「別れさせ屋に依頼したことがばれたらヤバイ理由」

別れさせ屋に依頼する上で、最もやってはいけないことが、依頼したことをターゲットにばれてしまうことです。プロに高い費用を払って依頼するんだからばれることはめったにないはずとタカをくくる人もいます。しかし、そうした油断から思わぬところでばれてしまうことがあります。ばれてしまうとヤバイ理由を説明いたします。

<法的手段を取られることも>

別れさせ屋の手段はこうです。まず調査員がターゲットを調査し、その後工作員を近づけさせて浮気をするように誘導します。その証拠写真を元に別れさせるように仕向けます。浮気をした人は、その後ろめたさからあまり言い訳をしたりしません。ゆえに、仮にそれが明らかに誘惑されたとしても、自分が悪いと思ってしまいます。
でもそれが第三者の手によって仕組まれたものだと知った時は別です。本来は起こらなかったことが起き、その結果の離婚や別れなど、自分にとって不利益なことが生じた場合、名誉棄損や偽証罪などの罪で訴えられることもあります。もともとグレーと言われている別れさせ屋の業務なので、できる限り裁判に持ち込まれたくありません。かつて裁判では、別れさせ屋の営業そのものは違法ではないものの、やっていることが社会的には倫理性に欠けると判断されたこともあります。もし裁判で負けるようなことがあれば、今後の別れさせ屋の営業そのものにも影響します。もちろん依頼人も、裁判に巻き込まれる可能性は大です。別れさせ屋に依頼したことは絶対にばれてはいけません。

<ばれないためには?>

では、ターゲットにばれないためにはどうすればよいのでしょうか。もっともやってはいけないことが、勝手な行動を取るということです。別れさせ屋の指示に従わなかったり、自分の判断で行動することで、ターゲットに不信感を抱かせてしまい、気づかれてしまうということもあるようです。餅は餅屋という言葉があるように、依頼人は下手に口や手を挟まずに、工作が始まったらお任せしましょう。
中には、業者側の品質が低く、工作や調査の段階で失敗しばれてしまうこともあります。そうならないように、業者選びは慎重に行う必要があります。

「別れさせ屋に支払費用の相場は?」

別れさせ屋にかかる費用は、決して安い金額ではありません。そして必ず成功するとも限りません。それが、別れさせ屋に依頼するかどうか、一番悩むポイントなのではないでしょうか。これから別れさせ屋に相談しようと考えている人も、どれぐらいの費用を用意しておけばよいのか知りたいと思います。支払費用の相場はどれぐらいなのか、紹介いたします。

<相場は150万円ほど>

別れさせ屋の相場は、一般的に150万円前後と言われています。この中には、着手金と成功報酬が含まれます。着手金は、契約してすぐに業者に支払う金額です。業者はこの金額の中で、人件費や工作費、相談料、諸経費が含まれています。成功報酬は、その名の通り、依頼が成功した場合に発生する費用です。一般的には、着手金の3分の1程度の料金が設定されています。この合計が業者に支払わなければならない金額と思ってください。
ただ、別れさせ屋は依頼によって難易度が変わります。そして難易度が高ければ高いほど、費用も高くなっていきます。相場は150万円ほどではありますが、あくまでも平均であり、ケースによっては200万円〜300万ほどかかる可能性もあります。
もし別れさせ屋に相談することを考えているのであれば、300万円はあった方がよいでしょう。ただ自分の経済力を超えて無理に支払うことは危険なので、まずは別れさせ屋に相談し、見積もりを出してもらうことが大切です。

<契約時に気を付けること>

費用相場も大切ですが、最も大事なのは費用に見合った契約内容かどうかです。契約時に特に気を付けたいのが、実働回数です。着手金の中には、どれぐらい実働回数があるかも定められています。着手金から実働回数一回あたりの費用を算出した上で、何社か見比べてみるとよいでしょう。
また着手金と成功報酬以外に発生する料金があるかどうかも確認が必要です。よくあるのが調査や工作をお願いしていると、聞いていない費用を請求されるというケースです。依頼人としては、工作を続けてほしいため、仕方なく支払うことも多いのですが、契約書に書いていない費用はトラブルの元です。その点も、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

「別居中の不貞行為で別れられるか」

夫婦が別々に暮らしていることは珍しくありません。仕事の単身赴任、夫婦関係の悪化による別居、家族都合など、理由はさまざまです。別居中の夫婦で心配なのが、パートナーの浮気です。別れさせ屋にも、別居中の相手に対して別れさせ工作を行ってほしいという依頼があるようです。別居中の不貞行為でも、別れることはできるのでしょうか。

<夫婦関係が破綻しているかどうか>

夫婦間の関係の悪化による別居であれば、すでに夫婦関係は破綻しているとみられます。よって、わざわざ別れさせ屋を使って工作をしなくても、離婚することは可能です。もし相手側が離婚に納得しなくても、別居生活を送っている事実があるのであれば、離婚調停で離婚を認められる可能性も高いです。
逆に、別居はあくまで一時的なことだったり、やむを得ない理由があるのであれば、一方的な理由で離婚は認められないでしょう。その場合、別れさせ屋に依頼をし、別れさせ工作をする意味は十分にあります。特に別居中は、油断していたり、さびしい気持ちを抱いていることも多いので、不貞行為をしやすい状況にあります。別れさせ屋にとっても、比較的成功しやすい依頼となります。
不貞行為で別れられるかどうかは、あくまでも別居に至った理由と、現在の状況によって決まってくるでしょう。

<不貞行為があったと認められるためには>

不貞行為があったと認められるためには、ターゲットと異性の間に性行為があったと確認できる、あるいは推認できなければなりません。別れさせ屋の中には、工作員と本当に体の関係を持たせるというところもあるようですが、大半はその一歩手前まで止めます。相手が浮気しているという現場の写真を手に入れればよいので、ホテルの前のツーショット写真などがあれば十分な可能性もあります。実際にホテルの中に入って、何もさせないという工作員もいるようです。
不貞行為をさせて別れさせたい場合、相談する別れさせ屋にどこまでの工作を行うのか確認しておきたいところです。別居中は、誘惑に弱くなります。もしそういう状況にある人は、ハニートラップに気を付けなければなりませんね。

「別居中に浮気をされた!?これは慰謝料請求できる?」

夫婦関係が上手くいかなかったり、家庭の都合で別居している夫婦もいると思います。別居中はお互いの生活に干渉しないため、羽目を外しやすくなります。最も心配されるのが浮気です。別居中に浮気をされて、それが引き金になって、離婚したり家庭が崩壊することも珍しくありません。その時、浮気相手に慰謝料は請求することができるのでしょうか。

<別居の理由によっては難しい>

別居の理由が、家庭の事情だったり、仕事の都合など、仕方のない状況だったとします。浮気をしたことで夫婦関係が悪化し、離婚をするなどの実害が合った場合、浮気相手に慰謝料を請求できる可能性が出てきます。ただ、浮気は必ずしも相手だけが悪いわけではありません。離婚をした後であれば、夫あるいは妻、そして浮気相手に対し、慰謝料を請求できます。しかし夫婦関係が継続した状態で、浮気相手だけに慰謝料を求めるのは難しいでしょう。
ただ、別居の理由が夫婦関係の悪化など、自分たちに原因がある場合は話が変わります。その状況で相手に浮気をされたとしても、すでに夫婦関係は破綻していると見られてしまうので、慰謝料を請求することは現実的に難しいです。夫婦がどんな状態だったのかを証明するのはなかなか難しいでしょう。別居生活が長かったり、相手とほとんど会っていないといった状況であれば、自分たちが夫婦関係は破綻していないと主張しても、信憑性が疑われてしまいます。

<別れさせ屋の仕業かも>

浮気をするような人ではなかったのに、浮気をしてしまった。それを知ってしまい、ショックでそのまま離婚してしまう夫婦もいます。でもそれは別れさせ屋の仕業である可能性もあります。別れさせ屋は誰かからの依頼によって、特定の夫婦やカップルを別れさせます。自分たちが原因で別れてしまったと思っていたが、実は巧妙な手口が仕組まれていて、離婚するように仕向けられていたとしたら、とても怖い話です。そしてそんな怖い話が現実としてあることを知っておかなければなりません。別れさせ屋は日本全国にいますので、自分の身にも降りかかってくるかもしれないのです。