『子どもに別れさせ工作を行う親心』

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『子どもに別れさせ工作を行う親心』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『子どもに別れさせ工作を行う親心』Lafabe

今や離婚は特別なことではなくなりました。若い世代から熟年世代まで離婚率は年々上昇しており、周囲を見てもバツイチの人は珍しいことではありません。
しかし、親にとってみれば我が子はできるなら離婚をして欲しくない、幸せな結婚をして一人の人と一生添い遂げて欲しいと、願うはずです。
ですから自分の息子や娘の結婚相手は吟味して選びたいところですが、そうもいきません。ある日突然、子どもたちは自分で選んだ相手を連れてくることがあります。

■我が子の幸せを願う親心

子どもの結婚相手を見て、この人はうちの子に似合わない、または家風に合わない、結婚してもすぐに離婚するに違いない、と思うこともきっとあると思います。要するに子どもが選んだ相手が気に入らないのですが、経験豊かな親だから、可愛い我が子の一生を左右する人だからこそ、厳しい目で相手を見てしまうのでしょう。
うちの子にふさわしくない相手を選んだ場合は、結婚するまでに何とか解消させたいと思うのは親心。また結婚後の生活を見て明らかに子どもが不幸になっている場合、離婚させてやりたいと思うのも、我が子の幸せを願う親心です。
そのような時の解決策として、別れさせ屋に依頼して子どもの交際相手や結婚相手を別れさせる方法があります。

■別れさせる方法

子どもを交際相手・結婚相手と別れさせる方法は、一般的な恋愛関係の別れさせ方と同じで、相手の方に異性工作員を近づけて浮気の既成事実を作り、別れを成功させる方法が多く用いられます。相手本人から別れを切り出させたり、浮気の証拠をつかんだり、その現場に子どもが遭遇するようなタイミングを作ったり、興信所に依頼したようにして浮気の現実を報告させたり、など、相手の浮気を発覚させる方法は様々です。それにより別れさせることに成功します。

親としては、少々気に入らない相手でも子どもが幸せならそれで良いのですが、その相手のために子どもがつらい想いをしていたり、明らかに不幸な生活を送っていたりする場合は、別れさせることも選択肢の一つです。苦渋の決断になりますが、親として子どもの真の幸せを考えるのなら、別れさせ屋に相談してみても良いのではないでしょうか。
別れさせ工作が成功すれば、親はホッとするでしょうが、子どもの心には大きな傷が残ってしまいます。傷ついて帰ってきた子どもの心を優しく包み込み、傷を癒やしてあげることを忘れないようにしましょう。

parentカテゴリーの記事