別れさせ屋の成功率を決めるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の成功率を決めるもの
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の成功率を決めるものLafabe

別れさせ屋依頼の成功率はどのくらいでしょうか? その答えは、実際に依頼に取り組んで見なければわからないものです。 例えば、これまでの依頼での成功率が9割を超える業者が存在したとします。数字としては立派な成績ですし、「成功率9割以上」と見れば、この業者は信頼できる実力のある業者なんだと思い、依頼したいとも思うでしょう。ですが、いくら成功率が高いからと言って、それで成功するとは限らないというのは別れさせ屋の仕事の厳然たる事実です。

依頼は単一的ではない なぜそういうことになるかと言えば、それはひとえに依頼内容の個人差が大きいから。一般的に、別れさせ屋依頼の成功率は、依頼対象の性格や関係の複雑性、支払われる料金と言った条件面に大きく依存します。そして、料金以外の様々な要素は、それぞれの依頼によってまさに様々。ですから、これまでの成功率は何割だろうが、新しく訪れる依頼者の依頼は常に初体験の連続です。「これ」というパターン化はある程度はできるでしょうが、人間の関係に同じものが一つとして無いのと同じように、別れさせ屋に対する依頼もすべて違うものです。

どんなに過去の実績があったとしても、その依頼に失敗してしまえば、依頼者からすればその実績は「ゼロ」に等しいものとなってしまうのです。実績があるからと言って成功するとは限らない ですから、見た目にだまされないようにしましょう。だまされないというか、実績があるからと言って必ずしも成功するとは限らないということは理解しなくてはなりません。どんなに過去の実績があったとしても、依頼内容がむちゃだったり、必要な情報や協力が不足していたりすれば、失敗する可能性はいくらでもあるということです。

だからと言って、過去の実績を信用するなというわけでもありませんが、別れさせ屋の依頼を成功させるというのはそれくらい難しいものだと言うことです。依頼者がそのあたりを理解したうえで依頼に臨めば、相手もそれ相応の仕事をしてくれます。それは確かだと言えるでしょう。

seikourituカテゴリーの記事