別れさせ屋で夫婦問題

・簡単に離婚させる方法はあるの?

離婚問題でお悩みの方はたくさんいます。

例えば、いつまでたっても不倫関係で、相手が離婚をしてくれない、不倫相手が離婚したくても相手が認めてくれない等、理由は色々あります。

あらゆる方法を試しても、自分でできることは極少数だと気付くはずです。

何故なら、こういった問題は、不倫相手次第ではなく相手の配偶者次第だからです。

一方が離婚したいと主張しても、相手に結婚生活を継続し難い理由がない限りは夫婦関係を解消することが出来なくなっています。

夫婦生活を継続し難い理由とは、浮気・借金・DV・長期の別居等です。

日本の法律は、一方的な離婚請求を認めていません。

なぜなら、夫と妻どちらかの希望だけで、簡単に離婚ができてしまうような法律であれば、安心して結婚や出産ができない社会となってしまうからです。

つまり、簡単に離婚できないのが現実です。

そこで別れさせ屋で行うのが離婚活動です。

離婚することへのメリットを感じさせたり、結婚生活を続けることの価値を見出せなくさせる感覚を自然に引き起こし、離婚のきっかけづくりを行う工作をします。

自身での解決が難しいと感じられたら、別れさせ屋に相談してみることをオススメします。

・別居状態の現実・・・夫婦関係を修復したい!

少しのすれ違いが大きな問題となり、別居という道を選ばざるを得なくなってしまうこともあるでしょう。

別居を解消し、元の夫婦生活を求める人も少なくありません。

そのような悩みは別れさせ屋に相談してみると良いでしょう。

離婚したくないという強い意思と自身ではどうしようもできなくなってしまった現状を打破できるのが第三者の介入です。

夫婦の問題は複雑に捻れてしまっているケースが多いので、通常の話し合いでは解決できないことが殆どです。

例えば、ご主人が奥さんと夫婦関係を修復したいと依頼したとします。

その場合、奥さんの描いている離婚後の人生に不安がないかという点に着目し、同時にご主人の良い部分を思い出してもらうという方法があります。

そうすることで、もう一度だけ・・・と考え直してくれるようになるパターンもあります。

このような夫婦の問題は一方が改善すれば良いというわけではありません。

夫婦共にお互いを思いやり敬う気持ちを忘れずにいることが解決への糸口だと考えます。

別れさせ屋の子供相談

・未成年の子供でも別れさせ屋に相談できる?

残念ながらほとんどの業者が未成年者からの依頼はお断りしているようです。

子供の本分は学業であり、何よりも優先されるべき事項は学業でなければならないという理由が挙げられます。

学業と恋愛の両立は非常に難しい事です。学業に大いに励んで頂きたいと考える業者も多くあります。

が、一部の業者では下記の状況であれば受けてくれることもあります。

1つ目は、相談者が婚姻している場合です。

未成年でも、結婚していれば成人者と同じ扱いになるので、結婚している人は依頼できる可能性が高まります。

2つ目は、法定代理人が同意している場合です。

法定代理人は、一言で言うと、ご両親のことです。

ご両親から同意を得ており、かつ契約の際に同席できるのであれば依頼できる可能性があります。

未成年の子供であっても相談ができる業者もあるので、探してみると良いでしょう。

・子供が対象者の相談は出来る?

対象の子供が家族である場合は例外ですが、基本的に未成年の子供を対象とした依頼は受けられない業者が殆どです。

家族である子供と成人している対象者を別れさせたい等、ご両親からの依頼は可能ですが、逆に、相談者側が成人していても対象者が子供の場合は非常に難しい案件となります。

例を挙げると、成人している対象者が未成年の子供と別れたい、という本人からの依頼の場合は、他者である未成年の子供に工作を行うことが困難な為、お断りするといった流れです。

中には、工作方法を変えてうまく依頼を進めてくれる業者もあるようですので、電話・メールにて相談するのもいいかもしれません。

ご両親が、成人している子供と未成年の子供を別れさせたいという場合には、対象を成人している子供に対し工作する為、受けてくれる可能性が高くなります。

未成年者の場合、まだ恋愛経験が少ない分、別れた時に受けるショックは非常に大きいこともあり、デリケートな問題も抱えている為、細心の注意を払って動きます。

また、未成年の子供との出会いを希望するといった内容は犯罪行為に繋がる可能性がある為、犯罪を未然に防ぐために依頼を断る業者が殆どです。

別れさせ屋で親子の問題

・どんな理由でも子供の交際相手を別れさせられる?

親にとっては子供はいつまでも子供。ずっと気にかかる存在なのです。

そこで親御さんからの相談で多いのは、お子さんと交際相手を別れさせたいという内容です。

この相談は非常に多い中、一部お断りされるケースもあります。

それは、本人の意思を無視した親のエゴからくる依頼の場合です。

子供の交際相手が気にくわない、自分の子供と交際相手はつり合いが取れていないなどの内容がこれに当たります。

ではどんな内容であれば、別れさせ屋は相談を受けてくれるのでしょうか。

これ以上付き合いを続けていくと間違った方向に行ってしまう、今の交際が勉強や仕事に支障をきたしてしまうなど、お子さんにとって良くない方向に進むという内容であれば相談の上依頼を受けてくれることが多いです。

つまり、お子さんの将来を考えた依頼であれば受けてくれる可能性が高まるということです。

そこに注意し、相談をされると良いでしょう。

・親の交際相手と別れさせたい!

逆に、お子さんから親御さんの交際相手を別れさせてほしいという事例も近年多くあるようです。

しかし、残念ながら、基本的に恋愛は本人同士の自由恋愛です。

勿論、お子さんの恋愛も同じですが、親御さんの場合は少し異なります。

その為、親御さんの恋愛に対して依頼をするには下記のような条件が揃っていないと難しいでしょう。

それは、普通の交際ではないことを察知した依頼のことです。

例えば、交際相手に金銭を貢いでいる・仕事に行かなくなり交際相手とずっと一緒にいる・保険金を交際相手の名義で契約している、などが挙げられます。

お子さんの親御さんに対する感情ではなく、どう考えても良い交際ではないと第三者からも思える交際であれば、公序良俗に反する依頼内容でなければ相談を受けることが可能な業者もあります。

場合によっては、本人の意思と反することかもしれませんが、親のことを考えた子供の気持ちを尊重して依頼を受けるパターンもあるようです。

非常にデリケートな問題のため、できるできないの境目が難しい問題です。

どうしても親御さんの交際相手を別れさせたいと願うお子さんは、電話やメールで無料相談をしてみるのが良いでしょう。

親身になって対応してもらえるはずです。