『別居中の浮気はOK?慰謝料請求は可能なのか?』

夫または妻が不倫をして家庭環境が悪化すると、別居状態になることがよくあります。
別居中に浮気や不倫をしてしまうのは夫婦関係が破綻しているから構わないという意見と、まだ法律上は夫婦関係が継続中なので、してはいけないという両方の意見があります。

実際に、別居中の浮気は慰謝料を請求される、またはできるのでしょうか?調べてみました!

■慰謝料が請求できる「法的な浮気」とは?

まずはじめに結論から言いますと、たとえ別居中の浮気であっても、離婚が成立していないのであれば不貞行為とみなされ、慰謝料を請求できます。

不貞行為とは、一般的には肉体関係を結ぶことをいうので、例えば手をつないだりキスをしたり、直接的に肉体関係と結びつかない場合は、慰謝料を請求するのは難しいでしょう。

その他に、お互いが完全に冷めきっていて、浮気をしようがしまいがどうでもいいという場合、すなわち婚姻関係が破綻しているなら慰謝料が発生しないケースもあります。あくまでも、慰謝料を請求するのは浮気された側なので、浮気された方がお金なんていらないと思えば、慰謝料が発生しないということです。ですので、次項で詳しく説明しますが、慰謝料が請求できるかどうかはケースバイケースと言えるでしょう。

■別居中の浮気で慰謝料が請求できるケースとできないケースについて

慰謝料が請求できるケースは…例えば、別居する前から浮気をしていた場合、別居中だが時々夫婦で会っていた場合、単身赴任で別居中だった場合、夫婦関係を修復するための別居だった場合、などが挙げられます。

一方で慰謝料が請求できないケースとしては…別居期間が長いなど、すでに婚姻関係が破綻している場合、自分自身が浮気をして別居になった場合、などです。

■もし慰謝料を請求されてしまったら?

もしも、あなた自身が別居中に浮気をしてしまい、慰謝料を請求されてしまったら、落ち着いて下記の項目を確認しましょう。

㈰証拠があるかどうか…不貞行為があったと証明できる証拠が揃っているか、細かく確認してください。配偶者が探偵を雇ったりして十分な証拠を持っていたとするとなすすべはありませんが、不貞行為を立証できないほどの少ない証拠しかなかったとしたら、もしかすると慰謝料を請求されずに済むかもしれません。

㈪慰謝料の相場を事前にリサーチしておく…慰謝料の金額は人それぞれ違いますが、だいたいの相場は100〜300万円ほどだと言われています。もしも、配偶者がその金額より大幅に多く請求してきたら迅速に弁護士を雇ったり、お互い納得の金額であれば示談をすすめるなど、スムーズに解決できるように準備しておくとよいでしょう。

㈫落ち着いて冷静に対応する…もし慰謝料を請求されても、浮気相手が慰謝料を払うケースがあったり、配偶者は本当は慰謝料ではなくて謝罪をしてほしかったりと、様々なケースがあります。すぐに解決しようと慌てるのではなく、よく話し合いを重ねてお互いに納得できるような対応をとるようにしましょう。

『不倫相手が本気になることはある?見極め方をチェックしよう!』

不倫関係になった時、「妻とは離婚して君と結婚したいから待ってほしい」と、決まり文句を言う男性がいます。
これは、離婚する気はなく不倫関係を続けていきたくて、相手を繋ぎ止めておくために言っているのか、それとも本心で言っているのかは本人にしか分かりません。ですが、実際にそう言ってなかなか離婚せず、ダラダラと不倫関係を続けている人が多いようです。

では、相手が浮気ではなく本気で不倫することはあり得るのでしょうか?今回は、その見極め方をご紹介していきます。

■不倫相手が本気になった時の見極め方とは?

始めは遊びのつもりで不倫関係になったとしても、本気で相手のことを好きになってしまうことはもちろんあります。
例えば奥さんと仲が悪かったり、不倫相手に子供ができたりと、本気に変わるきっかけは人それぞれです。

では、本気かどうかチェックする方法を見てみましょう。

まずは、デートについてです。不倫の場合、バレないようにコソコソ会うのがほとんどですが、レストランに行ったり、週末旅行に出かけたり遊園地に行ったりと、堂々とデートするのは本気度が高いと思われます。

次に、誕生日などのイベントについてです。付き合い始めた日や誕生日、クリスマスなど、イベントを大切にして計画を立ててくれる人は本気度が高いです。付き合った日や誕生日はともかく、クリスマスやバレンタインデーなど、本来は家族で過ごすはずのイベント時に一緒にいてくれるというのは、不倫相手の方が優先度が高いということになります。

次に、離婚についてです。「妻とはいつか離婚する」と口先だけでなかなか行動しない男は、絶対に離婚しません。本当に離婚して不倫相手と一緒になりたいと思っているならば、何も言わずに一人で黙々と離婚に向けて準備をしているはずです。

そして最後が、連絡の頻度や時間帯についてです。日中はまめに連絡をくれるけれど、夜になると全く連絡をくれない…という男性は、本気度が低いと思われます。なぜなら、在宅中である夜は家庭を優先して連絡してこないからです。本気で好きなら、いつでも連絡を取りたいと思うでしょうし、家にいても連絡する隙はあるはずです。

■不倫のリスクを知ろう

不倫にはさまざまなリスクが伴います。
まずは、慰謝料についてです。不倫の場合、慰謝料の金額が何百万にもなるのはザラです。急に何百万も請求されるのはかなり大きな負担になりますし、それを乗り越えて不倫相手と一緒になれたとしても、その後別れることになった場合、お金だけ払って何も残らなくなってしまいます。
仕事についても、会社で不倫関係がバレた場合、降格したり左遷される可能性も。最悪、会社にいづらくなって職を失うこともあり得ます。

不倫関係だけれどもお互い本気で想い合っているし、普通の恋愛と何ら変わりない。と思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。浮気にしても本気にしても、不倫は不倫です。不倫は大きなリスクを伴います。それを知ったうえで、責任をもって行動するようにしましょう。

『もう同じ過ちは繰り返さない!不倫相手とキレイさっぱり別れる方法とは?』

不倫は、一度泥沼にハマると抜け出すのはなかなか難しいものです。付き合っていくうちに自分だけを見てほしくなり、相手にプレッシャーをかけて重荷に感じて別れを告げられたり、ダラダラと不倫関係を続けているうちに、先がないと思って別れを切り出したり。もうこんなつらい思いはしたくない!と思っても、結局また連絡を取ってしまったり、なかなかスッキリと別れられない人も多いようです。

今回は、別れてはまだヨリを戻してしまう、いわゆる不倫のスパイラルに陥っている方に、不倫相手とスッキリ別れる方法をお教えいたします。

■不倫はなぜスッキリ別れられないのか?

不倫関係に終止符を打とうと思っても、なかなか別れられないという人がいます。その理由は人それぞれ違いますが、自分自身もまだ相手のことが好きだったり、まだ関係を続けたいという気持ちが、心のどこかにあるのではないでしょうか。

例えば、自分から別れると言い出しても、相手が「お前じゃなきゃダメだ」とか「別れたくない」と言うと、少しでも気持ちが残っていれば別れるのをためらってしまうこともあるようです。

また、別れたくても相手から頻繁に連絡がくると、自分は必要とされていると喜びを感じたり、別れて自分だけ深いダメージを負うのが嫌なので、相手にも同等の苦しみを与えてから別れたいと思っている人など、様々なパターンでズルズルと関係を続けている方もいるようです。

■不倫関係をキレイさっぱり終わらせる方法とは?

いつまでも不倫を続けていても、「このまま続けていても明るい未来はない…」「いつかバレて慰謝料でも請求されたら…」などと不倫に対してマイナスに考えるようになりますよね。
不倫関係に終止符を打とうと別れを切り出したとしても、既婚者側の多くは復縁を迫ってくるでしょう。
そんな時に、またヨリを戻すことがないようキレイさっぱり別れる方法をお教えします。

㈰連絡は一切取らない前提で、相手の連絡先は消去しないでおくこと
別れると連絡手段を全て断ちたくなりますが、電話番号は消さないでおきましょう。なぜなら、知らない番号からかかってきた時、それが不倫相手と知らずに出てしまうことがあるからです。絶対に別れるという強い意志があれば大丈夫ですが、気持ちが揺れ動いている時に連絡を取ってしまうと、また復縁してしまう可能性もあります。

㈪相手のSNSはブロックすること
入ってくる情報に惑わされないためにも、全てのSNSはブロックしましょう。

㈫一人の時間を満喫すること…別れた直後は一人でいる時間が辛いかもしれませんが、一人の時間が心地よくて楽しい時間になれば、自然と不安感も消えていくはずです。

『ダメだと分かっていてもやっぱり彼が好き…不倫相手と復縁する方法教えます!』

一口に「不倫」といっても内容は人によりけりでしょう。
人のものだからこそ燃え上がってしまったり、世間にバレないように関係を続けることでスリルを味わえたりと不倫自体を楽しんでいる方も中にはいるかもしれません。
しかし、本気で好きになってしまった人がたまたま既婚者だった、悪いことだと分かっていてもどうしても別れられないなど、純粋に相手のことが好きで悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、不倫の末別れてしまったが、どうしても相手のことが忘れられずヨリを戻したい!という方に、別れた相手と復縁をする方法をお教えします。

■「不倫」と「純愛」の決定的な違いとは?

純粋に未婚者同士が恋人関係になるごく普通の恋愛とは違い、「不倫」はどちらか一方が既婚者またはどちらも既婚者で恋愛関係になることを言います。たとえ相手を好きな気持ちに偽りはないとしても、普通の恋愛とは全く別物なのです。

では、具体的に何が異なるのかというと、既婚者にはパートナーとの生活があるため、限定的な関係であること。秘密の関係なので、既婚者の都合で関係が続いていくこと。バレたら関係は終わり、気持ちだけをズルズル引きずってしまうことなどです。

普通の恋愛なら誰に隠す必要もないですし、二人の都合のいい時に堂々と会うことができます。ですが、不倫はバレないようにコソコソしなければいけませんし、相手のことがどれだけ好きでも窮屈な思いをし続けなければならないのです。

■不倫相手と別れる理由とは?

不倫は、ダラダラと関係が続く人もいれば、ある日突然終わることもあります。理由は人それぞれ違いますが、主な理由は以下の通りです。

罪悪感を感じるようになった、不倫が家族にバレそうになった、将来を考えると先が見えないので諦めた、面倒くさくなった…など。

普通の恋愛とは違い、不倫は後腐れなく終わるというのは難しいようです。今まさに、誰かと不倫関係になろうとしていて悩んでいるという人は、苦しくて悲しい最悪の結末も想定しておいた方がいいかもしれません。

■不倫相手と復縁する方法とは?

不倫の末別れてしまったけれど、やっぱりあの人のことが忘れられないと苦しんでいる方のために、不倫相手と復縁する方法をお教えします。

まずは、相手と連絡を取ることです。連絡しないことには何も始まりません。「元気?」「久しぶりだね」「最近どう?」などの軽い会話から始めましょう。久しぶりで焦ってしまい、「会いたい」「ヨリを戻したい」など、唐突に重い話題を持ちかけるのはお勧めできません。また、連絡がこないからといって一方的に連絡するのではなく、程よい距離を保つことが大切です。

次に、少しずつ距離を縮めていきます。具体的には、相手のペースに合わせたり、相手に悩みがあったら相談に乗ったりして、居心地の良い存在だと認識させるのです。あくまでも焦らずに、相手を思いやって相手第一に考えるようにしましょう。

次に、二人きりでデートする関係にまでこぎつけましょう。デートに誘うなら今だ!というベストタイミングを狙って、相手を誘ってみましょう。その頃には、相手はすっかりあなたに信頼を置いているはずなので、デートに誘うことはさほど難しくないはずです。

そして、一つ注意してほしい点があります。それは、決して結婚を迫らないこと。前回、不倫相手と別れた理由がそれだったとしたら、なおさら結婚の話はタブーです。「結婚」という一言で急激に冷めてしまう人もいるので、復縁するためにも言葉選びには気をつけましょう。