別居中でも浮気と判断されることがある

別居中の浮気について

性格の不一致などで別居を始めた場合、新たな相手と恋愛関係がスタートすることもあると思われます。しかし別居中はまだ離婚が成立していないので、浮気とみなされることもありますので注意が必要です。
別居中に他の異性と恋愛関係になった場合、配偶者から浮気とみなされ慰謝料を請求されることも少なくありません。自分から一方的に別居を申し出た場合、配偶者が離婚を求めていないと離婚を前提とする別居とみなされないため、他の人との恋愛は浮気とみなされてしまいます。
結婚した場合、お互いに貞操義務が課せられているため、別居中であっても浮気をしてはいけないことになっています。一緒に暮らしている間に夫婦生活が破綻していたとしても、別居した途端、他に相手を作ってしまうと不貞行為となってしまいます。
別居前に離婚を前提とする別居となるか話し合いをしておくか、もしくは同居していた期間より長期間別居が続いているような場合は、浮気をしても不貞行為とみなされないこともあります。
また、別居中に離婚調停を始めていたり、お互いに離婚を表明している場合も、婚姻関係が破綻しているとみなされます。
すでに婚姻関係が破綻していたとしても、別居中のパートナーの浮気をしった途端、慰謝料を請求してくるケースも少なくありません。
こうしたもめごとを避けるには、なるべく別居中は浮気と捉えられる行動は避けておいたほうが無難といえます。

離婚を承諾しない相手には別れさせ屋を利用してみよう

とはいえ、いつまでたってもパートナーが離婚を承諾しない場合、離婚するまで長期間かかってしまうことも考えられます。
早めにケリをつけたいと思うなら、別れさせ屋を利用してみるのも一つの方法です。パートナーに対して恋愛工作を仕掛けてくれるため、離婚に前向きになったり、自分から離婚したいと思うようになるため、人生の再スタートも早く切れるようになります。
すでに婚姻関係が破綻しているのに、体裁のためだけや、自分の未練のためだけに離婚に応じない相手も中にはいますので、こうした場合は活用してみてください。

別居中に不貞行為をされたら離婚は有利になる?

いろいろな理由から別居を始める人が多い

結婚前は見えなかったパートナーの一面が、結婚後に見えてくることも多いと思われます。あれほど優しかったパートナーが結婚を機に豹変したり、あまりにも細かすぎる性格だったことが判明したりと、何かと不満を感じることはあるでしょう。
ひどい場合になると、DVやギャンブル、モラハラなどを行うこともありますので、ここまで違いがありすぎると離婚を考えるのも当然です。
離婚をパートナーに申し出ても、相手がすぐに応じないこともあるでしょう。特に性格の不一致などの場合は、離婚したい理由として弱すぎるため、相手も納得できないこともあります。
離婚をすることはできなくても、一緒に生活することにストレスを感じ、取りあえず別居をする人もいることでしょう。
別居期間が長くなればなるほど、離婚調停や裁判でも有利に進みます。とはいえ、別居中は婚姻関係が続くため、いろいろ制限されることもでてきます。

別居中の恋愛はNG?

例えば別居中に他の人に好意を抱き、付き合い始めることになると、場合によっては不貞行為とみなされることもあります。
お互いが離婚に向けての別居なら問題にはなりませんが、婚姻関係が破綻していない場合であれば、他の人との肉体関係は不貞行為に当たります。
離婚を前提に別居を行っているかどうかで、慰謝料を請求できるかどうかも変わってきます。冷却期間を置くため、またはケンカをして出て行ったなどの理由で別居を始めたのであれば婚姻関係が破綻しているとはみなされないため、他の人と恋愛関係になった場合は浮気とみなされ、不貞行為となります。
別居中も連絡をとりあっていたり、二人で頻繁に会っていたりすると、婚姻関係が継続しているとみなされます。
確実に離婚したいと思う場合は、別居前に離婚したい気持ちをハッキリと伝え、離婚を前提とした別居を開始することが必要です。
ハッキリと話し合いをして別居を始めないと、新しい出会いがあった場合でも、チャンスを逃してしまうことになりますので、前もって離婚の話し合いをした上で別居を始めるようにしましょう。

気になる別れさせ屋の相場はどれくらい?

別れさせ屋に依頼するケースとは

依頼者からの希望を叶えるために、パートナーの人間関係を整理してくれるのが別れさせ屋のサービスです。浮気されている場合であれば浮気相手との別れさせ工作を、別れたい相手であれば別れられるように工作を仕掛け、パートナーが自ら恋人や配偶者と別れるように仕向けてくれるサービスです。
一般的に別れさせ屋に依頼してくるのが多いケースは、やはり恋人や配偶者の浮気を解消したいというケースです。
自分で解決しようと思ったけれど、パートナーとの話し合いがうまくいかなかったり、パートナーが聞く耳を持たない場合、さらに浮気相手にのめり込んでしまうことになります。
頭に血が上っている間は何を話してもムダなことも多いため、時間をかけて解消しようと思う人もいますが、浮気が長引くだけになってしまい、結局浮気相手の元へ走ってしまうことも少なくありません。こうした問題を解消するために、別れさせ屋を利用する人が多いようです。
また、逆のケースで別れさせ屋に依頼してくる人もいます。自分が浮気相手なため、浮気している相手の夫婦関係や恋人関係を破綻させ、自分が正式なパートナーになれるよう、別れさせ屋に依頼してくる人もいるようです。

別れさせ屋の相場を知っておこう

いろいろな事情から別れさせ屋に依頼してくる人も多いようですが、別れさせ屋は料金が高額だということで不安に感じている人もいます。
別れさせ屋の料金形態は会社によって異なります。契約期間ごとのプラン提案をしてくる会社もあれば、実働回数で料金を請求してくる会社もあります。
別れさせ工作は短期間で終了することができないため、最低でも1カ月程度の期間を要します。そのため、別れさせ屋に依頼した場合、相場は1カ月で40万〜60万円程度かかるといわれています。
確実に別れさせたい場合、3カ月ほどのプランを選ぶ人も多いですが、その場合だと相場は100万円前後になることが多いようです。
別れさせ屋は調査プラス別れさせ工作の費用が必要となるため、浮気調査などより費用がかかるものと思っておいたほうが良いでしょう。

別れさせ屋に依頼したことがばれたらどうなる?

浮気の悩みは別れさせ屋で解消できることも

パートナーの浮気に悩む人はとても多く、どうすればその悩みを解消できるのか、いろいろ調べている人も少なくありません。
ネットで同じ悩みを抱いている人のブログを閲覧してみたり、友人や家族に相談してみる人もいることでしょう。
そんな中、別れさせ屋というサービスがあることを知り、依頼を考える人もいます。別れさせ屋は探偵社や興信所が行っているサービスで、別れさせ工作を行うことで依頼者の悩みを解決してくれます。
パートナーや浮気相手に恋愛工作を行い、自然な流れで浮気相手から気持ちが離れるよう仕向けてくれるサービスなので、結果的に自分の元へと戻ってくれることになります。
なぜ別れさせ屋を利用する人が増えているかというと、自分たちだけでパートナーの浮気問題を解消しようとした場合、感情的になってしまったり、相手がそれで恋人や配偶者に嫌気が差してしまい、別れを選ぶことが多いことから利用者が増えているようです。
別れさせ屋はパートナーや浮気相手に気付かれることなく工作を仕掛けてくれるため、あとくされのないよう、円満に別れさせることが可能です。

別れさせ工作がばれることはある?

別れさせ屋に依頼したとしても、必ず別れさせてくれるとは限りません。ターゲットが異常に警戒心が強い場合や、浮気相手に夢中になりすぎている場合、別れさせ工作がうまく進まないこともあります。
依頼者がパートナーに対して口を滑らしてしまい、別れさせ工作がバレてしまうことも少なくありません。
友人や家族などに別れさせ屋に依頼したことを話し、それがパートナーの耳に入ってしまうケースも多いようです。
一度ターゲットに別れさせ工作を仕掛けていることがばれたら、ターゲットは必要以上に警戒するようになってしまい、別れさせ工作も難航してしまいます。
また、浮気相手のほうも別れさせ屋に依頼することも考えられます。自分が別れさせ屋に依頼したことがバレてしまうとパートナーの気持ちも離れてしまい、別れさせ工作も難しくなってしまうのはいうまでもありません。