別れさせ屋工作の依頼ケース:子供が親に対して

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋工作の依頼ケース:子供が親に対して
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋工作の依頼ケース:子供が親に対してLafabe

子供が親への別れさせ屋工作を依頼

別れさせ屋というと、別れさせることで男女間の問題をどうにかしたり、それによって関係改善を狙う復縁といったイメージを持っているのではないでしょうか。例えば、浮気をしている恋人とその相手を別れさせる、などといった具合に。そういったものは、夫が妻に対してや、彼女が彼氏に対して……というのが非常に想像しやすいケースや対象者だと思いますが、中には子供が親に対して別れさせ屋を使うケースも確かにあるのです。ある探偵の話していたケースによると、その時の案件は、依頼主であった子供は両親に離婚をさせるためではなく、あくまで親の不倫を止めさせるためであったそうです。どうやら父親が不倫をしており、その父親の不貞に子供が気付いていましたが、母親は気付いていなかったそうです。ですから、母親がその事実に気が付く前に父親の不倫を何とかしてほしい、といったものでした。当然のことながら別れさせ屋への依頼は100万円クラスの費用がかかるものですから、その子供は社会人で、両親の関係や仲を心配しての依頼だったようです。

人と人、家族の問題解決は単純には済まないけれど

家庭内の問題は、その浮気相手や不倫相手と別れさせることだけで万事解決するものではありません。ですがそれでも、このケースの場合で言えば父親(夫)に愛人がいるのといないのとでは、その解決への難易度や厄介度、障害は大きく変わります。その関係を断たせないことには、家族間での信頼や信用関係を再構築し、それぞれの家族を尊重していくなどのことはどう考えてもかなり難しいですからね。そういった意味合いから、大切な家族の関係、それらを結ぶ絆や仲の問題を解決させるために別れさせ屋工作を探偵に依頼する、といった選択肢は有用なものだと言えるはずです。とは言え、それに必要となるお金は決して安い金額ではありませんし、またいくら経験のある探偵であったとしても失敗する可能性はどうしたってつきまとってしまいます。そうしたリスクを容認できる方で、なおかつ責任も同様に持てるのなら、といった注意点を最後に付けさせて頂いた上で、探偵に依頼する選択肢を考えてみることを提案します。

parentカテゴリーの記事