知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
知っておくべき、別れさせ屋の成功率と現実Lafabe

別れさせ屋の成功率は100%ではない

たとえどんなに優秀でスキルのある別れさせ屋であったとしても、その成功率は100%ではなく、失敗する可能性は常にあるものです。考え方としては、「80%の割合で成功する」といった数字は「20%の割合で失敗をすること」と等しいわけです。ですから、別れさせ屋にその工作を頼んだとしても、失敗するリスクは必ずある、ということは覚えておくべきですし、また理解しておくべきものでもあるのです。それでは次に、そうした別れさせ屋工作の成功率を下げる理由や失敗する理由の例を3つご紹介します。

別れさせ屋工作の成功率を下げる・失敗する理由の一例

・お金、時間の問題。受けた依頼から、このまま別れさせ工作を続けていれば成功する可能性があっても、依頼を続けるためのお金がなくなってしまった、といった場合や、その工作が完了するのを待つ時間がなくなってしまった、などのような場合がこれに該当します。要するに、別れさせ屋からしたら、依頼をやめざるを得ない状況になってしまった、ということです。・依頼主側の問題。別れさせ屋からの報告により、そこから知った(知ってしまった)相手の見えてなかった部分に対して我慢できない状態になったり、もはや復縁などしたくない、と強く思う依頼者もおります。そうなれば依頼者はその依頼をキャンセルすることになりますし、別れさせ屋にとっては一つの失敗扱い、成功率が下がる一因にもなるわけです。・別れさせ屋の問題。別れさせ工作を請け負う存在というのは、本当に数多くおりますので、その中にはやる気のない別れさせ屋や、スキルが足りていないもの、お金だけのために適当に調査をし、また工作をしている、などの悪徳業者と言われるような別れさせ屋もいます。こういうところに依頼をすれば、当然のことながら成功率は下がってしまいます。中には、こういった悪い別れさせ屋に依頼をしても、たまたま成功することもあるにはありますが、大抵の場合は失敗に終わります。

別れさせ工作の現実を知っておくことが大事

このように別れさせ屋に依頼をしても、様々な原因や状況などによっては失敗する可能性が常にある現実を知っておくことは大事です。当然のことながら、中にはそうした失敗のリスクがあることを誠実に説明してくれる、誠意ある別れさせ屋もちゃんとおります。そういったところに頼むことが、少しでも別れさせ工作の成功率を上げることに繋がっているのは言うまでもありません。ですが、そんな別れさせ屋でも失敗することもあることはお忘れなく。

seikourituカテゴリーの記事