別れさせ屋の成功率を上げるためにできること

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋の成功率を上げるためにできること
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋の成功率を上げるためにできることLafabe

別れさせ屋に依頼をし契約が成立すればあとはもう工作員に任せておけばいい、そう考えているとしたら大きな間違いです。確かに工作がバレるリスクを回避するために下手な行動はとらない方がいい場合もありますが、成功率を上げるために依頼者ができることがあるのです。

■きちんと情報収集をしておく

たしかにプロの工作員・調査員のリサーチ能力はすごいものです。自分が知らなかった情報をいつの間にか仕入れてくるということはよくあります。しかし対象者が赤の他人である以上、知りえない情報というのも存在します。
依頼者と対象者が親しい関係にある場合、工作員が知えりえない情報を持っている場合があります。また性格や、親・友人との関係性、生活パターンなど依頼者の方が収集をしやすい情報というものもあります。工作期間中に対象者にハプニングや状況の変化が起きた場合にも気づきやすいポジションにいるのは依頼者である可能性も高いでしょう。
依頼者が相手に悟られない範囲で可能な限り情報収集をしておく、自分が持っている情報はきちんと別れさせ屋に伝え、なにか変化があれば報告することは、成功率を上げるために大切です。

■別れさせ屋をきちんと信用する

そして別れさせ屋と依頼者がいかに信頼関係を気づけるかが成功を左右させる大きな要素になってきます。信用のない相手には本音は話せませんよね。依頼者が別れさせ屋を信用せずに、表面的な会話しかしなかったり、工作に必要な情報を伝えないでいると、適切な判断ができず失敗に繋がる可能性は高くなります。
成功率をあげるにはきちんと別れさせ屋をしんようして、とにかくなんでも話をすることです。またちょっとしたことでも質問してみて回答をしてもらうというやりとりをすれば信頼関係は気づきやすくなるでしょう。
そうやって信頼関係を気づき上げることで、工作員も依頼者や対象者の周囲に溶け込みやすくなるので、バレる可能性も下がり行動しやすくなります。

つまり、いくら別れさせ屋に依頼したからと言って他力本願ではいけないということです。あくまでも自分が当事者であることを自覚し、成功率をあげるための行動をとるようにしましょう。

seikourituカテゴリーの記事