちの子供であるケースがあります。そうしたケースは、娘や息子が健全ではない交際をしていたり、結婚相手とするのに不安しかなく、納得ができない……などの親心からの依頼がほとんどだといいます。やはり、それまでの長い間大切に愛情を持って育ててきた子供ですから、その人生が交際相手などによって台無しになんてされたくない、と切に願っている親の気持ちは大変理解しますし、共感するところでもあります。とは言え、子供にも自我や気持ちはあるものですし、成人を迎えている子供であれば親の言うことよりも、その時々の交際相手の意見や主張を最優先する場合の方が多く、大切な子供のことが心配だから、と強引に物事を進めようとするとかえって状況の悪化を招くことは非常に多いです。「親の心子知らず」とは古くからある言葉ですが、いくら心配する気持ちが故とは言っても、こうしたことをしてしまえば、親子の間の信頼関係にヒビが入ってしまう、などの可能性は考えられますからね。その中で、そうしたリスクを最低限に抑えつつ問題を解決に向かわせるために別れさせ屋工作を探偵に依頼するのも一つの手なのです。

子供への別れさせ屋工作

例えば、娘が悪い男に騙されている状況であるのなら、親としてはものすごく心配ですし、不安です。ですが、たとえその男の悪い部分を娘に指摘したとしても、なかなか聞き入れてもらえないケースは多いです。娘からすれば、愛している相手を親が否定してきた、と受け取ってしまいますし、また愛情のある相手を見捨てることができない、自分がそばにいなきゃ、と思う女性もいます。かといって、息子の場合であっても、男性というのはプライドがあるものですので、親から言われたとしても、交際相手に「親の言うことを聞く男」といったレッテルを貼られたくない、などのような思いから、親の意見ではなく、交際相手の意見、言い分に従おうとすることもまた多いです。もちろん、これらは子供によります。ですが、子供は親に対し、反抗心や反発心を持つ側面があるのは人間の成長過程の観点からも事実です。また、だからと言って、そんな大事な子供に降り掛かっている問題をおめおめ見逃すわけにもいきませんよね。であるなら、別れさせ屋を考えてみてはどうでしょうか。

別れさせ屋工作の依頼ケース:子供が親に対して

子供が親への別れさせ屋工作を依頼

別れさせ屋というと、別れさせることで男女間の問題をどうにかしたり、それによって関係改善を狙う復縁といったイメージを持っているのではないでしょうか。例えば、浮気をしている恋人とその相手を別れさせる、などといった具合に。そういったものは、夫が妻に対してや、彼女が彼氏に対して……というのが非常に想像しやすいケースや対象者だと思いますが、中には子供が親に対して別れさせ屋を使うケースも確かにあるのです。ある探偵の話していたケースによると、その時の案件は、依頼主であった子供は両親に離婚をさせるためではなく、あくまで親の不倫を止めさせるためであったそうです。どうやら父親が不倫をしており、その父親の不貞に子供が気付いていましたが、母親は気付いていなかったそうです。ですから、母親がその事実に気が付く前に父親の不倫を何とかしてほしい、といったものでした。当然のことながら別れさせ屋への依頼は100万円クラスの費用がかかるものですから、その子供は社会人で、両親の関係や仲を心配しての依頼だったようです。

人と人、家族の問題解決は単純には済まないけれど

家庭内の問題は、その浮気相手や不倫相手と別れさせることだけで万事解決するものではありません。ですがそれでも、このケースの場合で言えば父親(夫)に愛人がいるのといないのとでは、その解決への難易度や厄介度、障害は大きく変わります。その関係を断たせないことには、家族間での信頼や信用関係を再構築し、それぞれの家族を尊重していくなどのことはどう考えてもかなり難しいですからね。そういった意味合いから、大切な家族の関係、それらを結ぶ絆や仲の問題を解決させるために別れさせ屋工作を探偵に依頼する、といった選択肢は有用なものだと言えるはずです。とは言え、それに必要となるお金は決して安い金額ではありませんし、またいくら経験のある探偵であったとしても失敗する可能性はどうしたってつきまとってしまいます。そうしたリスクを容認できる方で、なおかつ責任も同様に持てるのなら、といった注意点を最後に付けさせて頂いた上で、探偵に依頼する選択肢を考えてみることを提案します。