別居中の浮気は不倫になるの?

男女が結婚をすれば夫婦関係になりますが、夫婦であるからと言って必ずしも一つ屋根の下で暮らすというわけではありません。
仕事の関係で単身赴任をしている人もいれば、親の介護などの都合で実家に寝泊まりしているという人もいるかもしれません。
また、夫婦関係が破綻していて離婚を前提とした別居をしているというケースもあります。
このように別居と言っても、夫婦によってさまざまな形をとっている場合があるようです。

■別居中に浮気をされたら

もし別居中に相手に浮気をされたらどうなるのでしょうか。
婚姻関係にある以上、別の異性と浮気をすればそれは不倫となってしまいますが、場合によっては慰謝料が発生しないケースもあります。
それは離婚を前提とした別居であり、夫婦関係が修復不可能なまでに破綻している場合なんですね。
なので、そういう場合は不貞行為と見なされずに慰謝料の支払いも免除される可能性もあります。
ですが、それ以外の場合は当然不倫関係にあると見なされ、相手に慰謝料を請求する事が出来ます。
もしも別居中であっても配偶者に浮気をされたら、まずは自分がどうしたいのかを考えましょう。
深く傷つき関係を修復出来ないと判断すれば、慰謝料を請求して離婚申請を行えば良いですし、まだ配偶者への愛情が残っておりもう一度やり直したいと思えば、相手とじっくり話し合いましょう。

■配偶者が浮気相手に夢中になっていたら

もしもあなたがやり直したいと強く望んでいても、配偶者が浮気相手に夢中になってしまっていたらどうでしょうか。
なかなかこちらに振り向かせることは難しいですよね。
そういう場合には、ぜひ別れさせ屋に依頼する事を検討してみてください。
配偶者と浮気相手が別れてくれれば、ひょっとするとあなたに戻ってきてくれるかもしれませんよね。
浮気をされるととても悲しいかもしれませんが、そこでただ嘆くだけではなく冷静になって状況を把握し、別れさせに関するプロでもある別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

夫婦というのは1番身近な存在であるがゆえに、家族として過ごすうちに恋愛感情が薄まっていってしまうことも多いかもしれません。。
ですが、そこで不倫に走ってしまうとお互いにとって最悪な結果を生み出してしまう可能性があります。
もしも相手に不倫をされてしまったら、ぜひ別れさせ屋に相談して配偶者を自分のもとに取り戻しましょう。

もしも別居中に不貞行為をされたらするべきこと

人間の気持ちというのはとても変わりやすいものです。
結婚する際にはあんなにお互いに愛し合っていたのに、月日の流れとともにその愛情も薄れてきてしまい、最終的には一緒に暮らす事が難しくなってしまった。
そんなケースもあると思いますが、もしも別居中にパートナーが別の異性と不貞行為を行った場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

■最終的にはあなたの気持ち次第

別居中であるとはいえ、離婚していない以上はまだ婚姻関係にあります。
もしもそれが離婚を前提とした別居なのであれば婚姻関係は破綻しているとみなされますが、そうでない場合どちらか一方が不貞行為を行えば、それは不倫とみなされ慰謝料の請求も可能となります。
ではもしも配偶者やパートナーに不倫をされた場合、具体的にはどうしたら良いのでしょうか。
あなたの中で修復が不可能であると思えば、慰謝料を請求して離婚申請を行う事が出来ますし、まだ相手への愛情が残っておりやり直したいと考えるのであれば、今後の関係改善に向けて相手としっかりと話し合う必要があります。
つまりどうすればいいのかはあなたの気持ち次第ともいえます。

■配偶者とやり直したい場合は別れさせ屋を利用するのもあり

ではあなたの中でやり直したいという気持ちがあったとしても、相手が不倫相手に夢中であなたに振り向いてくれない場合はどうしたら良いのでしょうか。
いつも以上に相手を気遣うなどこちらに振り向いてもらうように努力するのも良いですが、別れさせ屋を利用するというのも1つの方法かもしれません。
別れさせ屋を利用して、配偶者と不倫相手を別れさせる事が出来れば、パートナーはあなたのもとに戻ってきてくれるかもしれません。
実際にそのようなケースで元の鞘に収まったという夫婦もいます。
ですから別れさせ屋に依頼する場合には、しっかりとあなたの相談に乗ってくれる業者を見つけ、状況を細かく伝えるようにしましょう。
その情報が多ければ多いほど工作方法の可能性も広がってきますので、成功率もぐっと上がります。
夫婦関係をやり直したいのであれば、まずは冷静になって自分が置かれている状況をしっかりと把握し、親身になって話を聞いてくれる別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

いくら別居中であるとは言え、配偶者に不貞行為をされたら悲しいですよね。
ですが、そこで我を見失ってしまっては自分にとってあまりいい結果を生み出しません。
まずは冷静になって、相談出来る所を探し、相談してみてはいかがでしょうか。

別れさせ屋に依頼する際の料金の相場はどれくらい?

別れたい相手や別れさせたいカップルなどがいる場合、自分で解決する方法もあるかもしれませんが失敗した際のリスクはかなり大きいですよね。
そんな時にはプロでもある別れさせ屋に相談することも検討してみてもよいかもしれません。
実績と経験を基にあらゆる角度から工作方法を考え、綿密な計画を立ててからターゲットに接近しますので成功率は高いと言えるでしょう。
またもし万が一失敗したとしても依頼者の秘密は厳守しますので、ターゲットとの関係性がこじれるという危険もありません。

■別れさせ屋の料金体系とは?

別れさせ屋に依頼する際に、気になる事と言えばやはり料金の事なのではないでしょうか。
実際に利用された事が無い方は、どれくらいかかるのかとかどういった料金体系になっているのかが分からないため、不安に感じてしまいますよね。
そのような方のために、ここでは別れさせ屋の料金についてご説明いたします。
別れさせ屋に依頼する際にかかる費用は、大きく分けて2種類あります。
それが着手金(経費)と成功報酬です。
着手金(経費)とはいわば、実際に別れさせ工作を行う際にかかった費用であり、工作員の人数や期間によって変わってきます。
また成功報酬は別れさせるのに成功した際に発生する料金であり、万が一失敗した場合には当然払う必要はありません。
また、こちらの成功報酬は難易度によって金額が変わってきますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

■別れさせ屋の相場はどれくらい?

それでは実際に依頼する際に、どれくらいの料金がかかってくるのでしょうか。
業者によってはさまざまなプランが用意されており、ケースによって料金もまちまちなので、一概に「〇〇円でやります」と言えないのが現状です。
良心的な料金の業者はお試しプランというものも用意されており、着手金の半額+10%を事前に支払えば工作を開始してくれ、いつでも好きな時に解約する事が出来ます。
また、とにかく低料金にこだわりたいという人のために、単発プランと言って着手金が7万円からスタート出来るプランもあり、別れさせ屋に依頼する際のハードルを下げている業者もあります。
難易度や別れさせ工作の方法などによって、料金もかなり違ってきますので、もしも料金について詳しく知りたいという方は、実際に見積もりを取ってみるのが確実と言えるのではないでしょうか。
その際には、1社だけに絞らずに色々なサイトを見比べて、信頼出来そうな複数の業社に相談してみるとより良いでしょう。

■まとめ

別れさせ屋と言っても、世間には数えきれないくらいたくさんの業者が存在しています。
その中から自分に合った業者を見つけ出し、後悔する事の無いようにじっくりと相談してから決めるようにしましょう。

別れさせ屋に依頼してばれたらどうなるの?

別れさせ屋への依頼を考えているという方の中には、「料金はいくらくらいかかるのか」とか「きちんと相談に乗ってもらえるのか」などと言った疑問や不安を抱えている人もいるでしょう。
またそれ以外でも、「もしも依頼した事がばれたらどうしよう」などと思う方もたくさんいるようです。

■何があっても絶対にばれてはならないのが別れさせ屋

別れさせ屋は名前の通り、ターゲットにばれないように別れさせるのが本職であるため、何があっても絶対にばれるような事があってはなりません。
なので、工作を行う前にはあらゆるリスクを考慮した上で綿密な計画を立てるのがどの業者にも共通して言えます。
それにもし万が一ばれそうになったとしても、依頼者の情報は絶対に漏らしてはいけないという守秘義務があるので、工作員が口を割ることはまず無いと考えておいて良いでしょう。
それでも工作を行っている事がばれるようなことがあるとしたら、それは依頼者自身のミスによるものが考えられます。
別れさせ屋からの経過報告メールをターゲットに見られてしまったり、電話でのやり取りを聞かれてしまったりすると、ばれてしまいますのでそこは慎重にならなければなりません。

■もしもばれてしまったらどうなるの?

もしも別れさせ屋に依頼した事が、ターゲットにばれてしまったらどうなるのでしょうか。
当然ターゲットからは信頼を失いますし、依頼前よりも関係性が悪化してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。
また、別れさせ屋に支払う料金の事ですが、大体どこの業者も業者側に明らかな落ち度が無い場合は返金もされないようです。
そうなってしまうと、そこから再度別れさせ工作を行う事は難しくなりますし、時間とお金の無駄になってしまいますよね。
ターゲットにばれてしまうという最悪な事態にならないように、依頼者自身もあらゆるリスクを想定しておき、どんな場面においても絶対に油断しないようにしましょう。

■まとめ

別れたい相手や別れさせたいカップルがいる場合には、別れさせ屋に依頼するというのが最も有効的な手段だと思いますが、同時にばれてしまうかもしれないという万が一のリスクも想定しておいた方が良いでしょう。
全てを業者任せにしてしまうと、ついボロが出てしまう可能性がありますので、依頼者自身も状況をしっかりと把握して常に緊張しておく必要があります。