別れさせ屋の成功率はどれくらい?

・どこに頼むかで大きな差がある

別れさせ屋に依頼する場合、成功率が気になりますよね。

高い費用を支払って他人に依頼するのですから、是が非でも成功させたいと思うのが当たり前です。

一般的には成功率は50%なんて具体的な数字を出しているところもありますが、じつは別れさせ屋の成功率は事務所によっても大きく差があります。

別れさせ工作をどのように練るか、工作員の質よって成功率は変わってくるからです。

素人に毛が生えたような事務所に頼むともっと成功率は低いですし、有名な別れさせ屋の中にはもっと高い成功率をうたっている事務所もあります。

また、別れさせ工作が成功するかどうかは、あなたの依頼の内容も大きく関わってきます。

すでに破綻しかかっているカップルを離婚させるのは簡単ですが、子供がいて円満に回っているような夫婦を別れさせるのは一苦労です。

ターゲットの性格や職業も関わってきます。

他人に興味が薄い内向的なターゲットだと難易度はあがりますし、人と関わりにくい専門職の人よりも、接客業のように知らない人と関わりやすい職業のほうが別れさせやすいです。

・ケチりすぎると成功率は下がる?

成功率といえば、工作費用はケチらないほうがいいかどうか気になりますよね。

安すぎるところは、たしかに成功率が低いです。

なぜなら、普通の別れさせ屋なら複数で行うような工作も、費用が安い分十分な人数を用意してもらえなかったり、1日にかける時間も短かったりするからです。

難易度が低い案件ならばそんな工作でも成功するかもしれませんが、それだって保証できるものではありません。

成功せずにいつまでも工作期間が長引けば、その分追加費用も上乗せされるので、お得感も薄れていきます。

きっちり結果を出したいのであれば、あまり費用をケチりすぎることはしないほうがいいでしょう。

とはいえ、上位クラスの高額プランを頼めば必ずしも成功するというわけでもありませんので、成功率を高めたければまずは信用のおける別れさせ屋探しに重点を置くのがおすすめです。

どうしても夫婦で離婚ができそうになかったら別れさせ屋に依頼しよう

・円満に別れたかったら別れさせ屋

妻や夫にすでに愛情がないので離婚したいと願い出たけれど、聞き入れてくれないという悩みは意外と多いものです。

夫婦といえど、そろって離婚を希望することのほうが珍しいため、どうしてももう一方が合意してくれません。

相手に目立った落ち度がない場合、いくらあなたが離婚を希望したとしても、簡単には希望通りにことが進みません。

調停や裁判をしても、離婚できるような材料が少ないため、難航が予想されます。

そこでそんなあなたの強い味方となってくれるのが別れさせ屋です。

別れさせ屋を利用すれば、頑なに離婚を拒むパートナーが離婚をしたがるような心理に導くことが可能です。

ではどのような方法で別れさせ屋は夫婦を離婚させようとするのでしょうか。

・離婚したほうがメリットもあると理解させる

別れさせ屋が夫婦に行う離婚工作はさまざまですが、基本的には妻や旦那を別の異性に誘惑させて、あなたへの関心を薄れさせ、離婚へと導きます。

恋愛相手のほかにも、工作員がターゲットに近づいてなるのは、友人、知人、仕事の同僚などがあります。

専業主婦で経済的な不安から離婚を拒んでいる相手がターゲットなら、仕事をするように促すなんてこともしますし、独身になったほうがいかに人生を楽しめるかをあの手この手でさりげなく伝えて心理を誘導します。

ちょっと残酷な気もするかもしれませんが、ダラダラ婚姻関係を継続していても二人とも不幸になるような関係であれば、多少強引でも別れて新たな人生を歩んだほうが、結果として幸せになれるチャンスに恵まれます。

別れさせ屋の工作員はそのお手伝いをしているのです。

婚姻関係はただ継続していればいいというものではありません。

無理に継続していたほうが、自分も周囲も不幸になるケースは多々あります。

あなたは関係が破綻している相手と生涯我慢して一緒に過ごし、同じお墓に入りたいですか?

すでにパートナーへ愛情や関心を維持できないのであれば、新たな道に進むために別れさせ屋に相談してみましょう。

別れさせ屋なら子供を別れさせられる?

・親からの依頼も珍しくはない

別れさせ屋というと、浮気されたりしてしまった当事者達が駆け込むようなイメージがありますが、少々イレギュラーではありますが、親が子供を別れさせたくて依頼するというケースもあります。

親から見てどうしても受け入れがたい交際相手なので別れるように工作して欲しいというものです。

そう聞くと過保護だと騒ぐ人もいますが、大事なお子さんの人生がかかっている場合、親としては目に見えて苦労しそうな相手とは交際させたくないというのは珍しくない親心ではないでしょうか。

まして結婚までしてしまうと、なかなか別れさせることは困難となり、トラブルを起こされたてしまえば、子供だけでなく親世代や親類まで影響を受けることもあるのです。

子供の恋愛は、けっして親と無関係なものではないのです。

まして子供までできてしまえば離婚しても消えない縁ができあがってしまいます。

ですから、どうしても子供のために別れさせたいとお思いなら、別れさせ屋に依頼しましょう。

恋愛に燃え上がっている子供に、親から別れるように言っても、問題はまず解決しません。

むしろ、反対すればするほど、かえって恋を燃え上がらせる材料となってしまうこともあります。

うるさく言えば、親子間の関係もこじれてしまうでしょう。

子供にうざったがられることなく、遺恨なく別れさせたいなら、別れさせ屋がベストなのです。

・両親の意見はそろえておいたほうがいい?

別れさせ屋へ子供のことを依頼する場合、両親の意見はそろえておいたほうがいいのでしょうか。

人を見る目は、夫婦といえども同じではありません。

夫や妻だけ「あの相手はおかしい」と感じるケースも珍しくありません。

とはいえ、できれば依頼するときには夫婦間の意見はそろえておいたほうがいいでしょう。

なぜなら別れさせ屋へ依頼すると、着手金と成功報酬を合わせると費用が100万円を超えることも少なくありません。

個人資産を保有していてそこから出せれば問題ありませんが、夫婦名義の資産からそんな高額が引き出されていれば、パートナーに非常にばれてしまいやすいのです。

依頼後に別れさせ工作を頼んだことがパートナーにばれて、そこから勝手なことをしたと怒られたり、子供にばらされたなんてことになったら大変です。

親子関係も、夫婦関係にも亀裂が生じてしまいます。

ですから、可能であれば夫婦間の意見はそろえておきましょう。

親を別れさせたかったら別れさせ屋

・熟年恋愛が加熱で依頼者も急増

最近は、熟年でも婚活やパートナー探しをすることが珍しくなくなってきました。

そのせいか、親をいま付き合っている相手と別れさせたいという子供さんからの依頼が別れさせ屋でも増えてきています。

後妻業なんて言葉のあるとおり、寂しい熟年を狙って近づく悪質な相手も存在するのです。

しかし、子供に注意されても、親としてのプライドもあり、素直に話を聞いてくれないことがほとんどです。

どうせ老い先短い人生だから好きに生きたいといっても、子供としては、怪しげな人と付き合って欲しくないと思うのが当然です。

そこで、うまく親を別れさせられないのであれば、別れさせ屋に助けてもらいましょう。

親の恋愛問題を相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、先ほど話したように、こうした事例はどんどん増えています。

高齢化が進み、恋愛の形も変化してきているため、今後もこの傾向はますます加速しそうです。

どうか自分の悩みが珍しいものだとは思わないで、ぜひ別れさせ屋に相談してみてください。

経験豊富なスタッフが、丁寧に対応してくれますよ。

・両親を離婚させたいというケースも

両親がそろっていても、子供がなんらかの理由から離婚できるよう別れさせ屋に依頼してくるケースもあります。

すでに仮面夫婦の状態が長く続いているのにどちらかが離婚を拒否している、DV気質な父から母を解放してあげたいなど、このケースの原因もさまざまです。

もちろん、このような両親を離婚させたいという子供からの依頼も別れさせ屋では受け付けています。

子供がいるから離婚しないという風潮は昔のほうが強く、いまだにそれに縛られている夫婦も珍しくありません。

子供の目から見ても、別れたほうが幸せになれるというのであれば、遠慮なく別れさせ屋に依頼してください。

どんなことがあっても結婚した以上一緒にいるというのは、すでに廃れかけている昔の考えです。

人生の新しい第一歩を、子供であるあなたが後押ししてあげるもの親孝行かもしれませんね。