「親の責任を果たすために別れさせ屋に不倫相手と切ってもらう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「親の責任を果たすために別れさせ屋に不倫相手と切ってもらう」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「親の責任を果たすために別れさせ屋に不倫相手と切ってもらう」Lafabe

お酒の勢いや、一時の気の迷い、夫婦の関係が上手く言ってないと理由からもしかして不倫を始めてしまったかもしれません。最初はすぐに別れて今まで通りの生活をしようと思っていたのにもかかわらず、ずるずると不倫の関係を続けてしまい、なかなか別れられないという状況になることも考えられます。もしも相手の女性から「離婚して私と一緒にいて欲しい」などと言われてしまうと、どうすれば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。別れさせ屋に不倫相手と別れたいという相談で来る人の多くは親の立場であることも多く、夫婦の関係を保ちたいというよりも親として子供を捨てる訳にはいかないということで離婚は出来ないと思うようです。

・不倫相手に別れてもらうには
自分は単に遊びのつもり、もしくは一時的な関係だと思っていても相手の女性はそうでないことがよくあります。特に結婚適齢期の女性、もしくは適齢期をすでに過ぎている女性にとって時間はとても大事で、多くの女性は好きな人の子供を産みたいと思っています。そのため最初は不倫の関係だと思っていてもいつしか本気になって不倫相手との結婚を夢見るようになるのです。そのため男性が別れて欲しいと思っても別れてくれないことが多いのです。不倫相手と別れてもらうためには、自分とは結婚の可能性がなく、他に良い相手がいることを理解させる必要があるのです。

・別れさせ屋に依頼する
親であることの責任をまっとうするために離婚をしないと決めるのであれば、別れさせ屋に相談して不倫相手と別れさせてもらえるようにサポートしてもらう事ができるかもしれません。親である以上子供には浮気の事実を知られないように、もちろん配偶者にも秘密裏に不倫相手と別れられるようにしてもらう必要があります。自然な形で不倫相手に異性を近づけ、依頼者に対する恋愛感情を他の対象に向けさせます。そうすることによって不倫相手から別れを切り出させ、円満に関係を終わらせることができるようにサポートしてもらいます。

parentカテゴリーの記事